HOME > BOOK

連載120〜文献表

立岩 真也 2016/02/01- 『現代思想』連載(2005〜)

Tweet


このHP経由で購入すると寄付されます

※以下の文献表の方をご覧ください。
◆立岩 真也 2018 『病者障害者の戦後――生政治史点描』,青土社

病者障害者運動史研究


◆2017/07/01 「福嶋あき江――生の現代のために・23 連載・135」
 『現代思想』45-(2017-7):-
◆2017/06/01 「高野岳志――生の現代のために・22 連載・134」
 『現代思想』45-12(2017-6):16-28
◆2017/05/01 「高野岳志/以前――生の現代のために・21 連載・133」
 『現代思想』45-8(2017-5):8-21
◆2017/04/01 「生の現代のために・20 連載・132」
 『現代思想』45-7(2017-4):16-28
◆2017/03/01 「施設/脱施設/病院/脱病院 生の現代のために・19 連載・131」
 『現代思想』45-6(2017-3):16-27
◆2017/02/01 「「生の現代のために・18:資料について――連載・130」
 『現代思想』45-1(2017-2):
◇2017/01/01 「『相模原障害者殺傷事件』補遺」 連載・129」
 『現代思想』45-1(2017-1):22-33
 ※この回の文献表は別掲
◇2016/12/01 「生の現代のために(番外篇)――連載・127」
 『現代思想』44-(2016-12):-
 ※この回の文献表は別掲
◆2016/11/01 「国立療養所・7――生の現代のために・15 連載・127」
 『現代思想』44-(2016-11):
◆2016/08/01 「国立療養所・5――生の現代のために・15 連載・126」
 『現代思想』44-(2016-8):
◆2016/07/01 「国立療養所・4――生の現代のために・14 連載・125」
 『現代思想』44-(2016-7):
◆2016/06/01 「国立療養所・3――生の現代のために・13 連載・124」
 『現代思想』44-(2016-6):
◆2016/05/01 「国立療養所・2――生の現代のために・12 連載・123」
 『現代思想』44-(2016-5):
◆2016/04/01 「国立療養所――生の現代のために・11 連載 122」
 『現代思想』44-(2016-4):-
◆2016/03/01 「生の現代のために・10(予告) 連載 121」
 『現代思想』44-(2016-3):-
◆2016/02/01 「国立療養所/筋ジストロフィー――生の現代のために・9 連載 120」
 『現代思想』44-3(2016-2):14-25
◆2016/01/01 「加害のこと少し――生の現代のために・8 連載 119」
 『現代思想』44-(2016-1):-
◆2015/12/01 「病者障害者運動研究――生の現代のために・7 連載 118」
 『現代思想』43-18(2015-12):16-29
◆2015/11/01 「今般の認知症業界政治と先日までの社会防衛 生の現代のために・7 連載 117」
 『現代思想』43-(2015-11):-
◆2015/09/01 「生の現代のために・6――連載 115」
 『現代思想』43-(2015-9):-
◆2015/08/01 「生の現代のために・5――連載 114」
 『現代思想』43-(2015-8):-
◆2015/07/01 「生の現代のために・4――連載 113」
 『現代思想』43-11(2015-7):14-24
◆2015/06/01 「生の現代のために・3――連載 112」
 『現代思想』43-10(2015-6):8-19
◆2014/04/01 「生の現代のために・2――連載 98」
 『現代思想』42-6(2014-4):8-19
◆2014/03/01 「生の現代のために・1――連載 97」
 『現代思想』42-4(2014-3):8-21

『現代思想』2016年2月号 特集:老後崩壊――下流老人・老老格差・孤独死…・表紙   『現代思想』2016年3月号 特集:3・11以後の社会運動・表紙 『現代思想』2016年4月号 特集:教育サバイバル・表紙   『現代思想』2016年5月号 特集:人類の起源と進化――プレ・ヒューマンへの想像力・表紙   『現代思想』2016年6月号 特集:日本の物理学者たち・表紙   『現代思想』2016年7月号 特集:報道のリアル・表紙
[表紙写真クリックで紹介頁へ]

■文献表 ※120+121+122+123+124+125+126+127+131+133+134+135+136+97 ◆:183→206→291(20170103)→333(20170212)→370(20170413)→384(20170601)→392(20170624)→ ◇:71→117→150→184(20170103)

 ※こちらの増補は停止しています。→本(歴史篇)の文献表をご覧ください。

◆(匿名) 2016 「長期入院患者の生き辛さと苦悩、自己の存在と生存を懸けて」「互いに殺し合う存在」「発病から入院」「小学生の頃の入院生活」「誰にも明かせない胸の内」,http://www.arsvi.com/w/a.htm [122]
◇阿部 次郎 199909 『ギランバレー症候群と闘った日々――完全四肢麻痺からの生還』,文芸社,135p. ※ gbs. n02.
◆阿部 恭嗣 著/竹之内 裕文 編 20101009 『七転び八起き寝たきりいのちの証し――クチマウスで綴る筋ジス・自立生活20年』,新教出版社,331p. [135]
◆あげは 美樹 201012 『難病あげは――800万人に1人の病を生きる力に変えて』,アスペクト,224p. ※ n02. sle
◇合田 佳久 20111201 『べっちょない VS.重症ギラン・バレー』,文芸社,302p. ※ gbs. n02.
◆赤塚光子・佐々木葉子・杉原素子・立岩真也・田中晃・名川勝・林裕信・三ツ木任一 1998 『療護施設・グループホーム・一人暮し――脳性マヒ者の3つの暮し方』,放送大学三ツ木研究室 [131][136]
◆秋風 千惠 20130303 『軽度障害の社会学――「異化&統合」をめざして』(質的社会研究シリーズ6),ハーベスト社,189p. ※ s. ds.
◆秋元波留夫 1976 「国立療養所再編成の一環としての精神療養所への転換」、国立療養所史研究会編[1976b:39-47] [122]
◆秋山 和明 1984 「移動」,仲村・板山編[1984:126-146] [136]
安積 純子 1984 「性と結婚」,仲村・板山編[1984:208-218] [136]
◆阿南 慈子(あなみ・いつこ) 20011107 『ありがとう、あなたへ』,思文閣出版,201p. ISBN-10: 4784210903 ISBN-13: 978-4784210909 \1260 [amazon][kinokuniya] ※ n02. mss.
◇安藤烝 1976 「身体療法の変遷」、国立療養所史研究会編[1976a:145-163]
◆青井節郎・沼田正二 1976 「統合こぼれ話」,国立療養所史研究会編[1976a:11-13] [123]
◆青木純一 2011 「患者運動の存立基盤を探る――戦中から戦後にいたる日本患者同盟の動きを中心に」,『専修大学社会科学年報』45:3-14 [98][123]
◆青木理  2011 『トラオ――徳田虎雄 不随の病院王』、小学館,287p.→201311 小学館文庫,349p.[126] n02. als.
荒井裕樹 2017 『差別されている自覚はあるか――横田弘と青い芝の会「行動綱領」』,現代書館 [131]
ありのまま舎 編 19770430 『車椅子・残酷な青春――進行性筋ジストロフィー症者たちの詩文集』,エール出版社,188p.,[amazon][kinokuniya] ※ md.
◇―――― 19871025 『命の日めくり――第2回ありのまま記録大賞受賞作品集 全国の障害者の詩とノンフィクション』,エール出版社,188p. ISBN-10:4753907872 ISBN-13:978-4753907878 欠品 [amazon][kinokuniya]
◇―――― 19890320 『私のパートナーその名は“情熱”――第4回ありのまま大賞受賞作品集』,エフエー出版,238p. ISBN-10:4900435767 ISBN-13:978-4900435766 欠品 [amazon][kinokuniya] ※ n02. md. o/as.
◇―――― 20020212 『車椅子の青春 2002――難病患者たちの魂の詩 詩集』,ありのまま舎,205p. ※ md. n02h.
◇―――― 20040315 『いのちを語る手記集』,ありのまま舎,317p. ※ md. n02h. o/as.
◆―――― 20050613 『愛と孤独と詩――限られた生命の世界で 難病生活34年・孤高の人生 山本秀人遺稿集』,社会福祉法人ありのまま舎 [120][125]
◇―――― 20080701 『魂しずめの詩――逝きし人々のアルバム』,ありのまま舎,167p. ※
◆有吉 玲子 2013/11/14 『腎臓病と人工透析の現代史――「選択」を強いられる患者たち』,生活書院 [120][126][131]
◆有薗 真代 2014 「脱施設化は新の解放を意味するのか」,内藤・山北編[2014:228-240] [98][124]
◆浅田 修一・大澤 恒保 19980930 『ことばだけではさびしすぎる』,ぼっと舎,187p. ※ vhl. n02.
◆浅貝 秀 198002 『天国へとどけ・14才の絶筆――浅貝秀遺稿集』,恒友出版,253p,ASIN:B000J7PA54,980,[amazon] sle. n02.
◆朝霧 裕 20040707 『命いっぱいに,恋――車いすのラブソング』,水曜社, 216p. ※ n02. sma.
◆朝霧 裕 20100425 『車いすの歌姫――一度の命を抱きしめて』,ベストセラーズ,258+3p. ※ n02. sma.
◆朝霧 裕 20140613 『バリアフリーのその先へ!――車いすの3・11』,岩波書店,シリーズここで生きる,170p. ISBN-10: 4000287230 ISBN-13: 978-4000287234 [amazon][kinokuniya] ※ n02. sma.
◆朝日訴訟運動史編纂委員会編 1971 『朝日訴訟運動史』、草土文化 [123]
安積 純子 1984 「性と結婚」,仲村・板山編[1984:208-218] [136]
◆―――― 1990 「<私>へ――三〇年について」,安積・岡原・尾中・立岩[1990:19-56] [135][136]
◇安積 遊歩 19931120 『癒しのセクシー・トリップ――わたしは車イスの私が好き!』,太郎次郎社,230p. ※ n02. oi.
◇安積 遊歩 19990920 『車椅子からの宣戦布告――私がしあわせであるために私は政治的になる』,太郎次郎社,198p. ※ n02. oi.
◇安積 遊歩 20100115 『いのちに贈る超自立論――すべてのからだは百点満点』,太郎次郎社エディタス,190p. ※ b02. n02. oi.
◆安積純子・尾中文哉・岡原正幸・立岩真也 1990 『生の技法――家と施設を出て暮らす障害者の社会学』,藤原書店 [97][121][131][135][136]
◆―――― 1995 『生の技法――家と施設を出て暮らす障害者の社会学 第2版』,藤原書店 [121][135][136]
◆―――― 2012 『生の技法――家と施設を出て暮らす障害者の社会学 第3版』,生活書院・文庫版 [97][121][131][135][136]
◇朝日訴訟記念事業実行委員会編 20040119 『人間裁判――朝日茂の手記』、大月書店、230p. ISBN-10:4272360469 ISBN-13:978-4272360468 1,500 [amazon][kinokuniya] ※ i03j
◆浅見 昇吾 編 『死ぬ意味と生きる意味――難病の現場から見る終末医療と命のあり方』,上智大学出版 [131]
◇淡路 剛久 19810615 『スモン事件と法』,有斐閣,206p. ※ n02. d07smon. d07.
◆あゆみ編集委員会 1994 「編集後記」,あゆみ編集委員会編[1993:211][125][127]
◆あゆみ編集委員会 編 1993 『国立療養所における重心・筋ジス病棟のあゆみ』,第一法規出版 [120][125][126]

■B

◆馬場 清 20040507 『障害をもつ人びととバリアフリー旅行――石坂直行の思想と実践』,明石書店 [120]
◇バクバクの会/聞き手:立岩真也 2011-2012 「人工呼吸器をつけた子の親の会<バクバクの会>の成り立ちと現在 第一部・第二部」,『季刊福祉労働』133:8-31, 134:8-31
◆坂野 2018 「○」,『Core Ethics』 [120+]

■C

◆千葉大学社会学研究室 1994 『障害者という場所――自立生活から社会を見る(1993年度社会調査実習報告書)』 ※ [134]
◇千頭 一郎 20030220 『筋ジストロフィーの高校生、宇宙を学ぶ』,岩波ジュニア新書,216p. ISBN-10:4005004253 ISBN-13:978-4005004256 欠品 [amazon][kinokuniya] ※ n02. md.

■D

◇ドクターズマガジン編 20031113 『日本の名医30人の肖像』,阪急コミュニケーションズ,373p.

■E

◆海老原 宏美・海老原 けえ子 20150915 『まぁ、空気でも吸って――人と社会:人工呼吸器の風がつなぐもの』,現代書館 [121]
◆江草安彦・末光茂 1980 「重症心身障害児施設の現状と問題点」,『リハビリテーション研究』34(1980-7)  [120]
◆遠藤 浩 2014 「国立コロニー開設に至る道のり」,『国立のぞみの園 10 周年記念紀要』  [127][131]
◆衛藤 幹子 19931120 『医療の政策過程と受益者――難病対策にみる患者組織の政策参加』,信山社 [120]
◇江崎 雪子 198911 『きっと明日(あした)は――雪子、二十年の闘病記』,ポプラ社,ポプラ・ノンフィクション,166p. ISBN-10: 4591033600 ISBN-13: 978-4591033609 1000+ [amazon][kinokuniya] →200209 ポプラ社,私の生き方文庫, ISBN-10: 4591073645 ISBN-13: 978-4591073643 683 [amazon][kinokuniya] n02. mg.

■F

藤野豊 2001 『「いのち」の近代史「民族浄化」の名のもとに迫害されたハンセン病患者』,かもがわ出版 [124]
◇藤田 正裕 20131120 『99%ありがとう――ALSにも奪えないもの』,ポプラ社,207p. ※ n02. als.
◆藤原陽子 1967 『おばこ天使――ある青春・重症児と共に生きる』、文芸市場社 [131]
◆深田 耕一郎 20131013 『福祉と贈与――全身性障害者・新田勲と介護者たち』,生活書院,674p. ※ d00sm. ds. [131]
◆福井 恒美 19751105 『僕は太陽が待てなかった――スモンと闘い力尽きた青年の手記』,日東館出版,114p. ※ n02. d07smon.
◆福永 秀敏 19990810 『難病と生きる』,春苑堂出版,227p. [126]
◆―――― 2002 「推薦のことば」,石川玲他編[2002] ※ [126]
◇―――― 20031113 「難病とともに生きてこられたのは患者さんから勇気とやさしさ、耐える心をもらったから。」,ドクターズマガジン編[2003:165-176]*
◆―――― 20040819 『病む人に学ぶ』,日総研出版,190p. [126]
◆―――― 20090710 『病と人の生き方と』,南方新社,276p. [126]
◆―――― 20110710 『病と老いの物語』,南方新社,185p. [126]
◆福岡県スモンの会 編 19780415 『ひとりで歩きたい』,西日本新聞社,305p. ※ n02. d07smon.
福嶋 あき江 198303 「地域での生活を始めて」,『ありのまま』15→19831125 山田[1983:146-151] [135][136]
◆―――― 19840130 「時間の重さ」,岸田・金編[1984:180-193] [133][135][136]
◆―――― 19841215 「共同生活ハウスでの実践をとおして」,仲村・板山編[1984:268-278] [133][135][136]
◆―――― 19871113 『二十歳もっと生きたい』,草思社 [133][134][135][136]
◇麓 紀佐(ふもと・きさ) 200412 『もう一度ドラと歩きたい――シャイドレーガー症候群と言われて』,草思社,181p. ISBN-10: 4797452293 ISBN-13: 978-4797452297 欠品 [amazon][kinokuniya] ※ n02. sds.
◆船橋 裕晶 2016 「精神障害者の立場からみた相模原障害者殺傷事件」,『現代思想』44-19(2016-10):180-184 [127]
◇舩後 靖彦・金子 礼 20120708 『三つ子になった雲――難病とたたかった子どもの物語』,日本地域社会研究所,38p. ISBN-10:4890221107 ISBN-13:978-4890221103 1400+ [amazon][kinokuniya] ※ n02. md. als.
舩後 靖彦・寮 美千子 20080805 『しあわせの王様――全身麻痺のALSを生きる舩後靖彦の挑戦』,小学館,196p. ※ als. n02.
古込 和宏 201609 「病院からの発信」 ※ [133]
◆―――― 20170401 「伴走者とともに」 ※ [133]
◆―――― 20170430 「Re: 素朴な疑問」,[inclusive society:0865] [134]
◇古井 透 20031101 「リハビリテーションの誤算」、『現代思想』31-13(2003-11):136-148(特集:争点としての生命) [114]

■G

◆後藤正彦 1976 「患者自治会の活動の一端」,国立療養所史研究会編[1976a:508-510] [123]
◇後藤基行・安藤道人 2015 「精神衛生法下における同意入院・医療扶助入院の研究――神奈川県立公文書館所蔵一次行政文書の分析」、『季刊家計経済研究』108:60-73

■H

◆H.T. 20160604 『一寸先は病み』,Kindle,ASIN: B01GM9CMU8 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01GM9CMU8
◇浜義雄 1976 「国立療養所松籟荘」、国立療養所史研究会編[1976a:51-53]
◆浜田 けい子 19890329 『風色にそまるキャンバス――筋ジストロフィーと闘いつづける画家・大塚晴康の物語』,ペップ出版,211p. ISBN-10: 4893511041 ISBN-13: 978-4893511041 [amazon][kinokuniya] ※ n02. md.
花田春兆 1962/09 「ケンカする気じゃあないけれど」、『しののめ』48→立岩編[2015] [127]
◆―――― 1963a(1963/06 「切捨御免のヒューマニズム」,『しののめ』50→1968 花田[1968:14-23]→立岩編[2015] [124][127]
◆―――― 1963b(1963/10 「お任せしましょう水上さん」,『しののめ』51→1968 花田[1968:78-85]→立岩編[2015] [124][127]
◆―――― 1965/10 「うきしま」,『しののめ』57→1968 花田[1968:33-44]→立岩編[2015] [124][127][131]
◆―――― 1968/10/20 『身障問題の出発』,しののめ発行所,しののめ叢書7 [127][131]
◇原 敏夫 20050915 『二十歳までに心満ちてよ――筋ジス症の子とともに』,講談社,214p. ※ md. n02.
◆原嘉彦 1988 「国立病院・療養所の再編成・「合理化」と労働組合運動」、『立命館経済学』37-4・5:430-452 [122]
◇春山 満 19971016 『どないしましょ、この寿命――医療・福祉ビジネスで快進撃を遂げる車イス社長・逆転の発想』,エイチアンドアイ,254p. ※ md. n02.
◇春山 満 19980712 『いいわけするな!』,講談社,221p. ※ md. n02.
◇春山 満 20000810 『僕にできないこと。僕にしかできないこと。』,幻冬舎,250p. ※ n02. md.
◇春山 満 20130621 『僕はそれでも生き抜いた』,実業之日本社,224p. ※ md. e09. n02
◇春山 満・宮内 修・春山 哲朗 20120517 『若者よ、だまされるな!――一番弟子とドラ息子の運命も変えた。カリスマ車いす社長魂のメッセージ』,週刊住宅新聞社,214p. ※ md. n02.
◇春山 由子 201505 『仲が良かったのは、難病のおかげ』,講談社,202p. ※ n02. md.
◇長谷部 みどり 20010210 『風にのせて伝えよう』,無明舎出版,204p. ※ als. n02.
◇橋本 正浩・橋本 春美 20071215 『ギラン・バレー症候群からの生還』,文芸社,125p.※ n02
◇長谷部 みどり 20010210 『風にのせて伝えよう』,無明舎出版,204p. ※ als. n02.
◆長谷川 進 20060505 『心に翼を――あるALS患者の記録』,日本プランニングセンター,191p. ※ als. n02.
◆橋本 広芳 1984 「地方における取り組み――うつみねの会」,仲村・板山編[1984:279-285] [136]
◆橋本 一俊・橋本 日那子 19810715 『オスカーをたのむよ――筋ジストロフィーで逝った19才の青春』,新声社,221p. ASIN: B000J7X8TE [amazon] ※ n02. md.
◆畠山辰夫 1976 「宮城病院小児病棟のはじまり」,国立療養所史研究会編[1976a:521] [125]
◆畠山辰夫 1976 「国立玉浦療養所の発足」,国立療養所史研究会編[1976a:630-631]
◆畠山辰夫・半沢健 1976 「国立療養所の中の学校――病弱教育のあしあと」,国立療養所史研究会編[1976a:517-549] [125][127]
◆早川 一光・立岩 真也・西沢 いづみ 2015 『わらじ医者の来た道――民主的医療現代史』,青土社 [120]
◇速水 基視子 20090515 『難病(やまい)と視覚障害(ハンディ)と宝物』,文芸社,274p. ※ n02. sjs
◇早野 香寿代 20010410 『筋ジストロフィーを抱えてそれでも私は生きる、ありのままに…。――父ちゃん、母ちゃん、香寿代は頑張っちょるけん!』,素朴社,222p. ※ md. e09. n02
◇林家 こん平 20100316 『チャランポラン闘病記―多発性硬化症との泣き笑い2000日』,講談社,238p. ※ mss, n02.
◆日垣 隆 20130520 『ルポ 脳生――難病ALSと闘う人々』,「ガッキィファイター」編集室 Kindel: ※ n02. als.
◆東出明 1983 「京都守る会の歩みはじめ」、全国重症心身障害児(者)を守る会編[1983:133-138] ※ [126]
◆樋口恵子 1998 『エンジョイ自立生活――障害を最高の恵みとして』,現代書館,198p. [135]
◆比企員馬 1976 「福島療養所の想い出」,国立療養所史研究会編[1976a:623-629] [123]
◆姫野孝雄・北場勉・寺脇隆夫 2014 『日本患者同盟および朝日訴訟関係文書資料の目録作成とその概要把握』,社会事業研究所2012・13年度研究報告  [123]
◆日野原 重明・山田 富也・西脇 智子 編 19970720 『希望とともに生きて――難病ホスピス開設にいたる「ありのまま舎」のあゆみ』,中央法規出版,191p. [120][133]
◆廣川 和花 20110228 『近代日本のハンセン病問題と地域社会』,大阪大学出版会,332p. ISBN-10: 4872593782 ISBN-13: 978-4872593785 3800+ [amazon][kinokuniya] ※ lep.[97]
◆廣野俊輔 201303 「府中療育センター闘争をめぐる新聞報道」,『福祉社会科学』1:49-90(大分大学大学院福祉社会科学研究科)  [131]
◆―――― 201312 「府中療育センター闘争の背景――なぜ,この施設で闘争は起こったのか」,『福祉社会科学』2:33-55(大分大学大学院福祉社会科学研究科)  [131]
◇日吉 敬 198306 『笑いたくても笑えなかった――ある重症筋無力症の記録』,草思社,182p. ※ n02. mg.
◇堀 利和 20110515 『共生社会論――障がい者が解く「共生の遺伝子」説』,現代書館,270p. ISBN-10: 4768435122 ISBN-13: 978-4768435120 2310 [amazon][kinokuniya] ※ v01. n02. sjs.
堀 利和 20130831 『はじめての障害者問題――社会が変われば「障害」も変わる』,現代書館,254p. ※ d00sm. n02. sjs.
◆堀 智久 2014 『障害学のアイデンティティ――日本における障害者運動の歴史から』,生活書院 ※ [120]
◆堀切 和雅 20060621 『娘よ、ゆっくり大きくなりなさい――ミトコンドリア病の子と生きる』,集英社,170p. ※ mit.
◆堀内 啓子 20061031 『難病患者福祉の形成――膠原病系疾患患者を通して』,時潮社,219p. ISBN-10: 478880610X ISBN-13: 978-4788806108 3,500+ [amazon] [kinokuniya] ※ n02.
◆保坂 武雄・阿部 幸泰 1976 「重症心身障害児(者)の医療」,国立療養所史研究会編[1976a:254-272] [124][127]
◆星 三枝子 19770130 『春は残酷である――スモン患者の点字手記』,毎日新聞社,254p. ※ d07. smon. n02.
◆細渕富夫 2009 「重症心身障害児療育史研究-重症児キャンペーンとおばこ天使」、科学研究費2008年度研究成果報告書  [131]
◆細渕富夫・飯塚希世 2010 「重症心身障害児の療育史研究(2)―“おばこ天使”の集団就職 その1」,『埼玉大学紀要 教育学部』60-1:27-34  [131]
◆―――― 2011 「重症心身障害児の療育史研究(3)―“おばこ天使”の集団就職 その2」,『埼玉大学紀要 教育学部』60-2:29-43  [131]

■I

井深大 1979 『0歳からの母親作戦』、ごま書房 [131]
◆―――― 1998 『幼稚園では遅すぎる』、ごま書房 [131]
◆市野川容孝・立岩真也 1998 「障害者運動から見えてくるもの」(対談),『現代思想』26-2(1998-2):258-285→立岩[2000:119-174] [98][124]
◇一柳 明 19941025 『再生不良性貧血からの生還』,同時代社,215p. ※ n02. aa.
◆医学研究振興財団 197704 『筋ジストロフィー症を攻める』,医学研究振興財団,233p. ASIN:B000J4Q81C 欠品 [amazon] ※ md. n02.
◆五十嵐 仁之助 19900425 『一万日のあぐら――筋ジストロフィーに負けないで』,一休社,206p. ※ n02. md.
◆飯田進 2003 『青い鳥はいなかった――薬害をめぐる一人の親のモノローグ』,不二出版 [121]
◇池上 洋通 19800715 『燃えさかれいのちの火』,自治体研究社,238p. ※ md. n02.
◆「生きる力」編集委員会編 20061128 『生きる力――神経難病ALS患者たちからのメッセージ』,岩波書店,岩波ブックレットNo.689,144p. ※ als. n02.
◆今田 高俊 編 2003/12/10 『産業化と環境共生』(講座・社会変動 2),ミネルヴァ書房,336p. ISBN:4-623-03887-4 3675 [amazon][kinokuniya][kinokuniya] ※ [97][115]
◆今井 米子 19860225 『筋無力症を乗り越えて』,長崎出版,185p. ISBN-10: 4930695449 ISBN-13: 978-4930695444 [amazon][kinokuniya] ※ n02. mg.
◆今岡 秀蔵 1984 「介助・援助――介護からの解放」,仲村・板山編[1984:86-96] [135]
◆稲場 雅紀・山田 真・立岩 真也 2008/11/30 『流儀――アフリカと世界に向い我が邦の来し方を振り返り今後を考える二つの対話』,生活書院,272p. ISBN:10 490369030X ISBN:13 9784903690308 2310 [amazon][kinokuniya] ※, [97][113]
◆井上尚英 2011 『緑の天使――SMON研究の思い出』,海鳥社 ※ n02. d07smon.[120]
◆井上満  1993 「筋ジストロフィー症の歩み」,あゆみ編集委員会編[1993:8-20] [126]
◆犬飼 享 20000501 『空翔ぶベッド――難病ALSと共に生きる』,信毎書籍印刷,227p. 1785 ※ als. n02.
◇石井良平 1976 「重症心身障害児(者)」,国立療養所史研究会編[1976a:256]
◆石川玲他編 200209 『筋ジストロフィーのリハビリテーション』,医歯薬出版,322p [126]
◆石川正一 1973 『たとえぼくに明日はなくとも――車椅子の上の17才の青春』,立風書房 [120]
◆石川正一・石川左門 1982 『めぐり逢うべき誰かのために――明日なき生命の詩』,立風書房 [120]
◆石川達三・戸川エマ・小林提樹・水上勉・仁木悦子 1963/02 「誌上裁判 奇形児は殺されるべきか」,『婦人公論』48-2:124-131→立岩編[2015] [127]
◆石坂 直行 1973 『ヨーロッパ車いすひとり旅』,日本放送出版会 [120]
◆石坂 直行・日比野 正己 200010 『石坂直行旅行・福祉著作集――障害者の海外旅行・福祉文化・福祉のまちづくりの情報』,HM研究所,福祉のまちづくり関連の先駆的文献シリーズ [120]
◇石島 健太郎 2013 「ALS介護における家族の役割取得――介護実践の中での能動性に注目して」,『ソシオロゴス』37:102-114
◆磯部 真教 1984 「自立生活とは」,仲村優一・板山賢治(編)『自立生活への道』: 29-35 [136]
◆磯部 真教・今岡 秀蔵・寺田 純一 1988 「ケア付き住宅七年間の実践――東京都八王子自立ホーム」,三ツ木編[1988:202-216] [136]
◆板山 賢治 1984 「おわりに」,仲村・板山編[1984:315-317] [136]
◆―――― 199710 『すべては出会いからはじまった――福祉半世紀の証言』,エンパワメント研究所,203p. [136]
◇伊藤 弘美 200808 『ルビーの絆――難病・アミロイドーシスとの闘い』,山梨ふるさと文庫,256p. ※ amd. n02.
伊藤 佳世子 2008/03/01 「筋ジストロフィー患者の医療的世界」,『現代思想』36(3)(特集:患者学――生存の技法)青土社,156-170 [120]
◆―――― 2009 「24時間介護の必要な長期療養の重度障害者の退院支援とケアホーム構想について」,さくら会[2009]  [134]
◆―――― 20100331 「長期療養病棟の課題――筋ジストロフィー病棟について」,『Core Ethics』6:25-36  [120]
◆伊藤佳世子・大山良子 2013 「おうちにかえろう――30年暮らした病院から地域に帰ったふたりの歩き方 1〜13」,『かんかん!――看護師のためのwebマガシン』  [126][135]
◆伊藤佳世子・田中正洋 2007 「筋ジストロフィーの「脱ターミナル化」に向けて――筋ジストロフィー患者の国立病院機構筋ジス病棟の生活と自立生活の比較から」、障害学会第4回大会報告 於:立命館大学  [126]
伊藤 智樹 201001 「英雄になりきれぬままに――パーキンソン病を生きる物語と、いまだそこにある苦しみについて」,『社会学評論』241: 52-68 [外部リンク]J-Stageで全文閲覧可.PDFファイル
伊藤 智樹 20131101 『ピア・サポートの社会学――ALS、認知症介護、依存症、自死遺児、犯罪被害者の物語を聴く』,晃洋書房,180p. ISBN-10:4771024812 ISBN-13:978-4771024816 2300+ [amazon][kinokuniya] ※ n02. als. pc. s02
◆伊藤 璋嘉 1987 「あとがき」,福嶋[1987:211-222] [126][135]
◆岩井 和彦 20091215 『視覚障害あるがままに Let it be――夢は情報バリアフリー』,文理閣,243p. ※ n02. sjs.
岩崎 航(いわさき・わたる) 200608 『五行歌集 青の航』,自費出版
◆岩崎 航 20130703 『点滴ポール 生き抜くという旗印――岩崎航詩集』,ナナロク社,184p. ※ n02. md.
◆岩崎 航 20151118 『日付の大きいカレンダー――岩崎航エッセイ集』,ナナロク社,184p. ※ n02. md.
◆岩田 真朔 1976 「松籟荘の精神療養所への転換の経緯」,国立療養所史研究会編[1976c:565] [121]
◇岩手スモンの会 20001220 『岩手スモン運動誌 失われた時の叫び――薬害スモンとの闘いとその軌跡』,岩手スモンの会,177p. ※ n02. d07smon. d07
◇泉 博 19960318 『空前の薬害訴訟――「スモンの教訓」から何を学ぶか』,丸ノ内出版,332p. ISBN-10: 4895141144 ISBN-13: 978-4895141147 3000 [amazon] ※ d07. smon. n02.

■J

◆人工呼吸器をつけた子の親の会<バクバクの会> 2010/10/01 「対談「『医療的ケア』が繋ぐもの」――バクバクの会のこれまでの活動について」 [131]
◆人工呼吸器をつけた子の親の会<バクバクの会>/立岩真也(聞き手) 2012 「人工呼吸器をつけた子の親の会<バクバクの会>の成り立ちと現在(第二部)」、『季刊福祉労働』133:8-31, 134:8-31 [97]
◆自立生活情報センター 編 1996 『How to介護保障――障害者・高齢者の豊かな一人暮らしを支える制度』、現代書館 [121]
自立生活センター・立川 1999 『高橋修と共に過ごした日々――高橋修さん追悼文集』,自立生活センター・立川,130p. [134]
◆―――― 2000 『ともに生きる地域社会をめざして――CIL・立川10周年記念誌』,自立生活センター・立川,120p. [134]
◇鄭喜慶 2012 「韓国における障碍人運動の現代史――当事者主義の形成過程」,日本ALS協会の動向を中心に」,立命館大学大学院先端総合学術研究科2011年度博士論文
◇実川 悠太 編/羽賀 しげ子・小林 茂 19900630 『グラフィック・ドキュメント スモン』,日本評論社,245p. ISBN-10:4535577382 ISBN-13:978-4535577381 欠品 [amazon][kinokuniya] ※ d07smon. n02.
◆城鐵男 1993 「筋ジス病棟開設の回顧」、あゆみ編集委員会編[1993:56-58] [126]

■K

◇角岡 伸彦 20100921  『カニは横に歩く――自立障害者たちの半世紀』,講談社,509p. ※ d00sm.
◇蔭山 武史 20100424 『難病飛行――頭は正常、体は異常。』,牧歌舎
◆介護保障を考える弁護士と障害者の会全国ネット 編 201610** 『支援を得てわたしらしく生きる!――24時間ヘルパー介護を実現させる障害者・難病者・弁護士たち』,山吹書店,発売:JRC,105p. ※
◆貝谷 久宣・日本筋ジストロフィー協会 編 20010430 『遺伝子医療と生命倫理』,日本評論社, 165p. ※
◆貝谷 嘉洋 19991012 『魚になれた日――筋ジストロフィー青年のバークレイ留学記』,講談社,229p. ※ n02. md [135]
◆貝谷 嘉洋 20030125 『ジョイスティック車で大陸を駆ける――障害あっても移動しやすい未来を』,日本評論社,200p. ※ md. n02.
◆柿沼 肇 1998 「生存権保障の運動と「長宏(おさひろし)」――「朝日訴訟文庫」開設に寄せて」,『しんぶん赤旗』1998-11-17  [123]
◆上條達雄・石井雅章他 1994 「座談会――調査を終えて」千葉大学社会学研究室[1994] ※ [134]
◆神山 南海男・松家 豊 1976 「国立療養所と進行性筋ジストロフィー症対策について(国立徳島療養所を中心とした場合)」、国立療養所史研究会編[1976a:279-281] [126]
◆亀山 忠典 他 編 19770615 『薬害スモン』,大月書店,279p. ※ d07. smon. n02.
◆金山 めぐみ 20120413 『命――闘病で学んだいちばん大切なこと』,「ガッキィファイター」編集室,ASIN: B00CW9812Q [amazon] ※ n02. md02.
◆金山 裕樹 20120413 『道――自分の限界を超える能力』,デジカル+インプレス,ASIN: B009M2QTS4 Kindle: [amazon] ※ n02. md02.
関西「障害者」解放委員会 19711003 「関西障害者解放委員会結成宣言」 [131]
◆柏養弁論部 編  20050827 『弁論は青春だ!――柏崎養護学校筋ジス高等部と弁論大会』,本の森,124p. ※ md. n02.
◆加藤 伸勝 1996 『地域精神医療の曙――京都岩倉村における実践』、金芳堂 [97]
◆加藤 裕二 2013 「理事長ごあいさつ」,『社会福祉法人オリーブの樹 オリーブハウスHP』  [134]
◆―――― 20141124 「オリーブハウス30周年に思うこと」,『社会福祉法人オリーブの樹 オリーブハウスHP』  [133][134]
葛城 貞三 20110331 「滋賀難病連運動の困難期――滋賀腎協の離脱と滋賀県行政との対立」『Core Ethics』vol.7:51-62 
◆河端二男 1967 「会に希望する」、『日本筋ジストロフィー協会会報』1:14 [126]
◆―――― 1993 「20年余の回想」,あゆみ編集委員会編[1983:66-69] [126]
◆河端静子 2002 「推薦のことば」、石川玲他編[2002] ※ [126]
◆河原 仁志 編 20010410 『筋ジストロフィーってなあに?』,診断と治療社,110p. ※ n02. md.
◆河口栄二 1982 『我が子、葦船に乗せて』、新潮社 [127]
川口 有美子 20091215 『逝かない身体――ALS的日常を生きる』,医学書院,270p. ※ als. n02.
◇川口有美子 2013 「ALSの人工呼吸療法を巡る葛藤――ALS/MND国際同盟・日本ALS協会の動向を中心に」,立命館大学大学院先端総合学術研究科2012年度博士論文
川口 有美子 20141222 『末期を超えて――ALSとすべての難病にかかわる人たちへ』,青土社,250p. ※ als. n02.
◆川口有美子・小長谷百絵編 2009 『在宅人工呼吸器ポケットマニュアル――暮らしと支援の実際』,医歯薬出版 [121]
◆―――― 2016 『在宅人工呼吸器ポケットマニュアル――暮らしと支援の実際 第2版』(仮題),医歯薬出版 [121]
◇河合 正嗣・河合 範章・高沢 亜美 200512 『伴走者――僕たち筋ジストロフィー兄弟が画家になるまで』,新風舎,238p. ※ md. e09. n02
◆河合 美佐・島田 一恵 20001220 『絵手紙 うまれてきてよかった』,柘植書房新社,63p. ※ n02. mss.
◇川上 美由紀 19810220 『わたしは負けない――サリドマイド少女のひたむきな青春』,角川書店(角川文庫),247p. ※ n02. md.
◆川上 武 編 20020325 『戦後日本病人史』,農村漁村文化協会, 804+13p. 12000※ b ISBN-13: 978-4540001697 ASIN: 4540001698 [amazon][kinokuniya] ※ [97]
川村 佐和子 19791125 『難病に取り組む女性たち――在宅ケアの創造』,勁草書房,252p.
◇川村 佐和子・木下 安子・別府 宏圀・宇尾野 公義 1978 『難病患者の在宅ケア』,医学書院
◆川村佐和子・木下安子・山手茂 編 19750425 『難病患者とともに』,亜紀書房,259p. [131]
◇川村 佐和子 編 19940221 『筋・神経系難病の在宅看護――医療依存度が高い人々に対する看護』,日本プランニングセンター,262p. ISBN:4-931197-38-8 4410 ※
◇―――― 1994 『在宅介護福祉論』,誠信書房,社会福祉専門職ライブラリー・介護福祉士編
◇―――― 19980410 『在宅介護福祉論 第2版』,誠信書房,213p.
◆河野 康徳 1984a 「自立生活を考える手がかり――全身性障害者の状況と課題」,仲村・板山編[1984:1-26] [136]
◆―――― 1984b 「フォーカス・アパート」,仲村・板山編[1984:305-314] [136]
◆川崎 愛  2011 「『らい予防法』に当事者団体はどう向き合ってきたか――制定、廃止、国賠訴訟における闘い」,『流通経済大学社会学部論叢』22-1  [124]
◆―――― 2012 「ハンセン病療養所におけるニュース発行――アメリカ・カービル「スター」と「全療協ニュース」」,『流通経済大学社会学部論叢』22-2:51-63  [124]
◆―――― 2015 「患者運動と政策の関係――ハンセン病、結核の比較を通して」,『 流通経済大学社会学部論叢』26-1:99-115  [124]
◆川崎 菊一 196605 『この子らの救いを求めて――私の手記』、日本筋ジストロフィー協会 [126]
◇川崎 晃一 20130107 『絆――進行性神経難病ALSとの共生を模索する一内科医の手記』,海鳥社,214p. ※ n02. als.
◇川瀬 清 他 編 1980 『ノーモアスモン――スモンの恒久対策の確立と薬害根絶のために』,新日本医学出版社 d07smon. smon. n02.
◆菊池 和子 20010301 『しんちゃん――筋ジストロフィーの慎大郎君の日々』,草土文化,64p. ※ n02. md.
◆菊池 和子 20120420 『命の限り――筋ジストロフィーの青年と家族』,現代写真研究所出版局,120p. ※ n02. md.
◆菊池 和子 20080501 『二十歳になりました――筋ジストロフィーの慎太郎君の日々〈2〉』,子どもの未来社,95p. ※ n02. md.
◆菊池 麻由美 2010 「筋ジストロフィー病棟の歴史的変遷――筋ジストロフィー病棟での療養をめぐる研究の方向を探る」,『慈恵医大誌』125:143-52  [120]
◆金 満里 1995 「新版あとがき」,金・岸田編[1995] [135]
◆金 満里・岸田 美智子 編 19950405 『新版 私は女』,長征社,356p. [133]
◆木村 格 2009 「病院の創立70周年を迎えるとき」,『みやぎ』22  [125]
◆水村 一美 19760000 『母さんより早く死にたい――愛の詩』,竹書房,189p. ASIN: B000J9W9LK 500 [amazon] ※ mg. n02.
◆水村 一美 著/水巻 中正 編 198311 『母さんより早く死にたい』,竹書房,217p. [amazon][kinokuniya] n02. mg.
◆木下安子 1978 『在宅看護への出発――権利としての看護』,勁草書房 [121][131]
◇―――― 1991 「医療・福祉の充実を住民と共に」,木下・在宅ケア研究会編[1991:8-31]
◇―――― 19921101 『素顔のノーマリゼーション――福祉が生きる国デンマーク・スウェーデン』,ビネバル出版,102p.
◇木下 安子 編 19860905 『生をたたかう人と看護――ある病院のターミナルケア』,桐書房,266p.
◇―――― 19970210 『忘れられない患者さん』,桐書房,ナースアイスペリオール,198p.
◇木下 安子・在宅ケア研究会 編 19910525 『続 ホームヘルパーは“在宅福祉”の要――十か年戦略とホームヘルパー』,萌文社,219p.
桐原尚之 2016 「役に立たない♀険な人間%つの苦しみ――精神障害者の立場から捉えた津久井やまゆり園事件」,『現代思想』44-19(2016-10):174-179 [121]
◆岸田 美智子・金 満里 編 1984 『私は女』,長征社,274p. ※ [133][135][136]
岸田典子 2017 「関西における障害者解放運動をけん引したある盲人の青年期――楠敏雄を運動へ導いた盲学校の経験」、『Core Ethics』13 [131]
◇北川 ひとみ 19750520 『瞳に涙が光っていたら――クリーゼとたたかう青春の詩』,立風書房,272p. ASIN: B000J9W9M4 [amazon] ※ n02. mg.
◇北村 健太郎 2014 『日本の血友病者の歴史――他者歓待・社会参加・抗議運動』,生活書院,304p.
北中 淳子 2014/07/01 書評:立岩真也著『造反有理――精神医療現代史へ』」,『こころの科学』176:97
北浦雅子 1966 『悲しみと愛と救いと――重症心身障害児を持つ母の記録』,佼成出版社,212p. ASIN: B000JABYE2 全国重症心身障害児(者)を守る会編[1983:10-24] [126]
◆―――― 1993 「「最も弱い者の命を守る」原点に立って――重症児の三〇年をふりかえる」、あゆみ編集委員会編[1993:59-65] [126][127]
◇木藤 亜也 198602 『1リットルの涙――難病と闘い続ける少女亜也の日記』,エフエー出版,239p. ISBN-10: 4900435260 ISBN-13: 978-490043526 [amazon][kinokuniya]→2002 幻冬舎文庫,270p. ISBN-10: 4344406109 ISBN-13: 978-4344406100 [amazon]//[kinokuniya] ※ n02. scd.
◇木藤 亜也・木藤 潮香 200612 『お手本なしの人生――『1リットルの涙』亜也の詩(うた)』,小学館,112p. ISBN-10: 4093876827 ISBN-13: 978-4093876827 [amazon][kinokuniya] ※ n02. scd.
◇木藤 潮香 200910 『ふところ「1リットルの涙」母子物語』,エムオン・エンタテインメント,167p. ※ n02. scd.
小林 提樹 1960 『どうしましょう――問題児の精神衛生のための問と答』、医学出版社 [126]
◆―――― 1983 「障害者に愛と医療を捧げて」、八幡・小林・田中・市川[1983:53-120] [126]
◆―――― 1991 「序」、小林編[1991:xiii-xviii] [131]
◆小林提樹 編 1991 『大人になった障害児――長期予後の追跡から』、メジカルフレンド社 [131]
小林 敏昭 19811210 「攻めに生きる――高野岳志と共同生活者たち」,『そよ風のように街に出よう』9:38-43 [133][134]
◆―――― 19850315 「サヨナラ、高野岳志」,『そよ風のように街に出よう』22:35 [133][134]
◆小平 光子 200511 『ひとすじの涙 おじいちゃん頑張れ』,新風舎,62p. n02. als.
◆―――― 20160115 『難病ALSの夫を見守って』,文芸社,63p. ※ n02. als.
◇児玉 容子 19960614 『やっくんの瞳――難病の息子とともに十五年』,岩波書店,207p. ※ n02.
小池文英・保田良彦 1966 『脳性麻痺の治療:機能訓練の実技 :リハビリテーション』,医道の日本社 [124]
◇(独立行政法人)国立重度知的障害者総合施設のぞみの園 編 2014 『』 
◆国立コロニー福祉労働問題研究会 19800725 『コロニー闘争勝利に向けて――コロニー裁判闘争報告・資料集1』、294p. ※r [131]
◆国立西多賀病院詩集編集委員会 編 1975 『車椅子の青春――進行性筋ジストロフィー症者の訴え』,エール出版社 [120][133]
◆国立療養所史研究会 編 1975 『国立療養所史(らい編)』、厚生省医務局国立療養所課、135p. ※h01 [122][123][124]
◆―――― 1976a 『国立療養所史(結核編)』、厚生省医務局国立療養所課、679p. ※ h01 [122][123][124][125][126][127]
◆―――― 1976b 『国立療養所史(精神編)』、厚生省医務局国立療養所課、360p. ※ h01 [122][123][124]
◆―――― 1976c 『国立療養所史(総括編)』、厚生省医務局国立療養所課,732p. ※ h01 [120][121][122][123][124]
◇国立武蔵療養所 編 19790920 『孤独の日々よさようなら』、国立武蔵療養所デイケア、271p. ASIN:B000J8C3A8 欠品 [amazon] ※ m. ms
近藤 文雄 1971 「進行性筋ジストロフィー」,鳥海他[1971:103-106] [133]
◆―――― 1983 「筋ジスと障害児の夜明け」,あゆみ編集委員会編[1983] [120][125][126][127]
◆―――― 1996 『先生、ぼくの病気いつ治るの――障害者と生きて四十年』,中央公論社 [125][126][127]
◆近藤 清彦 201001** 『公立八鹿病院ALS在宅ケア文献集(1990-2009)』,非売品,215p. ※ als c07 mt n02 v03
◇近藤 喜代太郎 20071205 『医療が悲鳴をあげている――あなたの命はどうなるか』,西村書店,246p. ISBN-10: 4890136150 ISBN-13: 978-4890136155 952+ [amazon][kinokuniya] ※
◆近藤 喜代太郎他 1988 「筋ジストロフィーの施設ケアの便益性(予報)」,厚生省精神・神経疾患研究 筋ジストロフィー症の遺伝、疫学、臨床および治療開発に関する研究班(班長:西谷裕)[1988:5-8] [125]
◆厚生省 1964 「進行性筋萎縮症児対策要綱」 [126]
◆厚生省医務局編 195512 『国立病院十年の歩み』,厚生省医務局  [122]
◆厚生省精神・神経疾患研究 筋ジストロフィー症の遺伝、疫学、臨床および治療開発に関する研究班(班長:西谷裕) 19880331 『厚生省精神・神経疾患研究筋ジストロフィー症の遺伝,疫学,臨床および治療開発に関する研究 昭和62年度研究報告書』  [125]
◇厚生省精神・神経研究委託費筋ジストロフィ 200001** 『筋ジストロフィーはここまでわかった part 2』,医学書院,331p. ※ md. n02.
◆Krog, Evald 1993=19940510 大熊由紀子監修・片岡豊訳,『クローさんの愉快な苦労話――デンマーク式自立生活はこうして誕生した』,ぶどう社,150p. ISBN-10: 4892401137 ISBN-13: 978-4892401138 1600 [amazon][kinokuniya] ※ md. n02h. [126]
窪田好恵 2014 「重症心身障害児施設の黎明期――島田療育園の創設と法制化」,『Core Ethics』10:73-83  [124]
◆―――― 2015 「全国重症心身障害児(者)を守る会の発足と活動の背景」,『Core Ethics』11:59-70  [124][126]
◆―――― 2017 「●」
◆工藤 玲子 編 2012 『柳原和子もうひとつの「遺言」――がん患者に贈る言葉と知恵』,マーブルトロン,発売:中央公論新社,280p. [136]
熊谷晋一郎 20161001 「事件の後で」,『現代思想』44-19(2016-10):63-69 [127]
◆呉秀三・樫田五郎/訳・解説:金川英雄 2012 『現代語訳 精神病者私宅監置の歴史』、医学書院 [97]
◆栗原 征史 19920910 『神さまに質問――筋ジストロフィーを生きたぼくの19年』,ファラオ企画,302p. ISBN-10:4894090449 ISBN-13:978-4894090446 欠品 [amazon][kinokuniya] ※ md. ms. n02.
◆栗原 征史 19990710 『命の詩に心のVサイン――筋ジストロフィーを生きたぼくの26年』,ラテール出版局,349p. ISBN-10: 4947681349 ISBN-13: 978-4947681348 [amazon][kinokuniya] ※ n02. md.
◆黒金泰美 1963 「拝復水上勉様――総理にかわり、『拝啓池田総理大臣殿』に応える」,『中央公論』1963-7:84-89→立岩編[2015] [124][127]
◆楠敏雄 19820715 『「障害者」解放とは何か――「障害者」として生きることと解放運動』,柘植書房,222p 1600 [131]
◆京都新聞社 編 20070321 『折れない葦――医療と福祉のはざまで生きる』,京都新聞出版センター,245p. ※ als. n02. a02

■M

◆前田勝敏  1976 「日本医療団療養所の国立移管――地方の小療養所長の回想」,国立療養所史研究会編[1976c:163-166] [122]
◇前田 こう一 19820215 『難病の海に虹の橋を――立ちあがる人工腎透析者・難病者たち』,労働経済社,349p. ASIN: B000J7NPW4 1575 [amazon][kinokuniya] ※ a03. n02.
◇蒔田 備憲 20140306 『難病カルテ――患者たちのいま』,生活書院,459p. ※ n02. pd. als. uc. mss. md.
的場 智子 2001 「現代日本における患者団体の社会学的研究」,奈良女子大学博士論文
◆松永正訓 20141210 「日本最初の自立障害者・高野岳志「ある生の記録」」, [134]
◆松永 真純 2001 「兵庫県「不幸な子どもの生まれない運動」と障害者の生」、『大阪人権博物館紀要』5:109-126→立岩・定藤編[2005] [97]
◆松田勝 1976 「山下松風園統合」,国立療養所史研究会編[1976a:7-8] [123]
◆松井 由美子 20080622 『命の道しるべ――笑顔をありがとう』,真光社印刷(私家版),85p. \1500 ※ als. n02.
松兼 功 1987 『あめりかガラガラ異邦人』,日本YMCA同盟出版部,253p. [135]
◆松木 栄二 19980521 『明日に向ってアクセス!―筋ジス青年と「アクセス・北九州」の仲間達』,向陽舎,200p. md. n02.
◇松本 則子 19710110 『父ちゃんのポーが聞こえる――則子・その愛と死』,立風書房,273p. ASIN: B000J98XCE  ※ n02. hd.
松永 正訓 20141210 「日本最初の自立障害者・高野岳志「ある生の記録」」, [133]
◆見形 信子 2007 基調講演,障害者でもいいいっしょセミナー,於:札幌市視聴覚障害者センター  [135]
◇三木 敬子 197909 『重症筋無力症 詩集』,青磁社,156p. ASIN: B000J8CH7C [amazon] n02. mg.
◇湊治郎 1976 「重症心身障害児収容施設今後のあり方」、国立療養所史研究会編[1976a:268-272]
◆湊治郎・浅倉次男 1976 「進行性筋萎縮症児(者)の医療」,国立療養所史研究会編[1976a:276-297] [124][125][126][127]
◆三ツ木 任一 編 1988 『続自立生活への道――障害者福祉の新しい展開』,全国社会福祉協議会,仲村優一・板山賢治監修,xiv+435p. 2000 ※ [136]
◆三井 絹子 20060520 『抵抗の証 私は人形じゃない』,「三井絹子60年のあゆみ」編集委員会ライフステーションワンステップかたつむり,発売:千書房,299p. [131]
◆三井 節子 201203 『大切なもの――「重症筋無力症」との闘病生活を支えてくれた人たち』,弘報印刷自費出版センター,110p. n02. mg.
◆三脇 康生 2000 「精神医療の再政治化のために」、杉村他編訳[2000:131-217] [97]
◆宮城県立西多賀支援学校 2013 「宮城県立西多賀支援学校の沿革」  [125][127]
◆宮尾 修 1984 「市民活動への参加――ある障害者の奇妙なレポート」仲村・板山編[1984:219-228] [136]
◆宮脇 輝子 19850625 『僕はあきらめない――筋ジストロフィー症と闘った青春』,桐原書店,238p. ※ n02. md.
◆水原 孝 1997 「押し黙っているばかりの最初の出会い」,日野原・山田・西脇編[1997:51]
水上 勉 1963/06/05 『日本の壁』,光風社,205p. [127]
◆―――― 1963a(1963/06 「拝啓池田総理大臣殿」,『中央公論』1963年6月号,pp.124-134→立岩編[2015] [124][127]
◆―――― 1963b(1963/08 「島田療育園」を尋ねて――重症心身障害の子らに灯を」(特別ルポ),『婦人倶楽部』1963-8:198-202→立岩編[2015] [124][127]
◆―――― 1971 「序」,鳥海他[1971:1] [133]
◆水野 茎子 19691126 『詩集 哀しみの目に灯を――スモン病の夫をはげまし、たたかいつづけた妻の叫び』,講談社,142p. ASIN: B000J95P8E 390 [amazon] ※ d07. smon. n02.
◆水野 茎子 19700330 『静かなる闘いの日々――スモン病の夫とともに歩んだ六年』,朝日新聞出版,310p. ASIN:B000JA0LLE  d07. smon. n02.
◆水野 祥太郎 1983 「小池文英君をしのんで」,『総合リハビリテーション』11-9:766-767   [124]
◆森山治 2004 「東京都における保健・医療・福祉政策――重症心身障害児施策の成立過程についての考察(その1)」,『人文論究』73:97-112(北海道教育大学函館人文学会)  [120]
◆―――― 2005 「東京都における重症心身障害児施策」,『人文論究』74:43-61(北海道教育大学函館人文学会)  [120]
◆MSキャビン 200112 『多発性硬化症完全ブック』,MSキャビン,225p. ISBN-10: ISBN-13: 2625  ※ n02. mss.
◆MSエッセイ広報事務局 20060331 『MS多発性硬化症とともに生きる――エッセイ集』,医学書院出版サービス,277p. ※ n02. mss.
◇村松 正男 200806 『妻へ、私は貴女に何ができますか――アミロイドーシス・骨髄腫との闘い』,文芸社,210p. ※ amd. n02.
◇村山 芳子 200202 『ごまめの歯ぎしり――青い空と白い雲 そしてALSの私』,私家版(自費出版),227p.※ als. n02.

■N

◇長濱 晴子 19960801 『患者になってみえる看護――難病が教えてくれたこと』,医学書院,192p. ※ n02. mg.
◆長井盛至 19761020 「かくして得た国立移管への勝利」、国立療養所史研究会編[1976b:162-163]
◆長野準  1993 「重症心身障害児(者)病棟を開設して20年の回想」,あゆみ編集委員会編[1993:21-23] [127]
◇長尾 義明 20150910 『難病ALSを生きる――足で描いたALS患者の絵』,エミール出版,250p. ISBN-10: 499085800X ISBN-13: 978-4990858001 1852+ [amazon][kinokuniya] ※ n02. als.
◆内藤直樹・山北輝裕編 2014 『社会的包摂/排除の人類学――開発・難民・福祉』,昭和堂,255p. [98][124]
◇内藤 佐和子 200910** 『難病東大生』,サンマーク出版,191p. ※ n02. ms.
◇中井 まり 20080113 『命耀ける毎日』,青志社,254p. ※ n02
◆中島 初恵 19750425 「東京都の難病問題と難病対策」,川村・木下・山手編[1975:62-75] [131]
◇中岡亜希 20110222 『死なないでいること、生きるということ――希少難病 遠位型ミオパチーとともに』,学習研究社,165p. ※ dm02. n02.
◇中谷 昭子 19950425 『太ちゃんと私――筋ジストロフィーに負けないで!』,海鳥社,247p. ※ md. e09. n02.
◆中嶋俊郎 1976 「廃止統合」,国立療養所史研究会編[1976a:13-22] [123]
◆中島敏夫 1993 「″思い出″」、あゆみ編集委員会編[1983:45-47] [126]
◆中村京亮 1976 「国立療養所の統廃合,とくに全国最初のケースを回想する」,国立療養所史研究会編[1976c:560-562] [123]
◆中村京亮・三野原愛道・瀬川二郎→大蔵大臣 1960 「陳情書」→国立療養所史研究会編[1976c:563-564] [123]
◆―――― 1972 「序文」,『国立療養所福岡東病院五周年記念誌』→国立療養所史研究会編[1976c:560-561] [123]
◆中村治 2013 『洛北岩倉と精神医療――精神病者患者家族的看護の伝統の形成と消失』、世界思想社 [97]
◆仲村 優一・板山 賢治 編 1984 『自立生活への道』,全国社会福祉協議会 [134][135][136]
◆中谷 昭子 19950425 『太ちゃんと私――筋ジストロフィーに負けないで!』,海鳥社,247p.
◇並木 和枝 20050625 『温かい支えに包まれて死をみてた――筋萎縮性側索硬化症(ALS)闘病記』,西多摩新聞出版センター(私家版),128p. ※ als. c07. n02.
◇難波 紘一・難波 幸矢 19850430 『この生命燃えつきるまで――筋ジストロフィーと闘う高校教師と妻の“生命讃歌”』,キリスト新聞社,231p. ※ md. n02.
◆成瀬昇 1976 「重心児病棟創立時のこどもども」,国立療養所史研究会編[1976a:256-257] [124]
◆NHK取材班 1982 『あすに挑む――障害者と欧米社会』,日本放送出版会,262p. [135]
◆日本患者同盟四〇年史編集委員会 編 1991 『日本患者同盟四〇年の軌跡』,法律文化社,393p. [123]
◆西谷 裕 1994 『神経学のフィールドにて』,近代文芸社 [120]
◆―――― 2000 「わが国の難病医療・福祉の歩み」  [120]
◆西谷 裕 20061024 『難病治療と巡礼の旅』,誠信書房,208p. ※ n02. md.
◇西脇智子 2001 「難病ホスピス創設に至る患者運動史調査の再考」,『実践女子大学生活科学部紀要』38:124-128
◆新田 勲 20120815 『愛雪――ある全身性重度障害者のいのちの物語』,第三書館,上:448p.下:352p. [131]
◆新田 勲 編 20091110 『足文字は叫ぶ!――全身性障害のいのちの保障を』,現代書館,270p. [131]
◇信田 滋弘 20070523 『介助犬にもどりたい! ロッキーとぼくの1500日――難病の筋ジストロフィーの青年(21歳)と愛犬の闘病記録』,小学館,240p. ※ n02. md. a02.
◆野島元雄 199003 「山田憲吾先生を偲ぶ」,『リハビリテーション医学』27-2:75 *74に写真と略歴  [125]
◇野崎 耕二 19980831 『きょうも一日ありがとう――母とともに筋ジストロフィーの画家15年間の愛の記録』,主婦と生活社,214p. ※ n02. md

■O

◆大林 道子 19890420 『助産婦の戦後』,勁草書房,医療・福祉シリーズ30,330+5p. ISBN: 4326798637 2580→3570 [amazon][kinokuniya] ※ m33., [97]
◇織田 友理子 20110930 『心さえ負けなければ,大丈夫』,鳳書院,208p. ※ dm02. n02.
◇大段 智亮・石川 左門・土橋 洋一 19740501 『死と向かいあう看護』,川島書店,252p. ASIN: B000J9P7JG 1800+ [amazon] ※ md. n04. n02h.
◆小川 陽子 199212 『わたしのノンフィクション28 ぼくたちは池田先生をわすれない――筋ジスとたたかいながら塾をつづけた池田浩己さんの記録 』,偕成社,142p. ※ md. n02.
◆小倉襄二 195508 『医療保障と結核問題――一九五四年度における入退院基準・看護制限反対をめぐる日本患者同盟の運動を中心として』,『人文学』(同志社大学)19: 94-113  [123]
◆大橋 グレース 愛喜恵 20140603 『しあわせ難病生活――それでも私は恋をする』,竹書房,200p. ※ n02. ms. mg. ss02.
◆岡田 仁志 20060315 『言葉を失った母を見つめて――ALSとの闘い』,文芸社,263p. ※ als. e09. n02.
◆岡田 真美 19821014 『もっと生きたい!』,日本テレビ放送網株式会社,216p. ASIN:B000J7KKT0 1980 [amazon] n02. ha.
◇岡原正幸 1990 「コンフリクトへの自由――介助関係の模索」,安積他[1990]→[1995]→[2012]
尾上浩二 20161001 「相模原障害者虐殺事件を生み出した社会 その根底的な変革を」,『現代思想』44-19(2016-10):70-77 [127]
尾上 浩二熊谷 晋一郎大野 更紗・小泉 浩子・矢吹 文敏・渡邉 琢・日本自立生活センター(JCIL) 編 20160925 『障害者運動のバトンをつなぐ――いま、あらためて地域で生きていくために』,生活書院,256p. ISBN-10: 4865000607 ISBN-13: 978-4865000603 2200+ [amazon] [kinokuniya]
◇岡田英己子 200203 「戦後東京の重度障害者政策と障害者権利運動に見る女性の役割(1)――身体障害者療護施設の設立経緯を通して」,『東京都立大学人文学報』329:1-46
◇岡本 美代子 著/朝西 真沙 編 20091128 『いてほしい――眼で書かれた詩歌集』,綜合印刷出版,125p. ISBN-10: 499032353X ISBN-13: 978-4990323530 1200 [amazon][kinokuniya] ※ n02. als.
◇岡崎 和也 20040630 『絹子の想い出のために』,文芸社,95p.  ※ als. n02.
◇大野 更紗 20110620 『困ってるひと』,ポプラ社
◇―――― 20131015 「「難病」と社会政策――当事者のまなざしから」,浅見編[2013]
◇―――― 201407 『シャバはつらいよ』,ポプラ社,217p. ISBN-10:4591140822 ISBN-13:978-4591140826 欠品 [amazon][kinokuniya] ※ n02
◇―――― 20140901 「難病対策と研究医――「専門家」はどう生きてきたか」,『現代思想』42-13:32-36
尾上 浩二熊谷 晋一郎大野 更紗・小泉 浩子・矢吹 文敏・渡邉 琢・日本自立生活センター(JCIL) 編 20160925 『障害者運動のバトンをつなぐ――いま、あらためて地域で生きていくために』,生活書院,256p. ISBN-10: 4865000607 ISBN-13: 978-4865000603 2200+ [amazon] [kinokuniya]
◇小野寺光源 2007 『精神保健福祉の問題点を考える』,新風舎
◆長宏   1978 『患者運動』,勁草書房 [121][123]
◆大澤 恒保 19990405 『ひとりのひとを哀しむならば』,河出書房新社,234p. ISBN-10: 4309012787 ISBN-13: 978-4309012780 1600+ [amazon][kinokuniya] ※ n02. vhl.
◆大澤 恒保 200508 『つながって』,ミッドナイトプレス,172p. ISBN-10: 4434062603 ISBN-13: 978-4434062605 1800+ [amazon][kinokuniya] n02. vhl.
◆大谷藤郎 1975 「あとがき」,国立療養所史研究会編[1975:134-135] [122]
◆―――― 1976 「あとがき」,国立療養所史研究会編[1976c:731-732] [122]
◆―――― 1983 「はじめに」、あゆみ編集委員会編[1983:8-20] [126][127]
◆大塚 健 201407 『難病で寝たきりでも「他力本願」で年間50億円稼ぐ!』,彩図社,192p. ※ n02. md.
◆大塚良一 201503 「日本のコロニー政策とベーテル――福祉活動家が目指したコロニー・ベーテル」、『東京成徳短期大学紀要』48  [131]
◇小沢 由美/ありのまま舎 編 19950731 『いつかの未来は夏の中』,七賢出版,133p. ISBN-10:4163728007 ISBN-13:978-4163728001 欠品 [amazon][kinokuniya] ※ v03. sma. ms. n02. o/as.

■R

◆立命館大学生存学研究センター 編 2016 『生存学の企て――障老病異と共に暮らす世界へ」,生活書院,266p. [122][123]

■S

◇定藤 邦子 20110331 『関西障害者運動の現代史――大阪青い芝の会を中心に』,生活書院,344p. ※ dh. ds.
◆最首悟 1995 「私たちは何をめざすのか」『平成六年度障害福祉関係者研修報告書』障害福祉報告書通算第5集、三重県飯南多気福祉事務所→1998 「星子と場」,最首[1998:301-343] [120]
◆―――― 1998 『星子が居る――言葉なく語りかける重複障害者の娘との20年』,世織書房 [120]
◇埼玉新聞社 編 20130823 『医務服を着た郵便局長3代記――ハンセン病国立療養所栗生楽泉園とともに』、埼玉新聞社、144p. ISBN-10:4878893966 ISBN-13:978-4878893964 1000+ [amazon][kinokuniya] ※ h01. lep
◆坂口亮 1983 「静かな勇士 小池文英先生」,『総合リハビリテーション』11-9:767  [124]
◆坂井律子 2013 『いのちを選ぶ社会――出生前診断のいま』、NHK出版 [97]
◆坂間弘康の作品とあゆむ会 編 20020831 『ぼくのまちへ――筋ジストロフィー症の障害をこえて 坂間弘康画集』,クリエイツかもがわ,118p. ※ n02. md.
◇坂本 久直・高野 哲夫 編 19750830 『裁かれる製薬企業――第2・第3のスモンを許すな』,汐文社,325p. ASIN:B000J9OGXE 980 [amazon] ※ d07. n02. d07smon.
◆さくら会 2009/03/31 『重度障害者等包括支援を利用した持続可能なALS在宅療養生活支援モデルの実証的研究』,平成20年度厚生労働省障害者保健福祉推進事業障害者自立支援調査研究プロジェクト  [134]
◇サルコイドーシス友の会 編  200708 『明日にむかって――サルコイドーシス友の会20周年記念誌』,中日出版社,207p. ※ srd. n02.
佐々木 公一 20060601 『やさしさの連鎖――難病ALSと生きる』,ひとなる書房,239p. ※ als. n02.
◇佐藤 エミ子 198511 『木馬の足音』,桐原書店,222p. ASIN: B000J6O25O [amazon] ※ n02.
◆佐藤 一成 1996 「あき江さんが死んだ」,『にじ』→2012−2013 『スーパー猛毒ちんどんコンポーザーさとうの日記』 ※ (20121229)・(20121230)・(20130101) [133][135][136]
◆―――― 2001 「(……)」→20160124 「こっからまた15年がたった。」,『スーパー猛毒ちんどんコンポーザーさとうの日記』  [133][135][136]
◇佐藤 仙務 201212 『働く、ということ―――十九歳で社長になった重度障がい者の物語』,彩図社,192p. ※→2014 『寝たきりだけど社長やってます』,彩図社(文庫版),192p. n02. sma.
◇佐藤 順子 20070101 『ひまわりが咲いたよ――筋ジストロフィーの息子と共に生きて』,文芸社ビジュアルアート,199p.※ n02. md.
◇さとう みゆき 201306** 『なんびょうにっき』,大洋図書,141p. ※ n02. asd.
◇澤田 真智子 20040515 『筋ジストロフィーの女性オーセの輝き――福祉の国デンマーク体当たり研修記』, 文芸社 ※ md. n02.
◇沢田 俊子 200512 『ぼく、がんばったんだよ――筋ジストロフィーの少年の旅』,汐文社,104p. ※ md. e09. n02
◆生活学研究センター 編 2016 『(題名未定)』,生活書院 [121]
◆整枝療護園 2012 『整枝療護園のあゆみ』  [124]
◇Selby, Philip 1974 Health in 1980-1990 : A Predictive Study Based on an International Inquiry,S. Karger Pub,86p.=19760619 若松 栄一 監修 『医療の未来像』,国際看護交流協会 メヂカルフレンド社,202p. ASIN:B000J9NLG2 欠品 [amazon][kinokuniya] ※ ms
◆仙台市・西多賀病院西友会編集委員会 編 197101 『車椅子の青春――一生に一度の願い 詩集』,西友会 [120][133]
◆社会開発懇談会 1965 「中間報告」 [131]
◆島田療育園を告発する障害者七人委員会 1982/12/15 「抗議書」 [131]
◇清水哲男 200406 『死亡退院――生きがいも夢も病棟にある』,南日本新聞社,347p. ISBN-10: 4860740297 ISBN-13: 978-4860740290 [amazon][kinokuniya] ※
◇清水 哲男 200706** 『決してあきらめないあきらめさせない――障害者、難病患者の日常を克明に追いかけたドキュメント』,道出版,267p. ※ n02. md. v01
◆島村喜久治 1976a 「総説」,国立療養所史研究会編[1976a:1-4] [123]
◆―――― 1976b 「東京療養所と清瀬病院の統合」,国立療養所史研究会編[1976a:9-11] [123]
◆―――― 1976b 「患者自治会の活動」,国立療養所史研究会編[1976a:506-515] [123]
◆進行性筋萎縮症連絡会地域福祉研究会「仙台」詩集編集委員会 編・発行 1975 『詩集 続 車椅子の青春 進行性筋ジストロフィー者(児)の叫び』 [120]
◆篠田実 1976 「重心、筋ジス」,国立療養所史研究会編[1976a:255-256] [124]
◆篠田實* 1993 「20年の回想」,あゆみ編集委員会編[1993:41-44] [125]
◆篠沢秀夫 2010 『命尽くるとも――「古代の心」で難病ALSと闘う』、文藝春秋
◆篠沢 秀夫 20100830  『命尽くるとも――「古代の心」で難病ALSと闘う』,文藝春秋,205p. ※ als. e09. n02. [125]
◇志鳥 栄八郎 19760415 『冬の旅――音楽評論家のスモン闘病記』,朝日新聞社,378p. ※ d07. smon. n02.
◆白江浩 20020212 「筋ジストロフィー患者として生きる」,山田・白江[2002:129-319] [135]
白石 清春 1984a 「所得保障――脳性マヒ者をはじめとする幼い時からの障害者の所得保障制度の確立をめざして」,仲村・板山編[1984:36-50] [136]
◆―――― 1984b 「地域で生きていくことをもとめて――脳性マヒ者が地域で生きる会」,仲村・板山編[1984:246-259] [136]
◆―――― 2013 「JDF被災地障がい者支援センターふくしまでの活動報告と今後の福島の新生に対する提案」,『現代思想』41-3(2013-3):104-115 [136]
◇障害学研究会中部部会 編 20150325 『愛知の障害者運動――実践者たちが語る』,現代書館,304p. ISBN-10:4768435386 ISBN-13:978-4768435380 2500+ [amazon][kinokuniya] ※ ds. sm02.
◆「障害者」の生きる場をつくる会 1976? 『川口市に生きる場をつくる運動――「障害者」が自ら創り、自ら運営する!』,48p. [136]
◆祖父江 逸郎・西谷 裕 編 19850925 『筋ジストロフィー症の臨床』,医歯薬出版,315p. ※ n02. md
◆荘田 智彦 19830420 『同行者たち――「重症児施設」島田療護園の二十年』,千書房,382p. [131]
◆園田直 19680129 「園田厚生大臣訓示要旨」→国立療養所史研究会編[1976c:414-418]
◇須加 美明 19980410 「介護専門職としての責任と原則」,川村編[1998:6-25]
◆菅崎 進・石田 皎 編 19780120 『苦しみの雲を越えて――ある筋ジストロフィー症児の人生記録』,慶應義塾大学出版会,148p. ※ n02. md.
◇杉林ちひろ 2011 「日本の医療労働運動――ナースウェーブを中心に」,『季刊北海学園大学経済論集』58-4:13-30 
◆杉本健郎/立岩真也(聞き手) 2010/03/01 「「医療的ケア」が繋ぐもの」『現代思想』38-3(2010-3):52-81 [97][131]
◆杉村 昌昭・三脇 康生・村澤 真保呂 編訳 200004 『精神の管理社会をどう超えるか?――制度論的精神療法の現場から』,松籟社,290p. ASIN: 4879842117 [amazon][kinokuniya][kinokuniya]/ ※ m. [97]
◆杉田菜穂 201509 「日本における社会開発論の形成と展開――人口と社会保障の交差」,『人口問題研究』71-3:241-259  [131]
◇スモンの会全国連絡協議会 編 19810630 『薬害スモン全史 第一巻――被害実態編』,労働旬報社,534p. ※ d07. d07smon. n02.
◇スモンの会全国連絡協議会 編 19810630 『薬害スモン全史 第二巻――裁判編』,労働旬報社,586p. ※ d07. d07smon. n02.
◇スモンの会全国連絡協議会 編 19810630 『薬害スモン全史 第三巻――運動編』,労働旬報社,635p. ※ d07. d07smon. n02.
◆鈴木一誌 2012 「ひとには、そのひと特有のリズムがある――柳沢寿男作品を語る」(講演),柳沢寿男 福祉ドキュメンタリー作品特集,於:アテネ・フランセ文化センター  [127][133]
◆鈴木 進二 20040706 『筋肉の崩壊と常に闘う男!――進行性筋ジストロフィーなんて怖くない』,東京図書出版会,174p. ※ n02. md.
◇鈴木 照代 199811 『闘病日記 難病と共に生きて――サルコイドーシスに学ぶ』,丸善プラネット,238p. ※ srd. n02.
◇鈴木 康之 20041215 『奇蹟を信じた一、一七〇日の介護――筋萎縮性側索硬化症と闘った妻の記録』,文芸社,435p. ※ a02 n02. als.

■T

◆太陽と緑の会 2000- 『太陽と緑の会(のHP)』, [127]
◆高橋 秀臣 19760730 『謎のスモン病――スモン・キノホルム説への懐疑』,行政通信社,294p. ※ d07. smon. n02.
◆高橋 秀臣 19790125 『スモン訴訟の真相』,行政通信社,317p. ※ d07. smon. n02.e
◆高橋 謙治 201011 『難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)――在宅介護7年間の彼方』,創栄出版,109p. ※ n02. als
高橋 晄正・水間 典昭 19810125 『裁かれる現代医療――スモン・隠れた加害者たち』,筑摩書房,264p. 1100 ※ d07. d07smon. n02.
高木俊介 2016 「精神医療と司法・警察の「入り口」と「出口」という問題系――相模原市障害者施設殺傷事件をめぐって」,『現代思想』44-19(2016-10):169-173 [127]
◆高木 善胤 1976 「統合と言う名のドラマ」,国立療養所史研究会編[1976a:4-7] [123]
高野 岳志 197610 「進行性筋ジストロフイーと私」,『ありのまま』2→19831125 「生と死と人生と」,山田[1983:167-174],2002 「進行性筋ジストロフイーと私」,山田・白江[2002:229-236] [134]
◆―――― 198310 「障害者の自立の場宮崎障害者生活センター」,『リハビリテーション』267(83-10):32-37[121][133][134]
◆―――― 19831125 「生と死と人生と」,山田[1983:167-174]167-174 [133]
◆―――― 19840415 「進行性筋ジストロフィー(PMD)者らによる自立生活センターの運営」,『理学療法と作業療法』18-4:266  [133]
◆―――― 19840915 「(『そよ風』二十号に)」,『そよ風のように街に出よう』20:39-40 [133][134]
◆―――― 19841215 「街のなかに生きるために」,仲村・板山編[1984:286-296] [121][133][134]
◇高野 哲夫 19790219 『日本の薬害』,大月書店,270p. ASIN: B000J8J30Q [amazon] ※ d07. d07smon.
高野 哲夫 197907 『スモン被害――薬害根絶のために』,三一書房 ※ d07. d07smon. n02.
◇高野 哲夫 19870125 『翼折れ爪はがれても――ある車いす薬学者の半生』,青木書店,219p. ISBN-10:4250870049 ISBN-13:978-4250870040 欠品 [amazon][kinokuniya] ※ t09. d07smon.
◆武岡 洋治 20101001 『打たれた傷によって――環境失明超克の地平』,キリスト新聞社,219p. ※ n02. sjs.
◆瀧内 美佳 20060715 『母の音色――ALS(筋萎縮性側索硬化症)との二年六カ月」,文芸社,170p. ※ als. n02.
◆たかお まゆみ 20130202 『わたしは目で話します――文字盤で伝える難病ALSのことそして言葉の力』,偕成社,232p. ※ n02. md. als.
◆高島 重孝 1975 「まえがき」,国立療養所史研究会編[1975:8-11] [121]
◇谷 修 20011215 『病気の隣にやさしさがある――重症筋無力症を治療しながら生きて三十年』,文芸社,239p. ※ n02. mg.
◇高内 鎮夫 19961201 『まなざし――筋ジストロフィー病棟の仲間たち 高内鎮夫写真集』,静山社,151p. ※ n02. md.
◆武田 恵津子 1987 「青春の区切り」(インタビュー),福嶋[1987:173-186] [133][135]
◇武井 ちえ子 19750505 『厚ちゃんの靴音――筋ジストロフィー症の子を育てて』,大和美術印刷出版部,283p.
◇田丸 務 200305 『生かされて――ギラン・バレー症候群からの生還』,健友館,144p. ※ gbs. n02.
◆田中 大介 2000906 『大航海途中 神経難病SCDと向き合って』,文芸社,205p. ※ n02. scd.
田中 昌人 1974 『夜明け前の子どもたちとともに』(講座発達保障への道・2),全国障害者問題研究会出版部,全障研新書,215p. [133]
◆―――― 2006 『夜明け前の子どもたちとともに 復刻版』(講座発達保障への道・2),全国障害者問題研究会出版部,216p. [133]
◆田中 耕一郎 20051120 『障害者運動と価値形成――日英の比較から』,現代書館,331p. ISBN: 4768434509 3360 [amazon][kinokuniya] ※, [97]
◆谷淳吉 1993 「私と筋ジストロフィーとの出会いとかかわりの中での回顧」,あゆみ編集委員会編[1983:33-35] [125][126]
◇谷田 明 200103 『有りの侭に――難病患者が綴った自分史』,創栄出版,326p. ※ n02. scd.
◆谷岡 聖史 20160819-21 「となりの障害者」,『東京新聞』2016-8-19〜21(埼玉版) ※   [135][136]
◇田坂 真理 20131104 『全然大丈夫じゃない!』,泰文堂,286p. ※ n02. nmo.
◇田代 順 20030117 『小児がん病棟の子どもたち――医療人類学の視点から』,青弓社,198p. ISBN-10: 4787232096 ISBN-13: 978-4787232090 [amazon][kinokuniya]
◇立石 郁雄 19941020 『雷はいやだ』,かもがわ出版,118p. ※ sma. a02m. n02.
立岩 真也 1990 「はやく・ゆっくり――自立生活運動の生成と展開」,安積他[1990:165-226→1995:165-226→2012:258-353] [97][121][131][136]
◆―――― 1990b 「接続の技法――介助する人をどこに置くか」,安積他[1990:227-284] [136]
◆―――― 1992 「近代家族の境界――合意は私達の知っている家族を導かない」、『社会学評論』42-2:30-44→立岩・村上[2011] [127]
◆―――― 1994 「夫は妻の家事労働にいくら払うか――家族/市場/国家の境界を考察するための準備」,『人文研究』23:63-121(千葉大学文学部紀要)→立岩・村上[2011] [127]
◆―――― 1995 「自立生活センターの挑戦」,安積他[1995:267-321→2013:414-498] [121]
◆―――― 199709 『私的所有論』,勁草書房,445+66p.→2015 On Private Property, Kyto Books [97][119]
◆―――― 2000/10/23 『弱くある自由へ――自己決定・介護・生死の技術』,青土社,357+25p. [98][124]
◆―――― 20010501 「高橋修――引けないな。引いたら、自分は何のために、一九八一年から」,全国自立生活センター協議会編[2001:249-262] [97][134]
◆―――― 2001-2009 「医療と社会ブックガイド・1〜101」、『看護教育』(医学書院、42-1(2001-1)から毎月連載) [97][98]
◇―――― 2002/03/25「医療社会学の本・1――専門職・専門性について」(医療と社会ブックガイド・14),『看護教育』2002-03→立岩[2015:303-308]
◆―――― 2002/04/25 「医療社会学の本・2――ゴッフマン『アサイラム』 ブックガイド医療と社会・15」、『看護教育』2002-4→立岩[2015:308-312] [131]
◇―――― 2003/05/25 「『こんな夜更けにバナナかよ』 1・2」(医療と社会ブックガイド27・28),『看護教育』44-0(2003-5)44-06(2003-06):(医学書院)
◆―――― 2003/11/01 「現代史へ――勧誘のための試論」,『現代思想』31-13(2003-11):44-75(特集:争点としての生命)[97][118]
◆―――― 2003/11/05 「家族・性・資本――素描」,『思想』955(2003-11):196-215立岩・村上[2011:17-53] [127]
◆―――― 2003/12/10 「医療・技術の現代史のために」,今田編[2003:258-287] 資料[97][118]
◆―――― 2004 『自由の平等――簡単で別な姿の世界』、岩波書店 [131]
◆―――― 20041115 『ALS――不動の身体と息する機械』,医学書院 [97][120][121][133]
◆―――― 2007/11/10- 「もらったものについて・1〜」『そよ風のように街に出よう』75:32-36, 76:34-3 [97]9
◆―――― 2008/09/05 『良い死』,筑摩書房,374p. ISBN-10: 4480867198 ISBN-13: 978-4480867193 [amazon][kinokuniya] ※ d01.et., [97]
◆―――― 2008-2010 「身体の現代・1〜19」、『みすず』2008-7〜2010-5 [97]
◆―――― 2009/03/25 『唯の生』,筑摩書房,424p. ISBN-10: 4480867201 ISBN-13: 978-4480867209 [amazon][kinokuniya] ※ et. [English] [97][114]
◆―――― 2009/08/10 「人工呼吸器の決定?」,川口・小長谷編[2009:153-166] [121]
◆―――― 2012/12/25 「多様で複雑でもあるが基本は単純であること」,安積他[2012:499-548] [131]
◆―――― 2012/12/25 「共助・対・障害者――前世紀末からの約十五年」(第11章),安積他[2012:549-603] [121]
◆―――― 2012- 「予告&補遺・1〜」、生活書院HPhttp://www.seikatsushoin.com/web/tateiwa.html[97]
◆―――― 2013/01/01(2013a 「素朴唯物論を支持する――連載 85」、『現代思想』、『現代思想』41-1(2013-1):14-26[97][114]
◆―――― 2013/05 『私的所有論 第2版』,生活書院 [97][127]
◆―――― 2013/12/01(2013/c 「『造反有理』はでたが、病院化の謎は残る――連載 96」、『現代思想』41-(2013-12)[97]
◆―――― 2013/12 『造反有理――精神医療現代史へ』,青土社 [97][127][131]
◆―――― 2014/08/25 『自閉症連続体の時代』,みすず書房 [97][121]
◆―――― 2014/10/24 「そもそも難病って?だが、それでも難病者は(ほぼ)障害者だ」,難病の障害を考える研究集会 [115][121]
◇―――― 2015/06/03 「再刊にあたって 解説」,横田[2015]
◆―――― 2015/11/13 『精神病院体制の終わり――認知症の時代に』,青土社,433p. [131]
◆―――― 2015/11/25 「横塚晃一――障害者は主張する」,吉見編[2015:257-283] [124]
◆―――― 2016a 「序章」,立命館大学生存学研究センター編[2016] [122]
◆―――― 206b/a 「補章」,生存学研究センター編[2016] [121]
◆―――― 2016 『青い芝・横塚晃一・横田弘:1970年へ/から』Kyoto Books [124]
◆―――― 2016/09/01 「七・二六殺傷事件後に」,『現代思想』44-17(2016-09):196-213 [127]
◆―――― 2016/10/01 「七・二六殺傷事件後に 2」,『現代思想』44-19(2016-10):133-157 [127]
◆―――― 2016/10/10 「国家・権力を素朴に考える」,『精神医療』84 [127]
◆―――― 2016c/b 「人工呼吸器の決定?」,川口・小長谷編[2016] [121]
◆―――― 2017/01/05 「障害者殺しと抵抗の系譜」,立岩・杉田[2017:46-92] [131][134]
◆立岩真也・有馬斉 2012 『生死の語り行い・1――尊厳死法案・抵抗・生命倫理学』、生活書院 [97][98][115]
◆立岩真也・堀田義太郎 2012 『差異と平等――障害とケア/有償と無償』、青土社 [97][115]
◆立岩真也・村上潔 2011 『家族性分業論前哨』,生活書院,360p. [97][127]
◆立岩 真也・村上 慎司・橋口 昌治 2009/09/10 『税を直す』,青土社,350p. ISBN-10: 4791764935 ISBN-13: 978-4791764938 2310 [amazon][kinokuniya] ※ t07, [97]
◆立岩真也・杉田俊介 2017/01/05 『相模原障害者殺傷事件――優生思想とヘイトクライム』青土社,260p. [131][134]
◆―――― 2017/01/05 「生の線引きを拒絶し、暴力に線を引く」(対談),立岩・杉田[2017:177-238] [131]
◆立岩真也 編 2014 『身体の現代・記録(準)――試作版:被差別統一戦線〜被差別共闘/楠敏雄』、Kyoto Books ※ [131]
◆立岩真也 編 2015 『与えられる生死:1960年代――『しののめ』安楽死特集/あざらしっ子/重度心身障害児/「拝啓池田総理大学殿」他』Kyoto Books [121][124][127][131]
◆立岩真也・小林勇人編 2005 『<障害者自立支援法案>関連資料』、Kyoto Books [131]
◆寺田 嘉子 19841215 「自立への一つの道――東京都八王子自立ホーム」,仲村・板山編[1984:260-267] [136]
◆寺脇隆夫 2015 『日患同盟機関紙と朝日訴訟関係(全81リール) マイクロフィルム版 (日本患者同盟関係資料集成) 』,柏書房 [121]
◇轟木敏秀 1993 『光彩』 
轟木 敏秀 199507 『光彩――輝き続けるために(電子書籍版)』,轟木敏秀 
◆徳田篤俊 1964 「“第二の小児マヒ”と闘う」、『文藝春秋』1964-7:224-238 [126]
◆東京ソーシャワーク 1996 『How to 生活保護―暮らしに困ったときの生活保護のすすめ』,現代書館 [121]
◇―――― 20100520 『How to 生活保護――申請・利用の徹底ガイド 雇用不安対応版』,現代書館,239p.
◆東京都立大学管弦楽団第十九期一同編 200061120 『本当は生きたい!――山口衛の足跡』,非売品,21+xiiip. ※ als. n02.
◆轟木敏秀 1993 『光彩』,轟木敏秀
◆―――― 199507 『光彩――輝き続けるために(電子書籍版)』,轟木敏秀 
◆徳田篤俊 196407 「“第二の小児マヒ”と闘う」,『文芸春秋』1964-7:224-238 [125]
◆登丸寿一 200903 「当事者中心主義の視点から読み直すコロニー論――日本で最初にコロニーうつくった登丸福寿の理論と実践を通して」,『天理大学社会福祉学研究室紀要』11:25-36(紙上最終講義)  [131]
◆鳥海 悦郎・堰合 儀男・今野 正広 19710205 『車椅子の眼――筋ジストロフィー症の子どもの誌文と写真集』,平凡社,106p. [133]
◆鳥海 悦郎・平山 一夫・長谷川 清・高橋 幸則 197612 『存在――筋ジストロフィー症の仲間たち』,集団フォーカス(国立療養所西多賀病院3階) [133]
◆―――― 19780810 「存在――筋ジストロフィー症の仲間たち」,『写真リアリズム』44:34-44(日本リアリズム写真集団)(鳥海他[1976]の一部) [133]
◆鳥海 悦郎・長谷川 清・平山 一夫・高橋 幸則・宮川 長二/聞き手:伊藤知巳 19780810 『存在――筋ジストロフィー症の仲間たち」,『写真リアリズム』44:34-44(日本リアリズム写真集団) [133]
土屋 竜一 199912 『出会いはたからもの』,フーコー,271p. ※ md. n02h
土屋 葉 200707** 「福島県における障害者自立生活運動の生成と展開(1)――「福島県青い芝の会」創設期〜発展期を中心に(1973-1978)」『文学論叢(愛知大学)』136: 334-313.ISSN: 02870835 [136]
◆辻 友紀子 20131100 『また きょうも みつけた』,ポプラ社,36p. ISBN-10: 459113685X ISBN-13: 978-4591136850 [amazon][kinokuniya] ※ n02. md.
◆津山直一 1983 「小池文英先生の追悼」,『総合リハビリテーション』11-9:766-767  [124]

■U

◇上田 賢次 20000125 『命の地平線――車椅子のシンガーソングライター』,毎日新聞社,207p. ※ n02. sma.
◇上田 賢次 200110 『うさぎになった男』,鉱脈社,249p. ※ n02. sma.
◇内田 敬子 20030205 『鳥が鳴いてる 私の代わりにもっと泣いて――難病「神経線維腫症II型」と闘った21歳の青春』,郁朋社,278p. ※ n02.
◆植園八蔵 1975 「らい対策立法の展開と福祉」,国立療養所史研究会編[1975:88-93] [124]
◇梅邑 貫 200510 『ラスト・バースデー』,中央アート出版社,248p. ※ n02. scd.
◇牛久保 結紀 20100715 『支えられて――ALS療養者になって』 文芸社,195p. ※ n02. als
◆臼井正樹 2016 「横田弘の生涯」,横田・立岩・臼井[2016:29-71] [121]

■V

ベンチレーター使用者ネットワーク 編 20050915 『ベンチレーターは自立の翼――ベンチレーター国際シンポジウム報告集』,現代書館,358p. ※ v03. n02. md. a02m. [121]

■W

◆若松栄一 1968 「若松医務局長挨拶」→国立療養所史研究会編[1976c:418-438]
◇若松 栄一 19730801 『苦悩するアメリカの医療』,牧野出版社,270p. ASIN:B000J9OY7M 欠品 [amazon][kinokuniya] ※ ms
わらじの会 編 20100325 『地域と障害――しがらみを編みなおす』,現代書館,403p. ※
◇わらじの会 編 20121220 『地域とからだ――まなざしを問う』,わらじの会,291p. ※ d00sm.
◆渡辺一史 20030331 『こんな夜更けにバナナかよ――筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち』,北海道新聞社→2013 文春文庫 [120]
◇渡辺正直 1988   「共にいきる場を求めて」,三ツ木編[1988:160-173]
◇―――― 19991225 「人工呼吸器と共に」(街に生きて),『季刊福祉労働』85
◇―――― 20000325 「人工呼吸器と共に・2」(街に生きて),『季刊福祉労働』86
◇―――― 20000625 「人工呼吸器と共に・3」(街に生きて),『季刊福祉労働』87
◇渡辺 理恵子 19751225 『愛と闘いの序章――スモンと共に歩んだキャンパスの青春』,立風書房,282p. ASIN:B000J9WDHA 欠品 [amazon] ※ n02. d07smon.
渡部 沙織 2015 「「難病」の誕生――「難病」対策と公費負担医療の形成」,明治学院大学大学院社会学研究科社会学専攻2014年度修士論文
◇渡部 沙織 20140306 「日本における難病史研究の課題(研究ノート)」,『社会学専攻紀要』37:31-37(明治学院大学大学院社会学研究科)
◆―――― 201604 「日本における「難病」政策の形成」,『季刊家計経済研究』110:66-74 [125]
◇わたなべ すがこ 20071210 『I’m“MG”――重症筋無力症とほほ日記』,三輪書店,177p. ※ n02. mg.
◇Wexler, Alice 1995 Mapping Fate: A Memoir of Family, Risk and Genetic Research, University of California Press=20030925 武藤 香織・額賀 淑郎 訳,『ウェクスラー家の選択――遺伝子診断と向きあった家族』,新潮社,361p. ※ n02. hd.
◇渡邉 琢 20110220 『介助者たちは、どう生きていくのか――障害者の地域自立生活と介助という営み』,生活書院,420p. ※ d00sm.
◇ワット 隆子 201402** 『ワットさんのALS物語――ALS(筋萎縮性側索硬化症)の夫と歩んだ2200日』,ヴィゴラス・メド,168p. ※ n02. als

■Y

◇矢吹 文敏 20140325 『ねじれた輪ゴム――山形編』,生活福祉社,307p. ※ d00sm. n02. oi.
◆八幡一郎・小林提樹・田中文雄・市川浩之助 19830410 『来し方の記 6』、信濃毎日新聞社 [126]
◆山田憲吾 1993 「厚生省心身障害研究「進行性筋ジストロフィー症の成因と治療に関する臨床的研究」の歴史と動向の概要」,あゆみ編集委員会編[1983:48-65] [125][126]
◆山田 秀人 19831125 「劇映画『さよならの日日』の患者を演じて」,山田富也[1983:183-186] [133]
山田 富也 19750920 『隣り合せの悲しみ――死を見つめながら生きる筋ジストロフィー症者の青春記』,エ−ル出版社, 208p, ※ md. n02h [125]
◆―――― 19780930 『さよならの日日――友情、恋、そして死…難病と闘った少年の青春』,エール出版社,201p. [133]
◆―――― 19831125 『筋ジストロフィー症への挑戦』,柏樹社,222p. [133][134][135][136]
◇―――― 19850826 『愛ふり返る時――難病患者・生命を賭けた10年の記録』,エ−ル出版社,190p. ※ md.
◇―――― 19871010 「仙台ありのまま舎」,『はげみ』1987-10・11(196):52-53
◇―――― 1988 「身体障害者福祉ホームの構想と現実――仙台ありのまま舎」,三ツ木編[1988:76-93]
◇―――― 19891115 『透明な明日に向かって』,燦葉出版,254p. 2060 ※ md. n02h,
◆―――― 199004 『こころの勲章』,エフエー出版,245p. [133]
◇―――― 19920901 「自分を見つめる」(車いすにのってまちへ 21),『月刊福祉』75-11(1992-09):104-105
◇―――― 19921001 「障害をもって生きる」(車いすにのってまちへ 22),『月刊福祉』75-12(1992-10):096-097
◆―――― 19990310 『全身うごかず――筋ジスの施設長をめぐるふれあいの軌跡』,中央法規出版,272p. ISBN:4-8058-1785-2 2500 [amazon][kinokuniya] ※ md [125]
◇―――― 20050930 『筋ジス患者の証言「生きるたたかいを放棄しなかった人びと」――逝きし者の想影』,明石書店,280p ※ md.
山田 富也 20090201 『聖芯源流――難病と共に生きる風景』,七つ森書館,222p. ※ md. n02.
◆山田富也・寛仁親王・沢地久枝・斎藤 武 19951220  『いのちの時間』,新潮社,237p. [133][135]
山田 富也・白江 浩 20020212 『難病生活と仲間たち――生命の輝きと尊さを』,燦葉出版社,323p. ※ md. n02h. [134][135]
◆山崎 摩耶 20061125 『マドンナの首飾り――橋本みさお、ALSという生き方』,中央法規,275p. ※ als. n02.
◆柳原 和子 198304 「筋ジス青年の自立への闘い」,『潮』288:196-211 [133][134]
◆―――― 1987 「弔辞というエビローグー」,福嶋[1987:187-210] [133][134][135][136]
◆―――― 2000 『がん患者学――長期生存をとげた患者に学ぶ』,晶文社,600p.→2004 『がん患者学 I――長期生存患者たちに学ぶ』,中公文庫,477p.,『がん患者学 II――専門家との対話・闘病記録』,中公文庫,456p. [136]
◆―――― 2002 『がん生還者たち――病から生まれ出づるもの』,中央公論新社,346p.→2004 『がん患者学III がん生還者たち――病から生まれ出づるもの』,中公文庫,394p. [136]
◆―――― 2005 『百万回の永訣――がん再発日記』,中央公論新社,395p. [136]
◆柳沢 寿男 199303 「福祉映画づくり、いってこいの関係」(講演、採録・構成:木村裕子)、『ネットワークつうしん』28(山形国際ドキュメンタリー映画祭ネットワーク) [133]
◆横浜「難病児の在宅療育」を考える会 編 19980610 『いのちの輝き 資料編――障害の重い子の健康と楽しい家庭生活のために どーする医療的ケア』,日本小児医事出版社,200p. ※r n02. ms. d00b.
◆横田 弘 19740115 『炎群――障害者殺しの思想』,しののめ発行所,しののめ叢書13,177p. [127][131]
◆―――― 19790120 『障害者殺しの思想』,JCA出版,219p. 1600 ※/東社369.27 [127][131]
◆―――― 2004 『否定されるいのちからの問い――脳性マヒ者として生きて 横田弘対談集』,現代書館 [121]
◆―――― 20150603 『増補新装版 障害者殺しの思想』,現代書館,254p. [127][131]
◇横田弘・立岩真也 2002a 「対談1」→横田・立岩・臼井[2016:72-126]
◆―――― 2002b 「対談2」 → 2004 「差別に対する障害者の自己主張をめぐって」,横田[2004:5-33] [121]
◆横田弘・立岩真也・臼井正樹 2016 『われらは愛と正義を否定する――脳性マヒ者 横田弘と「青い芝」』,生活書院,250p. [121][122][123]
◆―――― 2008 「対談3」→横田・立岩・臼井[2016:176-211] [121][122]
◆横田弘・立岩真也・臼井正樹 2016 『われらは愛と正義を否定する――脳性マヒ者 横田弘と「青い芝」』,生活書院 [121][122]
◆横田 喜久江 20000130 『筋ジスに負けるな、茂!』,メトロポリタン,198p. ※ md. n02. 
横塚晃一 19710310 「我々の手で小さな施設を」,『あゆみ』12:4-5→横塚[1975:103-106] [131]
◆―――― 19750225 『母よ!殺すな』,すずさわ書店 [131]
◆―――― 20070910 『母よ!殺すな 新版』,生活書院,432p. [131]
◆米本 浩二 201304 『みぞれふる空――脊髄小脳変性症と家族の2000日』,文藝春秋,198p. ※ n02. scd.
◆吉川 みき 20020430 『病床からのIN MY LIFE』,扶桑社,255p. ※ n02. mg.
◆吉見俊哉編 2015 『万博と沖縄返還――一九七〇前後』(ひとびとの精神史・5),岩波書店 [124]
◆吉岡斉他 編 2011-2012 『新通史 日本の科学技術』、第1巻〜第4巻+別巻、原書房全国自立生活センター協議会編 『自立生活運動と障害文化』、全国自立生活センター協議会、発売:現代書館[97]
◇悠那 20130315 『このままでは死ねない 線維筋痛症――あなたはこの病名を聞いたことがありますか?』,文芸社,159p. ※ n02. fms.

■Z

◆全国ハンセン病患者協議会 1988- 『炎路 全患協ニュース縮刷版(第1号〜300号)』『全患協ニュース縮刷版第2集(第301号〜500号)』『全患協ニュース縮刷版第3集(第501号〜700号)』,全国ハンセン氏病患者協議会 [124]
◆全国ハンセン氏病患者協議会 編 1977 『全患協運動史――ハンセン氏病患者の闘いの記録』,一光社 [124]
◆全国自立生活センター協議会 編 2001 『自立生活運動と障害文化――当事者からの福祉論』,発行:全国自立生活センター協議会,:発売:現代書館,480p. [97]
◆全国重症心身障害児(者)を守る会 編 19830905 『この子たちは生きている――重い障害の子と共に』,ぶどう社,230p. ASIN: B000J77FI4 [amazon] ※ j01.

■雑誌・機関紙

◆『コロニー解体』3 19760326 関西障害者解放委員会 [131]
『全厚生秩父学園組合ニュース』〜275 〜1995/05/29 [131]


◇Selby, Philip 1974 Health in 1980-1990 : A Predictive Study Based on an International Inquiry,S. Karger Pub,86p.=19760619 若松 栄一 監修 『医療の未来像』,国際看護交流協会 メヂカルフレンド社,202p. ASIN:B000J9NLG2 欠品 [amazon][kinokuniya] ※ ms
◇若松 栄一 19730801 『苦悩するアメリカの医療』,牧野出版社,270p. ASIN:B000J9OY7M 欠品 [amazon][kinokuniya] ※ ms


UP:201601 REV:20160218, 0224, 0314, 0408, 0520, 0615, 0711, 1022, 1231, 20170101, 02, 03, 0212, 13, 0413,0601, 24
病者障害者運動史研究  ◇『現代思想』  ◇立岩 真也  ◇Shin'ya Tateiwa 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)