HOME > BOOK >

『公立八鹿病院ALS在宅ケア文献集(1990-2009)』

近藤 清彦 201001** 非売品,215p.

last update: 20101208

このHP経由で購入すると寄付されます

■近藤 清彦* 201001** 『公立八鹿病院ALS在宅ケア文献集(1990-2009)』,非売品,215p. ※ als c07 mt n02 v03
*厚生労働省 難治性疾患克服研究事業 特定疾患患者の生活の質(Quality of Life)向上に関する研究班 研究分担者
 

■内容

・同書「はじめに」から
これまで当院では,呼吸不全を呈したALS患者58名のうち,50名の方が気管切開による人工呼吸器装着を選択され,うち,39名の方の在宅療養を当院で支援してきました.
〔中略〕
今回,1990年から20年にわたって行なってきた当院でのALS患者の在宅ケアの実績を整理し,関連機関に報告して理解していただくことと,今後のALS患者の在宅ケアに活かすことを目的として,平成21年度厚生労働省難治性疾患克服研究事業「特定疾患患者の生活の質(Quality of Life)の向上に関する研究班」(代表研究者:小森哲夫)の分担研究の一環として,当院でのALS在宅ケアに関する文献集を作成しました.

■目次

I. 論文・著書
1 筋萎縮性側索硬化症の在宅療法及び人工呼吸器装着の適応と実際上の注意は? 1
2 Home Ventilation for Amyotrophic Lateral Sclerosis Patients. 12
3 筋萎縮性側索硬化症患者の在宅人工呼吸療法――当院における9年間17名への取り組み 15
4 神経内科疾患と在宅医療 25
5 神経内科診療の現状とニーズ――地域の医療機関において(在宅医療を含む) 44
6 ALS患者の在宅ケア 44
7 神経難病の在宅医療――勤務医の立場から 50
8 神経難病の在宅医療――公立病院の立場から 56
9 公立八鹿病院における筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の在宅ケア 64
10 筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の呼吸管理――気管切開の時期に関する検討 75
11 神経筋疾患の呼吸リハビリテーション――在宅に向けて:オーバービュー 80
12 ALSにおける癒し――音楽療法への期待 84
13 呼吸障害――1. 呼吸障害の進行と気管切開の時期 92
14 呼吸障害――2. 在宅人工呼吸療法 98
15 筋萎縮性側索硬化症と音楽療法――在宅医療の立場から 107
16 ALS患者を支えるネットワーク 117
17 筋萎縮性側索硬化症症状への対処 125
18 神経難病と音楽療法 132
19 新しいコミュニケーション障害解決法 141
20 ALS患者の在宅ケア 145
21 音楽療法は患者だけでなく全員を癒す――ALSの患者さん ご家族の中に入って 155

II. 投稿記事・講演記録
1 ALS患者の在宅呼吸管理 159
2 ALSと人工呼吸器――その誤解と伝説 161
3 鹿児島と八鹿の二大先進地域がメモリアル――難病ケアシステム構築の成果を確認 163
4 ALSとともに――17年間の在宅人工呼吸療法の経験からわかったこと 169

III. 雑誌等記事
1 The Life of Doctor 178
2 在宅で 病室で 病院で 音楽が溢れる泉に 183
3 音楽による心のケアを通じて,患者に生きる意欲を持たせたい 186
4 地域の連携構築による在宅医療の取り組みを 189

IV. 新聞記事
1 届いた命の発電機 190
2 風水害禍の在宅患者――人工呼吸器など停電で機器動かず 191
3 人工呼吸器 患者の決断――災害時の安全 どう確保 192
4 難病患者に歌声療法 193
5 兵庫人挑む――Dへき地のカリスマ 194
6 難病のALS――患者の命置き去り 195
7 ハープ携えて往診――在宅患者を癒し支える 196
8 難病患者 音の癒し――八鹿病院近藤医師音楽療法士を派遣 197

V. 研究報告
1 「特定疾患患者の生活の質(QOL)の向上に関する研究」報告一覧 199
2 呼吸器装着ALS患者の四肢・球筋機能の予後の検討 200
3 ALS患者の在宅人工呼吸療法――維持期の問題 203
4 ALS患者の在宅人工呼吸療法――維持期における訪問看護師の役割 205
5 人工呼吸器装置着ALS患者への音楽療法 208
6 筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の痛みに関する検討――緩和ケアの視点から 211
7 兵庫県北部における難病患者災害支援への取り組み――在宅人工呼吸器装着患者の体制整備を通して 214

 

■引用


■書評・紹介


■言及



*作成:藤原 信行
UP: 20101208 REV:
ALS=筋萎縮性側索硬化症  ◇異なる身体のもとでの交信――情報・コミュニケーションと障害者  ◇音楽療法 music therapy  ◇難病/神経難病/特定疾患  ◇人工呼吸器(ベンチレーター)  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)