>HOME >BOOK

『助産婦の戦後』

大林 道子 19890420 『助産婦の戦後』,勁草書房,330+5p.


Tweet


このHP経由で購入すると寄付されます

大林 道子 19890420 『助産婦の戦後』,勁草書房,医療・福祉シリーズ30,330+5p. ISBN: 4326798637 2580→3570 [amazon][kinokuniya] ※/三鷹498

内容(「BOOK」データベースより)
戦後のお産のあり方は変わり、出産介助の主役だった助産婦が見えなくなった。いま助産婦によるお産が世界的に見直されてきている中で、日本の戦後の助産婦の変遷を問う。

「女に独占的であった助産が男の産科医に短期間にとって代わられた経過を見、何故そうなったのかを探ってみたいと、このテーマにとりくんだのである。」(p.4)

 第1章 はじめに
 第2章 日本産婆看護婦保健婦協会設立
 第3章 保健婦助産婦看護婦法
 第4章 保助看法の影響
 第5章 占領期の助産婦の諸状況
 第6章 瀬木三雄と母子衛生
 第7章 日本助産婦会解散(一九四八年)までの推移
 第8章 GHQナースたちの助産婦観とその背景
 第9章 受胎調節
 第10章 助産婦会の看護協会からの独立
 第11章 助産婦の新たな状況と助産婦像の変化
 第12章 助産の戦後を顧りみて

■紹介・言及

◆立岩 真也 20140825 『自閉症連続体の時代』,みすず書房,352p. ISBN-10: 4622078457 ISBN-13: 978-4622078456 3700+ [amazon][kinokuniya] ※

◆立岩 真也 2001/08/25 「『助産婦の戦後』とその後――大林道子の本」(医療と社会ブックガイド・8),『看護教育』2000-8(医学書院)


UP:20080601 REV:20081128, 20140824 QLOOKアクセス解析
大林 道子助産/助産婦  ◇身体×世界:関連書籍 1980'  ◇BOOK

TOP HOME (http://www.arsvi.com)