HOME > 事項 >

障害学生支援(障害者と高等教育・大学)

[English]

Tweet
last update: 20221116


■目次・関連頁

オンライン交信術(別頁)
年別
障害種別
企画
人(arsvi.com内にファイルのある人物)
出版
GP・研究助成等採択プログラム
関連事項
関連リンク


>TOP

■年別

2022(制作:種村 光太郎
2021
2020
2019

2011
2010(制作:安田 真之
2009(制作:安田 真之
2008(制作:青木 慎太朗
2007(制作:青木 慎太朗
2006(制作:青木 慎太朗
〜05


>TOP

■障害種別

肢体不自由
聴覚障害
視覚障害
精神障害
発達障害
慢性疾患、難病その他機能障害
(※随時更新予定。分類は、日本学生支援機構「合理的配慮ハンドブック」による。)
>TOP

■企画

新着

◆2022/9/24 座談会「立命館大学における障害学生支援の変遷」於:Zoom
→延期(時期未定)


「生存学」創成拠点主催共催


◆2021/11/20 シンポジウム「情報保障のいまとこれからーー生存学研究所の取り組み」 於:Zoom
◆2009/09/26 シンポジウム1「障害学生支援を語る」
 障害学会第6回大会 於:立命館大学朱雀キャンパス
◆2008/06/21 座談会「大学における視覚障害者支援の現状と課題 スーダンで今求められていること」 於:立命館大学衣笠キャンパス
◆2007/08/09 座談会「視覚障害者が高等教育機関で学ぶ スーダンと日本の経験を語る」 於:東京大学先端科学技術研究センター


>TOP

■人(arsvi.com内にファイルのある人物)

青木 慎太朗
青野 透
植村 要
金澤 貴之
クァク ジョンナン
後藤 吉彦
櫻井 悟史
関根 千佳
種村 光太郎
都築 繁幸
広瀬 洋子
安田 真之
山口 和紀


>TOP

■出版

「生存学」創成拠点関連

青木 慎太朗 編 2010/03/25 『視覚障害学生支援技法 増補改訂版』,立命館大学生存学研究センター報告12,208p. ISSN: 1882-6539
青木 慎太朗 編 2009/02/05 『視覚障害学生支援技法』,立命館大学生存学研究センター,生存学研究センター報告6,182p. ISSN 1882-6539

書籍

〇2022
◆飯野由里子・星加良司・西倉実李 2022/06 『「社会」を扱う新たなモードー「障害の社会モデル」の使い方』, 生活書院, 264p.[amazon]
◆桑原斉・中津真美・垣内千尋・熊谷晋一郎 2022/05 『障害学生支援入門ー合理的配慮のための理論と実践』, 金子書房, 158p.[amazon]
◆山科 満 2022/03 『キャンパスにおける発達障害学生支援の新たな展開』, 中央大学出版部, 208p.[amazon]

〇2021
◆安田 祐輔 2021/12 『ちょっとしたことでうまくいく発達障害の人が上手に勉強するための本』, 翔泳社, 156p.[amazon]
◆西村 優紀美・日下部 貴史・柴田 礼子 2021/03 『発達障害のある生徒・学生へのコミュニケーション支援の実際ー修学から就職後の支援まで』, 金子書房, 164p.[amazon]
◆窪 貴志・高橋 亜紀子・山本 愛子 2021/01/20 『』, 翔泳社, 168p.[amazon]

◇サイト

筑波技術大学 オンライン授業での情報保障に関するコンテンツ集 サイトへ

〇2020
◆土橋 圭子・渡辺 慶一郎 2020/12/18 『発達障害・知的障害のための合理的配慮ハンドブック』, 有斐社, 249p.[amazon]
◆北川 明 2020/8/3 『発達障害のある看護職・看護学生支援の基本と実践』, メジカルビュー社, 208p.[amazon]
◆鴨下 賢一・池田 千紗・荻野 圭司・小玉 武志・高橋 知義・戸塚 香代子 2020/8/1 『発達が気になる子の学校生活における合理的配慮ー教師が活用できる・親も知っておきたい』, 中央法規出版, 195p.[amazon]
◆吉武 清實・岡田 有司・榊原 佐和子 2020/3/26 『共生社会へー大学における障害学生支援を考える』, 東北大学出版会, 221p.[amazon]

〇2019
◆山田 隆一・今村 明 協力 2019/08/16 『僕は発達凹凸の大学生ー「発達障害」を超えて』, 星和書店, 208p.[amazon]
◆独立行政法人日本学生支援機構 2019/03 『合理的配慮ハンドブックー障害のある学生を支援する教職員のために』, ジーアス教育新社, 252p.[amazon]

〇2018
◆岡野 ゆかり著 2018/08 『自閉くんのマニュアルがありません!ー不思議な息子が教えてくれる楽しい暮らし方』, 学研プラス, 144p.[amazon]
◆對馬 陽一郎・安尾 真美・林 寧哲著  2018/04/18 『ちょっとしたことでうまくいく発達障害の人が会社の人間関係で困らないための本』, 翔泳社, p196.[amazon]
◆對馬 陽一郎・安尾 真美・林 寧哲著  2018/03 『ちょっとしたことでうまくいく発達障害の人が上手に働くための本』, 翔泳社, p160.[amazon]
◆竹田 一則編著 2018/03 『よくわかる!大学における障害学生支援』, ジーアス教育新社, 420p.[amazon]
◆日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク「聴覚障害学生サポートブックー18歳から学ぶ合理的配慮」編著グループ 2018/03 『聴覚障害学生サポートブックー18歳から学ぶ合理的配慮』, 国立大学法人筑波技術大学, 146p.[amazon]
◆村上 由美著  2018/03 『ちょっとしたことでうまくいく発達障害の人が上手に暮らすための本』, 翔泳社, p160.[amazon]

〇2017
◆石井 京子・池嶋 貫二・高橋 知音 2017/06 『発達障害の大学生のためのキャンパスライフQ&A』, 弘文堂, 180p.[amazon]
◆日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク「聴覚障害学生の意思表明のために」編集グループ編 2017/03 『聴覚障害学生のための意思表明支援のためにー合理的配慮につなげる支援の在り方』, 国立大学法人筑波技術大学, 132p.

〇2016
◆川島 聡・飯野 由里子・西倉 実李・星加 良司 2016/7 『合理的配慮ー対話を開く・対話が開く』, 有斐閣, 268p.[amazon]

〇2015
◆石井 京子・池嶋 貫二・佐藤 智恵 2015/12 『発達障害の人の内定ハンドブックー「発達障害の人の就活ノートU」完全版』, 弘文版, 200p.[amazon]
◆日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク(PEPNet-Japan)平成25・26年度モデル事例構築事業「大学教職員のための地域通訳依頼ハンドブック−よりよい連携を目指して」編集グループ 2015/3 『大学教職員のための地域通訳依頼ハンドブック−よりよい連携を目指して』,国立大学法人筑波技術大学,p
◆坂爪 一幸・湯汲 英史 2015/2 『知的障害・発達障害のある人への合理的配慮ー自立のためのコミュニケーション支援』, かもがわ出版, 96p.[amazon]
〇2014
◆石井 京子・池嶋 貫二・林 哲也・村上 由美 2014/10/30 『発達障害の人が活躍するためのヒント』, 弘文版, 196p.[amazon]

〇2013
◆石井 京子・池嶋 貫二 2013/2 『発達障害の人が働くためのQ&A』, 弘文社, 210p [amazon]

〇2012
◆高石 恭子・岩田 淳子 2012/5 『学生相談と発達障害』, 学宛社, 236p [amazon]
◆DPI日本会議 2012/4 『最初の一歩だ!改正障害者基本法ー地域から変えていこう』, 解放出版社, 108p [amazon]
◆日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク(PEPNet-Japan)情報保障評価事業(手話通訳)ワーキンググループ  2012/3 『大学での手話通訳ガイドブックー聴覚障害学生のニーズに答えよう』, 国立大学法人筑波技術大学, p リンク

〇2011
◆石井 京子・池嶋 貫二 2011/07/07 『発達障害の人のビジネスモデル講座』, 弘文社, 178p [amazon]

〇2010
◆斎藤 清二・西村 優紀美 2010/10/** 『発達障害大学生支援への挑戦――ナラティブ・アプローチとナレッジ・マネジメント』,金剛出版,280p. ISBN-10: 4772411674 ISBN-13: 9784772411677 \3360 [amazon][kinokuniya]
◆石井 京子 2010/07/07 『発達障害の人の就活ノート』,弘文社,181p. [amazon]
◆山崎 晃資 2010/07/05 『キャンパスの中のアスペルガー症候群』,講談社,238p. ISBN-10: 4062597012 ISBN-13: 9784062597012 \1365 [amazon][kinokuniya]
◆日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク聴覚障害学生支援システム構築・運営マニュアル作成事業グループ 2010/06/15 『一歩進んだ聴覚障害学生支援――組織で支える』,生活書院,220p. →サイトへ
◆吉田 仁美 2010/06 『高等教育における聴覚障害者の自立支援――ユニバーサル・インクルーシブデザインの可能性』,ミネルヴァ書房,309p. ISBN-10: 462305750X ISBN-13: 9784623057504 \6825 [amazon][kinokuniya]
篠原 睦治 編 2010/05/15 『関係の原像を描く――「障害」元学生との対話を重ねて』,現代書館,245p. ISBN-10: 4768435041 ISBN-13: 9784768435045 \2100 [amazon][kinokuniya]
青木 慎太朗 編 2010/03/25 『視覚障害学生支援技法 増補改訂版』,立命館大学生存学研究センター報告12,208p. ISSN: 1882-6539
◆佐々木 正美・梅永 雄二 2010/02 『大学生の発達障害』,講談社,102p.[amazon]

〇2009
◆奥田 健次・小林 重雄 2009/05/20 『自閉症児のための明るい療育相談室ー親と教師のための新しいABA講座』,学苑社,214p. [amazon]
◆鶴田 一郎 2009/04/10 『障害者学生支援の日米比較――わが国における今後の方向性を探るために』,ふくろう出版,96p. ISBN-10: 4861863848 ISBN-13: 9784861863844 \2000 [amazon][kinokuniya]
◆日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク PEPNet-Japan,2009,『資料集合冊 聴覚障害学生支援システムができるまで』,日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク PEPNet-Japan. →サイトへ
◆広島大学大学院総合科学研究科 編 2009/02/28 『大学教育とアクセシビリティ――教育環境のユニバーサルデザイン化の取組み』,丸善,147p. ISBN-10: 4621080849 ISBN-13: 9784621080849 \1995 [amazon][kinokuniya]

〇2008

◆障害学研究編集委員会 編 2008/05/30 『障害学研究』3,明石書店,209p. ISBN-10: 4750327980 ISBN-13: 9784750327983 \2310 [amazon][kinokuniya]
◆西村 伸子 2008/03 『障害学生からのメッセージーみんなの思いが明日をひらく』,全国障害学生支援センター,119p. ISBN-10: 4990074769 ISBN-13: 9784990074760 \1050 [kinokuniya]

〇2007
横須賀 俊司・松岡 克尚 編 2007/10/30 『支援の障害学に向けて』,現代書館,176p. ISBN-10: 4768434711 ISBN-13: 9784768434710 \1785 [amazon][kinokuniya]
◆日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク情報保障評価事業グループ 編 2007/10/13 『大学ノートテイク支援ハンドブック――ノートテイカーの養成方法から制度の運営まで』,人間社,183p. ISBN-10: 4931388523 ISBN-13: 9784931388529 \1680 [amazon][kinokuniya]
◆国立特別支援教育総合研究所 編 2007/09/10 『発達障害のある学生支援ケースブック――支援の実際とポイント』,ジアース教育新社,120p. ISBN-10: 4921124760 ISBN-13: 9784921124762 \1575 [amazon][kinokuniya]
◆福田 真也 2007/04/26 『大学教職員のための大学生のこころのケア・ガイドブックー精神科と学生相談からの15章』,金剛出版,198p. ISBN-10: 477240967x ISBN-13: 978-4772409674 [amazon]

〇2006
◆ボニー M ホッジ・ジェニー プレストン サビン編・太田晴康監訳・三澤かがり訳 2006/12/01 『障害のある学生を支えるー教員の体験談を通じて教育機関の役割を探る』,文理閣,228p. [amazon]

〇2005
◆鳥山 由子・青松 利明・青柳 まゆみ・石井 裕志 編 2005/10/05 『視覚障害学生サポートガイドブック――進学・入試から卒業・就職までの実践的支援ノウハウ』,日本医療企画,223p. ISBN-10: 4890416501 ISBN-13: 9784890416509 \1890 [amazon][kinokuniya]
◆ローナ ウィング 監修・吉田 友子 著 2005/06/01 『ウ』,中央法規出版,102p. [amazon]
◆国立特殊教育総合研究所 編 2005/05/18 『発達障害のある学生支援ガイドブック――確かな学びと充実した生活をめざして』,ジアース教育新社,91p. ISBN-10: 4921124418 ISBN-13: 9784921124410 \1399 [amazon][kinokuniya]

〇2004
◆秋山 なみ・亀井 伸孝 2004/12/30 『手話でいこう――ろう者の言い分聴者のホンネ』,ミネルヴァ書房,232p. ISBN-10: 4623042545 ISBN-13: 9784623042548 \1575 [amazon][kinokuniya]
◆佐野(藤田) 眞理子・吉原 正治 2004/12 『高等教育のユニバーサルデザイン化――障害のある学生の自立と共存を目指して』,大学教育出版,157p. ISBN-10: 4887305982 ISBN-13: 9784887305984 \2310 [amazon][kinokuniya]

〇2002
斎藤 佐和 監 2002/04/22 『聴覚障害学生サポートガイドブック――ともに学ぶための講義保障支援の進め方』,日本医療企画,151p. ISBN-10: 4890414940 ISBN-13: 9784890414949 \1680 [amazon][kinokuniya]

〇2001
◆日本障害者高等教育支援センター問題研究会 編 2001/09/20 『大学における障害学生支援のあり方』,星の環会,852p. ISBN-10: 4892943312 ISBN-13: 9784892943317 \3150 [amazon][kinokuniya]
◆吉川 あゆみ・太田 晴康・広田 典子・白澤 麻弓 2001/03 『大学ノートテイク入門――聴覚障害学生をサポートする』,人間社,180p. ISBN-10: 4931388248 ISBN-13: 9784931388246 \999 [amazon][kinokuniya]
◆太田 晴康 1998/06/19 『パソコン要約筆記入門――「聞こえ」を支えるボランティア』,人間社,124p. ISBN-10: 4931388108 ISBN-13: 9784931388109 \1575 [amazon][kinokuniya]
◆冨安 芳和・小松 隆二・小谷津 孝明 編 1996/04/30 『障害学生の支援――新しい大学の姿〜AHEAD日本会議より』,慶応義塾大学出版会,323p. ISBN-10: 4766406281 ISBN-13: 9784766406283 \2548 [amazon][kinokuniya]

〇1996
小島純郎,1996,『障害学生の贈り物―点字と手話の世界から(寄稿集)』,近代文芸社,223p [amazon]
◆富安 芳和・小谷津 考明・小松 隆二,1996/1,『障害学生の支援ー新しい大学の姿〜AHEADに本会議より』,慶応義塾大学出版会,323p [amazon]

〇1994
小島 純郎,1994,『共に学び、共に生きる―点字・手話を通して開いた世界(講演集),近代文芸社,229p,[amazon]




>TOP

■報告書・文献

日本学生支援機構 2020 「令和2年度(2020年度)障害のある学生の修学支援に関する児たち調査結果報告書)」←コロナ禍以降の初の実態調査

日本学生支援機構 2016 「大学、短期大学及び高等専門学校における障害のある学生の支援に関する実態調査分析報告(対象年度:平成17年度(2005年度)から平成28年度(2016年度))」

日本学生支援機構 20120214 『「平成23年度(2011年度)大学、短期大学及び高等専門学校における障害のある学生の修学支援に関する実態調査」結果の概要について』


>TOP

■GP・研究助成等採択プログラム

○特色GP cf:文部科学省の特色GPページ
◆筑波技術短期大学:聴覚・視覚障害学生に対する教育方法の改善――主として授業における情報保障の視点から(平成15年度採択)
 プログラムの概要及び選定理由(PDF)
◆日本福祉大学:学生とともにすすめる障害学生支援――障害学生とともに全学生が成長しあう教育システム(平成15年度採択)
 プログラムの概要及び選定理由(PDF)
◆広島大学:高等教育のユニバーサルデザイン化――総合大学における障害学生就学支援(平成16年度採択)
 プログラムの概要及び選定理由(PDF)
◆愛媛大学:「お接待」の心に学ぶキャンパス・ボランティア(平成16年度採択)
 プログラムの概要及び選定理由(PDF)
◆同志社大学:大学コミュニティーの創造――コミュニケーション・デバイドの克服(平成16年度採択)
 プログラムの概要及び選定理由(PDF)
◆沖縄大学:ノートテイクから広がる大学づくり――小さな大学での新たなユイマールの創造をめざして(平成19年度採択)
 沖縄大学プログラムページ

○学生支援GP(いずれも平成19年度採択) cf:文部科学省の学生支援GPページ
■宮城教育大学:障害学生も共に学べる総合的学生支援――障害学生との共生により人間性豊かな社会人を育成するための入学から就職までの総合的学生支援システム構築
 プログラムの概要及び選定理由
 宮城教育大学プログラムページ
◆筑波技術大学:視・聴覚障害学生の専門性を高める学習支援――視覚障害学生に対する情報アクセス支援と聴覚障害学生に対するコミュニケーション支援
 プログラムの概要及び選定理由
◆富山大学:「オフ」と「オン」の調和による学生支援――高機能発達障害傾向を持つ学生への支援システムを中核として
 プログラムの概要及び選定理由
 富山大学プログラムページ
◆信州大学:個性の自立を≪補い≫≪高める≫学生支援――発達障害にも対応できる人間力向上支援プログラム
 プログラムの概要及び選定理由
 信州大学プログラムページ
◆東北公益文化大学:インクルージョン社会をめざした大学づくり――特別なニーズをもつ学生への「共育」支援を通して
 プログラムの概要及び選定理由
 東北公益文化大学プログラムページ
◆プール学院大学:発達障害を有する学生に対する支援活動――大学における特別支援教育の取組
 プログラムの概要及び選定理由
 プール学院大学プログラムページ)
◆仙台電波工業高等専門学校:発達障害を持つ学生のための特別支援室
 プログラムの概要及び選定理由
◆佐世保工業高等専門学校/釧路工業高等専門学校:高等専門学校での特別支援教育推進事業――発達障害のある学生に対する支援に関する共同的取り組み
 プログラムの概要及び選定理由
 佐世保工業高等専門学校プログラムページ
 釧路工業高等専門学校プログラムページ

○教育GP cf:文部科学省の教育GPページ
◆広島大学「アクセシビリティリーダー育成プログラム」(平成20年度採択)
 審査結果表
 広島大学プログラムページ

○大学教育・学生支援推進事業【テーマA】大学教育推進プログラム cf:文部科学省のプログラムページ
◆函館大学「ピア・サポートによる学生協同支援」(平成22年度採択)
 審査結果表


>TOP

■関連事項

障害者と教育
介助・介護
自立・自立生活(運動)independent living movement
ケア care
障害者自立支援法
障害者と労働
障害者の権利条約
障害者と政策
異なる身体のもとでの交信――情報・コミュニケーションと障害
障害学(Disability Studies)


>TOP

■関連リンク

○全国組織

障害学生就学支援情報-JASSO
日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク(PEPNet-Japan)
全国障害学生支援センター
アクセシビリティリーダー育成協議会

○地域組織

関西SL
東北ろう学生懇談会
関東聴覚障害学生懇談会
近畿ろう学生懇談会
四国ろう学生懇談会
九州ろう学生懇談会
関東聴覚障害学生サポートセンター
宮城県聴覚障害学生の会
宮城DSC
東海聴覚障害学生高等教育を考える会

○高等教育機関

〇北海道
札幌学院大学 障がい学生支援

〇東北
宮城教育大学 障害学生修学支援業務

〇関東
東京大学 バリアフリー支援室
筑波大学 障害学生支援室
筑波技術大学
筑波技術大学 障害者高等教育研究支援センター
早稲田大学 障がい学生支援室
群馬大学 障害学生支援室

〇中部
富山大学 アクセシビリティ・コミュニケーション支援室
長野大学 障害のある学生への支援の取りくみ
長野大学 障害学生サポート制度
日本福祉大学 障害学生支援センター

〇近畿
京都大学 障害学生支援部門
同志社大学 スチューデントダイバーシティ・アクセシビリティ支援室
大阪大学 障害学生支援室
立命館大学 障害学生支援室
関西学院大学 障がいのある学生への修学支援・就労支援

〇中国
岡山大学 高大接続・学生支援センター 学生支援部門
広島大学 アクセシビリティセンター

〇四国
四国学院大学 障害者支援(ノートテイク・アテンダント等)
愛媛大学 身体に障がいがある学生への支援

〇九州
福岡教育大学 障害学生支援センター
九州大学 インクルージョン支援推進室


○海外

Association on Higher Education And Disability(AHEAD)
障害人学生支援ネットワーク(韓国語)

■各大学の資料

京都大学大学文書館の関係資料

※下記は文書館の収蔵資料検索で「"障害学生"」クエリで検索した結果を出力したものです=2022/06/22時点。
識別番号 名称 作成者 受信者 発行元 作成年月日(自) 作成年月日(至) 内容・形態等 複製物番号 保存場所 受入年月日 媒体 利用制限区分 階層A 階層B 階層C 階層D
01A21944 京都大学身体障害学生相談室関係 1982年 1994年 2-9/31-5-1 要審査 法人文書 事務本部 学務・厚生補導 その他
13A02545 昭和55〜57年度身体障害学生相談室関係 学生部教務課教務掛 1980年4月 1983年3月 2-1/9-4-3 要審査 法人文書 事務本部 学務・厚生補導 その他
17A02470 身体障害学生相談室関係 学生部教務課教務掛 1983年4月 1987年3月 2-2/4-3-6 要審査 法人文書 事務本部 学務・厚生補導 その他
17B08628 身体障害学生関係 元.4〜6.3 文学部第一教務掛 1999年4月 2000年3月 MP00687 【閲覧室4-4-3】B-7/16-2-1 要審査 法人文書 文学研究科・文学部 庶務・総務
18A03205 身体障害学生相談室関係 昭62 学生部教務課教務掛 1987年4月1日 1988年3月1日 2-2/5-7-1 要審査 法人文書 事務本部 学務・厚生補導 その他
18B05136 平成19年度 障害学生関係 理学研究科総務・学務室第二教務掛 2007年4月1日 2008年3月1日 MP00686 【閲覧室4-4-3】B-7/19-1-2 要審査 法人文書 理学研究科・理学部 教務・学務
20A02290 身体障害学生相談室関係 学生部教務課教務掛 1989年4月1日 1990年3月1日 2-2/9-1-6 要審査 法人文書 事務本部 学務・厚生補導 その他
P02956 京都大学 身体障害学生相談室の設置をめぐって −当時の聴覚障害学生の立場から− 松延 秀一 2002年8月 1-1/6-9-6 全部利用 刊行物 学内刊行物 その他
P05613 京都大学 身体障害学生相談室の設置をめぐって −当時の聴覚障害学生の立場から−(再増補版) 松延 秀一 2008年 閲覧室/5-5-5 全部利用 刊行物 学内刊行物 その他
P06715 京都大学 障害学生支援室の「設置」 −「相談」から「支援」へ 松延秀一 2011年 閲覧室/5-5-5 全部利用 刊行物 学内刊行物 その他

・ファイル制作:安田 真之 甲斐 更紗 山口 和紀
UP:20060105 REV:20070721, 20080221, 20090930, 1022, 1204, 20100404, 20, 22, 23, 25, 20100511, 0606, 21, 0701, 03, 08, 12, 1016, 1208, 20110323, 1030, 20120329, 20191017, 20220120, 0622(山口), 1116
障害者と教育  ◇バリアフリー事項
TOP HOME (http://www.arsvi.com)