HOME > 組織 >

ありのまま舎

http://www.arinomama.or.jp/




http://www.arinomama.or.jp/menu1_2.html
 以下※以外は上記HPより

1960 山田寛之・山田秀人 国立西多賀療養所に筋ジス患者として全国で初めて入院。
1968 山田富也 国立西多賀療養所に入院 筋ジス専門病棟 同療養所に開設に開設
1969 筋ジス病棟患者自治会「西友会」設立
1971 詩集『車椅子の青春』(仙台市・西多賀病院西友会編集委員会編[197101])出版。地域福祉研究会仙台を設立。
1974 地域福祉研究会仙台を進行性筋萎縮症連絡会に改名
1974 山田富也退院 ※
1975 任意団体「ありのまま舎」設立。山田寛之退院
1976 雑誌『ありのまま』創刊。(2006年までに43号)
1977 映画『車椅子の青春』制作 第1回赤十字映画祭最優秀賞受賞
1979 映画『さよならの日日』制作 文化庁優秀映画賞を受賞
1980 仙台市より「賛辞の楯」を受ける 山田寛之死去 33歳
1982 映画『続・車椅子の青春(忘れられた一日)』制作。山田富也「ドキュメントこれぞ人間」出演。
1983 山田秀人死去 34歳
1984 詩集『新・車椅子の青春』☆出版 自立ホーム建設にむけて本格的活動開始 初代代表大坂誠死去 54歳
1985 社会福祉法人ありのまま舎発起人総会 第一回ありのまま記録大賞創設(以後2000年まで16回開催)
1986 社会福祉法人ありのまま舎設立。社会福祉法人ありのまま舎後援会設立。山田富也 仙台放送ドキュメント『いのち見つめて』放映。
1987 自立ホーム「仙台ありのまま舎」開所 (障害者福祉ホーム)。第1回「ありのまま生活福祉講座」開催(以後毎年開催)。車椅子劇団結成(以後1999年まで毎年公演)。山田富也 ライオンズクラブ国際大会善行賞受賞。山田富也 キワニスクラブ社会公益者表彰。
1988 第1回障害者自立読売絵画展開催(以後1999年まで12回開催)。山田富也 NHK「あすの福祉」出演。
1989 「仙台ありのまま舎」付帯施設「障害者自立センター」開所。山田富也 仙台市制百周年記念特別表彰。『透明な明日に向かって』(山田富也[19891115])出版。
1990 山田富也 厚生大臣表彰受賞。山田富也 NHK「心の時代」出演(澤地久枝さんと共に)。『こころの勲章』(山田富也[199004])出版。
1991 難病ホスピス建設運動開始。山田富也 朝日厚生文化事業団特別賞受賞。自立ホーム「東北建築賞」受賞。
1992 映画『あした私は』製作。白江浩 NHK『あすの福祉』出演。
1993 山田富也 朝日社会福祉賞受賞。
1994 重度障害者・難病ホスピス(身体障害者療護施設)「太白ありのまま舎」開所(現 障害者支援施設)。
1995 『いのちの時間』出版。山田富也の母 外与子「みやぎのお母さん」に選ばれる。山田富也 テレビ東京ドキュメント『僕の命のメッセージ』放映。
1996 「社会福祉法人ありのまま舎」河北文化賞受賞。
1997 『希望と共に生きて』(日野原・山田・西脇編[1997])出版。
1998 山田秀人 CDアルバム「ドンパックトリビュート」発売。
1999 第1回ありのまま舎自立大賞設立(以後毎年開催)。韓国元大統領金大中氏夫人イ・ヒホさん来舎。ありのままショップ開設。映画『生命といのち』製作。『全身うごかず』(山田富也[19990310])出版。
200003 第2回ありのまま自立大賞、福島智が受賞 ※
2001 第1回リードシアター上映。
20020512 ありのまま自立奨励賞、鎌田竹司が受賞 ※
2002 詩集『2002車椅子の青春』(ありのまま舎編[20020212])出版。『難病生活と仲間たち』(山田富也・白江浩[20020212])出版。アニメ映画『明日の風に向かって』製作。
2003 映画『生かされて生きる』製作。山田富也 NHKラジオ『こころの時代』に出演。
2004 『いのちを語る手記集』(ありのまま舎編[20040315])出版。『見えず感じず全身うごかず』(ありまのまま社編[2004])出版。自立ホーム 天皇陛下より御下賜金を賜る。
2005 映画『メタセコイヤの木の下で』製作。同映画がヒューストン国際映画祭ロマンス部門銀賞受賞、日本映画ペンクラブ推薦をうける。山田秀人遺稿集『愛と孤独と詩』(ありのまま舎編[20050613])出版。山田富也 毎日社会福祉顕彰受賞。『筋ジス患者の証言〜逝きし者の想影』(ありのまま舎編[20050930])出版。
2006 社会福祉法人ありのまま舎20周年。齊藤久吉初代理事長死亡。103歳。
2007 大坂純理事長就任。『生命のキャッチボール』☆出版。
2008 映画『母・外与子』製作。『魂しずめの詩』(ありのまま舎編[20080701])出版。
20100921 山田富也死去 ※
2013 県南ありのまま舎、名取ありのまま舎(相談支援事業)開設。
2014 橋治理事長就任。パンフレットパンフレット活動・行事活動・行事活動・行事活動・行事活動・行事活動・行事

■ありのまま記録大賞

◆ありのまま舎 編 198610 『私たちが、生きること』,新潮社,220p. ISBN-10: 4103639016 ISBN-13: 978-4103639015 [amazon][kinokuniya] ※

◆ありのまま舎 編 19871025 『命の日めくり――第2回ありのまま記録大賞受賞作品集 全国の障害者の詩とノンフィクション』,エール出版社,188p. ISBN-10:4753907872 ISBN-13:978-4753907878 欠品 [amazon][kinokuniya] ※ [MD]

◆宮城県難病団体連絡協議会 編 198803 『ふたつめの生命』,エフエー出版,183p. ISBN-10: 4900435589 ISBN-13: 978-4900435582 [amazon][kinokuniya] ※

◆ありのまま舎 編 19890320 『私のパートナーその名は“情熱”――第4回ありのまま大賞受賞作品集』,エフエー出版,238p. ISBN-10:4900435767 ISBN-13:978-4900435766 欠品 [amazon][kinokuniya] ※ n02. md. o/as. ,

◆ありのまま舎 編 199006 『四枚目の卒業証書――第5回ありのまま記録大賞受賞作品集』,エフエー出版,202p. ISBN-10: 4900435902 ISBN-13: 978-4900435902 [amazon][kinokuniya] ※

◆ありのまま舎 編 199107 『いのちの旅路――第6回ありのまま記録大賞受賞作品集』,エフエー出版,215p. ISBN-10: 4872080092 ISBN-13: 978-4872080094 [amazon][kinokuniya] ※

◆村松 建夫 199112 『見えない絆』,エフエー出版,180p. 9784872080179→200702 『見えない絆』,幻冬舎文庫,155p. ISBN-10: 4344409175 ISBN-13: 978-4344409170 [amazon][kinokuniya] ※ [大賞受賞作品]

◆宮内 勝 199403 『命の詩片』,七賢出版,188p. ISBN-10: 4883041549 ISBN-13: 978-4883041541 [amazon][kinokuniya] ※ [大賞受賞作品]

◆小沢 由美/ありのまま舎 編 19950731 『いつかの未来は夏の中』,七賢出版,133p. ISBN-10:4163728007 ISBN-13:978-4163728001 欠品 [amazon][kinokuniya] ※ v03. sma. ms. n02. o/as. [第9回大賞・第10回大賞受賞]

■ありのまま自立大賞

◆200003

asahi.com news update
より引用
「「ありのまま自立大賞」の第2回受賞者を発表
仙台市にある社会福祉法人「ありのまま舎」は21日、障害がありながら自ら生活を積極的に切り開く人や団体に贈る「ありのまま自立大賞」の第2回受賞者を発表した。前回、該当者のいなかった「自立大賞」には、全盲、全ろうとして日本で初めて大学進学を果たし、現在、障害児教育の研究をしている金沢大助教授の福島智さん(37)、「自立支援大賞」には、盲留学生を受け入れて支援する東京都在住の金治憲さん(53)が選ばれた。授賞式は、4月30日、仙台市内のホテルで行われる。」(23:49)
http://www.asahi.com/0321/news/personnel21005.html

◆20020512 ありのまま自立奨励賞、鎌田竹司さん受賞

 

■出版物
 http://www.arinomama.or.jp/menu2_2.html

◇仙台市・西多賀病院西友会編集委員会 編 197101 『車椅子の青春――一生に一度の願い 詩集』,西友会 [120][133][MD]

◇国立西多賀病院詩集編集委員会 編 197503 『車椅子の青春――進行性筋ジストロフィー症者の訴え』,エール出版社 [120][133][MD]

◇進行性筋萎縮症連絡会地域福祉研究会「仙台」詩集編集委員会 編・発行 1975 『詩集 続 車椅子の青春――進行性筋ジストロフィー者(児)の叫び』 [120]

◆ありのまま舎 編 19770430 『車椅子・残酷な青春――進行性筋ジストロフィー症者たちの詩文集』,エール出版社,188p.,[amazon][kinokuniya] ※ md.

◆ありのまま舎 編 19871025 『命の日めくり――第2回ありのまま記録大賞受賞作品集 全国の障害者の詩とノンフィクション』,エール出版社,188p. ISBN-10:4753907872 ISBN-13:978-4753907878 欠品 [amazon][kinokuniya] ※ [MD]

◆ありのまま舎 編 19890320 『私のパートナーその名は“情熱”――第4回ありのまま大賞受賞作品集』,エフエー出版,238p. ISBN-10:4900435767 ISBN-13:978-4900435766 欠品 [amazon][kinokuniya] ※ n02. md. o/as. ,

◆小沢 由美/ありのまま舎 編 19950731 『いつかの未来は夏の中』,七賢出版,133p. ISBN-10:4163728007 ISBN-13:978-4163728001 欠品 [amazon][kinokuniya] ※ v03. sma. ms. n02. o/as.

◆日野原 重明・山田 富也・西脇 智子 編 19970720 『希望とともに生きて――難病ホスピス開設にいたる「ありのまま舎」のあゆみ』,中央法規出版,191p. ISBN-10:4805816198 ISBN-13:9784805816196 2100 [amazon] ※

◆ありのまま舎 編 20020212 『車椅子の青春 2002――難病患者たちの魂の詩 詩集』,ありのまま舎,205p. ※ md. n02h. [MD]

◆ありのまま舎 編 20040315 『いのちを語る手記集』,ありのまま舎,317p. ISBN-10: 4990113616 ISBN-13: 978-4990113612 [amazon][kinokuniya] ※ md. n02h. o/as. .

◆ありのまま舎 編 20050613 『愛と孤独と詩――限られた生命の世界で 難病生活34年・孤高の人生 山本秀人遺稿集』,社会福祉法人ありのまま舎,238p. ISBN-10: 4990113632 ISBN-13: 978-4990113636 1600 [amazon][kinokuniya] ※ md. n02. o/as. ,

ありのまま舎 20080701 『魂しずめの詩――逝きし人々のアルバム』,ありのまま舎,167p. ISBN-10:4990113659 ISBN-13:978-4990113650 欠品 [amazon][kinokuniya] ※ ,


山田 富也(やまだ・とみや)
 ・ありのまま舎
◇山田 富也 19871010 「仙台ありのまま舎」
 『はげみ』1987-10・11(196):52-53
◇山田 富也 1988 「身体障害者福祉ホームの構想と現実――仙台ありのまま舎」
 三ツ木編[1988:76-93]
◇山田 富也 19920901 「自分を見つめる」(車いすにのってまちへ 21)
 『月刊福祉』75-11(1992-09):104-105
◇山田 富也 19921001 「障害をもって生きる」(車いすにのってまちへ 22)
 『月刊福祉』75-12(1992-10):096-097

◆ありのまま舎 編 19770430 『車椅子・残酷な青春――進行性筋ジストロフィー症者たちの詩文集』,エール出版社,188p.,[amazon][kinokuniya] ※ md.

 「東北の四月はまだ肌寒い。
 昭和四十七年のそんなある日、私達の続けている運動体の前身が誕生した。それまでの患者自身だけでかたまっていたサークル的組織とは異なり、一般の人達を含んだ形で社会に働きかけをする集りに変って出発したのだ。
 朝の起床から食事・用便まで何一つ自分だけでは用をたせない進行性筋萎縮症(進行性筋ジストロフィー症)患者と普通の健常者はどこで結びつくのか、どこの接点(つなかり)を見い出せば同次元で思考できるのか、また行動できるのか、私達は初期にこんな議論を幾度も続けた。
 そんな中から具体的な行為として最初に詩集『車椅子の青春』を自費出版していった。
 その後、詩集は版を重ね『続・車椅子の青春』を刊行するまでに至った。
 この時点までは私達の数々の社会に対する運動は、着実に成果をあげることができた。
 『続・車椅子の青春』は全国に散在している患者から詩の寄稿という形で協力をもらい、また私達自らも筋ジス患児・者を被写体とした写真パネルを持ち歩き、患者への理解をと写真展を開催△185 して行動を起こしていった。
 運動の一環として筋ジス患者施設を訪れ意見の交換をしたこともある。
 しかし、およそこの五年間にわたる私達の行為は何を残したのであろうか。
 結果は、あげた運動の成果と同時に社会の中に存在するいろいろな問題をあらためて認識することしなかったのである。
       *    *
 それは、収容施設に起きる患者と医療従事者とのトラブル、在宅患者の経済的問題・介護者の問題、また医療の不備という問題、数えあげればきりがないほどである。
 特に経済的な問題は患者一人の問題として収拾せず回りにも必ず影響を及ぼしている。」(ありのまま舎編[1977:185-186]、「あとがき」(著者名なし))



 「車椅子の青春 
 新年度となり、二十歳そこそこの若さあふれる新人スタッフがありのまま舎にも入舎した。
 ただ立っているだけでもまぶしい年頃である。ありのまま舎に夢と期待を持って関わり始める彼らの姿をいとおしい思いで眺めた。私が、同じ年齢の頃何をしていただろうか。約三十年前のことだ。
 ちょうど、詩集『車椅子の青春』を出版した頃がそうだった。十代、二十代の若さで、次々に同病の仲間がこの世から去っていく。病院生活で感じた、現実への憤りにも似た思いがこの詩集の編集という行動に私を走らせていた。 
 病気になってしまうことは誰のせいでもない。そのことに疑問を感じた訳ではなく、どうして、他の病気のように治療法が研究されてないのかということへの疑問だった。たくさんの人が罹る病気の治療法の研究は、一挙にた▽099 くさんの人の生命を救えるだろう。効率的なことなのかもしれない。しかし、だとすれば、例えば筋ジスのように絶対数が少ない病気はいっまで経ってもその対象からはずされ続け救われないことになる。 
 現実に、患者数が多くない「珍しい病気」は、名前がつけられたぐらいのもので、ほとんど治療法の確立はされていない。 
 そしてその哀しい現実は三十年経った今でもほとんど変わっていない。今、再び詩集を出すことで世に訴えたいと強く思う。当事者しか感じられない思い、当事者だから書ける作品は、たくさんの人の心に直接訴えてくれることと確信している。 
 ありまま舎の活動の原点ともいえるその活動を、今年度の仕事の手始めとしたいと思う。活動を始めた頃の思いを私も忘れずにいたい。新人スタッフのはつらつとした姿に励まされる思いで。」(山田[2009:98-99]、初出は2001年4月)


■言及



◆立岩 真也 2017/02/01 「生の現代のために・18:資料について――連載・130」,『現代思想』45-3(2017-2):16-30

 「そして六〇年代から七〇年代にかけての病院やそこから出ようとする動きが書かれたものが見出される。仙台の「ありのまま舎」(リスト◆に一三冊をあげた)から出された本がある。ありのまま舎は有名になった。それは多くの人の協力を得て、莫大な労力を注入して、「グループホーム」を作った。その努力は立派だったと思うが、私には素晴らしい力の使い方としてその営みがどうだったかと思うところがある。」

 *リスト
ありのまま舎 19871025 『命の日めくり――第2回ありのまま記録大賞受賞作品集 全国の障害者の詩とノンフィクション』
◇ありのまま舎 編 19890320 『私のパートナーその名は“情熱”――第4回ありのまま大賞受賞作品集』
◇山田富也・寛仁親王・沢地久枝・斎藤 武 19951220  『いのちの時間』
◇日野原 重明・山田 富也・西脇 智子 編 19970720 『希望とともに生きて――難病ホスピス開設にいたる「ありのまま舎」のあゆみ』
◇山田富也 19990310 『全身うごかず――筋ジスの施設長をめぐるふれあいの軌跡』◎
山田 富也・白江 浩 20020212 『難病生活と仲間たち――生命の輝きと尊さを』
◇ありのまま舎 編 20020212 『車椅子の青春 2002――難病患者たちの魂の詩 詩集』
◇ありのまま舎 編 20040315 『いのちを語る手記集』
◇ありのまま舎 編 20050613 『愛と孤独と詩――限られた生命の世界で 難病生活34年・孤高の人生 山本秀人遺稿集』
◇山田富也 20050930 『筋ジス患者の証言「生きるたたかいを放棄しなかった人びと」――逝きし者の想影』
◇ありのまま舎 編 20080701 『魂しずめの詩――逝きし人々のアルバム』
山田 富也 20090201 『聖芯源流――難病と共に生きる風景』
◇阿部 恭嗣 著/竹之内 裕文 編 20101009 『七転び八起き寝たきりいのちの証し――クチマウスで綴る筋ジス・自立生活20年』

◆立岩 真也 20170701 「福嶋あき江――生の現代のために・23 連載135」,『現代思想』

 「★01 福嶋[198303]は『筋ジストロフィー症への挑戦』(山田[1983])に再録されている。その本には「季刊誌『ありのまま』の中の、全国から集められた患者のおもいを紹介することにより、患者の願いや苦しみ、生活の様子をわかっていただけるのではないかと思い、抜粋しました」(山田[1983:141])とある。初出は書かれていない。かつて私は『ありのまま』のいくつを読んだはずで(手許にはない)、その時のメモによればそれは八三年三月刊行の一五号掲載の文章のはずだ。それで福嶋[198303]とした。「共同生活ハウス」が始まったのが八三年二月だから、開始直後ということになる。
 なお『筋ジストロフィー症への挑戦』の一九年後、『難病生活と仲間たち』(山田・白江[2002])が出版された。白江によると山田から『筋ジストロフイー症への挑戦』の全面改訂にあたっての協力を依頼されて始めたが、「結果的には、前作の面影はわずかに見られるぐらいで、改訂というより、全面書き直しということになってしまった。/全く新しい本になってしまった」(白江[1987:322])という。
 『筋ジストロフィー症への挑戦』第七章が「筋ジストロフィー症への九人の挑戦」。志風忠義「入院生活十周年の節目に」、福嶋あき江「地域での生活を始めて」(HP全文収録)、栗原マキ子「患難は忍耐を 忍耐は練達」、井上和久「国際障害者年に」、阿部恭嗣「一四回目の冬」、高野岳志「生と死と人生と」(HP全文収録)、山田寛之「筋ジストロフィー病棟の断面」、山田秀人「劇映画『さよならの日日』の患者を演じて」、山田富也「同志」。これは各々の文章をそのまま再録。ただ初出の情報がないことは右記。
 『難病生活と仲間たち』の第三章が「筋ジストロフィー患者として生きる」で、こちらは、白江が書いた各々についての文章の後、本人の文章を収録している。阿部恭嗣、中島英一、佐々木文夫、岡村隆税、高野岳志、丸山聖人、勝矢光信、中澤利江、大山敬司、小関譲治の十人に各々一節があてられている。『挑戦』に収録されている阿部(著書に阿部[2010])と高野の文章は題名が変えられた上で再録されている。福嶋の文章は収録されていない。白江自身に交流があった人を二〇〇二年の本では取り上げたという事情によるものと思う。」

◆立岩 真也 20170801 「福嶋あき江/虹の会・2――生の現代のために・24 連載136」,『現代思想』

 「そして国立療養所から出てきた筋ジストロフィーの人たちによるケア付住宅として、八七年四月に「ありのまま舎」が開設される。八王子、相模原、札幌も開設にずいぶんの労力と時間が費やされたが、それでも施設は公営だった。それに対してありのまま舎は、「福祉ホーム」という制度は使いつつ、民間の、莫大な労力と知恵と時間を使って作られた。それが国立療養所体制に対するこの時点での代案とされたということにもなる。しかし、それは、費やされたものの大きさのわりには…、と思うところがある。そしてそれは、ありまのまま舎に力を注いだ山田富也自身が言うことでもある。
 なぜそうなったのか。」

 ↓

◆立岩 真也 2018 『(題名未定 2018b3)』,青土社


REV: 20170104, 20180331, 0409
山田 富也  ◇筋ジストロフィー  ◇筋ジストロフィー・文献  ◇組織  ◇ケア付住宅  ◇病者障害者運動史研究 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)