HOME > BOOK >

『筋肉の崩壊と常に闘う男!――進行性筋ジストロフィーなんて怖くない』

鈴木 進二 20040706 東京図書出版会,174p.

Tweet
last update:20160126

このHP経由で購入すると寄付されます


■鈴木 進二 20040706 『筋肉の崩壊と常に闘う男!――進行性筋ジストロフィーなんて怖くない』,東京図書出版会,174p. ISBN-10:4434042491 ISBN-13:978-4434042492 欠品 [amazon][kinokuniya] ※ n02. md

■内容

進行性筋ジストロフィーとは?障害者の自立生活とは?

1972年生
高校3時のときに自立生活センターを見学(58)
そこで働くことに
「自立生活」

■目次

幼少時代
小学校時代
『進行性筋ジストロフィー』発覚!
『進行性筋ジストロフィー』とは?
養護学校時代
友達について
中学校時代
高校時代
自立生活センターとの出会い
母親を説得
住宅探し
ヘルパー探し
自立生活、始まる
仕事について
入院について
死について
仕事を辞める
自立とは何?
介助と福祉について
海外旅行「カナダ・アメリカ十日間の旅」
母親との関係
女性関係について
趣味
今後の夢
最近の私について

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:安田 智博
UP:20160126 REV:
「難病 nambyo」 筋ジストロフィー 身体×世界:関連書籍  ◇BOOK