HOME > BOOK >

『どうしましょう――問題児の精神衛生のための問と答』

小林 提樹 19600810 医学出版社,239p.

Tweet


このHP経由で購入すると寄付されます

■小林 提樹 19600810 『どうしましょう――問題児の精神衛生のための問と答』,医学出版社,239p. ASIN: B000JAPER0 300 [amazon] ※ j01.

■目次


■引用


■言及

◆立岩 真也 2016/08/01 「国立療養所・5――生の現代のために・15 連載・126」,『現代思想』44-(2016-8):

 「六四年の前から、重症心身障害児(重心)施設に関わる動きは始まっている。多くの患者会やその家族の会は医師のまわりにできたものだが、重症心身障害児の親の会もそうだった。五五年小林提樹が月例の相談会「日赤両親の集い」を始め、翌年『両親の集い』が発刊され小林の文章が掲載される★01。そこから施設を作る動きが始まる。資産家から土地の寄贈を受け、しかし当初期待したその人の金は得られず、資金を各所に求め断われもしたがいくらかは集まり、六一年に島田療育園ができる。国の支援を求めこの年に請願を行う。その際「社会の役に立たない重症児に国の予算を使うことはできない」と言われたという(北浦[1993:60])★02。」

 「★01 『両親の集い』の「どうしましょう」という欄に質問と小林の回答が掲載された。それは整理されて小林[1960]となった。「ある時、末の娘が町で「お父さん何している?」と人に聞かれて、「書いているとの返答」。「お医者さんじゃなかったの?」「うん、原稿書いてるの」/この返事には恐れいってしまった。毎月「両親の集い」という薄い月刊誌であったが、ほとんど一人で発刊していたので、父の姿がこんな風にとられたのは心外でもあった。」(小林[1983:113])」


UP:20160711 REV:
小林 提樹  ◇重症心身障害児施設  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)