HOME> BOOK >

『支援の障害学に向けて』

横須賀 俊司・松岡 克尚編著 20071030 現代書館,176p.


このHP経由で購入すると寄付されます

■横須賀 俊司・松岡 克尚 編 20071030 『支援の障害学に向けて』,現代書館,176p. ISBN-10: 4768434711 ISBN-13: 978-4768434710 1785 [amazon][kinokuniya] 

■出版社/著者からの内容紹介
 障害者と障害を持たない人との社会関係を「支援」と「つながり」をキーワードに実践から捉え返す、障害学分野における意欲的な論考。

[著者紹介・編集担当者より] 障害者ソーシャルワーク、精神障害者の権利擁護、障害者計画策定への当事者参画、障害学生支援(ノートテイク)、バリアフリー旅行、福祉農園という具体的な試みをとおして、当事者支援のあり方と関係性の変化から、障害学の広がりを模索する。(猫)
http://www.gendaishokan.co.jp/goods/ISBN978-4-7684-3471-0.htm

■目次

 序章 支援の障害学へ 横須賀俊司
第1部 支援のほうへ  1章 「障害者ソーシャルワーク」構築に向けた「社会資源調整」の考察――「共生」概念を中心にして―― 松岡克尚
 2章 「異文化」の出会いとしてのノートテイキング――障害学生支援に関わる学生の意識調査に見る「障害者」認知の変容―― 麦倉泰子
 3章 「入院患者の声」による捉え直し――精神科医療と権利擁護―― 竹端寛
第2部 支援の逆照射へ
 4章 知的障害者の各種活動・組織運営・政策立案への参画を通して見る障害学実践 河東田博・新田さやか
 5章 障害者が拓くバリアフリー旅行 馬場清
 6章 障害者であっても、地域であたりまえに生きる――共育共生運動から、福祉農園開園までの人々の動き―― 猪瀬浩平
 あとがき 松岡克尚

■紹介・引用


■書評・言及



UP:20071113
BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)