>HOME >WHO
小島 純郎
こじま・すみろう


◆千葉大名誉教授の小島純郎さん死去
 「小島 純郎さん(こじま・すみろう=千葉大名誉教授・ドイツ文学、前全国盲ろう者協会理事長)は10日、死去、75歳。葬儀は近親者のみで行う。喪主は妻和(かず)さん。自宅は公表していない。
 同協会主催のお別れ会を、11月15日午後1時から東京都新宿区百人町2の27の7のホテル海洋で開く。連絡先は同千代田区神田神保町2の5神保町センタービル7階の同協会。」
 朝日新聞 2004/10/12 10:26

福島智(全国盲ろう者協会理事) 200411 「哀悼――小島純郎先生逝去に接して」
 『点字ジャーナル』2004-11

 「「ぼくはこれからどうすればいいんでしょう。ぼくにいったい何ができるんでしょうか?」
 23年前のある日。全盲ろう者となってまもない私が、小島純郎という人に初めて会った時、私は自分の悩みを自然に口にしていた。そばには他にだれもいない。
 当時私は18才、付属盲高等部3年。小島先生は52才、千葉大ドイツ文学教授。その時、先生がなんとおっしゃったか、正確には覚えていないけれど、「ゆっくり、一緒に考えていきましょう」というようなことを、ややたどたどしい指点字で私の指にうってくださった気がする。
 そして、別れる前、私の手をぎゅっと力強く握り、こきざみに、何度も、何度もゆすっておられた。その動作が、なによりも雄弁に語っていた――小島純郎は、情熱と誠実の人なのだ、と。
 東京帝大卒。50才近くまで、障害者との接点はまったくといってなかったであろう小島先生は、たまたま非常勤講師で出向いた和光大での盲学生や、ろう学生との出会いをきっかけに、急速に障害者の世界にとけ込んでいく。
 以来23年あまり、小島先生は私にとっては、公私共の「応援団長」であり、同時に、数多くの障害者の親しい友人であり、そして、「日本の盲ろう者福祉の父」でありつづけた。
 1991年全国盲ろう者協会初代理事長、93年、東京ヘレンケラー協会より「第1回ヘレンケラー・サリバン賞」受賞・・・。社会的評価と共に、重責も担われてきた。
 2004年10月10日夜、小島先生は永眠された。晩年は進行する病との苦闘の日々だった。
 意識が鮮明な段階で、私が最後に先生とお話したのは、今年の5月末のことだった。
 「なにか、日本の盲ろう者について、夢はございますか」と伺うと、長い沈黙の後で、ゆっくりと、しかし明晰にこうおっしゃった。
 「盲ろう者の、憩いの家、とも言えるような・・・」
 ここで、また長い沈黙。
 「・・・が、欲しいですねえ」と感情をこめた調子でおっしゃった。
 これは従来からの先生の持論で、米国の「ヘレンケラー・ナショナルセンター」のような盲ろう者やワーカーなどを対象にした総合的なサービスとトレーニングを提供するセンターのことだ。しかし、それを「憩いの家」という言葉で表現なさるところに先生の人となりがにじみでる。
 「盲ろう者の父」と書いたが、むしろ、「母」のほうがふさわしいかもしれない。手料理が上手だった。手作りのはやと瓜のつけもの、いかの酒盗などをいただいた人は、50人や100人ではきかないだろう。
 先生と小舟で海釣りをしたことは、私の人生の貴重な思い出だ。スポーツ好きの盲ろうの中年女性とは、スキーもなさった。
 現在は「専門家」ばやりの時代である。資格や免許がものをいう。その意味で、小島先生は障害者や盲ろう者の「専門家」ではない。ゲーテやヘルダーリンといったドイツの詩人を研究していた初老の男性が、目の前にいる具体的な障害者との出会いをとおして、その後の人生をかけてぶつかっていく。独習で、しかも50才をすぎてから、点字も、手話も学び、実践した。
 「どうして、先生、私や障害者たちに力を注がれるのですか」と、いつか尋ねたことがある。先生は静かに言われた。
 「障害者は社会から弱い存在と見られていますが、ぼく自身も、片目で、片耳だし、幼いころからいろいろつらい経験もしていて、自分も弱い存在だと感じています。でも、たとえば、盲ろう者は、ほんとうは人生の重荷を背負って生きる勇気を持った一種の英雄なのだと思いますね。その英雄の手伝いを少しでもしたい・・・」
 多くの障害者の心に温かな光をそそぎ込み、一人の「英雄」が去って行った。」


◇立岩 真也 1999 福島さんあて私信
 http://www.arsvi.com/0r/1999fs.htm
◇立岩 真也 2001/11/00 「福島智さんのこと――知ってることは力になる・19」
 『こちら”ちくま”』24


UP:20041025
盲ろう  ◇WHO 

TOP HOME(http://www.arsvi.com)