HOME > BOOK > 雑誌 >

2014/12/18

『コロニー闘争勝利に向けて――コロニー裁判闘争報告・資料集1』

国立コロニー福祉労働問題研究会 19800725 294p.

last update:20120302

■国立コロニー福祉労働問題研究会 19800725 『コロニー闘争勝利に向けて――コロニー裁判闘争報告・資料集1』294p. ※r:
[椎木章氏蔵書]


■目次

第1部 アピール
発刊にあたって <国立コロニー福祉労働問題研究会> 4
コロニー体制に怒りを <コロニー差別弾圧裁判「被告」海保典正> 7
日常生活介護を抜きにコロニー闘争の勝利はない! <群馬県重度障害者の会=梧> 9
高崎国立コロニー裁判闘争との最初の出会い <栃木県「青い芝の会」会長・関根功> 12
コロニー「障害者」差別弾圧裁判闘争に決起しよう <全障連関東ブロック> 14
「障害者」解放闘争を労働者の課題としコロニー体制解体――「障害者」解放へ 群馬支援労働者・真山正司 16
第2部 アピール コロニー労働者の闘いの経過
1.高崎・国立コロニー設立の背景 20
2.コロニーでの「障害者」の差別と抑圧の現実 22
3.コロニー労働者は何を問題にして闘いはじめたのか 26
4.闘いは何をもたらしたのか 28
5.刑事弾圧の開始 30
第2部資料 33
第3部 コロニー裁判闘争の経過
はじめに 72
公判経過の記録 75
第1期・公判冒頭における攻防――第一回裁判(77・5・16)〜第5回裁判(77・10・19) 77
第2期・コロニー労組の闘いへの誹謗、中傷証言の集中――第6回裁判(77・11・6)〜第17回裁判(78・12・20) 87
第3期・コロニー体制の正当化攻撃――第18回裁判(79・1・22)〜第26回裁判(79・12・17) 98
第4期・「障害者」差別弾圧裁判糾弾――第27回裁判(80・2・20)〜第33回裁判(80・7・16)
第3部資料 127
第4部 闘いの方向性と勝利の展望
1.コロニー闘争をめぐる情勢 275
2.国家の「障害者」政策の攻撃性核 276
3.闘いの展望 277
4.闘いの方向性について 278
5.裁判闘争に勝利し、コロニー体制解体へ 279


*作成:堀 智久
UP:20120302 REV:
施設/脱施設雑誌
TOP HOME (http://www.arsvi.com)