HOME > WHO > 事業推進担当者(教員) >

渡辺 公三

わたなべ・こうぞう
Watanabe, Kozo : English Page
Watanabe, Kozo : Korean Page
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/s/wk01/index.htm

last update:20120808

・人類学
立命館大学大学院・先端総合学術研究科教授(2003年4月〜)
・学校法人立命館 理事・副総長・立命館大学副学長(研究担当)(2012〜)

*各項のトップに以下から移動することができます。
  ■著書  ■編著  ■翻訳   ■業績: 201120102009200820072006〜2005生存学調書


■著書 ◆モース研究会編 2011/05/13 『マルセル・モースの世界』,平凡社,283p. ISBN-10:4582855784 ISBN-13:978-4582855784 \840 [amazon][kinokuniya] ※ lc01 wk05
 第一部、第一章、第二章、第二部、第一章
◆渡辺 公三 2009/11/14 『闘うレヴィ=ストロース』,平凡社,288p. ISBN-10: 4582854982 ISBN-13: 978-4582854985 [amazon][kinokuniya] ※
◆渡辺 公三 2009/07/14 『身体・歴史・人類学Ⅰ—アフリカのからだ』,言叢社, 411p. ISBN-10:486209029X ISBN-13:978-4862090294 [amazon] [kinokuniya] ※
◆渡辺 公三 2009/07/14 『身体・歴史・人類学Ⅱ—西欧の眼』,言叢社, 454p. ISBN-10:4862090303 ISBN-13:978-4862090300 [amazon][kinokuniya] ※
◆渡辺 公三 2003/06/10 『レヴィ=ストロース——構造』,講談社,現代思想の冒険者たち Select,342p. ISBN-10: 4062743523 ISBN-13: 978-4062743525 1575 [amazon][kinokuniya] ※ *
 *『レヴィ=ストロース——構造』(講談社,1996,現代思想の冒険者たち20)の新装版
◆渡辺 公三 2003/02/26 『司法的同一性の誕生——市民社会における個体識別と登録』,言叢社,461+27p. ASIN: 4905913861 3800 [amazon][kinokuniya] ※ b
◆渡辺 公三 1996/05 『レヴィ=ストロース——構造』,講談社,現代思想の冒険者たち20
 cf.Levi-Strauss, Claude


『闘うレヴィ=ストロース』    『身体・歴史・人類学Ⅰ—アフリカのからだ』    『身体・歴史・人類学Ⅱ—西欧の眼』    『レヴィ=ストロース——構造』    『司法的同一性の誕生——市民社会における個体識別と登録』   


>TOP

■編書

◆渡辺 公三・木村 秀雄 編 2006/04 『レヴィ=ストロース『神話論理』の森へ』,みすず書房,237p. ASIN: 4622072084 2730 [amazon][kinokuniya] b
◆渡辺 公三 他 編 2004 『文化人類学文献事典』[amazon][kinokuniya]
西川 長夫・渡辺 公三 編 19990228 『世紀転換期の国際秩序と国民文化の形成』,柏書房,532p. ISBN:9784760117147 (4760117148) 6090 [amazon][kinokuniya] b
西川 長夫・渡辺 公三・McCormack, Gavan 編 19971020 『多文化主義・多言語主義の現在——カナダ・オーストラリア・そして日本』,人文書院,305p. ISBN:4-409-23026-3 2310 [amazon][kinokuniya][bk1] ※ b


『文化人類学文献事典』    『レヴィ=ストロース『神話論理』の森へ』    『世紀転換期の国際秩序と国民文化の形成』    『多文化主義・多言語主義の現在——カナダ・オーストラリア・そして日本』   


>TOP

■訳書

Levi-Strauss,Claude[クロード・レヴィ=ストロース] 1971 Mythologiques **** L'Homme Nu, Plon.
=20100301 吉田 禎吾・渡辺 公三・福田 素子・鈴木 裕之・真島 一郎 訳『裸の人 2(神話論理IV-2)』みすず書房,568p ISBN-10: 4622081555 ISBN-13: 978-4622081555 ¥8,925 [amazon][kinokuniya]
Levi-Strauss,Claude[クロード・レヴィ=ストロース]1968  Mythologique 3 L'Origine des manieres de table,Plon
 =20070911 渡辺 公三・榎本 譲・福田 素子・小林 真紀子 訳 『食卓作法の起源』,みすず書房,604+52p.
◆Clastres, Pierre 1974 La societe contre l'Etat : recherches d'anthropologie politique, Editions de minuit=1987 渡辺 公三 訳, 『国家に抗する社会:政治人類学研究』,書肆風の薔薇[3刷(1991)以降は水声社] =1989 水声社,328p. ISBN-10: 4891762063 SBN-13: 978-4891762063 [amazon][kinokuniya] =2002 第4版,水声社
レヴィ=ストロース =1998 渡辺公三訳,『やきもち焼きの土器つくり』,みすず書房,新装版,350p. ISBN-10: 462204904X ISBN-13: 978-4622049043 [amazon][kinokuniya]
◆デュモン =2001 渡辺公三・田中雅一訳,『ホモ・ヒエラルキクス——カースト体系とその意味』,みすず書房,638p. ISBN-10: 4622038471 ISBN-13: 978-4622038474 [amazon][kinokuniya]
◆『レヴィ=ストロース「講義」』レヴィ=ストロース著、共訳者:川田順造、平凡社ライブラリー、2005
◆『舞台の上の権力』バランディエ著、ちくま文庫、2000
◆『個人主義論考』デュモン著、言叢社、1993年


『裸の人 2(神話論理IV-2)』    『やきもち焼きの土器つくり』    『国家に抗する社会:政治人類学研究』    『ホモ・ヒエラルキクス——カースト体系とその意味』

■その他

◆20100823 「「生存学」創成拠点事業推進担当者より (2)」 『「生存学」創成拠点メールマガジン第5号』
◆19970228 「帝国と人種——植民地支配のなかの人類学的知」,栗原編[1997:299-328]* ※
*栗原 彬 編 19970228 『現代世界の差別構造』(講座差別の社会学・3),弘文堂,348p. ISBN:4335501536 [amazon][kinokuniya][bk1] ※ b
◆19900531 「森と器——治療者はどのようにして治療者となるか(クバ王国)」
 波平編[1990:002-035]*
波平 恵美子 編 19900531 『病むことの文化——医療人類学のフロンティア』,海鳴社,342p. ISBN-10: 4875251327 ISBN-13: 978-4875251323 2884 [amazon][kinokuniya] b …☆



『現代世界の差別構造』(講座差別の社会学・3)    『病むことの文化——医療人類学のフロンティア』[☆]

 
>TOP

■2011年度次別業績リスト

□刊行
モース研究会編 2011/05/13 『マルセル・モースの世界』,平凡社,283p. ISBN-10:4582855784 ISBN-13:978-4582855784 \840 [amazon][kinokuniya] ※ lc01 wk05
 第一部、第一章、第二章、第二部、第一章
◆渡辺 公三 2011/06/** 「“経済”を審問する——MAUSSとともに」『“経済”を審問する!人間社会は“経済的”なのか?』 西谷 修著、アラン カイエ著、 金子 勝著、せりか書房

□書いたもの
◆渡辺 公三 2011/05/** 「占領下に生きる!!モースの一九四二年のふたつのテクスト」『月刊百科』583、平凡社
◆渡辺 公三 2011/09/** 書評『プリミティヴ アート』ボアズ著、大村敬一訳、言叢社、図書新聞3028 号
◆渡辺 公三 2011/08/** 書評『レヴィ=ストロース 夜と音楽』今福龍太著、みすず書房、日本経済新聞、
◆渡辺 公三 2011/05/** 書評『プリミティヴ アート』ボアズ著、大村敬一訳、言叢社、東京新聞

◆インタビュー
◆渡辺 公三 2012/02/** マルセル・モースの仕事、日本経済新聞 「現代アメリカの「博物誌」はいかにつくられたか」ワイズマン監督へのインタヴュー、『世界』 2012 年2 月

□話したこと
◆Watanabe, Kozo 2012/01/27 Forclosion du sacrifice chez Levi-Strauss ?  Recherche mimetique, Paris, Ecole Normale Superieure
◆渡辺 公三 2012/03/29 モース『贈与論』の歴史的文脈、日本文化人類学会近畿地区研究懇談会「初期フランス人類学と社会主義」、立命館大学
◆Watanabe, Kozo 2012/03/31 Recherches philosophiques du jeune Levi-Strauss 日仏哲学会、京都大学

□社会活動
日本文化人類学会理事
日本精神医学史学会評議員
国立民族学博物館評議員
京都府地域交流ネットワーク委員
滋賀大学監事
立命館大学研究部長・衣笠総合研究機構長


 
>TOP

■2010年度次別業績リスト

□書いたもの
渡辺 公三 2010/05/** 「青年活動家レヴィ=ストロース(5)」 『みすず』52/05(みすず書房), pp.36-46
渡辺 公三 2010/10/** 「構造主義」 『宗教学事典』(丸善) pp.110-111
渡辺 公三 2011/01/31 「パトリス・ルムンバ——ひとりの「開化民」の生成と消失——」  『二〇世紀〈アフリカ〉の個体形成——南北アフリカ・カリブ・アフリカからの問い』真島一郎編・平凡社
渡辺 公三 2010/03/31 「石井芙桑夫さん追悼」  『立命館文学』 

□話したこと
渡辺 公三 2010/04/23 「レヴィ=ストロースは『神話論理』で何を問うたのか?」 京都人類学研究会
渡辺 公三 2010/05/28 「レヴィ=ストロースと日本:レヴィ=ストロースは日本でどのように読まれてきたか、どのように読まれていくだろうか」  Table ronde sur Levi-Strauss 関西日仏会館
渡辺 公三 2010/07/30 「構造分析の身体—『やきもち焼きの土器つくり』から」 超域人類学研究会(大阪大学)

□社会活動
滋賀大学監事
国立民族学博物館運営委員
京都府−フランス地域間交流ネットワーク委員


 
>TOP
■2009年度次別業績リスト

□書いたもの
◆渡辺 公三(インタヴュー記事) 2010/03/04 「レヴィ=ストロースの文鎮——読書に愛用、知識人の思い出詰まる」,『京都新聞』:5
◆渡辺 公三 2010/03/01 「訳者あとがき」『裸の人2』みすず書房:873-896
◆渡辺 公三 2009/12/20 「歴史の重圧に抗う」レヴィ=ストロース追悼、『Facta』ファクタ出版株式会社:51
◆渡辺 公三 2009/12/01 「レヴィ=ストロースからマルセル・モースへ」 『月刊百科』566: 10-16
◆渡辺 公三 2009/11/28 新聞記事「ひっそりと自然に回帰した知の巨星——追悼クロード・レヴィ=ストロース」 『図書新聞』2943号
◆渡辺 公三 2009/11/16 新聞記事「「人間とは何か」問う——類まれな知性」 『産経新聞』
◆渡辺 公三 2009/11/14 『闘うレヴィ=ストロース』, 平凡社,288p. ISBN-10: 4582854982 ISBN-13: 978-4582854985 [amazon][kinokuniya]
◆渡辺 公三 2009/11/12 新聞記事「「人間とは」問い続け——レヴィ=ストロース氏を悼む」 『中日新聞』夕刊
◆渡辺 公三 2009/11/06 新聞記事「「人間とは」根源的に問いかけ——レヴィ=ストロース氏を悼む」 『京都新聞』:13
◆渡辺 公三 2009/10/** 「青年活動家レヴィ=ストロース4—精神分析の研究書への書評」『みすず』51-8(2009-10 no.576)
◆渡辺 公三 2009/09/** 「青年活動家レヴィ=ストロース3—1931年の書評、マルセル・デア『社会主義の展望』」『みすず』51-8(2009-9 no.575)
◆渡辺 公三 2009/08/** 「青年活動家レヴィ=ストロース2—ジャック・ヴィオ「白人の降架」書評から」『みすず』51-7(2009-8 no.574)
◆渡辺 公三 2009/07/** 「青年活動家レヴィ=ストロース—ポール・ニザン「アデン・アラビア」書評から」『みすず』51-6(2009-7 no.573)
◆渡辺 公三 2009/07/14  『身体・歴史・人類学Ⅰ—アフリカのからだ』
 言叢社, 411p. ISBN-10:486209029X ISBN-13:978-4862090294 [amazon] [kinokuniya]
◆渡辺 公三 2009/07/14 『身体・歴史・人類学Ⅱ—西欧の眼』
 言叢社, 454p. ISBN-10:4862090303 ISBN-13:978-4862090300 [amazon][kinokuniya]


□話したこと
◆渡辺 公三 2010/02/25 インタヴュー「レヴィ=ストロースは何を問うたのか」、『レヴィ=ストロース』「道の手帖」河出書房、p.20-35
◆渡辺 公三 2010/02/13 「市場・民主主義・市民社会のモースのヴィジョン」、東京外国語大学GCOEラウンドテーブル「経済を「審問する」アラン・カイエ氏を囲んで」於:東京日仏会館
◆渡辺 公三 2010/01/29 「『神話論理』の論理」、東京大学GCOE「共生のための哲学研究教育センター」公開セミナー、於:東京大学教養学部、コラボレーションルーム3
◆渡辺 公三 2010/01/01 「レヴィ=ストロースの問いと倫理」(小泉義之氏との対談)『現代思想』Vol.38-1、p.116-130
◆渡辺 公三 2009/12/18 紀伊国屋公開サザンセミナー(中澤新一氏と公開対談)「レヴィ=ストロース100年」於:新宿紀伊国屋サザン・シアター
◆渡辺 公三 2009/12/04 ジュンク堂公開セミナー(昼間賢氏と公開対談)「今、人類はどこにいるのか──あるいは多様体を映す場所へ」『身体・歴史・人類学』出版記念企画、於:新宿ジュンク堂
◆渡辺 公三 2009/07/18 第12回早稲田大学文化人類学会研究集会「闘うレヴィ=ストロース——学生時代から神話研究まで」於:早稲田大学36号館


□訳したもの
◆渡辺 公三 2010/02/25 『裸の人2』レヴィ=ストロース『神話論理4』(吉田禎吾他との共訳)みすず書房
◆渡辺 公三 2010/01/01 「グラックス・バブーフと共産主義」レヴィ=ストロース『現代思想』


 
>TOP

■2008年度次別業績リスト(彙報より)

□書いたもの
◆渡辺 公三 2008/05/** 「レヴィ=ストロース」『哲学の歴史』12、中央公論新社、pp.310-350
◆渡辺 公三 2008/08/** 「アンケート:具体の世界が蓮の花のように開いた」『哲学の歴史』別巻、p.466
◆渡辺 公三 2008/11/** 「もうひとつの豊かさの思考——レヴィ=ストロース生誕100年シンポジウムに向けて」  『みすず』566(2008−11)
◆渡辺 公三 2008/11/** 「『神話論理』の反言語論的転回」『みんぱく』11月号、p.4
◆渡辺 公三 2008/12/01 「速度と集中—レヴィ=ストロースの思考」「出版ダイジェスト」2008年12月1日号
◆渡辺 公三 2008/12/06,13 「百歳を迎えたレヴィ=ストロース」朝日新聞、12月6日(全国)、12月13日(大阪)
◆渡辺 公三 2008/12/05 「『神話論理』への反言語論的転回——1950年代のレヴィ=ストロースの探究」
 『思想』1016(2008-12):10-25
◆渡辺 公三 2009/01/** 「所属・規律・身体」『文化人類学事典』 丸善、pp.554-557
◆渡辺 公三 2009/03/** 「国民国家批判としての文明論」『Rice, Life & Civilisation』報告書、韓国全北大学

□話したこと
◆渡辺 公三 2008/06/** 「ネオリベラリズム時代のモース人類学再読」分科会『ネオリベラリズム時代の人類学』日本文化人類学会研究大会、京都大学
◆渡辺 公三 2008/10/** 「国民国家批判としての文明論」『Rice, Life & Civilisation』センター国際シンポジウム、韓国全北大学
◆渡辺 公三 2008/12/06 「1950年代、レヴィ=ストロースの人類学的探究」「レヴィ=ストロース生誕100年記念国際シンポジウム、東京日仏会館
◆渡辺 公三 2008/11/20 「学内外のネットワークを強化し、多様な若手研究者の輩出をめざす」(座談会)『UNITAS PLUS』(立命館学園広報)No.407、pp.6-8
◆渡辺 公三 2009/01/** 「立命館グローバル・イノベーション研究機構(R-GIRO)が目指すもの」(村上正紀副総長とともにインタヴュー)、『サステナ』2009年1月
◆渡辺 公三 2009/01/30 「闘うレヴィ=ストロース」一橋大学人類学セミナー


□翻訳
◆渡辺 公三 翻訳監修 2008/11/20 『裸の人 1 (神話論理 4-1)』
◆渡辺 公三 訳 2008/12/05 「『オランピア』に関するノート」
 =Levi-Strauss, Claude 2008 "Notes sur 《Olympia》", Bibliotheque de la Pleiade, Gallimard, 1670-1672.
 『思想』1016(2008-12):26-29
◆渡辺 公三 2008/12/05 「「『オランピア』に関するノート」・解題」,『思想』1016(2008-12)
◆渡辺 公三 訳 2008/12/05 「レヴィ=ストロースにおける主体の解釈と生態的カタストロフィー」
 =Keck, Frederic 2008 "Dissolution du sujet et catastrophe ecologique chez Levi-Strauss."
 『思想』1016(2008-12):277-296
◆渡辺 公三 2008/12/05 「「レヴィ=ストロースにおける主体の解釈と生態的カタストロフィー」・解題」『思想』1016(2008-12)
◆渡辺 公三・近藤 宏 訳 2008/12/05 「親族研究の未来・解題」『思想』1016(2008-12)
◆渡辺 公三・泉 克典 訳 2008/12/05 「われらみな食人種・解題」『思想』1016(2008-12)


 
>TOP

■2007年度次別業績リスト(彙報より)

□書いたもの
◆渡辺 公三 2007/07/06 書評:高村学人『アソシアシオンへの自由』勁草書房、『週刊読書人』平成19年7月6日号
◆渡辺 公三 2007/07/** Ky Naissanciel, “Liner note”, Ohrai Records, ?2007年7月
◆渡辺 公三 2007/09/21 翻訳・解説:レヴィ=ストロース『食卓作法の起源』みすず書房、2007年9月21日刊行(榎本譲・福田素子・小林真紀子との共訳)
◆渡辺 公三 2007/11/** 「エピグラフの楽しみ—『食卓作法の起源』を読みながら」『みすず』2007年11月号
◆渡辺 公三・片岡 稔 2008/03/31 「平成17年度「魅力ある大学院教育」イニシアティブ(大学院GP) 採択教育プログラム先端総合学術研究科「プロジェクトを基礎とした人社系研究者養成」」[PDF]『立命館高等教育研究』8号

□話したこと
◆渡辺 公三 2007/11/18 表象文化論学会第2回研究発表集会シンポジウム「生きている神話、あるいはレヴィ=ストロース」報告、東京大学駒場キャンパス
◆渡辺 公三 2007/12/** 「垣根を取り去る努力が生みだす力」『りつめい』(立命館大学校友会報)(モンテ・カセムAPU学長との対談)
◆渡辺 公三・高儀 智和 2008/01/15 「科学研究費補助金獲得への取り組み」「人文・社会科学分野の研究促進に関する協議会」(私立大学連盟主催)における報告
◆渡辺 公三 2008/02/29 シンポジウム”Victim and Hero of Globalisation”における報告、”Le h?ro et la victime de globalisation identifi?s---Invention de l'identit? judiciaire et son introduction au Japon”, Bergamo University
◆渡辺 公三 2008/03/29 「レヴィ=ストロースにおける感覚の論理の探究——『野生の思考』から『神話論理』へ」、慶応義塾大学グローバルCOEプログラム哲学・文化人類学プロジェクト、2007年度第10回セミナー

□調査・社会活動等
◆文部科学省・国立大学法人評価委員(〜2007年8月)
◆私立大学連盟、人社系研究振興委員会幹事会委員(2007年10月〜)
◆「組織文化研究」マルセル・モース資料収集:パリ、2007年12月21日〜27日
◆ベルガモ大学との共同博士学位検討会議:ベルガモ(イタリア)、2008年2月27日、29日
◆科学研究費「植民地化以後の土地及び環境利用の変化」資料調査:パリ、2008年3月3日〜5日


 
>TOP

■2006年度次別業績リスト(彙報より)

□書いたもの
◆渡辺 公三・木村 秀雄 編 200604 『レヴィ=ストロース『神話論理』の森へ』,みすず書房,237p. ASIN: 4622072084 2730 [amazon][kinokuniya] b *
◆渡辺 公三 2006/12/** 「草創期のフランス人類学と生物学の関係をめぐって」[特集]2005年度シンポジウム報告「生命」というアリーナ——生物学史と他領域との対話 『生物学史研究』77号
◆渡辺 公三 2006/12/**「レヴィ=ストロース」『現代倫理学事典』、弘文堂
◆渡辺 公三 2006/09/13,20 「人間成立もうひとつの回路——レヴィ=ストロースの『神話論理』」2006年9月13日中日新聞文化欄(9月20日東京新聞夕刊文化欄)
◆渡辺 公三 2007/01/01 「書評:前野佳彦『言語記号系と主体』」、図書新聞、2007年1月1日 *
◆渡辺 公三 2006/05/15 「流れる水の音に満たされた「ガティネのヴェニス」へ」、OVNI、2006年5月15日
◆渡辺 公三 2006/07/15 「生体計測/身体と同一性」展、OVNI、2006年7月15日
◆渡辺 公三 2006/08/01 「精霊たちの森? 死霊たちの柩?Musee du Quai Branly」、OVNI、2006年8月1日
◆渡辺 公三 2006/11/15 「ラマダーン真っ最中に、イスラームの人々に聞いてみた。」、OVNI、2006年11月15日
◆渡辺 公三 2006/12/15 「サンマロは海賊の町だった。」、OVNI、2006年12月15日
◆渡辺 公三 2006/02/15 「17区の肉屋、レジスさん」、OVNI、2007年2月15日

□話したこと
◆田辺製薬労働組合「人を育てる人を育てる」、「組織文化と倫理」2006年11月15〜16日
◆L'invention de l'identité judiciaire et son introduction au Japon —un autre regard sur l'histoire moderne et contemporaine Paris 7 Denis Diderot, 2007年2月19日 *
◆Interroger le Sphinx:l'invention de l'identité judiciaire et son introduction au Japon, Seminaire au EHESS, 2007年3月29日 *

□社会活動
◆国立大学法人評価委員会・大学共同利用機関法人分科会評価委員
◆「魅力ある大学院教育イニシアチブ」実施責任者


 
>TOP

■〜2005年度次別業績リスト

◆渡辺 公三 200502 「伝統は近代を変えることができるか——「野生の思考」の挑戦」,『立命館言語文化研究』16(3):3-4
◆渡辺 公三 200602 「アメリカ人類学の発生現場を検証する——モーガンとインディアン「土地問題」へのメモ」,『立命館言語文化研究』17(3):115-130


 
>TOP

生存学創成拠点調書 2007.2

(所属部局(専攻等)・職名)先端総合学術研究科先端総合学術研究専攻・教授
  ふりがな<ローマ字>   わたなべ こうぞう 
( 氏   名 ) 渡辺 公三
(学位及び現在の専門) 博士(文学) 文化人類学・人類学史

これまでの教育研究の成果、アピールすべき点

 本評価対象者が教育研究者としてのキャリアを始めた国立音楽大学講師着任以来の活動はおおよそ5つの時期にわけられる。第一期は1981年から84年の教育者としての見習い期、第二期は1984年から90年までのアフリカ・ザイールにおける海外長期調査からフィールドワークを中心とした活動期、第三期は1990年から94年まで、アフリカでの調査が現地の政情不安のため困難となり人類学の形成史に関心の中心を移した時期、第四期は1994年から2000年まで立命館大学文学部に異動し国際言語文化研究所の専任研究員として活動した時期、そして第五期は2000年以後、新たなタイプの大学院教育の模索と現実化が活動の主軸となった現在までである。
第一期では音楽を専門とする単科大学の教養科目の文化人類学を担当し、専攻領域ではまったくない聴衆に対して専門分野への興味を喚起し引き入れるためにどのようなプレゼンテーションが必要かを考える好機となった。それは専門分野への反省の好機でもあった。第二期では専門分野での研究者としての資格にもかかわるフィールドワークを修練する機会をもった。国立民族学博物館における研究班での共同研究の一員として活動できたことが第四期、五期における研究プロジェクトの運営およびその教育への応用を試みるための基礎的な経験となった。
 第三期以降の教育研究活動は本申請の内容にも直接かかわってくるので教育研究内容にもやや詳しくふれたい。アフリカにおけるフィールド調査においても、ザイール(現コンゴ民主共和国)中央部のクバ王国の伝統的宗教における死生観、病気観および身体観、身体にまとわれる衣装にまつわる技術、美的表象などを主題として研究し、とりわけ死生観(クバにおける再生観)や身体観の理解のためには精神分析学の援用、物語られる経験としての病いという視点(今言うところの「病いのナラティヴ」)などを視野に入れて検討を進めていた。直接の参与観察から遠ざからざるをえなくなった第三期には、クバ王国で見聞した「伝統的」生死観、病気観を再検討するため、いわば「伝統」の対極として西欧近代市民社会において身体がいかに位置づけられるかを研究の焦点にすえた。そしてまず生物医学的対象となった身体が、19世紀の生理学的人類学によって人種分類学的研究対象として構成された過程をおさえ、さらにこうして微細な差異特徴をベースに構築された人種集団的身体が、世紀末の西欧警察制度の枠内で、同定される個人身体として再構成された過程に注目した。その結論は1994年ころにはすでに見通されたが、最終的には2003年に刊行された博士論文となった。第四期はこの研究を続行しつつ、とりわけ大学院生レベルでの共同研究活動の組織を研究所で実地に試みることが中心となった。さらに第五期における現実の大学院教育プログラムの作成、実施においては、博論の研究において近現代を主題とする研究にとって歴史、生物学、医学史、人類学等の超領域的な視点が必須のものであるという経験を教育システムとしていかに生かすかということが眼目となった。その試みは「魅力ある大学院」イニシアティブ(いわゆる大学院GP)の採択として評価されたと受けとめている。

教育・研究歴
1980年4月-1994年3月、国立音楽大学音楽学部講師、のち助教授として文化人類学を担当。
  埼玉大学、東京大学、慶応大学、金沢大学等で非常勤講師を務める
1981年4月-、国立民族学博物館、共同研究員、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所共同研究員
1994年4月、立命館大学文学部教授着任、同大学国際言語文化研究所専任研究員 
1996年4月、立命館大学文学部人文総合科学インスティテュート教授に着任、主任として教学運営責任をになう、京都大学人文科学研究所、共同研究員
1999年4月-2000年3月、文学部副学部長、
2000年2月、新構想大学院設置準備委員会事務局長、4月より大学院部副部長兼任(-2003年3月)
2001年12月、新構想大学院設置委員会事務局長、新たな大学院立ち上げの作業本格化
2002年6月-2003年6月、国立民族学博物館外部評価委員
2003年2月-2004年6月、文部科学省人間統合科学検討委員会委員
2003年4月、立命館大学大学院先端総合学術研究科発足、研究科長着任(-2006年3月)
2005年10月、「魅力ある大学院」イニシアチブ(GP)で代表のプロジェクト(-2007年3月)採択
2006年2月-、文部科学省大学共同利用機関評価委員

<<表面>>
様式3−3
研究業績:主な発表論文名・著書名(論文名,著書名,学会誌名,巻,号,最初と最後の頁,発表年(西暦)の各項目を必ず記載すること。本人に下線を引くこと。)

【著作】
(共著)『レヴィ=ストロース『神話論理』の森へ』みすず書房、237頁+xix、2006
(共著)『文化人類学文献事典』弘文堂、1072頁、2004
(編著)科学研究補助金プロジェクト「生活世界とりわけ土地との関係をめぐる伝統的法体系と外来法体系の葛藤——共生の可能性と限界」報告書、XX頁、2005
(単著)『レヴィ=ストロース——構造』講談社、342頁、現代思想の冒険者たち Select、2003
『レヴィ=ストロース——構造』講談社、1996、現代思想の冒険者たち20の新装版)中国語訳『列維-斯特斯-結(レヴィ=ストロース)』河北教育出版社、301頁、2002
(単著)『司法的同一性の誕生——市民社会における個体識別と登録』言叢社、461頁、2003 b b1
(共著)『アフリカン・デザイン——クバ王国のアップリケと草ビロード』渡辺公三・福田明夫著、里文出版、102頁、2000
【論文】
(単著)「変動の時代に問われた「人間」とは」『アソシアシオンで読み解くフランス史』福井憲彦編、山川出版、159-173頁、2006
(単著)「アメリカ人類学の発生現場を検証する—モーガンとインディアン「土地問題」へのメモ」『立命館言語文化研究17巻3号』、115-128頁、2006
(単著) 「プロジェクトを基礎とした人社系研究者養成——立命館大学大学院先端総合学術研究科の試み」『大学と学生』第22号、(平成17年12月)、pp.51-57、2005
(単著)「歴史人類学の課題」『文化人類学のフロンティア』綾部恒雄編、ミネルヴァ書房、pp.283-318、2003
(単著) "Interoger le Spinx:Genese et structure de la modernite identitaire", in Modernite apr?s postmoderne, Hasumi, S. et al.,Maisonneuve & Larose, 2002
(単著)「幻想と現実のはざまのインセスト・タブー」『近親性交とそのタブー』川田順造編、藤原書店、pp.117-134、2001
(単著)「大学改革——インスティテュート発足とその狙い」『カレッジ・マネジメント』2001
(単著)「マルセル・モースにおける現実と超現実——シュルレアリズムへ向けた人類学からの断片」『文化解体の想像力』鈴木雅雄・真島一郎編、人文書院、pp.33-52、2000
(単著)「個人識別法の新紀元」『国際関係研究』2000
(単著)「人類学から統治技術へ」『民族学研究』2000
(単著)「他者のイメージをめぐって——アフリカでの見聞から」『集団精神療法』1999
【翻訳】
(共訳)『レヴィ=ストロース「講義」』レヴィ=ストロース著、共訳者:川田順造、平凡社ライブラリー、2005
(単訳)『国家に抗する社会:政治人類学研究』クラストル著、2002(第4版)
(共訳)『ホモ・ヒエラルキクス——カースト体系とその意味』デュモン著、共訳者: 田中雅一、 みすず書房、2001
(単訳)『舞台の上の権力』バランディエ著、ちくま文庫、2000
(単訳)『やきもち焼きの土器つくり』レヴィ=ストロース著、みすず書房、1998(新装版)
(単訳)『個人主義論考』デュモン著、言叢社、1993年

参 考(受賞名及び受賞年度、国際会議発表状況(基調講演、招待講演等を特記)等の積極的に提供すべき情報を記載する。)

1998年10月、集団精神療法学会、招待講演、「他者のイメージをめぐって——アフリカでの見聞から」
2004年11月、「人類学の知と植民地支配の技術——19世紀西欧から「満州国」へ」East Asian Anthropology and Japanese Colonialism (Forum),3rd Coference at Seoul National University,


UP:20030222 REV:0311, 12, 0616, 20041029, 20070216, 0505, 07, 20080627, 0804, 0805, 20090411, 0623, 26, 0805, 1006, 1111, 1127, 20100217, 25, 0304, 10, 0405, 25, 20120328, 0529
Watanabe, Kozo (English)  ◇Watanabe, Kozo (Korean)  ◇Levi-Strauss, Claude  ◇人種・民族  ◇医療人類学  ◇立命館大学大学院・先端総合学術研究科  ◇身体×世界:関連書籍  ◇WHO  ◇生存学創成拠点

TOP HOME (http://www.arsvi.com)