HOME > WHO >

後藤 吉彦

ごとう・よしひこ
Goto, Yoshihiko : English Page

Last update: 20100513

■現在
専修大学人間科学部講師

■メールアドレス
 hiko19772000@yahoo.co.jp(@→@)

■学歴
 1999.3. 神戸市立外国語大学外国語学部英米学科卒業
 2001.3. 同志社大学大学院アメリカ研究科アメリカ研究専攻修士課程修了、修士(アメリカ研究)
 2006.3. 神戸大学大学院 文化学研究科社会文化専攻博士課程修了、博士(学術)

■論文、著書
 ◆2001.3. “Studying ‘Obsessive’ Popularity of Tupac Shakur,” Graduate School of American Studies(修士論文).
 ◆2002.3. 「Tupac Shakur(2Pac)――『語りの場』となったポピュラー・アイコン」『社会学雑誌』、19号、pp. 169―187.
 ◆2004.9. “Bridging the Gap between Sociology of the Body and Disability Studies,” 2004, Center for Legal Dynamics of Advanced Market Societies Discussion Paper, (http://www.cdams.kobe-u.ac.jp/archive/dp04-15.pdf).
 ◆2005. 3. 「障害者/健常者カテゴリーの不安定化にむけて――障害学における新たな機軸として」、2005、『社会学評論』、55巻4号、pp.400-417.
 ◆2005.7. 「障害者とポスト近代社会のバイオ・ポリティックス」、2005、大野道邦・油井清光・竹中克久共編著、『身体の社会学--フロンティアと応用』世界思想社、pp.295-316.
 ◆2006.3.  「身体の社会学の可能性――人間の『傷つきやすさ』に根ざした理論の構築」、2006、『ソシオロジ』155号、pp.93-108.
 ◆2006. 3.  『身体の社会学のブレークスルー――あらたな社会理論構築へのこころみ』神戸大学大学院文化学研究科(博士論文).
 ◆2007.7. 『身体の社会学のブレークスルー――差異の政治から普遍性の政治へ』生活書院
 ◆2008.7. “Cultural Commentary: Critical Understanding of the Special Support Education in Social Contexts,” Disability Studies Quarterly Summer 2008, Volume 28, No.3, The Society for Disability Studies, (http://www.dsq-sds.org/article/view/117/117).
 ◆2009.3.「『介助者は、障害者の手足』という思想――身体の社会学からの一試論」大野道邦・小川信彦編著、『文化の社会学――記憶・メディア・身体』文理閣、pp.225-243.
(221〜238頁)

■学会発表
 ◇2001.11.24. 「Tupac Shakur(2Pac)――『語りの場』となったポピュラー・アイコン」第74回日本社会学会大会、一橋大学.
 ◇2004. 5. 22. 「障害者/健常者カテゴリーを問う」第55回関西社会学会大会、佛教大学.
 ◇2004. 7. 7. “Exploring Sociology of the Disabled Body,” 36th World Congress of International Institute of Sociology, S031-1, Beijing, July 2004.
 ◇2004. 7. 14. “Bridging the Gap between Sociology of the Body and Disability Studies,” International Conference on the Possibility of Comparative Norm Generation, Kobe.
 ◇2004. 11. 20.「障害者の身体についての身体社会学」――障害学と身体社会学の接合について」第77回日本社会学会大会、熊本大学.
 ◇2004. 11. 27.「障害者と身体の社会学――「身体の統制」に着目して」日本社会学史学会関西例会、関西学院大学エクステンションセンター.
 ◇2005. 5. 28.「身体の社会学の可能性について──『身体からの理論』へのとりくみ」第56回関西社会学会大会発表(大阪市立大学).
 ◇2005.8.15. “Disabled People and Bio-politics of ‘Regulating Bodies’: A Study of Sociology of the Disabled Body,” 100th Annual Meeting of the American Sociological Association, Philadelphia, USA.
 ◇2005.10.22.「フーコーの『生存の技法』と障害者」第78回日本社会学会大会、法政大学.
 ◇2007.9.16-17. 「大学の障害学生「支援」についての一考察」(二階堂裕子との共同報告)、第4回障害学会大会、立命館大学(http://www.arsvi.com/2000/0709gy.htm
 ◇2008.10.10.「身体の社会学と障害者の身体――なぜ身体を語るのか、何を身体で語るのか」、北海道障害学研究会、公立はこだて未来大学(http://www.fun.ac.jp/~kawagoe/goto.pdf
 ◇2009.9.26. 「「障害者支援」と「障害学生支援」――障害学は2つの世界をつなぐことができるか」、第4回障害学会大会 シンポジウム1「障害学生支援を語る」、立命館大学(http://www.arsvi.com/2000/0909gy.htm


UP:20070630
Goto, Yoshihiko (English)  ◇社会学(者)  ◇身体×世界:関連書籍  ◇WHO 

TOP HOME (http://www.arsvi.com)