HOME > WHO >

安田 真之

やすだ・まさゆき
Yasuda, Masayuki : English Page
Yasuda, Masayuki : Korean Page


last update:20160906

・立命館大学生存学研究センター 客員研究員
 http://www.ritsumei-arsvi.org/
・障害平等研修ファシリテーター
 http://detforum.com/det-forum-japan/

■Facebook

 Masayuki Yasuda on Facebook (http://facebook.com/masayuki.yasuda/)

■学歴


 2005.03:熊本県立盲学校 高等部 本科 普通科 卒業
 2005.04:日本福祉大学 社会福祉学部 社会福祉学科 入学
 2009.03:日本福祉大学 社会福祉学部 社会福祉学科 卒業 学士(社会福祉学)
 2009.04:立命館大学大学院 先端総合学術研究科 先端総合学術専攻 一貫制博士課程 入学
2011.04:Miscellaneous postgraduate research in the School of Sociology & Social Policy, University of Leeds (〜2012.03、「ダスキン障害者リーダー育成海外研修派遣事業」 第30期個人研修派遣生として派遣)
 2013.03:立命館大学大学院 先端総合学術研究科 先端総合学術専攻 一貫制博士課程 退学 修士(学術)

■書いたもの


◆2013/03/31 「安田真之の英国手探り紀行――12.ヨーロッパ鉄道一人旅(最終回)」
 『点字毎日』4634:31-3.
◆2013/03/03 「安田真之の英国手探り紀行――11.ロンドン会」
 『点字毎日』4630:24-6.
 (2013/03/07 『点字毎日活字版』755:5.)
◆2013/01/27 「安田真之の英国手探り紀行――10.リーズ大学での学び」
 『点字毎日』4625:31-3.
 (2013/01/31 『点字毎日活字版』750:9.)
◆2013/01 「障害学生支援の実施主体と責任主体のあり方の検討にむけて――情報保障を中心に」
 立命館大学大学院先端総合学術研究科修士論文.
◆2012/12/23 「安田真之の英国手探り紀行――9.当事者の担う役割の大きさ」
 『点字毎日』4621:14-6.
 (2012/12/27 『点字毎日活字版』746:4.)
◆2012/11/25 「安田真之の英国手探り紀行――8.そうだ、劇場に行こう!」
 『点字毎日』4617:23-5.
 (2012/11/29 『点字毎日活字版』742:7.)
◆2012/10/28 「安田真之の英国手探り紀行――7.線路は続くよどこまでも」
 『点字毎日』4613:23-5.
 (2012/11/01 『点字毎日活字版』738:20.)
◆2012/09/30 「安田真之の英国手探り紀行――6.タクシー、バス、地下鉄」
 『点字毎日』4609:37-9.
 (2012/10/04 『点字毎日活字版』734:8.)
◆2012/09/02 「安田真之の英国手探り紀行――5.英語とのお付き合い」
 『点字毎日』4605:26-8.
 (2012/09/06 『点字毎日活字版』730:5.)
◆2012/07/22 「安田真之の英国手探り紀行――4.まずいまずいと言うけれど」
 『点字毎日』4600:17-9.
 (2012/07/26 『点字毎日活字版』725:5.)
◆2012/06/24 「安田真之の英国手探り紀行――3.Subarashii!(すばらしい!)」
 『点字毎日』4596:20-2.
 (2012/06/28 『点字毎日活字版』721:5.)
◆2012/05/27 「安田真之の英国手探り紀行――2.幸運な出会いが切り開いた道」
 『点字毎日』4592:19-21.
 (2012/05/31 『点字毎日活字版』717:5.)
◆2012/04/22 「安田真之の英国手探り紀行――1.玄関は12階」
 『点字毎日』4588:16-8.
 (2012/04/26 『点字毎日活字版』713:4.)
◆2011/03/31 「学生支援者による障害学生支援の構図――日本福祉大学における情報保障を手がかりとして」
 『Core Ethics』7:299-309. [PDF]
◆2011/01 「障害学生支援の実施主体と責任主体のあり方の検討にむけて――情報保障を中心に」
 立命館大学大学院先端総合学術研究科博士予備論文.
◆2010/12/16 「大学進学を目指す皆さんへ――今の志を大切に」
 『情報誌・障害をもつ人々の現在』70:8-13.
◆2010/12/03 「(声)「感動した」で終わらないで」
 『朝日新聞』2010年12月3日大阪朝刊,p.22.
◆2009/06/16 「(声)「全盲なのに快挙」ではない」
 『朝日新聞』2009年6月16日大阪朝刊,p.18.
◆2008/12 「「日福大モデル」にみる学生主体の障害学生支援の意義と課題――障害学生の視点から」
 日本福祉大学卒業論文.
◆2008/09/08 「(声)障害者「スポ」、不十分な理解」
 『朝日新聞』2008年9月8日名古屋朝刊,p.8.
◆2008/08/31 「共に学び育ち合う国際交流の第一歩」
 藤本文朗・藤井克美・黒田学・向井啓二『手づくりの国際理解教育――ベトナム障害児スタディーツアー』クリエイツかもがわ,112-5.

■学会・研究会等報告


◆2015/11/05 「意思表明支援の視点から見た合理的配慮」
 平成27年度第5回筑波障害学生支援研究会 話題提供2 於:筑波技術大学
◆2015/02/01 「障害学生支援における学生相互の支援とは」
 平成26年度 東海地区障害学生高等教育支援交流会 シンポジスト 於:日本福祉大学名古屋キャンパス
◆2014/03/08 「京都産業大学における障害者支援」
 大学教育改革フォーラムin東海2014 セッション3「多様な大学構成員の相互理解を目指して――身体的障がい、発達障がい、性志向など」 於:名古屋大学
 http://www.cshe.nagoya-u.ac.jp/forum/tf2014/
◆2014/02/02 「視覚障害学生への合理的配慮の検討にむけて――障害学生支援コーディネーターの立場から」
 平成25年度 障害学生支援セミナー【1】 東海地区障害学生高等教育支援交流会 分科会1「視覚障害学生支援」 於:愛知教育大学
 http://www.jasso.go.jp/tokubetsu_shien/event/h25seminar_1.html
◆2012/07/16 「What We Can Do for Promoting Inclusive Education: Toward the Collaboration by Disabled People in The Philippines and Japan」
 セミナー「Thinking Global, Acting Local: the Role of Schools in Responding to the Challenges of Inclusion of PWDs」 於:The Nueva Vizcaya Bright Child School(フィリピン)
◆2010/11/28 「〈学び〉の仕組みとしての障害学生支援を再考する――障害者支援の実践を通した福祉教育・ボランティア学習の射程」
 日本福祉教育・ボランティア学習学会第16回ぐんま大会 於:前橋市総合福祉会館
 http://gc-support.jp/jaass-gunma/
◆2010/11/27 「日本における障害者の所得保障制度――障害基礎年金を中心に」
 韓日障害学フォーラム(主催:障害学研究会(韓国)他) 分科会2「障害者の所得保障政策――障害年金を中心に」 於:イルムセンター(韓国・ソウル)
◆2010/09/18 「障害のある大学院生へのスカイプを用いた遠隔受講支援」
 日本教育工学会第26回全国大会 於:金城学院大学
 http://www.jset.gr.jp/taikai26/
◆金子 俊明・安田 真之 2010/09/18 一般研究座長
 日本教育工学会第26回全国大会 一般研究2 口頭発表(1p) 特別支援教育 於:金城学院大学
 http://www.jset.gr.jp/taikai26/
◆2010/07/04 「視覚障害学生支援の現状にみる障害学生支援の課題――大学を超えた取り組みに向けて」
 第1回・東海地区障害学生高等教育支援交流会 シンポジウム「障害学生支援 はじめの一歩!」(シンポジスト) 於:愛知教育大学
◆2010/05/29 「高等教育における障害学生支援の実施主体と責任主体のあり方――課題と研究の展望」
 グローバルCOE「生存学」創成拠点 国際プログラム 「国際研究交流会議」(2010年度韓日社会福祉交流セミナー) 於:京畿[キョンギ]大学水原[スウォン]キャンパス(韓国)
◆2009/09/26-27 「学生ボランティアを中心とした障害学生支援の課題――日本福祉大学における障害学生支援を手がかりとしての考察」
 障害学会第6回大会 於:立命館大学朱雀キャンパス
 報告ポスター(ppt)
青木 慎太朗・安田 真之 2009/09/26-27 「視覚障害大学院生の研究支援における課題――立命館大学大学院における「視覚系パソコン講座」から見えてきたもの」
 障害学会第6回大会 於:立命館大学朱雀キャンパス
 報告ポスター(ppt)
青木 慎太朗・安田 真之 2009/09/26 シンポジウム企画・司会
 障害学会第6回大会 シンポジウム1「障害学生支援を語る」 於:立命館大学朱雀キャンパス
◆2009/05/10 「日本の高等教育における障害学生支援の現状と課題――東アジアにおける連携に向けて」
 国際シンポジウム:障害者による支援の未来――日・台・韓協働の可能性 於:立命館大学衣笠キャンパス
◆2009/02/21 「よりよい障害学生支援に向けて――障害学生・教員・支援者のよりよい関係と関わり方」
 「障害学生支援フォーラム2009」パネルディスカッション司会 於:日本福祉大学
◆2008/07/26 「青年期に社会福祉を学ぶことの意味 大学での学び」
 第2回 福祉教育研究フォーラム シンポジスト 於:日本福祉大学名古屋キャンパス
◆2006/08/21 「視覚障害のある私の大学生生活」
 第15回 日本ベトナム友好障害児教育・福祉セミナー 於:ハノイ師範大学(ベトナム・ハノイ)

■講義・研修・セミナー講師等


◆2016/06/08 「視覚障害者支援を考えるいくつかのヒント」
 日本福祉大学社会福祉学部 視覚障害者支援論 ゲストスピーカー 於:日本福祉大学美浜キャンパス
◆2015/09/26 障害平等研修
 熊本市主催 障碍者サポーター講座 講師(ファシリテーター) 於:熊本市役所別館8階会議室
◆2015/06/22, 29 障害平等研修
 同志社大学 ソーシャルワーク演習T-6 ゲスト講師(ファシリテーター) 於:同志社大学今出川校地
◆2015/05/21 「障害者支援の課題発見から実践まで――いくつかのヒント」
 日本福祉大学社会福祉学部 障害者福祉論 ゲストスピーカー 於:日本福祉大学美浜キャンパス
◆2014/07/31 「図書館との連携による視覚障害学生支援の充実にむけて――京都産業大学における障害学生支援を手がかりとして」
 近畿視覚障害者情報サービス研究協議会 平成26年度第2回図書館サービス委員会 研修「大学における障害学生支援の現状」 於:日本ライトハウス情報文化センター
◆2014/07/02 「キャリアと障害」
 日本福祉大学社会福祉学部 キャリアデザイン基礎 ゲストスピーカー 於:日本福祉大学美浜キャンパス
◆2014/06/25 「視覚障害という文化」
 立命館大学国際関係学部 国際理解教育論 ゲストスピーカー 於:立命館大学衣笠キャンパス
◆2014/06/19 「<誰のための障害者福祉>を考える」
 日本福祉大学社会福祉学部 障害者福祉論 ゲストスピーカー 於:日本福祉大学美浜キャンパス
◆2013/07/03 「キャリアと障害」
 日本福祉大学社会福祉学部 キャリアデザイン基礎 ゲストスピーカー 於:日本福祉大学美浜キャンパス
◆2013/07/02 「<誰のための障害者福祉>を考える――障害学を手がかりとして」
 日本福祉大学社会福祉学部 障害者福祉論 ゲストスピーカー 於:日本福祉大学美浜キャンパス
◆2013/06/26 「視覚障害という文化」
 立命館大学国際関係学部 国際理解教育論 ゲストスピーカー 於:立命館大学衣笠キャンパス
◆2012/11/09 「イギリスの民間障害者福祉活動を覗いてみる」
 日本福祉大学社会福祉学部 社会福祉学専門演習T ゲストスピーカー 於:日本福祉大学美浜キャンパス
◆2012/06/28 「視覚障害という文化」
 立命館大学国際関係学部 国際理解教育論 ゲストスピーカー 於:立命館大学衣笠キャンパス
◆2011/06/28 「視覚障害という文化」
 立命館大学国際関係学部 国際理解教育論 ゲストスピーカー 於:立命館大学衣笠キャンパス
◆2010/06/29 「視覚障害という文化」
 立命館大学国際関係学部 国際理解教育論 ゲストスピーカー 於:立命館大学衣笠キャンパス
◆2010/05/27 「日本における障害者の所得保障、介助サービス・制度について」
 社団法人韓国脊髄障害人協会主催企画での講演 於:イルムセンター(韓国・ソウル)
◆2009/12/07 「目で見ない生活からみえるもの」
 立命館大学国際関係学部 国際理解教育論 ゲストスピーカー 於:立命館大学衣笠キャンパス
◆2006/05/15 「私のこれまで、今、これから」
 日本福祉大学社会福祉学部社会福祉学科専門科目 障害者コミュニケーション ゲストスピーカー 於:日本福祉大学美浜キャンパス

■arsvi.comで作成しているファイル


障害学生支援(障害者と高等教育・大学)


UP:20090409 REV:20090511, 0828, 0912, 1022, 1204, 20100329, 0426, 0516, 0621, 0806, 0920, 1109, 30, 1203, 06, 18, 20110308, 0410, 20120606, 28, 0921, 1002, 20130331, 0707, 20150224, 20160906
Yasuda, Masayuki (English)  ◇WHO 

TOP HOME (http://www.arsvi.com)