HOME > WHO >

青野 透

あおの・とおる
X http://www.rche-kanazawa-u.jp/staff/aono-profile.htm
X http://kendb.kanazawa-u.ac.jp/rd/search/researcher/00202490/profile-j.html

last update: 20131001

X http://www.law.kanazawa-u.ac.jp/aono/
・金沢大学法学部教授
・専攻:法思想史、法と生命倫理

 *より詳しくは上記ホームページをご覧になってください。

◆青野 透 1994 「法の思想」
 中川淳編『新 法学を学ぶ人のために』,世界思想社,pp.23-33
 http://www.law.kanazawa-u.ac.jp/aono/manabuhito.htm
◆青野 透 1997 「不妊治療とガイドライン」
 『書斎の窓』467:15-20
 X http://www.law.kanazawa-u.ac.jp/aono/funintogaidorain.htm
◆青野 透 1998 「男性不妊と遺伝子診断――生殖技術の利用を医師が制限すべきか」
 『金沢大学大学教育開放センター紀要』18:1-14
 http://www.law.kanazawa-u.ac.jp/aono/dannseifuninn.htm
◆青野 透 1998 「顕微授精と遺伝子診断――医療とは何か」
 『書斎の窓』475:42-47
 http://www.law.kanazawa-u.ac.jp/aono/kennbijusei.htm
◆青野 透 200012 「角膜移植と臓器移植法の基本理念――法はどう機能したか」
 植野妙美子編『清水睦先生古希記念論文集 現代国家の憲法的考察』,信山社  cf.腎移殖
 http://www.law.kanazawa-u.ac.jp/aono/kakumakuisyoku.htm

 *以下は,1998年11月に青野さんから送っていただいたものです。より詳しくは
  上記ホームページをご覧になってください。

●法と生命倫理に関する業績一覧
(1998年11月現在)

@「日本国憲法の“個人の尊厳”と『生命の科学と倫理』
 ―脳死・臓器移植問題を考える―」
 『医療・福祉研究』第5号、1992年、21〜31頁
A「医療をめぐるデモクラシーと法」
 畑安次・舟越 一編『デモクラシーと法』ミネルヴァ書房、1994年、
 260〜277頁
B「医療と法と自主規制」
 『生と死の法理 法哲学年報1993年度』有斐閣、1994年、113〜114頁
C「自己決定の思想と優生保護法の解釈―法的権利としての人工妊娠中絶の自由―」
 『金沢大学大学教育開放センター紀要』第15号、1995年、37〜52頁
D「多胎妊娠は回避できるか―『減数中絶』問題検討の前提として―」
 『金沢大学大学教育開放センター紀要』第16号、1996年、25〜40頁
E「減数中絶問題と法思想」
 『書斎の窓』第457号、1996年、31〜36頁
F「臓器移植と安楽死」
 『医療・福祉研究』1996年臨時増刊、1996年、44頁
G「減数中絶の医学的適応と倫理―TTTS(双胎間輸血症候群)を例に―」
 『金沢大学大学教育開放センター紀要』第17号、1997年、63〜78頁
H「不妊治療とガイドライン」
 『書斎の窓』第467号、1997年、15〜20頁
I「顕微授精と遺伝子診断―医療とは何かー」
 『書斎の窓』第475号、1998年、42〜47頁
J「臓器提供意思の尊重―臓器移植法の基本理念―」
 『医療・福祉研究』第10号、1998年、94〜99頁
K「男性不妊と遺伝子診断―生殖技術の利用を医師が制限すべきかー」
 『金沢大学大学教育開放センター紀要』第18号、1998年、1〜14頁


TITL : ソフィストにおける自然法概念の成立――K.―H.イルティングの所説に依拠して
CITN : 同志社法学
VOLN : 36(4) PAGE:478-507 YEAR:198412

TITL : ストア派の人間観について――オイケイオ-シス論を中心に
CITN : 法哲学年報
VOLN : 1984 PAGE:154-164 YEAR:1985

TITL : キケロにおける「法と道徳」
CITN : 同志社法学
VOLN : 46(3・4) PAGE:741-765 YEAR:199411

TITL : キケロと「農地法」――自然法概念の政治的機能(実践理性と法――分科会)
CITN : 法哲学年報
VOLN : 1992 PAGE:174-182 YEAR:1992

TITL : 減数中絶問題と法思想
CITN : 書斎の窓
VOLN : 457 PAGE:31-36 YEAR:199609

TITL : 不妊治療とガイドライン
CITN : 書斎の窓
VOLN : 467 PAGE:15-20 YEAR:199709

TITL : 顕微授精と遺伝子診断――医療とは何か
CITN : 書斎の窓
VOLN : 475 PAGE:42-47 YEAR:199806

TITL : 生体肝移植の適応拡大――臓器移植法改正論議の前提として
CITN : 金沢法学
VOLN : 41(2) PAGE:363-394 YEAR:199903

TITL : 「任意」の臓器提供――再移植をめぐって(特別企画 臓器移植をめぐる法と生命倫理のこれから)
CITN : 法学セミナ−
VOLN : 44(8) PAGE:48-51 YEAR:199908

TITL : 野崎和義・柳井圭子『看護のための法学』
CITN : 法学セミナ−
VOLN : 45(4) PAGE:118 YEAR:200004


REV:20091017, 20130922, 1001
生命倫理学  ◇医療と社会  ◇生命倫理[学](bioethics)  ◇WHO
TOP HOME (http://www.arsvi.com)