HOME > BOOK >

『抵抗の証 私は人形じゃない』

「三井絹子60年のあゆみ」編集委員会ライフステーションワンステップかたつむり,発売:千書房,299p.


このHP経由で購入すると寄付されます

三井 絹子 20060520 『抵抗の証 私は人形じゃない』,「三井絹子60年のあゆみ」編集委員会ライフステーションワンステップかたつむり,発売:千書房,299p. ISBN-10: 4787300466 ISBN-13: 978-4787300461 2100 [amazon] ※ d b02.

 *+送料実費で、お送りできます。

■内容(「BOOK」データベースより)
家族が幸せに生きることの大切さ、世の中が平和であること、愛のもろさ・はかなさ・大切さ・豊かさ、差別しない・させない子育て、対等・平等とは…。

内容(「MARC」データベースより)
わたしはにんぎょうじゃない てもあしもくちもふじゆうだけど わたしはにんぎょうじゃない…。入所施設の非人間的な実態や社会における障害者差別の実態を、自らの体験を通して余すところなく描いた自伝。

第1章 シルクロードは絹の道
 その日から私の人生は決まった
 父の死そして…
 施設入所
第2章 闘いの中の愛…苦しみと楽しさ
 きぬとの出会い
 平太とのこと…
 遠足中止
 たたかいのながれ
 キヌのうごき
第3章 人間として生きたい、何も怖くない時代
 すわりこみ宣言
 有志グループ ほか
第4章 差別しない子、させない子に…(私の子育て)
第5章 現在・過去・未来・楽しく生きたい
 57年間
 花も嵐も踏みこえて
 かたつむりを振り返って

 *販売委託を受けています。お送りすることできます。→お送りできる本
  冊子『私のいた施設の実態』(500円)/『それでも地域に生きつづける』(500円)もいっしょにお送りできます。
以下、転送

 1970年から府中療育センター闘争を闘い、70年代中頃から自立生活運動や出産、子育てを経験してきた三井(旧姓は新田)絹子さんがこのたび『私は人形じゃない』を千書房から出版され、5月20日(土)に出版記念の講演会を開かれます。ご多忙とは存じますが、お知り合いなどもお誘いあわせの上、ぜひお越し下さい。

------------------------------------------------
三井絹子出版記念講演会

日時 5月20日(土) 12時開場 13時開演

第一部 三井絹子講演会「私は人形じゃない」
第二部 「行きたくない」体験劇

*本の販売は休憩中や終了後に行います。

場所 国立市福祉会館4階大ホール
http://www.city.kunitachi.tokyo.jp/~fukushi/04fukushi/041_kourei/041/041401_fukushikaikan.html#03

お問い合わせ:
「私は人形じゃない」三井絹子著 出版記念実行委員会
042-571-3520


■引用

第2章 闘いの中の愛…苦しみと楽しさ
 遠足中止
  施設の中では
  他人と行くことについて
  婦長への抗議 100-102
「私はみんなによく言われることですが、「センターの悪口を言っている」と決してそうではないのです。施設と言うそのものの、存在を明らかにしているだけです。別にここだけの問題ではないのです。全国にある施設が問題をもっている共通な問題なのです。例えば、腰痛です。なぜ腰痛になるのか。と言う事を掘り下げていかなければ、解決などしません。又、なぜ私たちは施設という、特殊な社会に置かれなければならないのか。私たちもこういう所で、働く人も、考えて行かねばならないのです。それをみんな誤解して悪口だと言っているんです。  それからはNさんは「親しくしている人なら、男の人でもトイレをやってもらっても、いいじゃないか。」と言いましたね。[…]Nさんは男女の区別を乗り越えるのが本当だと言いましたね。だったらなぜ、現在男のトイレと女のトイレを別々にしてあるんですか。」(p.101)

■紹介

◆立岩 真也 2007/09/25「『私は人形じゃない』」(医療と社会ブックガイド・75),『看護教育』48-09(2007-09):-(医学書院)[了:20070731],

■言及

◆立岩 真也 2009 『…』,筑摩書房 文献表


UP:20070731
三井 絹子  ◇施設/脱施設  ◇障害者(の運動)史・人  ◇障害者(の運動)史  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)