HOME > BOOK >

『人工臓器で幸せですか?』

梅津 光生 編 20051031 コロナ社,144p.


このHP経由で購入すると寄付されます

■梅津 光生 編 20051031 『人工臓器で幸せですか?』,コロナ社,144p.
 ISBN-10: 4339078395  ISBN-13: 978-4339078398 1575 [amazon] ※ b d01 t02

■出版社/著者からの内容紹介
ペースメーカ,人工弁,人工血管を移植した方へ直接インタビューを行い,人工臓器がいかに生活の質の向上に役立っているかを紹介,さらに,人工臓器の開発の歴史,現状,将来をバイオエンジニアリングの視点から平易に解説しました。 

■内容(「BOOK」データベースより)
人工臓器による治療を受けた方やその家族の生の声として、発病から治療方法の選択、手術、術後の経過などを通しての不安や喜びなどの心の変遷に加え、実際に開発・治療をしてきたエンジニアや医者の考えなどをインタビュー形式で収録しています。今後の治療方法を考える一助となる書です。

■内容(「MARK」データベースより)
人工臓器による治療を受けた人やその家族の声から、発病、治療法の選択、手術・術後の経過を通しての不安や喜びなどの心の変遷に加え、実際に開発・治療をしてきたエンジニアや医者の考えをインタビュー形式で収録。

■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
平田 章二
梅津 光生 1974年早稲田大学理工学部機械工学科卒業。1979年早稲田大学大学院理工学研究科博士課程修了(機械工学専攻)。国立循環器病センター研究所初代研究員。1984年医学博士(東京女子医科大学)。1985年国立循環器病センター研究所研究室長(人工臓器部)。1988年工学博士(早稲田大学)。セントビンセント病院(シドニー)工学部長(初代オーストラリア人工心臓プロジェクトリーダー)。1992年早稲田大学教授(理工学部機械工学科)。1993年ニューサウスウェールズ大学(シドニー)客員教授併任。2000年早稲田大学人間総合研究センター副所長(2004年9月まで)。2001年早稲田大学大学院生命理工学専攻初代主任。研究、専門テーマは医用機械工学、人工臓器。所属学会―日本人工臓器学会、国際人工臓器学会、日本機械学会、ライフサポート学会等(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■目次
1 ペースメーカ
〔1〕ペースメーカ友の会 ―対談者(患者) 阿久津哲造先生―
 (a) ペースメーカを入れる前
(b) ペースメーカを入れてから
 (c) 阿久津先生の研究の歴史
〔2〕ペースメーカの歴史・現状・将来 ―対談者(先生) 藤本哲男先生―
 (a) 心臓病とペースメーカの働き
 (b) ペースメーカの実際の使われ方
 (c) ペースメーカの歴史と発展
2 人工弁 
〔1〕和菓子屋一家の団結 ―対談者(患者1) 藤田トシ江さん―
 (a) 執刀医北村先生との出会い
 (b) 手術までの生活
 (c) 強運のトシ江さん、ご家族
 (d) 生体弁と金属弁
 (e) 現在のご様子
〔2〕即手術の恐怖 ―対談者(患者2) 寺田正二さん―
 (a) 会社の検査からの入院
 (b) 手術の決心をして
 (c) 手術後の生活
〔3〕心臓弁膜症と治療 ―対談者(先生) 岩崎清隆先生―
 (a) 弁のしくみ
 (b) 弁膜症について
 (c) 人工弁の種類
 (d) 人工弁のしくみ
 (e) 高分子製人工弁での寿命予測
 (f) 新しい研究
3 人工血管
〔1〕臨死体験からの生還 ―対談者(患者) 戸田道男さん―
 (a) 解離性大動脈で緊急手術
(b) 手術前と後の体調
〔2〕人工血管の研究 ―対談者(先生) 白石泰之先生―
 (a) 人工血管の形状
 (b) 人工血管の種類
 (c) 人工血管接続の手術
 (d) 人工血管の歴史
 (e) 新しい試み


UP:20071117 REV:2007
人工臓器  ◇身体  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)