HOME > WHO >

花田 春兆

はなだ・しゅんちょう
1925〜
[Korean Page]



◆2017/05/13 https://twitter.com/ShinyaTateiwa/status/863350222872649730
 「本日(2017/05/13)花田春兆氏逝去。19日通夜、20日葬儀、詳細は未定とのこと。1962〜1965年に『しののめ』に掲載された文章全文を『与えられる生死:1960年代』に収録→http://www.arsvi.com/ts/2015b1.htm 花田春兆:http://www.arsvi.com/w/hs04.htm

◆2017/05/13 「花田春兆氏逝去」→良い死 ! 研究会ML

 荒井裕樹さんより
「訃報です。
本日、日本障害者協議会顧問の花田春兆氏が世田谷記念病院で息を引き取られました。
昨夏以降、体調を崩されて、ずっと入院されていました。
19日通夜、20日葬儀とのことですが、詳細は未定とのこと。[…]」
転送許可をいただきましたので。
https:/twitter.com/ShinyaTateiwa
でも知らせました。
http://www.arsvi.com/w/hs04.htm

1963〜1965年の『しののめ』誌に載った花田氏の安楽死尊厳死に言及している文章を
http://www.arsvi.com/ts/2015b1.htm
に収録しています。

立岩
http://www.arsvi.com/ts/0.htm
https:/twitter.com/ShinyaTateiwa

◆「BOOK著者紹介情報」より
 俳人、著述業。障害者文化の研究と実践活動。1925年生まれ。本名・政国。出生時よりの脳性マヒにより、歩行・起立不能。言語障害あり。東京市立光明学校(現・都立光明養護学校)研究科終了。47年、研究科時代の友人数人を軸に身障同人誌『しののめ』創刊。57年、俳誌『万緑』に参加。中村草田男先生に師事。以後、角川俳句賞推薦、俳人協会全国大会賞受賞、万緑賞受賞。80年、国際障害者年推進日本協議会(現・日本障害者協議会)副代表。82年、総理府障害者対策推進本部(現・内閣府障害者施策推進本部)参与など、国・地域・文化の各種障害者運動に参画。総理大臣・都知事表彰、朝日新聞社社会福祉賞受賞

 東京都港区元麻布1-5-16 大正14生 脳性まひの障害 本名:花田政国 1934光明学校入学, 小学校課程を了えて補習科に学ぶ 1947『しののめ』創刊, 編集にあたる 青い芝の会・『青い芝2周年記念号』『3』『4』 国際障害者年日本推進協議会・副代表 著書多数

立岩真也 編 2015/05/31 『与えられる生死:1960年代――『しののめ』安楽死特集/あざらしっ子/重度心身障害児/「拝啓池田総理大学殿」他』Kyoto Books 1000



◆花田 春兆 1962/06 「現代のヒルコ達――小林提樹先生へ」,『しののめ』47→19681020 『身障問題の出発』,pp.1-13

◆花田 春兆 1963/06 「切捨御免のヒューマニズム」,『しののめ』50→19681020 『身障問題の出発』,pp.14-23

◆花田 春兆 1963/10 「お任せしましょう水上さん」,『しののめ』51→19681020 『身障問題の出発』,pp.78-85

◆花田 春兆 1965/10 「うきしま」,『しののめ』57→19681020 『身障問題の出発』,pp.33-44
 ※以上の文章を以下に収録
立岩真也 編 2015/05/31 『与えられる生死:1960年代――『しののめ』安楽死特集/あざらしっ子/重度心身障害児/「拝啓池田総理大学殿」他』Kyoto Books 1000



◆花田 春兆 19681020 『身障問題の出発』,しののめ発行所,しののめ叢書7,163p. 350 ※r copy:A4/東京都障害者福祉会館403

◆花田 春兆 19740805 『いくつになったら歩けるの』,ミネルヴァ書房,268p. ASIN: B000J9FPYI 800 [amazon] ※/東社369.49HS

 ※この本の文章の一部を以下に収録
立岩真也 編 2015/05/31 『与えられる生死:1960年代――『しののめ』安楽死特集/あざらしっ子/重度心身障害児/「拝啓池田総理大学殿」他』Kyoto Books 1000

◆花田 春兆 19790301 『折れたクレヨン』,ぶどう社,185(+5)p. 1200 東社369.27HS WP 

◆花田 春兆 19811101 『参加と平等への参加』,株式会社こずえ,111p. 600 横浜A27-218

◆花田 春兆 19820600 『ときには逆考してみても』,株式会社こずえ,242p. 1500 横浜A272-141 

◆花田 春兆 19830515 『脳性マヒの本』,柏樹社,224p. 1200 杉並378

◆花田 春兆 199010 『日本の障害者・今は昔』,こずえ,185p. 2100
> ◆花田 春兆 20000615 『雲へのぼる坂道――車イスからみた昭和史』,中央法規出版,276p. ISBN-10:4805819367 [amazon][kinokuniya] ※ cp
◆花田 春兆 他 200411 『支援費風雲録――ストップ・ザ・介護保険統合』,現代書館,238p. ISBN: 4768434460 2100 [kinokuniya]

◆花田 春兆 20080331 『1981年の黒船――JDと障害者運動の四半世紀』,現代書館,182p. ISBN-10:4768434673 ISBN-13:978-4768434673  \1785 [amazon][kinokuniya] ※ d/d00p.htm


◆花田 春兆 19911215 「ADA法やぶにらみ」,八代・冨安編[1991:122-130](『リハビリテーション』331より転載) ※

> ◆花田 春兆 19990331 「歴史は創られる」,石川准・長瀬修編『障害学への招待――社会、文化、ディスアビリティ』,明石書店,第9章

 
>TOP



◆20020826〜0901
 喜寿記念俳画展 赤坂「いちょう画廊」
 8月26日(月)〜9月1日(日)11時〜19時(最終日は17時)
 http://www.jdnet.gr.jp/info/2002/0731(SP).htm

◆200103 長瀬

花田春兆さんが特別養護老人ホームで
PHSを使ってインターネットに接続している
という記事がASAHIパソコンに出ています。

http://opendoors.asahi-np.co.jp/span/pkon/handicap/

◆20010306 長瀬

『リハビリテーション』誌2/3月号、花田春兆さんの連載 蟹の足音で、花田さん自身の『日本の障害者――その文化史的側面』(中央法規)の英訳が決まったとあります。楽しみですね。

 

◆200010

都障害者福祉会館についての緊急要望書
                            花田春兆

 国際障害者年を前に建設された都立障害者福祉会館は、爾来今日にいたるまで、各
種障害者運動を活性化するための拠点として、大きな功績をあげて来ていることは疑
えない事実です。
 その会館が都財政の緊迫による経費節減のために、都直営方式から民間委託への移
管方針が打ち出され、明年4月の実施が約束されています。
 にも関わらず実施時期を目前にした現在なお、なんら具体策も示されず、このまま
では会館の存続さえ危ぶまれるのではないかと、会館を愛する多くの利用者を憂慮さ
せています。
 私たちはそうした憂慮を強く抱く者ですが、率直に言って、会館本来の主業務と思
われ、運営懇談会などでもそこだけに注意が集中してしまう集会室の貸し出し事業よ
りも、さらに強く存続への憂慮を深めているものがあります。図書・資料室関連の事
業です。
 開館以来絶えざる収集と保管の蓄積によって、おおよそ障害者関係の図書資料に関
する限り、他に類を見ない充実ぶりを示していることは、ひとり直接関係者のみなら
ず、たまたま訪れる研究者や福祉系の大学・専門学校の学生たちのほとんど全てが、
一様に賞賛をもって認める事業です。
 一般書店の店頭には出なかったり、絶版になっている図書はもちろんですが、それ
ら纏まった図書に勝るとも劣らない貴重な価値を持つと思われるものに、各種の障害
者団体の発行する機関誌・紙や会報の類が有ります。
 障害者自身の生活や心の動きを最も端的に伝える第1次資料に違いないのですが、
誌紙の外形的な体裁としては整わないものも多く、発行部数が僅少なこともあって、
一般図書館にも納められておらず、発行所である会の事務所(個人宅も多い)にさえ
バックナンバーが揃っていないケースもあるのです。
 それらの貴重で希少な資料である機関誌・紙類を、広範囲に収集・保管して閲覧に
耐えるように整備されているのは、会館の図書・資料室を除けば、絶対に他には求め
られないと断言しても過言ではないでしょう。
 もしも、この会館の図書・資料室に置いて散失・破棄などが行われれば、地球上か
ら完全に姿を消してしまう、少なくとも確実に閲覧できる場所が失われてしまうので
す。
 障害者の生きた歴史的証言が、それを求めている研究者・福祉関係者・学生たち、
そして現在を生きている多くの障害者の前から消されてしまうのです。
 現在の移管問題で揺れている会館では、集会室事業にかまけて図書・資料室関連事
業は、なおざりにされる可能性は大なのです。
 将来的には集会室事業とは切り離して、データベース化して直接会館利用者以外の
外部からの検索に応じるなど、福祉図書館的なものとして分離独立を計るべきだとは
信じていますが、取敢えず当面のこととして、集会室事業に偏った移管問題に紛れ
て、図書・資料室の貴重な存在が軽んじられて機関誌・紙類を含む図書資料の散失・
破棄がなされないように、緊急に適切な措置がなされるよう、切に要望するものであ
ります。よろしくご配慮下さい。

 

 ※は生存学書庫にあり。

■雑誌掲載

◆19820325 「IYDP私録」
 『福祉労働』14:055-062 ※
◆19870801 「”光明”の流れから」
 『障害者の福祉』07-08(073):11-13 ※COPY
◆19910201 「ADA やぶにらみ」
 『リハビリテーション』331(1991-02):22-26 ※COPY
◆19930201 「特集:国連・障害者の十年――評価と残された課題/お祭りさわぎ
 ?で何が変ったか」
 『障害者の福祉』13-02(139):03-05 ※
◆19940401 「「これで帰ります。後を頼みますよ。」
 『障害者の福祉』14-04(153):33-33 ※
 (追悼特集 太宰先生を偲んで)」

■その他

http://h-kishi.sakura.ne.jp/kokoro-385.htm

 
>TOP

◆しののめ編集部 編 1971『脳性マヒの本』
 しののめ増刊, しののめ発行所, 77p., 執筆:花田春兆, 宮尾修

                         東京都障害者福祉会館 402
第一章 脳性マヒとは
第二章 療育
第三章 教育
第四章 くらし
 介護 親
 ホームヘルパー
第五章 職業
 二日市氏 39-40
第六章 施設とコロニー
第七章 脳性マヒと社会
第八章 将来への展望

 →花田春兆 『脳性マヒの本』1983
  大幅に加筆・されている。

■1973 しののめ会※

◆しののめ編集部 編 19730315 『強いられる安楽死』,しののめ発行所,53p. 200円 東京都身体障害者福祉会館404→※COPY

 ※「しののめ会は,自主的な身体障害者のグループです。季刊の雑誌『しののめ』
   と,単行本による『しののめ叢書』の発行を主な活動にしています。」
  (「あとがき」より)

  一,安楽死の行なわれている事実        3 山北厚
  二,歴史の流れの中で            13 花田春兆
  三,“安楽死”をさせられる立場から     27 山北厚
  四,福祉・社会・人間            39 花田春兆

「一九三九年の夏、第二次世界大戦のヨーロッパでの口火となった、ポーランド進攻のはじまる直前、ある父親が、重複重症のある息子に対して、安楽死を与えることを許可するように、との手紙をヒトラーに直接親呈しているのです。
ヒトラーは、カールブラント博士に命じて、許可の指示を与えたのです。このことは、世論を沸かせました。しかし、戦争を目前にした殺気だった事態の下では、平常の判断などかき消されてしまうものです。ヒトラーは、この父親の手紙をフルに活用して、安楽死させることの正当性を国民に向って宣伝するのでした。(この歴史は決して死んではいない、という気がしてならないのです。昨秋、いわゆる“安楽死”事件が二つ続いたとき、安楽死を法的に認めさせようとし、日本安楽死協会の設立を目指した動きが、クローズアップされたことがありました。ことさらに法的に認めさせようとする動きの底に、権力と結びついて、生産力となり得ないものを抹殺しようとする暗い圧力、となりかねない力を感じないわけにはいかないのです。たしかに、それは杞憂と呼べるものかもしれません。しかし、それが杞憂に終るのだ、という保証はどこにもないのです)」(花田[1973:21-23])


REV:20050227, 0630, 20150218, 21, 20170513, 31(岩ア 弘泰)
病者障害者運動史研究  ◇障害者(の運動)史のための資料・人  ◇脳性麻痺 (Cerebral Palsy)  ◇WHO
TOP HOME (http://www.arsvi.com)