2016/07/03 立岩真也『私的所有論 第2版』
>HOME >Tateiwa

『私的所有論 第2版』

立岩 真也 2013


『私的所有論  第2版』表紙   □紹介・言及/□初版の紹介・言及(別頁)
  □目次 /□誤字
  □「第2版序」「いきさつ・それから――第2版補章・2」より
  □初版への言及(別頁)
  □文献表文献表・英語版   □文献表(追加分)
  □索引/□初版の索引
  □[English](別頁) □英語・電子書籍版


※英語版電子書籍出ました。本文・注は初版。文献表は第2版。10$。日本語版第2版のHTMLファイルが同包されています。リンク多数等、紙版をもっている方にも役立つものになっています。
◆Shinya Tateiwa 2016 On Private Property, English Version, Kyoto Books Translation by Robert Chapeskie

Tweet

立岩 真也 20130520 『私的所有論 第2版』,生活書院・文庫版,973p. ISBN-10: 4865000062 ISBN-13: 978-4865000061 1800+ [amazon][kinokuniya] ※
 
>TOP

■紹介・言及(90)
 ※twitter日付1日ずれることがあります。twitter.com 側の問題のようです。

 ……

◆2015/12/21 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/678880286269038592
 「『私的所有論』英語訳版のための文献表とりあえず作成公開→http://www.arsvi.com/ts/2013b1b-e.htm … 覚えてないぐらい断続的にやったけれど手間はえらいかかってるもの。文献約1800、関連リンク約1500。誤り等お知らせください→立岩真也tae01303@nifty.ne.jp」

 ……

◆2015/01/09 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/553528577027608576
 「立岩真也 ?@ShinyaTateiwa 01/10NHK午後11時から吉本隆明のことで番組あり上野千鶴子氏出てくるという連絡あり吉本頁増補→http://www.arsvi.com/w/yt08.htm  よくわからん本もあれど『論註と喩』は良書→『私的所有論』で言及。第2版(立岩真也・生活書院)補章での『最後の親鸞』からの引用他も引用。」

◆2014/11/01 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/528555964635443201
 「立岩真也 ?@ShinyaTateiwa 立岩真也『私的所有論 第2版』(生活書院・文庫版)http://www.arsvi.com/ts/2013b1.htm  の誤字を直すことできそうで、気づいたものは→http://www.arsvi.com/ts/2013b1.htm#m  他にあったらお知らせいただければありがたいです。」

◆2014/08/01 https://twitter.com/chikadabot/status/495130841773666304
 「近田 ?@chikadabot ただ赤いシャツを着ているだけでも目障りだと不快に思う人はいる。不快に思う人を気にしてばかりでは何もできない。立岩真也『私的所有論』は名著。私は学生時代に二度読破に挑み、二度とも途中で投げ出しました。 / “誰一人傷つける事も不快に…” http://htn.to/njv64h 」

◆2013/12/11 https://twitter.com/hinakoozaki/status/410743668933279744
 「尾崎 日菜子 ?@hinakoozaki 「PACE」vol.8のあたしのフェィバリットなテキストは、堀田義太郎君の、立岩真也著『私的所有論』の書評です。 堀田君はおぼえていないかもしれないけど、むかしむかし、関西の勉強会で堀田君の発表を聞いてそれでずっとおぼえています。 堀田君の先鋭な思考が反映されている素晴らしいもの」

◆2013/12/10 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/410644365443223553
 「立岩真也 ?@ShinyaTateiwa 『私的所有論』書評・言及、初版:http://www.arsvi.com/ts/1997b1.htm +第2版(2分冊のつもりが1冊に→厚くなってます):http://www.arsvi.com/ts/2013b1.htm#r (こっちは筆者自身の書いたもの含みます)。前者は英語訳有。間違いの指摘などありましたら。」

◆2013/12/07 https://twitter.com/tiroryu/status/409282753176567808
 「チロリアン@2日目東テ48a ?@tiroryu 私的所有論文庫版かったんだが、「おいおい京極夏彦か」ってくらい分厚くてわらった http://www.amazon.co.jp/%E7%A7%81%E7%9A%84%E6%89%80%E6%9C%89%E8%AB%96-%E7%AC%AC2%E7%89%88-%E7%AB%8B%E5%B2%A9%E7%9C%9F%E4%B9%9F/dp/4865000062/ …」

◆2013/12/03 https://twitter.com/shigure_Justice/status/407936921818501120
 「時雨正義@アイドル戦国時代 ?@shigure_Justice 私的所有論 第2版 立岩真也 http://www.amazon.co.jp/dp/4865000062/ref=cm_sw_r_tw_dp_EbINsb13HN7CC … @AmazonJPさんから」

◆2013/12/03 https://twitter.com/Yamacha611/status/407893389602861056
 「YAMASHITA, Takashi ?@Yamacha611 さらに、立岩真也『私的所有論 第2版』には、稲葉振一郎氏の「解説」(に代えた問題提起)が収録されている。「『私的所有論』は、日本の生命・医療倫理学の歴史を画す画期的な業績であることは周知の事実である」(857)と言いつつも、「厳しい」問題提起をしている解説は一読の価値あり!」

◆2013/12/03 https://twitter.com/Yamacha611/status/407893370803994624
 「YAMASHITA, Takashi ?@Yamacha611 立岩真也『私的所有論 第2版』の帯:「この社会は、人の能力の差異に規定されて、人の受け取りと人の価値が決まる、そしてそれが『正しい』とされている社会である。本書はそのことについて考えようという本だ。もっと簡単に言えば、文句を言おうということだ。」 二つの補章が加えられた豪華版。」

◆2013/11/26 https://twitter.com/Minamoto_ason_A/status/405497299960221696
 「源 義敦?@Minamoto_ason_A 日本人はサンデルを読む前に立岩さんの『私的所有論』を読むべきだろう。「『自分のことは自分で決める』というが、その『自分のこと』とは何か、その範囲が問題なのであり、そしてなぜその範囲が自己の決定のもとに置かれるべきなのかが問題なのである」(27頁)。「自分のこと」とは、何か?」

◆2013/11/26 https://twitter.com/Minamoto_ason_A/status/405495737288359936
 「源 義敦?@Minamoto_ason_A そう言えば立岩真也さん(@ShinyaTateiwa )の『私的所有論』第2版(生活書院)を買って読むの忘れていた。参考文献一覧や解説まで含めると1000頁弱あるので、一気には読めないなぁ。」

◆立岩 真也 2013/11/18 「『私的所有論』の登場人物5(最首悟・続)――連載:予告&補遺・25」
 生活書院のHP:http://www.seikatsushoin.com/web/tateiwa.html

◆立岩 真也 2013/11/11 「『私的所有論』の登場人物4(最首悟)――連載:予告&補遺・24」
 生活書院のHP:http://www.seikatsushoin.com/web/tateiwa.html

◆立岩 真也 2013/11/07 「『私的所有論』の登場人物3(生命倫理研究会/青い芝の会)――連載:予告&補遺・23」
 生活書院のHP:http://www.seikatsushoin.com/web/tateiwa.html

◆立岩 真也 2013/10/21 「『私的所有論』の登場人物2(視労協・宮昭夫)――連載:予告&補遺・22」
 生活書院のHP:http://www.seikatsushoin.com/web/tateiwa.html

◆立岩 真也 2013/10/14 「『私的所有論』の登場人物・1(「視労協」関係)――連載:予告&補遺・21」
 生活書院のHP:http://www.seikatsushoin.com/web/tateiwa.html

◆2013/10/13 https://twitter.com/kamaaca/status/389382699242119168
 「蒲田アカデミア ?@kamaaca 10月13日 @anhebonia ご教示感謝。立岩さんの本、誤植や訂正がいっぱいあって、どんどん追加される訂正リスト照らし合わせながら読むのがとてもたいへんだったのです。」

◆2013/10/13 https://twitter.com/kamaaca/status/389382699242119168
 「なげなわぐも ?@anhebonia 10月13日 @kamaaca「私的所有論」生活書院から文庫本出てます。1,800円です。」

◆2013/10/13 https://twitter.com/kamaaca/status/389382699242119168
 「蒲田アカデミア?@kamaaca そろそろ文庫版出てもいいよなあ。文庫じゃ読みにくそうだけれども。上下2巻で一冊1200円ていうところですかね。」

◆2013/10/13 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/389381787412996097
 「ふらU。?。U⌒⊃ ?@floodDog_p 10月13日 @ShinyaTateiwa なんとご本人からご案内いただけるとは恐縮です…!NHK出版の哲学のエッセンスシリーズ『レヴィナス』の中で引用されていまして気になったのでした。ありがとうございます。」

◆2013/10/13 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/389381787412996097
 「立岩真也?@ShinyaTateiwa @floodDog_p 『私的所有論 第2版』文庫版で出ております。中身すこし増えていて、値段は3分の1より安くなっていますので、よろしかったらどうぞ→http://www.arsvi.com/ts/2013b1.htm」

◆2013/09/27 https://twitter.com/Charkaid/status/383559360133079040
 「charkaid?@Charkaid 立岩先生、私的所有論第二版で、公正価格論の紹介という文脈で拙著引いてくださっていたのか。遅くなってしまいましたが、ありがとうございます。」

◆2013/09/23 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/389381787412996097
 「ふらU。?。U⌒⊃ ?@floodDog_p 9月23日 読みたい、けど値段が……/私的所有論:http://Amazon.co.jp :本 http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4326601175 …」

◆2013/09/20 https://twitter.com/KinoShinjuku/status/381261050403762177
 「紀伊國屋書店新宿本店?@KinoShinjuku 【3階人文】ここで『JINBUN FANCLUB』第2弾「記憶―〈甦り・不可避性・自己愛撫〉」http://www.kinokuniya.co.jp/contents/pc/store/Shinjuku-Main-Store/20130804180624.html … の売れ筋ランキングを遅ればせながら紹介します!ダントツの 第一位は立岩真也『私的所有論』でした! KF」

◆2013/09/14 https://twitter.com/teppei89kd6/status/379474029289021440

 「橋本 鉄平?@teppei89kd6 立岩真也『私的所有論』が文庫化されていた。社会学・生命倫理学・自己決定論の最重要文献。その圧倒的なボリュームと単行本は高かったので気にしながらも敬遠してきました。文庫本でも900ページで1890円と規格外!心して読もう。 pic.twitter.com/9ezx8E0kIe」

◆2013/09/12 https://twitter.com/hanashibeta/status/378190362264621057
「青木ペン(見るな。)?@hanashibeta 確か勁草書房から出ていた旧版しか読んでいなかった。 →私的所有論 第2版 立岩真也 http://www.amazon.co.jp/dp/4865000062/ref=cm_sw_r_tw_dp_DGEmsb083G9AC … @AmazonJPさんから」

◆2013/08/31 https://twitter.com/KinoShinjuku/status/373705722397069312
 「紀伊國屋書店新宿本店?@KinoShinjuku 【3階人文】「記憶―〈甦り・不可避性・自己愛撫〉」の選書の中では、立岩真也『私的所有論』、青木祐介・金井健『死ぬまでに見たい洋館の最高傑作』、真木悠介『気流の鳴る音』、高橋哲哉『記憶のエチカ』、松山巌『群集』などが好調です! http://www.kinokuniya.co.jp/contents/pc/store/Shinjuku-Main-Store/20130804180624.html … KF」

……

◆2013/07/18 http://sbb.flop.jp/2013/07/post_547.html

◆2013/07/16 https://twitter.com/stevia4/status/357124932624334850
「ステビア?@stevia4 @forget_menotnot はやく『私的所有論』を読みたい」

◆2013/07/12 https://twitter.com/lacopen/status/355674508071403520
 「LACOPEN?@lacopen 文庫版の『私的所有論』をルミネの本屋で見つけた。地元の店だったら品揃えが薄くて見つからなかっただろう。」

◆2013/07/11  https://twitter.com/sichsorne/status/355355210740281344
 「ぞるげ?@sichsorne 私的所有論、1000ページの文庫本なんて持ち運びにも不便だろうに...」

◆2013/07/11 https://twitter.com/chitokusenchi/status/355295168070557697
 「ボタ落ち@でいだらぼっち?@chitokusenchi 立岩真也の私的所有論第2版買ってきてしまった。」

◆2013/07/10 https://twitter.com/ishiteen12/status/354970518207733760
 「夢見るいしてぃーん?@ishiteen12 王道の一般論としてロックの所有権思想、新しいのだと私的所有論くらいは引くけど、ケーススタディがほちい。情報倫理に触れる文献は山のようにあるけどことセクシャリティを絡めるとなると無いに等しい。」

◆2013/06/27 https://twitter.com/shiinama/status/350481299355615232
 「しーなま?@shiinama 稲葉振一郎先生の解説を読んだ。稲葉先生が『私的所有論』のどこが画期的で、どこに更なる展開の可能性があるかを解説してる。最近の稲葉先生がローマ法の木庭先生の業績に注目してるのはなぜか、「占有」の概念がなんで重要なのか、ちょびっとわかった気がする。」

◆2013/06/16 https://twitter.com/emDA/status/346521019059671040
 「emdeelab?@emDA 「河合塾(...)の仕事でフェローという科目別なんでも相談という職をやっていて――科目は、笑われるのだが、「現代国語」だった」 / 立岩真也「『私的所有論 第2版』広告予告+『国家と所有のゆくえ』少し――連載:予告&補遺・14」 http://www.seikatsushoin.com/web/tateiwa14.html …」

 ……

◆2013/06/01 https://twitter.com/uma_uma_chan/status/340855073838096385
 「UMA?@uma_uma_chan 明日は買い物に行こう。ゆるゆりの最新巻と、余裕があれば立岩真也『私的所有論 第2版』を。」

◆2013/06/01 https://twitter.com/kagayam/status/340758653789409281
 「本屋のカガヤ?@kagayam13時間  立岩真也『私的所有論』の第2版が文庫(!)で刊行された(生活書院。補章および稲葉振一郎による解説を付す) http://www.seikatsushoin.com/bk/106%20shitekishoyuron.html … 。うまく見習えているとは思わないが、何か考えるとき、この本の文体というか〈思考の歩幅〉のようなものを意識するようにしている」

◆2013/05/31 https://twitter.com/shinichiroinaba/status/340446695064227840
 「稲葉振一郎?@shinichiroinaba 立岩『私的所有論』がどうしても理解できない人はまず文庫版の私の解説から読んでください。さもなければ『法学教室』4,5月号の木庭顕『法学再入門』「占有」を読んでください。」

◆2013/05/31 https://twitter.com/shinichiroinaba/status/340447529206431744
 「稲葉振一郎?@shinichiroinaba やっとはてダに書影が出た。/立岩真也『私的所有論[第2版]』(生活書院) - インタラクティヴ読書ノート別館の別館 (id:shinichiroinaba / @shinichiroinaba) http://d.hatena.ne.jp/shinichiroinaba/20130521/p1 …」

◆2013/05/31 https://twitter.com/youme2525/status/326738731304374272
 「彦坂暁/Hikosaka Akira?@acoela 買った本メモ;『私的所有論 第2版』(立岩真也)。分厚い。」

◆2013/05/30 https://twitter.com/Tanemura_T/status/340286215511240704
 「種村剛?@Tanemura_T 【本】『私的所有論 〔第2版〕』(立岩真也、生活書院、2013)。補章と稲葉振一郎先生の解説つき。 pic.twitter.com/k1eocv6NAh」

◆2013/05/30 https://twitter.com/thelma_dayo/status/340004735245496320
 「テルマ?@thelma_dayo  Kじょー君に教えてもらい、生協書店に一冊だけあった、立岩真也『私的所有論 第2版』(生活書院)を購入。予約しようと思ってた矢先なので嬉しい\(^o^)/」

◆2013/05/30 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/340244958952964097
 「立岩真也?@ShinyaTateiwa @synodos 利光惠子『受精卵診断と出生前診断――その導入をめぐる争いの現代史』(2012)→http://www.arsvi.com/b2010/1211tk.htm … です。出生前診断については『私的所有論 第2版』第9章(本文は初版と同じ)http://www.arsvi.com/ts/2013b1.htm でも。」

◆2013/05/29 https://twitter.com/seikatsushoin/status/339952658343403520
 「takahashi atsushi?@seikatsushoin 【『私的所有論 第2版』】Amazonもようやく私が送った情報を載せてくれました(まだ単行本情報が混載されていますが)。補充もとりましたので在庫表示もいずれ変わるかと思います。http://www.amazon.co.jp/%E7%A7%81%E7%9A%84%E6%89%80%E6%9C%89%E8%AB%96-%E7%AC%AC2%E7%89%88-%E7%AB%8B%E5%B2%A9%E7%9C%9F%E4%B9%9F/dp/4865000062/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1369885666&sr=8-1&keywords=%E7%A7%81%E7%9A%84%E6%89%80%E6%9C%89%E8%AB%96+2%E7%89%88 …」

◆2013/05/29 https://twitter.com/Crowm69/status/339705153726865408
 「よしー?@Crowm69 『私的所有論【第2版】』をパラパラと読んでいるが、改版に伴い120ページほど追加されたうえに、稲葉振一郎氏の解説も入っているので、なんかもうスゴイことになってる…」

◆2013/05/28 https://twitter.com/Crowm69/status/339704098762915840
 「よしー?@Crowm69 『私的所有論』の第1版と第2版を並べてみる(厚さは第2版が勝利) http://instagram.com/p/Z5NQvOL0qn/」

◆2013/05/28 https://twitter.com/chosuke0/status/339620825256837120
 「のざりん?@chosuke0 「ただそこ(『生命学に何ができるか』)から『無痛文明論』に行かねばならなかったかというと、私はそうは思わない」(立岩『私的所有論 第2版』p.797)。私も、立岩さんと同じように思っている。この違和感を言語化するのは、きっと弟子の仕事なんだろうな。」

◆2013/05/28 https://twitter.com/YJSZK/status/339596836857847808
 「Y. ホセヲ SZK?@YJSZK 立岩さんと稲葉さん @shinichiroinaba とで「トークセッション」みたいな企画ってないのだろうか?(ジュンク堂の渋谷店または池袋店、あとはゲンロンカフェとか) QT @YJSZK 立岩真也『私的所有論 第2版』買った」

◆2013/05/28 https://twitter.com/YJSZK/status/339596836857847808
 「Y. ホセヲ SZK?@YJSZK5月28日 立岩真也『私的所有論 第2版』買った。以下、帯より。この社会は、人の能力の差異に規定されて、人の受け取りと人の価値が決まる、そしてそれが「正しい」とされている社会である。本書はそのことについて考えようという本だ。もっと簡単に言えば、文句を言おうということだ。」

◆2013/05/28 https://twitter.com/capnoir/status/339392427146235904
 「Hiroyuki Kurosaki?@capnoir 立岩真也『私的所有論』第2版が文庫版で出ていたので購入、さっそく読みはじめる。初版が出てから16年もたつのか。まだ読んだことがない人はこの機会にぜひ。 http://www.amazon.co.jp/gp/product/4865000062?ie=UTF8&camp=1207&creative=8411&creativeASIN=4865000062&linkCode=shr&tag=kurosan-22&qid=1369752130&sr=1-5 …」

◆2013/05/28 http://blog.goo.ne.jp/wamgun/e/6790534e8910c4721fd7a9ba0fdabfec
 「ぼくがこのブログで引用したことのある立岩真也『私的所有論・第2版』が生活書院より文庫版で発売された。
 価格は1,890円で、今までの単行本(勁草書房6,300円)よりだいぶ安い(笑)
 稲葉振一郎の解説付きで、補章もある模様(ぼくはまだ見てない)
 この本、読むのはたいへんだが(いろんな意味で!)、よい本です。」

◆2013/05/28 https://twitter.com/Sauf_k/status/339323494527561728
 「Sauf_k?@Sauf_k 【買った@】 立岩真也『私的所有論 第2版』 http://www.seikatsushoin.com/bk/106%20shitekishoyuron.html … あの名著が文庫化、しかも補章×2と稲葉先生の解説付き。買わずにはいられなかった。」

◆2013/05/28 https://twitter.com/richeamateur/status/339320232076255232
 「長島明夫?@richeamateur 【文庫化】立岩真也さんの『私的所有論』第2版出版とのこと(生活書院、973頁)。『建築と日常』No.2(http://kentikutonitijou.web.fc2.com/no02.html )でのインタヴュー「建築と所有」のベースになった本。 http://www.arsvi.com/ts/2013b1.htm」

◆2013/05/28 https://twitter.com/seikatsushoin/status/339302685650067456
 「takahashi atsushi?@seikatsushoin 【『私的所有論 第2版』】紀伊國屋さんの新宿南店、国立の増田書店さんなどからも補充が入り始めています。Amazonもようやく入庫http://www.amazon.co.jp/%E7%A7%81%E7%9A%84%E6%89%80%E6%9C%89%E8%AB%96-%E7%AB%8B%E5%B2%A9-%E7%9C%9F%E4%B9%9F/dp/4865000062/ref=sr_1_fkmr1_1?ie=UTF8&qid=1369730849&sr=8-1-fkmr1&keywords=%E7%A7%81%E7%9A%84%E6%89%80%E6%9C%89%E8%AB%96+2%E7%89%88 … ただ商品情報は単行本の時のママです。情報アップには今少し時間がかかりそうです。」

◆2013/05/28 https://twitter.com/JP_Mike/status/339310689518768129
 「Minoru Kataoka(片岡 稔)?@JP_Mike あの立岩氏の名著の『私的所有論』第二版が出版されました。今回は文庫本でお手頃価格で入手できます。知的好奇心が満たされる一冊。立岩真也『私的所有論』 http://amazon.co.jp/dp/4865000062 」

◆2013/05/27 https://twitter.com/thelma_dayo/status/338991153095512064
 「テルマ?@thelma_dayo え、私的所有論文庫だと2000円切るのか。買う。それは買うよ。」

◆2013/05/27 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/338963937536114688
 「立岩真也?@ShinyaTateiwa @yomisuke 『私的所有論』電子書籍化するつもりです。文庫版(1800円+税)と同じ値段で許しますか? ご意見たまわればと。」

◆2013/05/27 https://twitter.com/pui_asn/status/338972375414624256
 「プイ?@pui_asn 紀伊国屋に入荷したみたいだから私的所有論買いに行こっと。」

◆2013/05/27 https://twitter.com/Crowm69/status/338931537343033344
 「よしー?@Crowm69 立岩真也『私的所有論【第二版】』が近所の本屋に無くて(´・ω・`)」

◆2013/05/27 https://twitter.com/YJSZK/status/339596836857847808
 「Y. ホセヲ SZK?@YJSZK5月27日 書店で解説だけチラ見、第1版を持ってるがこちらも購入するつもり。名著。読みにくい文体と感じる人もいるかもしれないが。 QT @YJSZK 立岩真也『私的所有論:第2版』…稲葉さん @shinichiroinaba による解説付き pic.twitter.com/6Zl7AlRKlE」

◆2013/05/27 https://twitter.com/akiradicalism/status/339267823077584897
 「あべあきら?@akiradicalism 私的所有論(第二版・文庫版)  立岩 真也 http://www.amazon.co.jp/dp/4865000062/ref=cm_sw_r_tw_dp_F8ePrb0R3GSGK … @AmazonJPさんから」

◆2013/05/27 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/339015200617398272
 「立岩真也?@ShinyaTateiwa 『私的所有論 第2版』文庫版、2つの補章の目次等、何を足したかとかだいたいわかるように、まだへんなところありますが→http://www.arsvi.com/ts/2013b1.htm /(この本ではないですが)ファイルで直売というのも→http://www.arsvi.com/ts/sale.htm」

◆2013/05/26 https://twitter.com/tokoroten510/status/339007871280885760
 「概念主義者 ニートリアージ イジリー自慰?@tokoroten510 http://www.seikatsushoin.com/web/tateiwa13.html … Web連載 加えたこと・1:『生の技法』広告続 連載:予告&補遺・13 立岩 真也 ◇ 乙武 レストラン ◇ 私的所有論 と 自由からの逃走 と ソシュール と 養老 さん 系 いろいろ 論理 倫理 哲学 いろいろ だなぁ」

◆2013/05/26 https://twitter.com/necomaru/status/338776071010930688
 「猫丸?@necomaru 祝文庫化!しかも第2版。。。生活書院のPR 「この本はたしかに長くはある。ただ、基本的な「動機...『私的所有論』立岩 真也 http://bit.ly/12Hb6td #booklog」

◆2013/05/26 https://twitter.com/seikatsushoin/status/338897153516773377
 「takahashi atsushi?@seikatsushoin 【『私的所有論 第2版』販売中】http://www.seikatsushoin.com/bk/106%20shitekishoyuron.html … 紀伊国屋書店新宿本店さんから20冊補充など追加も入り始めています。大型書店さんにはほぼ並んだかと思います。是非お手に取ってご覧ください@」

◆2013/05/25 https://twitter.com/KinoShinjuku/status/338897528848273408
 「紀伊國屋書店新宿本店?@KinoShinjuku 【3階哲学】立岩真也さんの『私的所有論第2版』(生活書院)が入荷いたしました。稲葉振一郎さんの解説付きで、文庫サイズ1890円(税込)です。3階F24日本思想(現代)の棚でご用意しております。 YA」

◆2013/05/25 https://twitter.com/agnethapedersen/status/338304674027425792
 「Agnetha Pedersen?@agnethapedersen ↓立岩さんの私的所有論(ハードカバー。たいへん高価)を買った身としては、文庫本化は許せません(苦笑)」

◆2013/05/25 https://twitter.com/shiinama/status/338256930457935872
 「しーなま?@shiinama 私的所有論が文庫化されて、しかも稲葉先生の解説付きだと…」

◆2013/05/25 https://twitter.com/sasakiatsushi/status/338255564385689600
 「佐々木敦?@sasakiatsushi 立岩真也『私的所有論 第2版』購入。二つの補章を増補した新版。勁草書房からの初版てもう十五年以上も前なのか。ずっと昔にもうそこまで辿り着けない書棚の奥に埋もれちゃったので嬉しい。しかも文庫サイズで安い。解説は稲葉振一郎。」

◆2013/05/24 https://twitter.com/watarikaros/status/470442918763716608
 「watari k ?@watarikaros そんな微妙なところで境界線を引けるものではないと言われる。常套的な言い草だ。しかし、微妙であるという事実は(中略)差異を消去することではないし、差異を尊重しようという行いが無駄であることを意味するものではない。―立岩真也「私的所有論」」

◆2013/05/24 https://twitter.com/stupid164/status/337943231650217984
 「takahiro hirano takahiro hirano ?@stupid164 ハードカバー高かったけど、文庫なら…(それでも1890円笑) RT @sentan01: RT @ritsumei_arsvi: 立岩真也『私的所有論 第2版(文庫版)』がもうすぐ店頭に並びます!http://www.arsvi.com/ts/2013b1.htm」

◆2013/05/24 https://twitter.com/t_hayashi/status/337931706092904449
「はやし?@t_hayashi つまり、『私的所有論』初版を買うということは、間接的に立岩さんから1000円もらう、ということだったの?」

◆2013/05/24 https://twitter.com/tiroryu/status/337933091618291713
「チロリアン@例大祭こ14a?@tiroryu えっ 私的所有論の文庫版でるんだ http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4865000062/ …」

◆2013/05/24 https://twitter.com/endoucom/status/337929594999021568
 「遠藤墾 Kon Endoh ?@endoucom (立岩真也先生の『私的所有論』が生活書院から文庫化との噂。) http://www.arsvi.com/ts/2013b1.htm」

◆2013/05/23 https://twitter.com/ritsumei_arsvi/status/337809123594862592
 「生存学研究センター ?@ritsumei_arsvi 立岩真也『私的所有論 第2版(文庫版)』がもうすぐ店頭に並びます!http://www.arsvi.com/ts/2013b1.htm

◆2013/05/23 https://twitter.com/emorimoe/status/337735541128830977
 「ちゃいとん ちゃいとん ?@emorimoe 名著「私的所有論」が文庫化なのね!【第二版】ということは加筆されていそうだな。その昔6,000円くらい出して買った本だの。」

◆2013/05/23 https://twitter.com/akiradicalism/status/337703512475590657
 「あべあきら あべあきら ?@akiradicalism そうか。立岩真也の『私的所有論 第2版(文庫版』の店頭発売は28日あたりか・・。」

◆2013/05/22 https://twitter.com/akiradicalism/status/337460912598446080
 「あべあきら あべあきら ?@akiradicalism 【私的所有論第2版関係】これか。 「占有」って何?: http://d.hatena.ne.jp/shinichiroinaba/20100520/p1 …」

◆2013/05/22 https://twitter.com/YJSZK/status/337444984036929536
「Y. ホセヲ SZK Y. ホセヲ SZK ?@YJSZK 立岩真也『私的所有論(増補・文庫版)』 http://www.seikatsushoin.com/bk/106%20shitekishoyuron.html … が出たようだ(生活書院のサイトで新刊扱いになっている)。稲葉振一郎さん @shinichiroinaba による解説付き。 pic.twitter.com/6Zl7AlRKlE」

◆2013/05/22 https://twitter.com/tokoroten510/status/337241454592266240
 「概念主義者 ニートリアージ イジリー自慰?@tokoroten510 齋藤 一  (Hajime Saito) ?@ hspstcl 2011年1月9日 【私的所有論】1997 サンデルよりもこっちを精読すべき。私たちの読むべき「古典」。立岩 ◇ いやあ 、 思い入れ 勝手な 思い込み 等 が 僕ちゃんの場合 作者 からみたら あると 思う なぁ」

◆2013/05/22 https://twitter.com/tokoroten510/status/337241454592266240
 「概念主義者 ニートリアージ イジリー自慰 概念主義者 ニートリアージ イジリー自慰 ?@tokoroten510 齋藤 一  (Hajime Saito) ?@ hspstcl 2011年1月9日 【私的所有論】1997 サンデルよりもこっちを精読すべき。私たちの読むべき「古典」。立岩 ◇ いやあ 、 思い入れ 勝手な 思い込み 等 が 僕ちゃんの場合 作者 からみたら あると 思う なぁ」

◆2013/05/22 https://twitter.com/rusuban_the_3rd/status/337239707702407168
 「留守番? ?@rusuban_the_3rd おっ、『私的所有論』文庫版、見本はできたのね。Amazonではまだ発売情報が出てないけど、hontoでは近日刊予定になってるな。」

◆2013/05/22 https://twitter.com/wsary/status/337237789265494017
 「大野更紗 Sarasa Ono ?@wsary 背割れスルー(「私的所有論」第2版・文庫版)。 pic.twitter.com/WMu2iYMlDy」

◆2013/05/20 https://twitter.com/seikatsushoin/status/336686749256404992
 「takahashi atsushi ?@seikatsushoin 『私的所有論(第2版)』の見本出し終えて、いつものタンメン。書店には25日前後から並びます。是非!! http://instagram.com/p/Zjw_YLDvjo/」

……

◆2013/04/23 https://twitter.com/youme2525/status/326738731304374272
 「you-me?@youme2525 『私的所有論 第2版』 立岩 真也 2013 http://www.arsvi.com/ts/2013b1.htm」

◆2013/04/12 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/322927771359772672  「立岩真也 ?@ShinyaTateiwa 『私的所有論 第2版』ゲラ届く。なるたけ早くやります。こういう遅延関係情報含め http://www.arsvi.com/ts/2013b1.htm 増補。2分冊でなく1冊でいけそうみたい。ただし索引の頁番号入れてない段階で971頁。」

◆2013/04/06 https://twitter.com/corrupted1979/status/320538799606231040
 「corrupted 1979?@corrupted1979 注文書はだいたい同じタイミングで来てたんだけど、『私的所有論』の第2版はいつ頃なんだろ。」

◆2013/04/02 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/319259075101736960
 「立岩真也?@ShinyaTateiwa 出版社超繁忙につき『私的所有論 第2版』(文庫版)http://www.arsvi.com/ts/2013b1.htm いましばらくお待ちください(いまゲラの手前です)。cf.初版に対する書評・紹介 http://www.arsvi.com/ts/1997b1.htm#r」

◆2013/03/28 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/317277412515803137
「立岩真也?@ShinyaTateiwa 塩川伸明先生新HP http://www7b.biglobe.ne.jp/~shiokawa/ 拙著『私的所有論』書評(2001) http://www7b.biglobe.ne.jp/~shiokawa/books/tateiwa.htm … 第2版 http://www.arsvi.com/ts/2013b1.htm ゲラ、週末に届けていただけるとのことです」

◆2013/03/23 https://twitter.com/tokoroten510/status/315372875823607808
 「概念主義者 ニートリアージ 客員国民?@tokoroten510 立岩真也『私的所有論』 http://www.shiokawa.j.u-tokyo.ac.jp/ongoing/books/tateiwa.htm … 塩川 伸明(しおかわ のぶあき、1948年8月31日 - )日本の政治学者。専門はロシア政治史、比較政治学 アドレス:shiokawa{アットマーク}http://j.u-tokyo.ac.jp 」

◆2013/02/22 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/304970789449502720
 「立岩真也?@ShinyaTateiwa 文献追加したり。http://www.arsvi.com/a/r.htm#n (HP全体の更新履歴→毎日中身変わります)。こんなしてるときりないのでもう(あと1日で)手放します。『私的所有論 第2版』文庫版 http://www.arsvi.com/ts/2013b1.htm 」

◆立岩 真也 2013/02/19 「『生の技法 第3版』/『私的所有論 第2版』/電子書籍 連載:予告&補遺・9」
 生活書院のHP http://www.seikatsushoin.com/web/tateiwa09.html

■立岩 真也 1997/09/05 『私的所有論』 ,勁草書房,445+66p. ISBN-10: 4326601175 ISBN-13: 978-4326601172 6300 [amazon][kinokuniya] ※

 
>TOP

第1章〜第9章目次

□第2版・序

□ごく単純な基本・確かに不確かな境界――第2版補章・1(仮案)
1 単純な批判と基本的な位置
 1 いたって単純なことが書いてある
 2 根拠?
2 人に纏わる境界
 1 位置
 2 殺生について
 3 人間の特別扱いについて
 4 始まりについて
3 人に対する人
 1 (非)介入――とくに(予め)よくすることについて
 2 承認の重みを軽くすること
4 人に纏わるもの・世界
 1 譲渡を求める/求めないもの
 2 環界
5 分けられるものの分け方
 1 ありうる(まともな)批判について
 2 三つの場面からの三つの層に分けられる分配
 3 強制・権力について

□いきさつ・それから――第2版補章・2(仮案)

1 なりゆき
 1 いきさつ
 2 私に対置されるのは私たちではないと思ったこと
 3 第2版までの些事
2 その後
 1 その後
 2 社会内の境界
 3 「生命」のこと
 4 現在の歴史

 
>TOP

□「第2版・序」(案)より

 本書の初版は一九九七年九月に勁草書房から刊行された。基本的に本文はまったく変えていない。その上で、「ごく単純な基本・確かに不確かな境界」と「いきさつ・それから」という二つの補章を加えた――その二つめのものではこの版刊行の事情をもう少し詳しく説明している。「なくてはならない」を単純に語感の問題から「なければならない」とした。「リバータリアン」は近頃の多数派の使い方に従って「リバタリアン」とした。そして、初版にあった誤字を第十四刷まで(勁草書房刊の初版は第十五刷まで刷られた)徐々になおしていったのだが、二〇九個訂正した。その多くは多くの読者の方が知らせてくださった。お礼申し上げる。
 注については、その数・位置を変えないまま、内容に追加を行った。合わせて一九五箇所になる。その部分は【 】で囲った。そして補章2で事情を説明するが、異常に少なかった改段落を多くした(一八〇増えた)。  文献について。初版ではたしかにずいぶんな量の文献があげられている。あがっている文献の数の多い文献表があれば、そのためにその値段の高い本を買う人もいるかもしれないというよこしまな動機もあった。改版にあたって、補章を置き、注を増やしたことなどに伴い、いくらか加えた。五三四増えた。初版刊行以来の出版物をいくらかでも紹介したいという思いがあったことにもよる。ただ、第3章や第9章、そして第6章や第7章で論じた主題について、私はその後ほとんど文献を集めたり読んだりすることをしてこなかった。そしてそれをあげていけばその数はたいへん多い。その部分についてはほとんど追加しなかった。
 こうして2つの補章、注への追記、文献の追加を行っていったが、それはまったくきりのない落着することのない作業となった。私の側の時間の制約のためだけの理由でここまでで打ち切った。補章でも記すことになるが、私が関係するHP(「生存学」で検索→http://www.arsvi.com/、その「内」を検索)に各主題や各人別の情報・文献表等があるので、それを見ていただければと思う(そのごく一部についてはhpと記して参照を求めている)。また刊行予定の電子書籍版では、本文・注・文献表の(かなり夥しい数の)人・文献・事項から関連ページを参照できるようにする。
 「解説」を稲葉振一郎さんにお願いした。稲葉さんはすぐに書いてくださったのだが、お願いしてから私が中途半端な補章他を書くことを始め、いつまでも中途半端なまま書いたりしているあいだに数か月も過ぎてしまった。おわびしお礼申し上げる。そして、『生の技法―――家と施設を出て暮らす障害者の社会学 第3版』に続き、これまで文庫版を出してこなかったのに無理を聞いていただき、生活書院から本書を出してもらった。ありがとうございます。

                          二〇一三年三月 立岩真也

□「いきさつ・それから――第2版補章・2」(仮案)より

 3 第2版までの些事
 そしてその本が一九九七年に出てから十八年たった。できる限り安い値段をつけて出していただいたのだが、それでも高かった。最初示されたのは九〇〇〇円ということだったのだが、それはいくらなんでもと思って、「である」を「だ」とかにして、行数を減らして、頁数を減らして――しかし途中で指定の一行あたりの字数が変わって、またやり直したり、そうして、分量が(というより頁数が)九分の七になったので――七〇〇〇円になって、加えて初刷については印税なしは当然として、加えて著者が一冊一〇〇〇円出すことにして、六〇〇〇円で収めていただいたのだった。(とくに注について改段落が少なすぎるのもそういう事情ゆえのことである。それでこの版では注の改段落を多くした。結果、段落の数は一八〇増えた。そしてそのことについてはいちいち断り書きを入れていない。)
 おかげさまで、思ったよりずっと、この高い本は買っていただけて――読んでいただたかどうかは、わからない、が、自分で読むために、線を引くのとそうでないのと二冊買ったという方が一人いらして、足を向けて寝てはいけないと思ったりで、読んでくださった方もいたようだ――やがて当初の赤字は回収され、それはそれとして私としてはめでたくはあった。だが、そうしたことはともかく、もちろんできるだけ多くの人に読んでもらいたいと思ってものを書いているので、しかしそれは、私なら…、という値段の本であり続けてきた。なんとかなればよいと思っていたが、そのまま時は過ぎた。
 そのことを言うと笑われるのだが、私はかつてこの本を、私が担当する授業の「教科書」として使っていたことがある。無謀だと思われるかもしれないが、書いた本人としては、本来は簡単な話が書いてあるわけで、書いた本人の解説つきで話せば――講演などで話をすると「意外とわかりやすい話をするんですね」と言っていただけることがある(ということは書いたものがいけないということでもあるのだが)――わかる話だと思っていた(思っている)からだいじょうぶだと思って、講義をしてきた。基本的には第2章まで、そして第4章、第8章あたりをかいつまんで、だったと思うが、加えて、医療・技術に関わる具体的な歴史の話をした。本書では、第3章で生殖技術の話が、第6章で優生学の話が(とくに注で)、第9章で出生前診断の話が不釣り合いに長々と書かれているが、それは、当時働いていたのが看護師他を養成する医療系の学校(信州大学医療技術短期大学部、一九九五年四月から二〇〇二年三月まで勤めた)で、「(そういう仕事をすることになるのであれば)そのぐらい知っておいてよ」と、話す時に使ったのだった。またそれ以前、非常勤で看護学校で社会学を教えていた時、昼寝せず起きてくれている人のために、資料を作った。作るためにいくらか本など読んだ。(そんな動機があってそれらの部分を長く書いたような気もするが、はたしてどこまでそんな気持ちがあったのか、記憶は定かでない。)
 しかしこの値段では購入してもらうわけにもいかないので、(十年ぐらいで「もと」がとれるような価格で)「レンタル」をしていた。白い表紙だったから、すこし汚れたりすることがある。半期(半年)の授業が終わり返却されてくると、学期と学期の間に、いったい私はなにをしているのだろうと思いながら、一冊一冊点検して、汚れを消しゴムで消したり、出版社からカバーと帯だけたくさん送っていただいたので、かけかえたりしていた。(今は大学院専門の教員をしているのだが、大学院生は本は読んでいるはずだし、読めばわかるはずだからということで、かえってそんな授業はしていない。しかし、本当に読んでいるのか、怖くてその人たちに実際に聞いたことはない。)
 文庫化のことは長いことまったく思いつかなかった。昨年ある出版社の方から打診をいただき、たしかにそんな方法もあるのだと思った。そして、出版している本のすべてについて、必要な人――例えば目が見えない人はテキストデータを音にして読む(cf.青木慎太朗編[2010])――にはテキストデータを提供している生活書院に、これまで文庫本を出したことがないのに無理をお願いして、文庫版を出していただくことにした。面倒な作業を短い時間にこなしていただき刊行してくださった生活書院の社長(といってもその会社に社長より偉くない人はほぼいない)高橋淳さんに感謝する。
 そして出すからにはと思い、いったいなんのつもりでこの本を書いたのか、と、この本の後のことについて書いたこの部分を加え、先に記した加筆等を行い、第2版とすることにした。

cf.
◇安積 純子・尾中 文哉・岡原 正幸・立岩 真也 20121225 『生の技法――家と施設を出て暮らす障害者の社会学 第3版』,生活書院・文庫版,663p. ISBN-10: 486500002X ISBN-13: 978-4865000023 1200+ [amazon][kinokuniya] ※

 *39→42(20130601)

 
>TOP

■誤字・追加

◇067 「John Stewart Mill(1806〜1973)」→「John Stuart Mill(1806〜1873)」
◇184 (Warnock [1985=1990:285]) → (Warnock [1985:154=1990:295])
◇295註23-5 Duelli Klein ed.[1989=1991:264]→Solomon[1989:173 = 1991:264] ◇313-左03 [1983]→[1983:11]
◇395-左03 1916]→1916:6-7]
◇395-左02 1977:153]→1977:15]
◇396-05 Terman "Feeble-minded Children in the Public School of California", 1917→Terman [1917]  文献表に追加
◇421-左09 行頭2字空け→行頭1字空け
◇428 Rombroso→Lombroso
◇437 =精神薄弱者――犯罪者、 → ――精神薄弱者、犯罪者、
◇441 チェコソロバア → チェコソロバキア
◇519註4-1 一九六八→一九六九
◇519註4-3 Jensen [1972:69=1978:85] → Jensen [1969→1972:69=1978:85]
◇531 「自由主義は、表向きには人民の幸福を目的として編成される啓蒙絶対主義の社会制度が、他者(=市民)の意志に反して特定の人民の幸福を目的として編成される啓蒙絶対主義の社会制度が、他者(=市民)の意志に反して特定の人間(=君主)が自らの意志を貫徹する権力に容易に転化しうること、」→「自由主義は、表向きには人民の幸福を目的として編成される啓蒙絶対主義の社会制度が、他者(=市民)の意志に反して特定の人間(=君主)が自らの意志を貫徹する権力に容易に転化しうること、」
◇535 「精神科ソーシャルワーカー(PSW)」→「臨床心理士(CP)」
◇617 日本の制度改革が(なされないことについて)、→日本の制度改革(がなされないこと)について)
◇709-08 「血友病患者の大西赤人の」→「血友病患者の大西野人の」
◇798-01 「性格な」→「正確な」
◇844-04 「渡辺」→「渡部」
◇850左8 「「中間報告報告他」([2010a])」→「「中間報告他」([2010h])」

□文献表
◇Duelli Klein, Renate 1984 "Doing It Ourselves : Self-Insemination", Arditi et al. eds.[1984:382-390] <91,167>
◇―――――  1987 "What's 'New' about the 'New' Technologies?", Corea et al.[1987:64-73] <168>
◇Gragg, W. ed.→Cragg, Wesley ed.
◇Duelli Klein, Renate ed. 1989 Infertility: Women Speak Out about Their Experiencesof Reproductive Medicine, Unwin Hyman=1991 「フィンレージの会」訳,『不妊――いま何が行われているのか』,晶文社,465p. <167-168,176,295>→

◇Klein, Renate Duelli  1984 "Doing It Ourselves : Self-Insemination", Arditi et al. eds.[1984:382-390] <91,167>
◇―――――  1987 "What's 'New' about the 'New' Technologies?", Corea et al.[1987:64-73] <168>
◇Klein, Renate Duelli ed. 1989 Infertility: Women Speak Out about Their Experiencesof Reproductive Medicine, Pandora Press=1991 「フィンレージの会」訳,『不妊――いま何が行われているのか』,晶文社,465p. <167-168,176,295>
 ※出版社名変更にも注意
◇菰田 麻紀子 1996 「こもだ」→位置変更
◇小 信男 「こけい」→位置変更
◇Hilton, Bruce et al. eds. 1973 Ethical Issues in Human Genetics, Springer
 [amazon]
◇読み間違い→移動 ひがしもん×→とうもん
東門 陽二郎 1988 「宗教の立場から」フォーラム実行委員会 ed.[1988:125-141] <711>
◇今井 道夫・香川 知晶 編 1995 『バイオエシックス 第2版』→『バイオエシックス入門―生命倫理入門 第2版』
◇川本 隆史 1992c 『哲学年報』→『法哲学年報』
◇追加:Jensen, Arther R. 1969 "How much can we boost I.Q. and scholastic achievement?", Harvard Educational Review 39: 1-123→Jenen [1972=1975]
◇マタイス,アンセルモ(Mataix, Anselmo) 1988 「性殖医学の倫理」:「性殖」→「生殖」
◇Mckie, Robin 1988 The Genetic Gigsaw → The Genetic Jigsaw
 以下の3つ順番間違い
三島 亜紀子 2005 『児童虐待と動物虐待』,青弓社,214p. <802>
◇三島 淑臣  1992 「近代の哲学的所有理論――ロックとカントを中心に」,『法哲学年報』1991:6-24 <112>
◇三島 由紀夫 1965 「<美容整形>この神を怖れぬもの」→1975 『三島由紀夫全集』31,新潮社→1986 市川崑編『顔――日本の名随筆40』,作品社,266p.:50-63 <293>
 以下の4つ順番間違い
◇Mitscherlich, Alexander 1963 Auf dem Weg zur vaterlosen Gesellschaft, R.Piper=1972 小見山実訳,『父親なき社会――社会心理学的思考』,新泉社,350+11p. <448>
◇Mitscherlich, Alexander ; Mielke, F. 1949 Medizin ohne Menschlichkeit→1960 Fischer <448>
◇Mitscherlich, Alexander ; Mitscherlich, Margarete 1969 Die Unfahigkeit zutrauern : Grundlagen kollektiven Verhallus, R.Piper=1972 林峻一郎・馬場謙一訳,『喪われた悲哀――ファシズムの精神構造』,河出書房新社,428+11p. <448>
◇三井 美奈 2003 『安楽死のできる国』,新潮社,新潮新書,189p. <291>
◇追加(記載もれ) 森際 康友・桂木 隆夫 編 19870920 『人間的秩序――法における個と普遍』 木鐸社,326p.
Nozick, Robert 1981 Philosophical Explanation, Harvard Univ. Press=1997 坂本百大他訳,『考えることを考える』,青土社,上:472p.・下:550+8p.  <116>
◇ぬで島 『Studies』→『Studies 生命・人間・社会』?
◇大田 静雄  1983 『試験官の中の子どもたち』→『試験管の中の子どもたち』
◇斎藤 有紀子・柘植 あづみ 1993 「解説」,Corea[1985 →Corea[1985a
 以下の2つ順番間違い
◇盛山 和夫  1995 『制度論の構図』,創文社,287+22p. <57>
◇盛山 和夫・海野 道郎 編 1991 『秩序問題と社会的ジレンマ』,ハーベスト社,280+29p. <57,126>
◇追加:Sen, A.K. ; Foster, J.E. 1997 On Economic Inequality, Expanded ed., with a Substantial Annexe by James E. Foster and Amartya Sen., Clarendon Press=2000 鈴村興太郎・須賀晃一訳, 『不平等の経済学――ジェームズ・フォスター, アマルティア・センによる補論「四半世紀後の『不平等の経済学』」を含む拡大版』, 東洋経済新報社, 298p.
◇追加:芹沢 俊介・村瀬 学・清水 真砂子・最首 悟・小浜 逸郎 1986 『家族の現在』,大和書房,219p.
◇追加:Solomon, Alison 1989 "Infertility as Crisis: Coping, Surviving - and Thriving", Klein ed. [1989:169-187 = 1991:257-286] <295>
◇Sudnow, David 1967 …『病院でつくられる死――「死」と「死につつあること」の社会学』,せりか書房,312p →…『病院でつくられる死――「死」と「死につつあること」の社会学』,せりか書房,312p.
◇高瀬 悦子 『金沢医大誌』→『金沢医科大学雑誌』
◇出版社名追加:Terman, L. M. 1916 The Measurement of intelligence, Houghton Mifflin <395,397>
◇追加:Terman, L. M. 1917 "Feeble-minded Children in the Public School of California", "School and Society 5 <396>
Titmuss, Richard 1972 The Gift Relationship : From Human Blood to Social Policy, Vintage Books <182>→位置
◇東方 敬信 → 東方 敬信 編
◇東方 敬信 編  1993 『キリスト教と生命倫理』,日本基督教団出版局,222p.→位置
◇鳥山 敏子 1985 『いのちに触れる――生と性と死の授業』, 太郎次郎社, 270p.の場場所
◇わらじの会 編 2012 『地域とからだ――まなざしを問う』, わらじの会, 291p.
◇渡辺 恵一 →渡辺 恵一 2011
◇渡辺 幹雄 2000 『ロールズ正義 →渡辺 幹雄 2000 『ロールズ正義論
◇Weber, Max 1904/1905 ……=1989
◇Wissenschaftliche Abteilung des DRZE 2002 Enhancement. Die ethische Diskussion uber biomedizinische Verbesserungen des Menschen,DRZE-Sachstandsbericht.Nr.1., New York: Dana Press=2007 松田純・小椋宗一郎 訳,『エンハンスメント――バイオテクノロジーによる人間改造と倫理』,知泉書館,217p. <847>
◇山崎康壮→山崎康仕
◇吉田民人 1971 『別冊経済学評論』→『別冊経済評論』


UP:2013 REV:20130218, 19, 22, 0302, 0307, 0413, 22, 0524, 25, 27, 31, 0601, 16, 0919, 1202, 12, 19, 20140205, 0314, 0428, 0712, 0920, 20150125, 1216, 17, 19, 20160520, 21, 22, 23, 0701, 02, 20,
立岩 真也  ◇Shin'ya Tateiwa 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)