HOME > BOOK >

『障害者という場所』

千葉大学文学部社会学研究室 編 19940517 発行:千葉大学部文学部社会学研究室,375p.


■千葉大学文学部社会学研究室 編 19940517 『障害者という場所――自立生活から社会を見る』(1993年度社会調査実習報告書),発行:千葉大学部文学部社会学研究室,375p.,1200円
 (260 千葉市稲毛区弥生町1-33千葉大学文学部社会学研究室)

 *印刷した報告書は売り切れました。このホームページに全文が掲載されておりますので、こちらを御覧ください。

                ◇◆目 次◆◇

 はじめに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  1
 謝辞・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  3

序 章 調査の概要          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・奥村 隆  8

・ ◇第1部◇

  ◆組織を作る――CILとは何か
第1章 自立生活センターとは何か――理念・運営・活動
    ・・・・・・・・・・・・・立岩真也・石井雅章・増田智子・渡邉和宏 26
第2章 CILの現状――質問紙による調査から
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・石井雅章・井上智紀・寺本晃久 39
第3章 3つのCIL
          ・・・・・・・・・・・・・・・・小山雄一郎・石井雅章 59

・ ◆システムを変える――行政との新しい関係
第4章 介助者をどこに求めるか――ホームヘルプサービスとの比較
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 金山信一 74
第5章 公的介助保障の現状と展望
・・・・・・・・・・・・・・・・               小山雄一郎 93
第6章 自立生活センターに対する行政の支援体制
                      ・・・・・梁井健史・原田康行 107

・ ◇第2部◇

  ◆学ぶ――障害者と学校教育
第7章 「養護学校」ってなんだろう?――教育をする側と受ける側からみた現状と問題点
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・浅倉優香・松丸紀子 122

・ ◆働く――障害者の就労
第8章 働く「声」を聞く
           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・石政信一郎 144
第9章 障害者の就労に関する制度はどうあるべきか
                       ・・・・・雨宮健人・呉小萍 156
第10章 就労の場としてのCIL
              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・石井雅章 172

・ ◆自分で決める――自己決定への運動
第11章 知的障害者の自立のために:序説
                   ・・・・・・・・・・・・・寺本晃久 188

・ ◆外に出る――旅行と交通アクセス
第12章 障害者と旅行
         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・國分夏子 200
第13章 交通アクセス問題をめぐる経過と現状
                    ・・・・・・・・・・・・上條達雄 208
・ ◆情報を得る――視覚障害と情報
第14章 見える世界で生きていく――視覚障害者の現状と問題
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・曲淵優子・宮崎理絵 224
第15章 見えない世界で生きていく――視覚障害者の意識と感覚
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・曲淵優子・宮崎理絵 234

・ ◆伝える――マスコミと障害者
第16章 見る・見られる――メディアを通して
・・・・・・・・・・・                    石川佳代子 242

・ ◇第V部◇

  ◆介助者とつきあう――介助者との関係
第17章 障害者と介助者の関係
             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・大石由美子 258
第18章 介助者と「自立生活」――健常者社会のなかで
                        ・・・・・・・大塚佳代子 266

・ ◆関係を開く――ネットワークとコミュニケーション・          
第19章 「閉ざされた場」からの解放――障害者のネットワーキングへの提案
    ・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・加藤展子 278
第20章 社会的経験の特異性とコミュニケーション
                      ・・・・・・・・・・渡邊和宏 291

・ ◆障害を受け入れる――障害者の意識の変容
第21章 ピアな関係とは――障害者から障害者への視線を通して
                            ・・・・松本 暁 310
第22章 等身大の自分探し――自分の一部としての障害
                        ・・・・・・・・増田智子 319

終 章 座談会――調査を終えて ・・・・・・・・ 340

 1993年度社会調査実習参加者一覧・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 354

・ ◇資料・                               
資料T 本調査でのフェイス・シートおよびインタビュー・マニュアル・・・・ 356
資料U CIL調査質問紙・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 359
資料V 全国自立生活センター協議会(JIL)加盟団体一覧・・・・・・・・ 366
参考文献一覧・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 368

 編集後記・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 375


UP:1996 REV:20081126, 20130922
自立・自立生活(運動) 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)