HOME > BOOK >

『一寸先は病み』

H.T. 20160604.

Tweet
last update:(最後に更新した日付 ex.20160714)

このHP経由で購入すると寄付されます


■H.T. 20160604 『一寸先は病み』,Kindle,ASIN: B01GM9CMU8 [amazon]

 ※アマゾンの表記では2016/6/4。奥付のようなものなし。「あとがき」の日付は2015/12/31となっている。ここでは2016/6/4を採用。
 ※H.T.はTが姓Hが名である可能性が高いが、文献表での扱いではH.T.とした。

■内容

著者による紹介


 重症筋無力症と多発性硬化症という難病を抱えています。重症筋無力症の治療がメインですが、恋バナ、旅行記、どきどき挫折ありと、悲喜こもごも、盛りだくさんの内容となっています。
 難病というと「絶望」とか「不幸」といったイメージがありますが、必ずしもそうではありません。かえって人生に深みを与えてくれる場合もあるものです。難病にかかるとすぐ死んでしまうという固定観念は、そういうマイナスなイメージから来ているのでしょう。でも、地味にしぶとく生き続けている難病患者もたくさんいます。私もそのひとりです。難病や障害を負ったら、覚悟を決めましょう。もちろん、生きる覚悟を。
 なお、第1章は付録のようなものなので、第2章からお読みになっても結構です。

■目次

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:岩ア 弘泰
UP:20170131 REV:
重症筋無力症(MG)  ◇ALS(筋萎縮性側索硬化症)  ◇「難病 Nambyo」  ◇病者障害者運動史研究  身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)