HOME > BOOK >

『困ってるひと』

大野 更紗 20110620 ポプラ社,272p

last update:20110701

このHP経由で購入すると寄付されます

■大野 更紗 20110620 『困ってるひと』,ポプラ社,272p. ISBN-10: 4591124762 ISBN-13: 978-4591124765 1400+ [amazon][kinokuniya] ※ n02.

■広告

難病女子による、画期的エンタメ闘病記!

ビルマ難民を研究していた大学院生女子が、ある日とつぜん原因不明の難病を発症。自らが「難民」となり、日本社会をサバイブするはめになる。
知性とユーモアがほとばしる、命がけエッセイ!!

【推薦のことば】

究極のエンタメ・ノンフィクション。今困ってるすべての人に読んでほしい。
――高野秀行(作家)

想像を絶する難病者の日常なのに、ここに書かれているのはあなたや私の姿だ。この現代の「神曲」に、私はいくども救われ続ける。          
――星野智幸(作家)

著者が本書を通して、現代日本社会に刻み続けているのは、絶望の淵にあっても、すべてを肯定してみせる「世界観」である。
――清水康之(自殺対策支援センターライフリンク代表)

みんなでこの本を本気で売りましょう。そのぶんだけ、この社会が豊かになりますから。そういう力のある本です。                
――荻上チキ(評論家)

内容(「BOOK」データベースより)
ある日、原因不明の難病を発症した、大学院生女子の、冒険、恋、闘い―。知性とユーモアがほとばしる、命がけエッセイ。
商品の説明をすべて表示する

■目次


はじめに 絶望は、しない――わたし、難病女子
第一章   わたし、何の難病?――難民研究女子、医療難民となる
第二章   わたし、ビルマ女子――ムーミン少女、激戦地のムーミン谷へ
第三章   わたし、入院する――医療難民、オアシスへ辿り着く
第四章   わたし、壊れる――難病女子、生き検査地獄へ落ちる
第五章   わたし、絶叫する――難病女子、この世の、最果てへ
第六章   わたし、瀕死です――うら若き女子、ご危篤となる
第七章   わたし、シバかれる――難病ビギナー、大難病リーグ養成ギプス学校入学
第八章   わたし、死にたい――「難」の「当事者」となる
第九章   わたし、流出する――おしり大逆事件
第十章   わたし、溺れる――「精度」のマリアナ海溝へ
第十一章 わたし、マジ難民――難民研究女子、援助の「ワナ」にはまる
第十二章 わたし、生きたい(かも)――難病のソナタ
第十三章 わたし、引っ越す――難病史上最大の作戦
第十四章 わたし、書類です――難病難民女子、ペーパー移住する
第十五章 わたし、家出する――難民、シャバに出る
第十六章 わたし、はじまる――難病女子の、バースデイ
あとがき


UP:20110729 REV:
「難病」  ◇身体×世界:関連書籍 2000-2004  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)