HOME > BOOK >

『福祉と贈与――全身性障害者・新田勲と介護者たち』

深田 耕一郎 20131013 生活書院,674p.

last update: 20131119

このHP経由で購入すると寄付されます

■深田 耕一郎 20131013 『福祉と贈与――全身性障害者・新田勲と介護者たち』,生活書院,674p. ISBN-10: 486500016X ISBN-13: 978-4865000160 \2800+税 [amazon][kinokuniya] ※

http://www.seikatsushoin.com/bk/116%20fukushitozouyo.html ds.

■広告

内容(「BOOK」データベースより)
人にものをたのむことをしなければ、助けを請わなければ、生存がままならないという負い目を主体的に生きた、全身性障害者・新田勲。その強烈な「贈与の一撃」を介護者として自らの身体で受け取ってしまった著者が、公的介護保障の実現を求めて生涯、社会運動にかかわったその生の軌跡と、矛盾と葛藤に満ちた「福祉」の世界を描き切った渾身入魂の書。

■著者

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
深田/耕一郎
1981年生まれ。2012年3月、立教大学大学院社会学研究科博士課程後期課程修了。博士(社会学)。日本学術振興会特別研究員等を経て、立教大学社会学部助教(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■目次

はじめに
                 
序章  福祉を贈与として立ち上げることは可能か
          1 「福祉」とは何か
          2 「福祉」という「闘争」のエスノグラフィー
          3 公的介護保障要求運動の世界

第1章  ある全身性障害者の自立生活
          1  介護者になる
          2  エロスと負い目

第2章  全身性障害者の自立生活運動と介護の贈与論的理解
          1  福祉における財の移転原理
          2  贈与の特性
          3  自立生活運動における介護の贈与論的理解
          4  自己を与える──負い目の社会性
          5  〈与えること=福祉〉の構造的矛盾をめぐって

第3章  支配の贈与を拒む──家族と施設における抑圧
          1  何を拒み、受け取るか
          2  家族から施設へ
          3  施設への入所
          4  施設という統治技法
          5  闘争の生成
          6  支配の贈与を拒む

第4章  贈与を与え返す──府中療育センター闘争をめぐって
          1  いかにして贈与を与え返すか
          2  施設労働者への呼びかけ
          3  具体的連帯と腰痛
          4  賭けるということ
          5  テント座り込み
          6  贈与を与え返す

第5章  相互贈与を求めて──他人介護のありか
          1  いかなる福祉を立ち上げるか──他者との関係を媒介するもの
          2  公的介護保障要求運動の生成
          3  相互贈与を可能にする贈与──公的介護保障の萌芽
          4  生活・遊び・運動──ぶつかりあうエロスの交易
          5  エロスのゆくえ
          6  相互贈与としての福祉

第6章  相互贈与を可能にする条件──介護者たちの自立生活
          1  相互贈与を可能にする条件とは何か
          2  公的介護保障要求運動の80年代
          3  相互贈与を可能にするために──専従介護の発明
          4  家事使用人としての介護者──斎藤正明の専従介護経験
          5  「お互いさま」への開かれ──大滝史生の専従介護経験
          6  贈与の労働

第7章  相互贈与と疑似商品交換──全国公的介護保障要求者組合の分裂
          1  なぜ全国公的介護保障要求者組合は分裂したのか
          2  障害者運動における公的介護保障要求運動
          3  全国公的介護保障要求者組合の結成と展開
          4  制度がすがたを現すとき──ヴァナキュラーとモダンをつなぐ
          5  全国公的介護保障要求者組合の分裂
          6  交響圏とルール圏の再設定

第8章  考察──相互贈与としての福祉をめぐって
          1  新田勲のライフヒストリーと自立生活──本書の要約
          2  自立生活の条件──関係の探求
          3  相互贈与としての福祉をめぐって

終章  返礼としての結論
          1  自己贈与の参与観察
          2  ドラマとシステム──介護者の立場から
          3  本書の意義

あとがき
参考文献
新聞・雑誌記事(無署名)
ビラ・機関誌など
年表

■書評・紹介・言及



UP:20131019 REV: 20131119
深田 耕一郎  ◇新田 勲  ◇病者障害者運動史研究  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)