HOME > BOOK >

『医務服を着た郵便局長3代記――ハンセン病国立療養所栗生楽泉園とともに』

埼玉新聞社 編 20130823 埼玉新聞社,144p.

Tweet
last update:20160203

このHP経由で購入すると寄付されます


■埼玉新聞社 編 20130823 『医務服を着た郵便局長3代記――ハンセン病国立療養所栗生楽泉園とともに』,埼玉新聞社,144p. ISBN-10:4878893966 ISBN-13:978-4878893964 1000+ [amazon][kinokuniya] ※ h01. lep

■内容

1942年冬、ハンセン病国立療養所に小さな郵便局が誕生した。草津栗生局である。心の窓といわれた郵便局を守りとおした親子3代の郵便局長。偏見をものともしない実直な郵・ュ人生は、希望を失った入園者の灯であった。

■目次

第1章 草津温泉とハンセン病(日本3大名泉の草津温泉;江戸時代からの湯治温泉 ほか)
第2章 利一の時代―草津栗生局へ(400人の入園者に見送られて;長野原郵便局に採用 ほか)
第3章 順市の時代―親子で医務服を着て(「お前が来てくれれば助かる」;白い医務服と白い帽子 ほか)
第4章 「破凡」を座右の銘に(初代局長の思いを引き継ぐ;2代目としての不安と悩み ほか)
第5章 伸一の時代―「ずっと、ここにいて」(「もう、草津に帰るの…」;感謝されている郵便局 ほか)

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:安田 智博
UP:20160203 REV:
医学史・医療史  ◇ハンセン病 leprosy  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)