HOME > eMAILS >

先端総合学術研究科「公共」領域院生宛・2004 2/2

2003 2004 1/2 2004 2/2 2005 1/4 2005 2/4 2005 3/4 2005 4/4 2006 1/


立命館大学大学院先端総合学術研究科



◆◆2004/12/31 21:16
  [ml-prosemip 586] 政策メッセ
◆◆2004/12/27 18:46
  [ml-prosemip 584] 院生宛:本到着・明日・他
◆◆2004/12/25 12:25
  [ml-prosemip 580] 院生宛:本到着
◆◆2004/12/21 18:38
  [ml-prosemip 572] 主に定藤さん宛
◆◆2004/12/20 18:42
  [ml-prosemip 566] 院生宛
◆◆2004/12/17 08:43
  [ml-prosemip 563] 本日
◆◆2004/12/15 00:47
  [ml-prosemip 554] 院生宛:
◆◆2004/12/14 23:05
  [ml-prosemip 551] 感情労働
◆◆2004/12/09 15:06
  [ml-prosemip 543] 来年度・補足
◆◆2004/12/09 14:48
  [ml-prosemip 542] 来年度
◆◆2004/12/09 11:57
  [ml-prosemip 540] 院生宛:諸々
◆◆2004/12/09 11:20
  [ml-prosemip 539] RE:534
◆◆2004/12/08 23:12
  [ml-prosemip 538] 院生宛:図書館に入った本
◆◆2004/12/07 09:43
  [ml-prosemip 531] RE:「新潟日報」における
◆◆2004/12/07 09:21
  [ml-prosemip 530] 院生宛:12/9東京
◆◆2004/12/06 23:24
  [ml-prosemip 525] 労働のこと・メモ
◆◆2004/12/06 07:53
  [ml-prosemip 519] 山本譲司・本日
◆◆2004/12/05 11:12
  [ml-prosemip 516] 昨日は
◆◆2004/12/04 00:12
  [ml-prosemip 509] 4日
◆◆2004/12/03 23:18
  [ml-prosemip 508] 院生宛:追加
◆◆2004/11/03 22:37
  [ml-prosemip 507] コーネル
◆◆2004/11/03 20:53
  [ml-prosemip 505] 予備演習続き
◆◆2004/12/03 12:16
  [ml-prosemip 503] 13時より
◆◆2004/12/01 21:29
  [ml-prosemip 500] >橋口さん・他
◆◆2004/11/30 21:58
  [ml-prosemip 497] 村上さんによる文献紹介・他
◆◆2004/11/30 21:19
  [ml-prosemip 496] うけてます
◆◆2004/11/27 12:51
  [ml-prosemip 492] 院生宛:
◆◆2004/11/22 10:19
  [ml-prosemip 489] 主に院生宛:
◆◆2004/11/19 12:19
  [ml-prosemip 485] RE:いくつか
◆◆2004/11/19 10:16
  [ml-prosemip 484] いくつか
◆◆2004/11/19 09:52
  [ml-prosemip 483] RE:先生方へ切羽詰った
◆◆2004/11/19 08:22
  [ml-prosemip 479] 本・続
◆◆2004/11/19 08:07
  [ml-prosemip 478] RE:12/17について
◆◆2004/11/19 00:47
  [ml-prosemip 474] 本
◆◆2004/11/18 23:15
  [ml-prosemip 473] 12/4予告1
◆◆2004/11/18 21:12
  [ml-prosemip 470] 12/17についてお伺い
◆◆2004/11/15 20:31
  [ml-prosemip 464] RE:田島さん宛のメールが届
◆◆2004/11/15 11:33
  [ml-prosemip 461] 新規加入(者のみなさんへ)
◆◆2004/11/15 10:03
  [ml-prosemip 460] 院生宛:追加
◆◆2004/11/15 08:36
  [ml-prosemip 459] 院生宛:
◆◆2004/11/11 11:13
  [ml-prosemip 457] 院生宛:アドレス伺い
◆◆2004/11/08 08:26
  [ml-prosemip 455] RE:【ご案内】イタリア社会
◆◆2004/11/05 00:22
  [ml-prosemip 447] 10年前の報告書
◆◆2004/11/04 23:02
  [ml-prosemip 446] 祈御健闘
◆◆2004/11/04 13:56
  [ml-prosemip 443] 12/4について
◆◆2004/10/31 09:48
  [ml-prosemip 440] 主に院生宛:本購入
◆◆2004/10/28 22:51
  [ml-prosemip 436] 院生宛:本移動
◆◆2004/10/28 10:14
  [ml-prosemip 433] RE:現代思想
◆◆2004/10/27 08:58
  [ml-prosemip 431] 院生宛:11月8日
◆◆2004/10/26 20:34
  [ml-prosemip 429] 院生宛:研究ノート
◆◆2004/10/25 11:47
  [ml-prosemip 425] RE:来週でした。
◆◆2004/10/25 11:10
  [ml-prosemip 424] 祝・翻訳終了
◆◆2004/10/25 10:21
  [ml-prosemip 421] 合格者
◆◆2004/10/23 12:30
  [ml-prosemip 419] 松田道雄関係・等
◆◆2004/10/22 00:49
  [ml-prosemip 416] 予定
◆◆2004/10/21 18:46
  [ml-prosemip 415] 主に院生宛:本
◆◆2004/10/20 15:08
  [ml-prosemip 414] 主に院生宛:図書館受入図書
◆◆2004/10/20 13:28
  [ml-prosemip 413] 院生宛:研究ノート等
◆◆2004/10/18 12:51
  [ml-prosemip 411] 院生宛:本のこと等
◆◆2004/10/15 13:18
  [ml-prosemip 410] 本日欠席
◆◆2004/10/07 08:40
  [ml-prosemip 409] 補:大谷(雅)ノートについて
◆◆2004/10/07 07:59
  [ml-prosemip 408] 院生宛:
◆◆2004/10/07 01:17
  [ml-prosemip 407] 院生宛:当座の予定
◆◆2004/10/07 01:01
  [ml-prosemip 406] 大谷(雅)ノートについて
◆◆2004/10/06 23:40
  [ml-prosemip 404] 樋澤ノートについて
◆◆2004/09/30 23:38
  [ml-prosemip 394] 院生宛:1日・金曜
◆◆2004/09/29 20:42
  [ml-prosemip 391] 院生宛:研究ノート他
◆◆2004/09/24 12:35
  [ml-prosemip 390] 訂正予告
◆◆2004/09/24 11:26
  [ml-prosemip 388] 後期金曜日
◆◆2004/09/20 11:01
  [ml-prosemip 387] 院生宛:23日
◆◆2004/09/16 23:51
  [ml-prosemip 385] ワークフェア関連?
◆◆2004/09/15 21:36
  [ml-prosemip 379] 院生宛:本
◆◆2004/09/15 21:24
  [ml-prosemip 378] 院生宛:明日木曜
◆◆2004/09/14 17:48
  [ml-prosemip 376] 院生宛:返信:立岩科研費本
◆◆2004/09/10 10:01
  [ml-prosemip 374] 院生宛:本日
◆◆2004/09/07 23:18
  [ml-prosemip 373] 橋口作年表
◆◆2004/09/07 14:19
  [ml-prosemip 372] 院生宛:10日金曜
◆◆2004/09/03 22:10
  [ml-prosemip 371] フリーター論他
◆◆2004/09/03 09:11
  [ml-prosemip 370] 院生宛:本日
◆◆2004/08/31 12:46
  [ml-prosemip 366] 受容・文献表
◆◆2004/08/28 09:47
  [ml-prosemip 362] 本の情報等
◆◆2004/08/26 10:14
  [ml-prosemip 361] ワークフェア関連、等
◆◆2004/08/24 15:28
  [ml-prosemip 360] 注文中の本
◆◆2004/08/22 11:47
  [ml-prosemip 359] 感情
◆◆2004/08/21 12:16
  [ml-prosemip 358] 共同体主義
◆◆2004/08/18 13:11
  [ml-prosemip 356] 院生宛:本日
◆◆2004/08/17 15:25
  [ml-prosemip 355] 民主主義についてお尋ね
◆◆2004/08/17 13:39
  [ml-prosemip 354] 後期の土・日
◆◆2004/08/17 12:40
  [ml-prosemip 353] 後藤さんの科目、等
◆◆2004/08/10 22:52
  [ml-prosemip 347] おわび
◆◆2004/08/10 21:26
  [ml-prosemip 344] 後期予定原案/4
◆◆2004/08/10 11:55
  [ml-prosemip 340] 後期予定原案/3
◆◆2004/08/06 12:06
  [ml-prosemip 338] 院生宛:お使いのお願い
◆◆2004/08/05 11:47
  [ml-prosemip 337] 山本さん他院生宛:本
◆◆2004/07/30 20:21
  [ml-prosemip 332] 院生宛:バイトの件/2
◆◆2004/07/29 12:43
  [ml-prosemip 331] 院生宛:バイトの件
◆◆2004/07/28 22:15
  [ml-prosemip 329] 主に田島さんに
◆◆2004/07/28 16:19
  [ml-prosemip 325] 院生宛:文献入手バイト
◆◆2004/07/28 16:12
  [ml-prosemip 324] 後期予定原案/2
◆◆2004/07/28 13:05
  [ml-prosemip 323] 後期予定原案
◆◆2004/07/08 23:47
  [ml-prosemip 319] 院生宛:共著という戦略・他
◆◆2004/07/08 14:29
  [ml-prosemip 318] 院生宛:お礼
◆◆2004/07/08 13:56
  [ml-prosemip 317] 院生宛:お願い
◆◆2004/07/07 22:45
  [ml-prosemip 316] 『管理される心』の紹介
◆◆2004/07/07 15:04
  [ml-prosemip 314] ワークフェア関連文献表
◆◆2004/07/01 09:32
  [ml-prosemip 310] 予備演習
◆◆2004/07/01 09:32
  [ml-prosemip 309] 院生宛・論史7/2
◆◆2004/06/30 13:47
  [ml-prosemip 308] 院生宛:とりあえず
◆◆2004/06/28 13:40
  [ml-prosemip 306] 院生宛:雑誌の件
◆◆2004/06/20 18:33
  [ml-prosemip 298] エイズ関連
◆◆2004/06/20 15:55
  [ml-prosemip 297] 『正義論』→田島さん
◆◆2004/06/18 09:12
  [ml-prosemip 277] 本日
◆◆2004/06/17 10:36
  [ml-prosemip 275] 院生宛・論史6/188他
◆◆2004/06/08 23:54
  [ml-prosemip 269] センの本の紹介
◆◆2004/06/07 23:39
  [ml-prosemip 267] 本を出そう
◆◆2004/06/03 09:07
  [ml-prosemip 259] 公共・演習
◆◆2004/06/03 01:31
  [ml-prosemip 258] 院生宛・論史6/4
◆◆2004/06/03 01:17
  [ml-prosemip 257] 院生宛・学振
◆◆2004/06/02 21:01
  [ml-prosemip 256] 院生宛・図書費
◆◆2004/05/31 09:37
  [ml-prosemip 255] 院生宛・本
◆◆2004/05/20 00:01
  [ml-prosemip 233] 院生宛・いくつか
◆◆2004/05/19 23:55
  [ml-prosemip 232] 院生&専任宛・学振・続4
◆◆2004/05/19 23:43
  [ml-prosemip 230] 院生宛・論史5/21
◆◆2004/05/19 00:30
  [ml-prosemip 229] 院生&専任宛・学振・続3
◆◆2004/05/19 00:30
  [ml-prosemip 228] 今週予備演習
◆◆2004/05/17 23:52
  [ml-prosemip 227] 院生&専任宛・学振・続2
◆◆2004/05/17 23:44
  [ml-prosemip 226] 院生&専任宛・学振・続
◆◆2004/05/13 22:23
  [ml-prosemip 222] P演習日程・他
◆◆2004/05/12 23:50
  [ml-prosemip 219] 院生&専任宛・学振
◆◆2004/05/11 00:57
  [ml-prosemip 217] ノートテイク
◆◆2004/05/09 10:58
  [ml-prosemip 216] 文献紹介他
◆◆2004/05/08 01:09
  [ml-prosemip 214] 情報の共有の
◆◆2004/05/06 09:09
  [ml-prosemip 212] 院生宛・論史5/7
◆◆2004/04/30 18:09
  [ml-prosemip 211] テイラー
◆◆2004/04/27 23:21
  [ml-prosemip 210] 発見・他
◆◆2004/04/22 22:34
  [ml-prosemip 201] 院生宛・明日等
◆◆2004/04/19 17:15
  [ml-prosemip 200] 院生宛・科研あたり
◆◆2004/04/19 12:31
  [ml-prosemip 199] 院生宛・論史4/23
◆◆2004/04/15 21:28
  [ml-prosemip 197] 報告予定者
◆◆2004/04/15 21:00
  [ml-prosemip 196] 予定確認
◆◆2004/04/14 21:19
  [ml-prosemip 195] 院生宛・私の書き物
◆◆2004/04/13 00:31
  [ml-prosemip 194] 院生宛・年表
◆◆2004/04/11 21:18
  [ml-prosemip 190] 院生宛・ALS関連他
◆◆2004/04/06 19:31
  [ml-prosemip 180] 訂正および高田さん
◆◆2004/04/06 18:49
  [ml-prosemip 179] 主に院生宛
◆◆2004/04/05 10:45
  [ml-prosemip 164] 4/9・他(わりと重要)
◆◆2004/04/02 12:29
  [ml-prosemip 155] HP更新
◆◆2004/03/31 11:02
  [ml-prosemip 153] 「世界規模のベーシック・インカム」
◆◆2004/03/24 11:20
  [ml-prosemip 137] プロジェクト演習
◆◆2004/03/24 10:25
  [ml-prosemip 136] 公共論史
◆◆2004/03/24 10:25
  [ml-prosemip 135] 予備演習1担当等
◆◆2004/03/24 09:23
  [ml-prosemip 133] 予備演習2日程等
◆◆2004/03/23 23:55
  [ml-prosemip 132] 川口さんの質問に
◆◆2004/03/16 23:56
  [ml-prosemip 125] 院生のHP等
◆◆2004/03/15 20:26
  [ml-prosemip 124] RE:On this mailing list,
◆◆2004/03/15 12:19
  [ml-prosemip 122] 明日勉強会等
◆◆2004/03/10 00:13
  [ml-prosemip 116] Ts0063:学会等
◆◆2004/03/09 22:01
  [ml-prosemip 114] Ts0062:RE:ビョウキ系メーリングリスト
◆◆2004/03/09 19:56
  [ml-prosemip 112] Ts0061:2名参加
◆◆2004/03/06 23:33
  [ml-prosemip 110] Ts0060:岡・小川・斉藤さん
◆◆2004/03/06 23:22
  [ml-prosemip 109] Ts0059:明日東京2
◆◆2004/03/06 14:29
  [ml-prosemip 107] Ts0058:明日東京
◆◆2004/03/04 00:56
  [ml-prosemip 102] Ts0057:HP等
◆◆2004/03/03 00:29
  [ml-prosemip 94] Ts0056:宿泊場所
◆◆2004/03/02 20:00
  [ml-prosemip 92] Ts0055:新規入院者
◆◆2004/02/27 10:43
  [ml-prosemip 90] Ts0054:学振業績(院生宛)
◆◆2004/02/27 08:44
  [ml-prosemip 89] Ts0053:謝金の件・続(院生宛)
◆◆2004/02/25 12:38
  [ml-prosemip 87] Ts0052:謝金の件(院生宛)
◆◆2004/02/19 13:21
  [ml-prosemip 85] Ts0051:明日、等
◆◆2004/02/18 08:03
  [ml-prosemip 84] Ts0050:労働関連
◆◆2004/02/18 00:52
  [ml-prosemip 83] Ts0049:本日、他
◆◆2004/02/16 15:50
  [ml-prosemip 79] Ts0048:謝金の件2
◆◆2004/02/16 12:13
  [ml-prosemip 78] Ts0047:謝金の件
◆◆2004/02/09 23:02
  [ml-prosemip 77] Ts0046:池田光穂さんの
◆◆2004/02/02 13:49
  [ml-prosemip 76] Ts0045:来年度曜日他
◆◆2004/01/18 13:47
  [ml-prosemip 74] Ts0044:本購入の件
◆◆2004/01/16 10:01
  [ml-prosemip 71] Ts0043:新刊
◆◆2004/01/15 00:28
  [ml-prosemip 70] Ts0042:図書館の本まだ可能
◆◆2004/01/09 15:05
  [ml-prosemip 69] Ts0041:本日他


 
 
>TOP

◆◆2004/07/01 09:32
  [ml-prosemip 309] 院生宛・論史7/2

公共論史はいちおう今週金曜が最終回になります。
『自由の平等』
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2004b1.htm
序章3節あたり

これからのことをどう考えるか、
これからどういうことを考えるとおもしろいか、
というような話をして、議論したいと思います。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/07/01 09:32
  [ml-prosemip 310] 予備演習

7/2プロジェクト予備演習です。

青木陽子:連邦主義に関して
http://www.ritsumei.ac.jp/kic/~gr008997/

齊藤拓:ベーシックインカムについて
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/d/b03003.htm
http://www.ritsumei.ac.jp/kic/~ps004995/class/dd1/

後藤さんが17時から17時半会議ということで
(後藤さんメイルどうも)
青木・齊藤の順でよいのではと思います。



7/3大学院の入試説明会があります。
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/e/2004.htm



7/5酒井啓子さんの講演会があります。
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/2004/0705.htm

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/07/07 15:04
  [ml-prosemip 314] ワークフェア関連文献表

小林さんがワークフェア関連文献表を作ってくれました。
http://www.ritsumei.ac.jp/~ps010988/workfare.html

小林さんどうも。

要約したり引用したりコメントしたりした方がよいものについて
ぼつぼつその仕事を進め、さらに文章にまとめていくと
まずは「研究ノート」にはなると思います。

小林さんのように、自分のHPに掲載していける
人は、掲載あるいは更新の連絡だけMLなりに
流してもらえばよいのでよいと思います。

あと作成者、掲載・更新年月日はあると
便利だと思います。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/07/07 22:45
  [ml-prosemip 316] 『管理される心』の紹介

高田さんが
ホックシールドの『管理される心』の紹介
を掲載してくれました。
http://www.ritsumei.ac.jp/kic/~li025960/home/books/040707themanagedheart.html

高田さんどうも。大学院のHPからリンクさせます。

この本については、訳者の石川准についてのファイルに
http://www.arsvi.com/0w/iskwjn.htm
いくらか情報があります。

また、「感情労働」に関わる本の紹介として
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2004007.htm
というのを書きました。

またその連載で、石川准の本
http://www.arsvi.com/b2000/0401ij.htm
を取り上げてもいます。
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2004005.htm

そして「感情(労働)」について
http://www.arsvi.com/0e/emotion.htm
があります。

リンクがうまくいってなかったりするのでたくさん
あげてしまいました。
またファイルにもミスがありますが近々なおします。
すみません。

高田さん、おてすきの時に、高田さんのファイルから私のHPの
石川准のところにリンクしていただけるとありがたいです。
こちら(私のHP)からもリンクさせます。



あと、15、16、23日あたりで空く日はという質問ですが
15日はたぶん不在、16日は西川科研研究会の前、
23日は予備論文構想発表会の前後(あるいは開催中)
可能です。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/07/08 13:56
  [ml-prosemip 317] 院生宛:お願い

大村さんがML
(院生全体のなのか、公共の院生MLなのか?)
に出した西川科研の研究会案内
私まちがって消してしまったのか、手元に
ありません。

分担研究者に連絡する必要があり

誰か、すみませんが、このML宛に
もう一度流してください。
(大村さんには昨日お願いのメイル出したのですが
届いてないみたいで。)

すみません。よろしく。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/07/08 14:29
  [ml-prosemip 318] 院生宛:お礼

>西川科研の研究会案内

いま大村さんから届きました。
ありがとうございました。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2004/07/08 23:47
  [ml-prosemip 319] 院生宛:共著という戦略・他

論文や研究ノートを共著で書くことがあります。

自然科学系ではごく当たり前です。
あと、看護とか、医療とか、そういう方面でも。

私自身はほとんどしたことがありませんが。
このかたちを奨めようかと思っています。

例えば
さしあたりいろいろ(というのは数だけでなく、テーマ*の点でも)
書く必要がある人と
「論文」の数を増やすこと自体に価値があるのでは
必ずしもない人との協力、というかたちです。

*一つのことだけやっていて、採用されるのは、きょうび
 なかなか難しいということもあります。ある程度手広くできる
 ことを示すのはよいと思います。



で、川口さんですが、なにしましょう?というメイルもらったので。
いくらでも、はてしなくすることありますが、例えば

1)ALSの「予後」について本等に書いてあることを
拾っていく。cf.
http://www.arsvi.com/0y/als-a1.htm
まとめる。
+そこから何か言えることがあったら書く。

2)厚生労働省の研究班が毎年報告書出していると思います。
その他、計量的な調査がいろいろあるはずですが、そういうもので
わかったこと(わからないこと)をまとめる。

3)橋本みさお氏
http://www.arsvi.com/0w1/hsmtmso.htm
(等)が在宅生活はじめてからの制度の使い方を、制度の変化との
絡みでおさえる。

4)ALS協会あるいはその支部の(どれかの)歴史
http://www.arsvi.com/0d/jalsa.htm

5)介護保険、支援費、…絡みのここのところの動向。
http://www.arsvi.com/0ds/a012004.htm
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2002046.htm

6)MCTOSのこと調べる。和川さん
http://www.arsvi.com/0w1/wgwtgo.htm
に話を聞きにいく。

7)(マス)メディアでの取り上げられ方。

等々。等々。

私の本の原稿、ようやく終わりそうですから、
1週間後くらいに、ALS関連の本、雑誌のいっさい、
公共の院生部屋に運べると思います。

例えば以上について、2〜3名ぐらいの
いろいろな共同作業、共著のパターンがありうる
と思います。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/07/28 13:05
  [ml-prosemip 323] 後期予定原案

立岩です。構想発表会+酒宴ごくろうさんでした。

(中島らもが、酒飲んで階段から落ちて亡くなった
そうです。合掌。)

昨日、専任の3人ですこし話しあいました。

後藤さんの火曜2限の課目を
金曜・隔週・3〜4限に移す

同じ日の5〜6限に
プロジェクト予備演習をおく

ということで行こうと思います。
とくに遠隔地在住の院生のことを考えてのことです。

10/1(金)が初回ということになります。

あと、10/15(金)は西川科研研究会ですので、
この日は後藤+予備演習はなし

とすると、
第1回:10/1
第2回:10/22
第3回:10/29

というかんじでしょうか。

初回の予備演習で報告する人(1回生、2名)募集。

質問、意見などありましたらどうぞ。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/07/28 16:12
  [ml-prosemip 324] 後期予定原案/2

樋澤さんからメイルもらいました。どうも。

金曜3限の松原さんの「生命論1」と
火曜2限の後藤さんの「公共論1」
両方とっている方、他にもいますか。
教えてください。

場合によっては
後藤:火曜・2限→金曜・隔週・3〜4限という案
もう一工夫した方がよいかもしれません。

なお、時間表上、二つは同時にとれますので
すくなくとも今の時点でどちらかをとりさげる
ということはしないでください。



P予備演習・第2回:10/22

樋澤さん、報告立候補→お願いします。
他の方も応募どうぞ。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/07/28 16:19
  [ml-prosemip 325] 院生宛:文献入手バイト

川口さんからメイルあったので
みなさんにおうかがい+お願い。

論文を集めるのをバイトで手伝ってくれませんか。
英語の医学論文等。

書誌情報はお伝えしますので、それを使って文献(のコピー)を
入手するという仕事です。

あるまじきことですが
私は立命館にきてからそういうことまったく
やってないのでどの程度入手できるかとか、
とうするかのやり方とかわかりません。

自然科学系の海外誌のコピーなど
わりと簡単にできるんでしょうか。
(川口さんは図書館の窓口で冷たくされたとのことですが。)
知ってる人教えてください。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/07/28 22:15
  [ml-prosemip 329] 主に田島さんに

本日、同じメイルを2つ出してしまったみたいですみません。



さて、田島さんの

>センの理論が、
>知的に障害がある等で
>合理的判断が難しい人のことを
>あまり想定していないのではないか、という疑問に対して
>確か2つの考え方がある、というような
>ことをおっしゃられていたように思うのですが
>はやすぎてよくわかりませんでした。

に。

そうたいしたことを言ったわけじゃないんです。

1)なんかをその人自身が言ってる場合で、
その人の言っていることをそのまま受け入れていいかという問題と、
2)その人自身は何も言わない(ように受け取れる)場合を分けて
考えてもよいでしょう。

ただその前に、ある思考のタイプが、
もしかすると必然的に、ある部分を理論から除外してしまう
ということがありうるかもしれず、それはそれで
おもしろい問題です。まず
拙著『自由の平等』
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2004b1.htm
第5章注6(pp.335-336)をご覧ください。
ロールズとセンが出てきます。そしてここで引いている

田中 紗織 2002 「障害と道徳──身体環境への配慮」
2001年度千葉大学文学研究科人文科学専攻(価値分析論)修士論文
2001年12月提出 は
http://www.arsvi.com/2000/020300ts.htm
に全文掲載。著者と面識はないのですが、送っていただいたので
載せてあります。

次に、1)も2)も樋澤さんがやっているパターナリズム
という主題に関わります。
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/d/p001001.htm

次に、1)の問題は(知的障害の場合はまた違う側面があるのですが)
センが論じている「慎ましい貧農」という問題に関わります。
このことについてはやはり拙著『自由の平等』第4章をご覧
ください。



論文収集についての情報ありがとうございました。



あとこないだ話していたCIL立川
http://www.arsvi.com/0jil/jsc0.htm
http://www2u.biglobe.ne.jp/~cilt/

以下のごとく、連絡いれておきました。
直接連絡とってうかがってみてください。

……以下……

私がつとめている大学院で
「障害者と労働」のことを研究している人がいます。
田島明子さんといって東京で作業療法士をながいことを
やっている人です。
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/g/ta01.htm
http://www5.ocn.ne.jp/~tjmkk/

CIL立川の就労支援のことに関心があり
利用者の人とか担当の人とか話聞かせていただければとのことです。

そのうち連絡があるかと思いますので、
そしたら、すみませんが対応してください。
よろしくお願いいたします。

              立岩 真也

……以上……

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/07/29 12:43
  [ml-prosemip 331] 院生宛:バイトの件

もっとはやくにきちんと
お知らせすべきでしたが、

各自で仕事→科研費等から払い
します。

ただし、一定以上?の収入のある方は
原則、なし。

予算がなくなりそうだったら貧乏な人順
ですが、いまのところだいじょうぶ。

各自の研究に関わる場合は安い時給
そうでない仕事は(比べて)高い時給

というのは前年度と同じ。

昨年度の支払い分に仕事が達したという連絡は
橋口さんからはもらってますが
他の方も、年季奉公?が終わったら
今年度分の支払いに入っていきますので

(メイルに書ける)詳細はまたお知らせします。

各自、必要な人は連絡ください。

提出書類が昨年からすこし変わっています。
(院生室に置くようにしますが、いまのところ
まだありません。私の手元にはありますが。)

今日14時頃からしばらく研究室にいます。
そのとき相談でも。



今週土曜、大阪で入試説明会。周囲に関心ある人いたら
教えてあげてください。
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/e/2004.htm

では。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/07/30 20:21
  [ml-prosemip 332] 院生宛:バイトの件/2

昨日会ったのは、別件も含め
橋口、山本、仲野。

謝金書類書いてもらったのは橋口、仲野。
あわせて20万強。

自分の研究に関係する場合800/時
直接に関係しない場合1200/時
ぐらいを想定。

来週は8/5(木)夕方から近くで
仕事あるついでに学校に行く予定です。
打ち合わせなど必要な人どうぞ。


 
 
>TOP

◆◆2004/08/05 11:47
  [ml-prosemip 337] 山本さん他院生宛:本

山本さん、山口さんの本は
来てるかもしれません。
研究支援センターに行って
私の科研費の本としてとりおいてある本
を受け取り、山口さんの本があったら
もっていき、それ以外は私の研究室に。

あと2冊は注文中+今注文しました。

あと社会政策学会誌を注文しました
労働関連など、関係のある人もいると思います。
入ったらお知らせします。

まず(届くまで時間もかかるので)
図書館に入る本をどんどん注文してほしいと
思いますが、手元(院生室)に置きたい本
急ぎの本など、科研費等で買えますので
(すべての要望には答えられないかもしれませんが)
リクエストしてください。



本日、とくにみなさん御用がなければ
研究室はちょっと寄るだけにします。
(大学の近くで会議があるので)
いずれにせよ午後出ます。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/08/06 12:06
  [ml-prosemip 338] 院生宛:お使いのお願い

「公共部屋」付近にどなたか
今いらっしゃったら立岩まで
連絡ください。
(自宅にいます。電話でもOK。)

私いま出られないものですから
研究支援センターに行ってくる
用事をひとつしていただければと
思いまして。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/08/10 11:55
  [ml-prosemip 340] 後期予定原案/3

後藤さんとメイル往復したところ

>金曜3限の松原さんの「生命論1」と
>火曜2限の後藤さんの「公共論1」
>両方とっている方

がいるということもあり、
(時間表は動かしませんが)
P予備演習のある週の金曜4限に公共論1をいれ
これが隔週ですから約半分

あと半分を、

1)P予備演習のない金曜に2〜コマ続けてやるとか
2)公共論1とP予備演習のある金曜の次の土曜に2〜コマ続けてやるとか。

最初1)を考えていたのですが、後藤さんからのメイルも
読んで、2)もよいなあと思いました。

遠くから来る人が1泊2日できれば
金曜:生命論1+公共論1+P予備演習2コマ分
土曜:公共論1&P演習:2〜4コマ分

一度に6〜8コマ分とか参加できるということになりますので。

御意見、要望などどうぞ。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/08/10 21:26
  [ml-prosemip 344] 後期予定原案/4

みなさん御意見など
ありがとうございます。
まだ決めませんが(決まりませんが)

1)P演習を土曜に行なう場合があるとしても
それは、他の曜日に行なわないということでは
ありません。前期のように火曜の夕方の時間
が(も)よいのか、選択肢はいくつかあるので
これから詰めます。

2)(誰が履修届け出しているかは事務にいって聞けばわかることですが)
さしあたり後藤さんの「公共論1」をとる(実際に参加する
意志がある)人について、金・土についての希望を
お聞かせ願えればと思います。

3)土曜とか日曜とかの学会での報告とか
参加予定、このMLに知らせていただけると
ありがたいです。他の人にも参考になると
思いますのです。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/08/10 22:52
  [ml-prosemip 347] おわび

立岩です
吉村さん お怒りごもっとも
時間表で予定きめた方の
予定尊重します

いまでさき これから1日
音信不通すみません


 
 
>TOP

◆◆2004/08/17 12:40
  [ml-prosemip 353] 後藤さんの科目、等

後藤さんの後期の
公共論ですが、開講の曜日・時限については、
基本的に、調整を後藤さんと受講予定者におまかせします。
参加を希望し+時間表にもとづいて予定を立てた方
をはじめ、みなさんの意向がうまく調整される
とよいと思います。



今までの公共領域の科目については
西川先生と私の科目が
前・金・3 前・金・4に入っていたのを調整し
隔週で前・金・3〜4にしたこと

昨年後期より、P予備演習が金・5にあったものを
金・5〜6隔週にしたこと

以上いずれについても、時間表によって予定を立てた人にも
不利益が生じない範囲の調整でした。

私が把握しているのは以上だけです。
他に、予期せぬ変更があり、不利益を被ったことがあった
方は、このMLあるいは立岩まで
お知らせください。調査、検討します。



昨年より幾度か提案、お知らせしましたが、
基本的には金曜(+場合によっては土曜)(のおおむね午後)を
「公共」の授業・研究のために確保し、利用したいと
考えております。

P予備演習御担当の先生方も含め、そのこと
念頭においていただき、可能であれば、御予定の調整等
お願いしたく存じます。



秋以降の(土日の)院生のみなさんの予定については
別便にてうかがいます。では。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/08/17 13:39
  [ml-prosemip 354] 後期の土・日

後期、土・日のこと。私が把握している限りでは
以下が既に入っています。

近日中に大学院のHPにも載せますが
とりあえず
http://www.arsvi.com/#s
をご覧ください。

学会参加、報告など
予定のある人は、宣伝も兼ねて、是非、お知らせください。

とくに博士予備論文を出した人は
学会に参加し、報告していくことが求められます。
よろしく。

プロジェクト演習は出席するから単位がつくとかつかないとか
というものではありません。
するべきことをする、ということです。

一つは、北村さんが事務局やっているBaS研究会
http://www.ritsumei.ac.jp/kic/~gr018035/e/bas.htm
をこちら(科研費研究等)もかんで、今年中に1〜2回する

それといっしょなり、別で、なり、三浦さんに関与してもらい
アフリカ日本協議会
http://www.arsvi.com/0n/ajf.htm
の人に来てもらう

あと、3人の専任教員の2〜3人で公開討議?という
ことを考えています。

そういうことを土曜とかに時間を十分にとってやりたいと思います。

……以下……

1009土◆立命館大学大学院先端総合学術研究科・入学試験
1010日◆立命館大学大学院先端総合学術研究科・入学試験

1016土
1017日

1023土◆日本医学哲学・倫理学会大会 於:東京
1024日◆日本医学哲学・倫理学会大会 於:東京
   *立岩:報告(シンポジウム)

1030土
1031日

1106土
1107日

1113土◆2004年度法哲学会学術大会 於:広島大学東千田キャンパス
1114日◆2004年度法哲学会学術大会 於:広島大学東千田キャンパス
   *立岩:報告(シンポジウム)

1120土◆第77回日本社会学会大会 於:熊本大学
1121日◆第77回日本社会学会大会 於:熊本大学
    http://wwwsoc.nii.ac.jp/jss/conf.html
    *北村:報告/立岩:不参加

1127土
1128日

1204土
1205日

1211土
1212日

1218土
1219日

1225土
1226日

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/08/17 15:25
  [ml-prosemip 355] 民主主義についてお尋ね

佐藤奈奈さんから「民主主義」についての本を教えてくれという
メイルもらいました。

(佐藤さん、このMLに入ってたと思いますが、間違えて
いたら誰か教えてください。)

よく知らない方面なので、私はお役に立てません。
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/db/1001.htm
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/db/1002.htm
にあった、つまり、院生室(か私の研究室)にある本では以下。
(題名から抽出)

◆橋爪 大三郎 19920610
『民主主義は,人類が生み出した最高の政治制度である』,
現代書館,238p. 2060

◆千葉 眞   1995 『ラディカル・デモクラシーの地平』,新評論

◆Lummis Douglas(ラミス,ダクラス・C) 19980928
『ラディカル・デモクラシー──可能性の政治学』
 岩波書店,292p. 2600 ※

◆小熊 英二 2002 『<民主>と<愛国>』,新曜社

◆三浦 信孝 編 20031230
『来るべき〈民主主義〉──反グローバリズムの政治哲学』
藤原書店,381p. ISBN:4-89434-367-3 3800
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4894343673/arsvicom-22

◆Trend, David ed. 1996 Radical Democracy: Identity, Citizenship,
and the State, Routledge
=19980430 佐藤正志・飯島昇藏・金田耕一他訳,
『ラディカル・デモクラシー──
アイデンティティ、シティズンシップ、国家』,三嶺書房,408p. 5000

◆Demirovic, Alex 1997 Demokratie und Herrschaft,
Westfalisches Dampfboot
=20001115 仲正 昌樹・中村 隆一・古賀 のぼる[外字],
『民主主義と支配』,御茶の水書房 3500 ※

◆Balibar, Etienne 1998 
Droit de cite: culture et politique en democratie,
Editions de l'Aube
=20001030 松葉 祥一 訳,『市民権の哲学──
民主主義における文化と政治』,
青土社,261p. ISBN:4-7917-5846-3 2600 ※
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4791758463/arsvicom-22

そして

◆後藤 玲子「多元的民主主義と公共性」
山口 定・佐藤 春吉・中島 茂樹・小関 素明 編 20030331
『新しい公共性──そのフロンティア』,有斐閣,
立命館大学人文科学研究所研究叢書第16輯,12+394p.
http://www.arsvi.com/b2000/0303yy.htm

この本も私の研究室等にあります。

私の考えは
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2003073.htm
および『自由の平等』
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2004b1.htm
第1・3・4・6章あたり。

いま佐藤さんからのメイルをあらためて見ると

>「民主主義」を語る際に、古典と思われる本と、
>そこから発展させた、現在の「民主主義論」
>の本を何冊か教えていただきたいのです。
>(日本語か英語でお願いします)

とのことです。

以上では、アーレントとかムフだとかラクラウだとか
パスしてます。
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/dw/index.htm
(なお、人名別データ、最近更新されてません。
どなたでも、誰についてでも、よろしく。)
山本さん詳しいんですよね。
どなたでもフォローしてくださるとうれしいです。

では。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/08/18 13:11
  [ml-prosemip 356] 院生宛:本日

これから学校に行きます。

面会予約は北村さん。
時間は未定。

あと大学院の雑誌に掲載希望
の論文・研究ノートの草稿届いているのは
北村・高田の2人。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/08/21 12:16
  [ml-prosemip 358] 共同体主義

共同体主義 communitarianism
についてのファイル
http://www.arsvi.com/0e/comt.htm
を更新。
http://www.arsvi.com/0b/00.htm
からも行けるようになっています。

西川先生が授業で使われた
『マルチ・カルチュラリズム』
でみなさんが作ったレジュメもここから読むことが
できます。
(「多文化主義」というファイルも必要だと
思います。)

他の文献についても紹介をバイトで
作ってくれる人を求めます。問い合せ等は立岩まで。
(サンデルの本は、どうせなら第2版の要約
がよいと思います。こちらは私はまだ未入手。
近々入れます。)

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/08/22 11:47
  [ml-prosemip 359] 感情

感情/感情の社会学/感情労働…
についてのファイル
http://www.arsvi.com/0e/emotion.htm
を更新。
http://www.arsvi.com/0b/00.htm
からも行けるようになっています。
御参考まで。

芋蔓式に更新しなければならないファイルが
出てくるので手間どります。
大学院のHPのファイルに幾つかミスが見つかり
ましたが、これは後日訂正します。

高田さんの企業の社会的責任
についての文章でもホックシールドの本は
言及されていて、いろいろとつながるものだな
と思います。

また、小林・仲野・橋口、3氏による
本の紹介にもリンクさせてもらいました。
どうも。

この分野のファイルの作成、本の紹介にも
科研費の謝金、使えますので、御検討よろしく。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/08/24 15:28
  [ml-prosemip 360] 注文中の本

思いついて、科研費(等)で
注文した本のリストを
   [略]
に掲載することにしました。
更新が楽なので、私のHPに置きました。
(HPの「玄関」からはつながらないように
なっています。)

生協にファックスで注文
研究支援センターに本が届く
それをとりあえず私の研究室に
上記のファイルも使いながら、
書誌情報をデータベースに記載した上で
(これもHPに載せます)
こちらに残すものを除き、
院生室へというだんどりになります。

2週間くらいでだいたい来るようです
ので(図書館にリクエストする分に比べ)
そう待たせません。
(山本さん、本注文しておきました。)

今年度の西川科研は院生のみなさん含む
海外調査にお金がかかるでしょうから
西川科研的?なものもリクエストして
ください。
後藤さん代表の科研、私の代表の科研
がいまのところ主です。

なお、昨年度購入分については未整理の分もありますが
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/db/12003.htm
に一覧があり、そのほとんどが院生室にあるはずです。

なお私、今夜から明日にかけ仕事で不在です。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/08/26 10:14
  [ml-prosemip 361] ワークフェア関連、等

小林さんが「ワークフェア」に関する以下のファイルを作成。

http://www.ritsumei.ac.jp/~ps010988/workfarestates.htm

http://www.ritsumei.ac.jp/~ps010988/wf-debate.htm

Joel F. Handler, “Social Citizenship and Workfare in the
United States and Western Europe: The Paradox of Inclusion”,
Cambridge University Press, 2004
http://www.ritsumei.ac.jp/~ps010988/sc-wf.htm

小林さんどうもありがとうございました。
大学院のHPなどでリンクさせてもらいます。
またこうした仕事は謝金支払いの対象になります。

とくに意図して省く場合は別として
・著者(作成者)名
・タイトル
 本等の紹介の場合にはその書誌事項
・作成年月(日) 更新した場合には(最終)更新年月(日)
・個人のHPに置いた場合は自分のHPのトップページへのリンク
の記載があるとなおよいです。



田島さん、(院生全体のMLに送信された)原稿
ありがとうございました。
まだきちんと読んでないのですが、だいたいの方向はよいと思います。
「学問」の水準で語られている(書かれている)「障害受容」と
業界の日常の場面で使われている「障害受容」との
異同、関係のようなものを、さらに、どう言っていくかが一つ
興味深くもあり難しいところであるようにも思います。
読ませてもらいます。

投稿先は、紀要でない方、というのがよいかもしれません。

細かいことだと(業界によって違うかもしれませんが)
書名、雑誌名は『』で括るのが普通だと思います。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/08/28 09:47
  [ml-prosemip 362] 本の情報等

本のリスト更新してます。ずっと手をつけてなかったのを
すこし。
http://www.arsvi.com/0b/00.htm

例えば「老い」について
http://www.arsvi.com/0fm/a01.htm
坂下さん、等
論文に使えるかどうかはともかく、いちおう
あるものを読んどくことはしてよいでしょう。
何冊かは今井さん(表象)に今貸し出し中。

ここに出てくる天田さんの(税込みだと8925円する)本はもとは
博士論文です。みなさんもこのぐらいのが書けると
よいです。



川口さん

>「在宅での家族による自殺幇助事件と判例について」

についての文献、思いつきません。
大谷(い)さん(等)、もしご存知でしたら。

問い合せの新村拓氏の本で私のところにあるのは ※印のついたものです。
http://www.arsvi.com/0w/snmrtk.htm

◇新村 拓 20020725 『痴呆老人の歴史──揺れる老いのかたち』
 法政大学出版局,202p. 2200 ※ * a
にも、安楽死の話はちらっと出てくるように思います。

この種の本は、けっこう中野区とか杉並区とかの図書館にあると
思いますので、そちちをあたってみてもよいかも。

関連して、自殺幇助ではないですが
http://www.arsvi.com/0w/nmsktm.htm
生瀬克己 19931015
「《障害》にころされた人びと──昭和の新聞報道にみる
障害の者(障害者)と家族』

千書房,207p. 2950 ※ **


これ(**のついたもの)は公共の院生室にあります。

ついでに、生瀬さんが何冊か本書いている関連で、北村さん
「差別と表現」についての本
http://www.arsvi.com/0e/d.htm
何冊かあげておきました。



本日、午後2時より、研究室で、
大学院の受験を考えているという人に会います。
その前後、研究室にいます。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/08/31 12:46
  [ml-prosemip 366] 受容・文献表

田島さんの「障害受容」の論文ですが

CohnとFinkの「段階理論」……Cohn[1960] 等
5つの段階
……
死別後の悲嘆(mourning)と対比させてメランコリー(うつ病)
を論じたFreudに端を発している。

とありました。

文献表
http://www.arsvi.com/0p/d01.htm
を作ってしまった関係で、
キューブラー・ロスのこととか思い出したのですが、
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/dw/kublerro.htm
彼女の「死の受容」というおはなしと
直接の関係はないようですね。(彼女の最初の本は1969年)
なら、それはそれでよいのですが、
つながりがあるのかなとなんとなく思ってました。
もしどっかであるのなら、
言及しておいてもよいかと思いました。

あと田島さんの原稿、全部を1本にするともりだくさんで
分量もオーバー気味になるので、一部は別の別の論文にする
ことにしてよいと思います。(とりあえずまとめきれる
部分を1本にして、そうでない部分は次にとっておく。)



なお、私のHP上にある各種文献表等の多くは、
いきがかり上作っているものなので
(15年ほど前に入力したデータをそのままにしておくのも
もったいないので、とりあえずHTMLファイルにした、とか)
今後、私自身が拡充していくことのできる見込みは、その
作業に割ける時間のことを考えると、ほぼありません。

みなさんよろしく。
だんだん大学院のHPの方に移す、
作成者名は(嫌でなければ)明記、…

http://www.arsvi.com/0p/d01.htm
大谷(い)さん、大谷さん所蔵の本とそのデータもいっしょにして
いったん
・関連書籍を発行年順に書架に並べる
・リストを拡充する
といった仕事を、バイトの人にも仕事お願いしつつ、しませんか。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/09/03 09:11
  [ml-prosemip 370] 院生宛:本日

今日学校に行きます。
面会予定は3人。院生2、受験希望者1。

11時から1人。あとは未定。
10時前からいます。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/09/03 22:10
  [ml-prosemip 371] フリーター論他

もらいもので、

(社)生活経済政策研究所
『生活経済政策』90(2004-7)2000.6.20

特集1 新・フリーター論
よりリアルなフリーター像、より有効な支援策を求めて
本田 由紀
高卒無業者問題から読み解く日本社会の変容
耳塚 寛明

特集2 座談会
欧州中道左派が抱える難題と新展開
──現地調査を終えての印象──
小川 正浩・山口 二郎・小川 有美・宮本 太郎

というのがありました。
他の号にも米国の労働者の状況を報告した
ものなどあり。

私の研究室のテーブルの上に3号分置いといたので
橋口さん、小林さんなど、見てみようという方
どうぞ。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/09/07 14:19
  [ml-prosemip 372] 院生宛:10日金曜

台風ですな。
10日・金曜、午前から学校に行く予定。
高田さんOKです。

研究室に来る人は電話してもらえると
待ち時間がなくてすむかもしれません。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/09/07 23:18
  [ml-prosemip 373] 橋口作年表

橋口 昌治 200409-
「「就職」「若者」「労働」「教育」あたりの年表」
http://www.arsvi.com/2000/0409hs.htm

たまげたのでとりあえず私のHPに載せました。
ご覧ください。

橋口さんどうも。
こないだとおなじ書類、支援センターの黒木さんから
用紙もらい、こないだと同じ手続きで提出すればOKです。
(急がなければ、私経由でもよいですが。)

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/09/10 10:01
  [ml-prosemip 374] 院生宛:本日

遅めの人が多いってことで
3時ころから学校行き
栗原先生飲み会にも出させてもらおうかと。
(確定ではありませんが、多分。)

もっと早く学校に行くことも可能ではあるので
その必要があったら連絡ください。

原稿、その時に(も)みます。
よほど飲まなければ字は読めますので。
たしょう正直度が高まりますが。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/09/14 17:48
  [ml-prosemip 376] 院生宛:返信:立岩科研費本

おもに山本さん

>・岩崎信彦他1989『町内会の研究』御茶の水書房
>・森裕城2002『日本社会党の研究』木鐸社

たぶん、まだなんだと思います。
あと品切になっているとか。
その場合は(そのうち)連絡が入ります。

本のリクエスト受け付けてます。

みな買える、とはならないとしても
できるだけ幅広くと思ってます。

(その前にまだの人
図書館の予算での本の購入よろしく。)

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/09/15 21:24
  [ml-prosemip 378] 院生宛:明日木曜

幾人かの方から原稿もらってます。
ありがとうございました。

明日学校行きます。

面会が決まっているのは
11時半からと
13時からの2人

18時半から学外の会議があるので
その前にはいなくなります。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/09/15 21:36
  [ml-prosemip 379] 院生宛:本

2冊同じ本をいただいたので
1冊を公共の院生室に置いて
もらいました。

山田 富秋 編 20040930 『老いと障害の質的社会学──フィールドワークから』,
世界思想社
http://www.arsvi.com/b2000/0409yt.htm

関係ある人、借りていって
読んでみてください。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/09/16 23:51
  [ml-prosemip 385] ワークフェア関連?

おもに小林さん。忘れないうちに。

テレビつけたら
『ボーリング・フォー・コロンバイン』
やってて(見たことなかった)
そこのなかに
「福祉から就労へ」っていうような
言葉が出てきますね。

6歳の子が6歳の子を撃ち殺してしまった
という事件があって、その子の母親のことで

仕事に就かなきゃいけないということにされて
遠くの町まで働きにいかなくてはならなくされて
家にもなかなか帰れないということで、
そんな政策がいいとは思わないと町の
保安官が言う、その言葉の中で、
というような文脈だったように思います。
パソコンしながらだったんで
正確ではありませんが。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/09/20 11:01
  [ml-prosemip 387] 院生宛:23日

23日ですが、私は昼から研究室で
編集者と細かい詰めの作業をやっています。

なんとか夜までには仕事を終わらせ
この日川本先生たちと
飲み会するということであれば、その時に
話せると思います。

すこし長い時間必要ということであれば
24日、14時30分からの会議の前後とかになります。



HPの不具合
http://www.arsvi.com/0b/0.htm
についての指摘ありがとうございました。
原因はよくわかりませんがいまはなおってます。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/09/24 11:26
  [ml-prosemip 388] 後期金曜日

立岩です。

後藤さんからも連絡もらい、まず、金曜日
以下のように。

 予備演習は5&6時限(16時20分〜)
 公共論は3&4時限(13時〜)
 ということでした、と思います。

10/01金 公共論・予備演習1
10/15金 西川科研
10/22金 公共論・予備演習2
11/05金 公共論・予備演習3
11/19金 公共論・予備演習4
12/03金 公共論・予備演習5
12/17金 公共論・予備演習6
01/07金 公共論・予備演習7
01/21金 公共論・予備演習8

 ということですので、西川科研研究会は連絡いただいた通りに→大村さん。

 院生(1回生)の報告は、実質的には10月22日から
 ということになると思います。
 毎回2人(1人もち時間=1時間半)。

 10月1日これない人で、この日に報告したいという人は
 このMLにお知らせください。
 金曜日の報告が無理という人も、いたら連絡ください。

 
              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/09/24 12:35
  [ml-prosemip 390] 訂正予告

立岩です。すみません。
たしか公共論は2コマ続きができない
ということでしたね。とすると残り7回分。
これについても後藤さんから案をいただいて
いるのでした。追って連絡します。
すみません。

 
 
>TOP

◆◆2004/09/29 20:42
  [ml-prosemip 391] 院生宛:研究ノート他

立岩です。

提出した人には、
松原さんからメイルいったと思いますが
研究ノートの直しよろしく。

そのまま、なり
来週のはじめぐらいまでなおせるところをなおしてから
なり、送ってください。

相談はメイルのやりとりでも
直接会っても。
後者の方が伝わりやすいこともあるでしょう。

それから後藤さんの方にも
添付ファイルの送付など、よろしく。
論文として提出された場合の内部査読は
後藤さんだったでしょう
という人も多かったと思いますし。
時間をとってもらい
直接面会して意見を聞くのもよいと思います。

構成、全体の筋の部分でなおすとなると
なおす決定の早い方がよいでしょう。
一般に言えることは、いろいろなところに
話が飛んでいる場合は、そのうちの一つを
きちんと書いた方がよいということです。



10月1日、予備演習第1回。
自己紹介と
予定の決定をすることになると思います。

西川先生は無事に手術を終えられたましたが
この回はとくに御足労ねがうまでもないので
欠席です。

後期のスケジュールおって連絡します。



学会報告予定など、お知らせください。



他にも、論文の草稿などいただいている方が
複数います。
すみませんが、一人一人に対応できていません。

いついつまでにコメントが必要
ということであれば考慮します。
お知らせください。
ただ、私自身もしだいに火の車、
状態になりつつあります。

では。とりあえず。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/09/30 23:38
  [ml-prosemip 394] 院生宛:1日・金曜

明日はここの院生ではない
院生・学生との面談が
午前と13時半から
という予定です。

16時20分より予備演習。
終わったら(珍しく)飲まずに
帰るつもり。



東京在住のおふた方、スケジュールの件
了解。金曜だめでも発表の機会、どこかに
確保します。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/10/06 23:40
  [ml-prosemip 404] 樋澤ノートについて

樋澤さんの研究ノートについて。

*以下、樋澤さん個人宛でもかまわないのですが、
私にとっては、MLと演習と、そう違わず、
草稿は、演習の中で検討されてよいものだと思い、
草稿を他の人は読んでいないからとうぜんまったく
何の話かわからないながら、それでも
当人以外にとってもいくらか有意味な部分もあると思い、
以下。



まず後藤さんによる指摘を参照のこと→樋澤さん
(もうすでに参照し改稿していると思いますが。)

その上で
小さいところから。

5−1−2 第2段落
「基本的人権の根拠に人権を定置すると」?

6−1 
トマスの倫理学は結局、「強い」人間像の方に行くのか
「弱い」方に行くのか、両方に行く(分かれる)可能性(要素)
があったと言いたいのか?
また、
ここの最後の文「また、憲法学の議論における人格的自律権説に対する
一般的自由権説……」の文、6−1の「人間像」という
文脈にうまくつながるか?



この草稿は3つか4つの文章になってよかったものだと思います。
その意味で、中途半端の感は否めません。
ただ樋澤さんの場合は、学説史自体が主題ではなく、
これから行なう仕事に最低限必要な知識を得ておくという
ぐらいのことですから、そう細々やる必要もないわけで、ここの
バランスが難しいです。

時間があまりありませんから、基本的にはこれで行くことになる
でしょう。

トマスからジェラルド・ドゥオーキンへという
飛ばし方は、学説史的にみるという場合はあまりしないでしょう。
トマス→?→カント→ミル→?→ドゥオーキン
といった感じでしょうか。ただそんなこと細々やっていたら
一生終わってしまいます。とすると
論点を最初から想定して、そこから誰かを検討する、
あるいは二人(以上)を比較するといった手があるわけですが、
今回はそういう点で、並べ方に
あまり必然性を感じませんでした。

例えばジェラルド・ドゥオーキンの「手続き的独立性」という話は
おもしろいと思います。このあたりをよく検討し、
どんな場合に介入が肯定される(されない)ことに
なっているのかというあたりを、
トマス、ミル、ドゥオーキンあたりでやってみるという手が
あったようにも思います。
というか、ドゥオーキンの
「実体的独立性」「手続き的独立性」の話だけでも1本書けますね。

強引にまとめれば、このあたりまでを「介入の正当性」に関わる議論
(これは同時に「介入の範囲」に関わる議論でもある)
というかたちでまとめられるとすると
憲法論の議論は、それとすこし位相が異なるというか、
あるいは接続性をもたせるためには、もう一工夫いったところだと
思います。
(憲法学というのはなかなか独特のもので、どこまでが権利の範囲か
という話と、憲法において保障されるべき権利の範囲かという話が
(日本国憲法学的に)交差していて、どこまでが権利、あるいは法的な
権利なのかという議論と単純に接合しないところがあります。)

全6節のうち
憲法学の議論(5)を他にまわし、
その手前のところ(〜4)までで切って、
時間内に書き足し、記述を充実させ、6も少し変えて
総量として現在と同じということが可能であれば、
やってもよいかもしれません。
しかし当然きついと思います。とすると、比較的小さい
修正で行くしかないということになると思います。

とりあえず以上。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/10/07 01:01
  [ml-prosemip 406] 大谷(雅)ノートについて

大谷雅人さんの研究ノートについて。

時間があまりありません。どうしましょうか。

時間制限を考慮すると
私としては、草稿から、
道路に関する法的等々の規定、規制、等
を洗い出し、さらに増やし、列挙する、これだけでいく
というのが、ありかなと思います。

「公共性」を問題にすると、後藤さんもコメントに
書いてますが、あまりに論じる(べき、だがまだの)
ことが多いのです。そのことをごく以下簡単に説明します。



まず公共性の定義?を



と列挙し、道路について、ある場合には1をあてはめ
ある場合には2を…という記述には、それ自体の意味は
ありません。うまい例をいま思いつきませんが、
おわかりかと思います。
1と2と3の関係がどうなっているかを言わず
たんに同じ言葉に複数の意味がこめられているというだけでは
道路はこの面では1だが、この面では2であるといった
記述は意味をもたないのです。



あと、経済学で言う「公共財」の話ですが、
これ自体がやっかいです。

まず
A:
1)非競合性
2)排除不能性
は、財の「事実的な性格」であると考えるのが普通です。

B:政府による供給

A→B(Aだから、市場ではだめで、B:政府が)
という理屈になっています。

そしてBは政府によって供給される「べき」という含意があります。

さて、B:政府によって供給されるべき財 は
Aという性格を有する財だけか?、という議論があります。
そうではないという主張があります。(後藤さんの立場も当然
そうではない、です。)
とすると、Aと別にBを考える余地があります。
大谷さんの文章にも「社会的有用性」「社会的共同性」……といった
言葉が出てきて、この辺りが関係あるはずですが、その辺りを
論として、分け、そしてつなげる必要があります。

少なくとも、AとBは分けて考える必要があります。
また道路にしても、
道路がBである(べき)として、その理由は、A以外に
あるかもしれません。し、大谷さんの論の中(の道路に言及されている
部分)でも、そのように理解できる部分があります。

とすると、それは何か、またその正当性をどのようにして主張
できるかという問題があります。

また、Aは事実問題ですから、
道路は果たして1)2)の条件を(完全に)満たしているかという
問題があります。
またその事実は例えば技術によって変容するかもしれません。
とした場合には、どう考えるかという問題があります。

そして、例えば、条件を変えることができるのだから(既に変わって
いるのだから)、それはBでなくてもよい
と主張することも可能ではあります。
例えば有料道路の場合、2)の条件はない(不払い者を排除することが
できる)のだから、完全に民営化してもよいという議論をすること
もできます。
当然、それに反論することもできますが、それは
また別の論拠によってなされるべきことになります。

このことについては私の「公共論史」でも話したことがあります。
また
http://www.arsvi.com/0e/e.htm
の中ごろに拙著『私的所有論』からの引用があります。
また拙著『自由の平等』pp.16-17にも少し言及があります。

そんな作業を一つ一つやっていく必要があるのです。
これはすこし時間のかかる仕事です。したがって、私としては

例えば、道路に対する政府からの資金供給が、どういう決まりで、
どういう理屈でなされているのか、法的に…、政府の文書で…、
学者… は… 等…
道路に対する規制(や、その強化、緩和…)が、…
[以下同じ]
をいったん書き出して、全体の配置を見る、ここまで(の中の一部)
を今回行ない、そこからいろいろと検討するのは後まわし、がよいと
思います。

そうでなければ、この草稿の一部を取りだし、記述を厚くし
考察を増やすという方向でしょうか。

ともかく
きわめて論点が多岐にわたるこの草稿の構成をそのまま引き継ぐと
非常に多くの論点を検証し、詰めていく必要があります。
後藤さんのコメントのように
「この問題のみに絞って論旨を展開するだけでも1つの論文になりうる。」
というところが、たくさんあるのです。

再検討すべきところでは、例えば、4−1で
「道路は、典型的な公共財として「非競合性」および「排除不能性」を
有しているとされる。これを特に利用者側から言い換えると道路は
「一般利用」が原則とされている。すわなち道路は、無償で、24時間
だれでも自由に利用することができ、特定の者が排他的に利用することは
認められていない。」
という記述があるわけですが、先述したように
「非競合性」および「排除不能性」は、財の事実的な性格と考えられ
ますから、これと、道路は「特定の者が排他的に利用すべきでない」
という規範命題とは性格の異なるものなのです。

また多くの先行業績もあります。
例えば
道路(等)を作ってほしい人とほしくない人が両方いるというのは
よくあることで、それをどう分析するか。社会学では
長谷川公一さん(現・東北大学)らの仕事があります。

とりあえず、以上です。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/10/07 01:17
  [ml-prosemip 407] 院生宛:当座の予定

07木・15時東京(立川)
08金・13時取材受ける、その後受験希望者面談
09土・入試(終日)
10日・原稿
11月・原稿
12火・13時教授会 原稿出す?
13水・取材受ける

といった感じです。短期であげる本のゲラがあり
対談のなおし、70枚ほどの原稿の最終締切が12日、遅くて13日です。
いずれも月末には発売に載る原稿ですので
まじめなぎりぎりです。

てなかんじですので、

近いところでは5日(火)13時から夕方まで、三浦、北村の2人
面談しましたが、数日はパス、
紀要等の原稿の方も、原稿もらっても
すぐに返信できないような気がします。
(それでさっきまとめて2つ送りました。)

そういうことですので。

その後はすこし時間作れるのでは、と思います。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/10/07 07:59
  [ml-prosemip 408] 院生宛:

高田さん研究ノート用の原稿いだだきました。
読ませてもらいます。



定藤さん、
尾上さんから私にいただいた資料
http://www.arsvi.com/0w1/onuekuj.htm
自由にお使いください。
(かなりレアなものも含まれています。)
また、整理の申し出ありがとうございます。

ただ、それは後回しでかまいませんから
とにかく、集めた事実を文字にしてください。
また事実を集めてください。
その都度、結果を送っていただくということにしてから、
ゆうに半年は過ぎています。
今年度度予備論文を出すつもりなら、
おおいに急ぐ必要があります。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/10/07 08:40
  [ml-prosemip 409] 補:大谷(雅)ノートについて

>1)非競合性
>2)排除不能性

ですが、これを

>財の「事実的な性格」であると考えるのが普通です。

とするのは間違いではないのですが、
ときに、ここに既に規範的・当為的判断が入っている
(そのように考えざるをえない)
場合があると思います。

そのあたりの混乱というか曖昧さが
「いわゆる」公共経済学の問題の一つだと
思います。

これは、大谷さんの原稿にも見出されることですが、
玄人さんたち自身がこの水準で
議論しているというわけなので、
ここを整理しきれなくても無理からぬ
ところがあると思います。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/10/15 13:18
  [ml-prosemip 410] 本日欠席

今日の西川科研の研究会、
酒井さんの報告のときでも出るつもりだったのですが
本の関係の今日までの仕事が
どうにも終わらず、欠席させて
いただきます。(ということで
西川先生にもお伝えいただければと思います。)

明日のBAS研究会には出ます。

後藤さん、メイルの返事出してなくて
すみません。たぶん明日出します。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/10/18 12:51
  [ml-prosemip 411] 院生宛:本のこと等

著者よりいただいた以下の本

山根純佳 200408
『産む産まないは女の権利か──フェミニズムとリベラリズム』
勁草書房,208+11p. ISBN:4-326-65297-7 2520

こんどの日曜、学会のシンポジウムみたいなのに
出なくてはならない、ということもあり
読まねばと思うのですが、研究室にない、ような。
たぶんどこかに隠れているのだと思うのですが、
もし、どなたか借り出し中でしたら、しばらく私の方に
戻してもらえれば。

ちなみにこの本、もとは修士論文(社会学)です。

山根 純佳 2003 「リベラリズムの臨界──中絶の自己決定権をめぐって」
『思想』947(2003-3)

という論文もあります。
(『自由の平等』の文献表にもあがってます。)



山本さん、松田道雄の本のリクエストどうも。
http://www.arsvi.com/0w/mtdmco.htm
『定本 育児の百科』は私の研究室にあるはずです。
探しておきます。(学而館1階の可能性もないではない。)
もう1冊は注文します。



こんどの日曜、上記の学会で昭和大学。
翌月曜日、東大の先端研で会議。
川口さん、その会議のとき
福島智さん
http://www.arsvi.com/0w/fksmsts.htm
に、脳血流・脳波…の技術開発の件、話してみます。



土曜日の研究会、参加したみなさんごくろうさんでした。
飲み会の時、名前出てこなかったのは小澤勲さん
http://www.arsvi.com/0w1/ozwiso.htm
でした。



先週末は仕事が終わらずこまったもんでした。
いくらか楽になりました。
今週は、金曜日の予備演習に行きます。
あと、明日火曜は1日不在です。



研究ノート よろしく。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/10/20 13:28
  [ml-prosemip 413] 院生宛:研究ノート等

高田さん・樋澤さんの原稿に対してコメント送付
しました。
2人とも基本的にこれで行ってください(行くしかない)
という趣旨です。

他の人もよろしく。研究ノートについては外部審査はない
のですが、よりよいものがよいにはよいので。

北村さんの論文原稿についてはとりあえず
そのままで審査を受けてみてください。
どこか改善は求められるだろうと思います。しかしそれは
改善すればよいということでもあります。

今週金曜は11時に取材を一つ受けてから出るので
学校に着くのは昼過ぎになるのではないかと思います。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/10/20 15:08
  [ml-prosemip 414] 主に院生宛:図書館受入図書

図書館から入った図書の連絡が随時入ってきています。
それを
http://www.arsvi.com/0b/2004l.htm
に掲載することにしました。
御利用ください。

ちなみに既に入ったもの注文中のもの合わせて
現在約50万円、執行率50%です。

「公共」領域については基本的に全額院生に
選定をゆだねています。
とくに洋書は入るまでに時間がかかるので
早めに注文お願いします。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/10/21 18:46
  [ml-prosemip 415] 主に院生宛:本

研究費で注文したり、いただいたりした本を
http://www.arsvi.com/0b/r.htm
に掲載。着いたら、大部分は、しばらく後に、急ぐものは急いで
院生室に移動させるつもり。

http://www.arsvi.com/0b/2004l.htm
も追加あり。

両方とも
http://www.arsvi.com/0b/0.htm
から行けるようにもしました。

本の紹介(目次+α程度のものでも、詳しいものでも)のファイル
バイトで作ってくれる人常時募集。
多文化主義/ナショナリズム/・・
等など。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/10/22 00:49
  [ml-prosemip 416] 予定

http://www.arsvi.com/0u/0-2004p.htm
に後期の予定、とりあえず、掲載してみました。

本日(10/22金)
予備演習2(5・6時限、創思館304)
報告:村上・仲野

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/10/23 12:30
  [ml-prosemip 419] 松田道雄関係・等

昨日予備演習ご苦労さんでした。

cf.感情
http://www.arsvi.com/0e/emotion.htm



山本さん、松田道雄
http://www.arsvi.com/0w/mtdmco.htm
についての本1冊(上記ファイルには書誌情報なし)
私の研究室のテーブルの上に置いといたので
よろしかったらどうぞ。なお私は未見。



酒井さん、連絡先お知らせありがとうございました。
よい旅になりますよう。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/10/25 10:21
  [ml-prosemip 421] 合格者

立岩です。秋の入試の合格者は
「公共」12名、全部で15名でした。
(先週金曜発表)

まだ全員のアドレスを把握してませんが
いっしょに、あるいはわかったところから
このMLに登録してもらおうと思います。
北村さんに頼めばよいのでしたっけ。
違っていたら教えてください。

院生全体のMLにも、と思いますが
これは(こんど加入する人以外の)
だれかにはかる必要があるのだろうか。
私はないように思いますが。
こちらの管理は中倉さんだったように思いますが。

なお、実際には入学しないといった場合が
当然あるので、むろん脱退は自由、ということで。

私学で、大学院だけでやっている大学院という
事情も加わり、
数がますます多くなるので、いろいろ
工夫してやっていかないと、と
思ってます。では。

昨日から東京です。明日は教授会です。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/10/25 11:10
  [ml-prosemip 424] 祝・翻訳終了

齊藤拓さん(2003入院)による

Van Parijs,Phillip.,1995, Real freedom for all : what (if anything) can
justify capitalism? ,New York : Oxford University Press

の翻訳作業終了。訳稿を後藤さんと私、先週金曜に
いただきました。
むろんこまかなところで
これからなおしの仕事は必要と思いますが
しっかりした訳です。長い地道な作業
ごくろうさまでした。

翻訳権をもっている出版社(今年のはじめに問合せ
翻訳権がとれていること等を確認)には
連絡しました。おって返信がくると思います。

関心のある人で集まって読み合わせのようなことを
やるというのもよいかもしれません。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/10/25 11:47
  [ml-prosemip 425] RE:来週でした。

川口さん、来週(の金曜?)いらっしゃれるのでしたら
予備演習で報告しませんか。
たしか樋澤さん1人が決まってるだけのはず。
そのころには『現代思想』も出てますし
それをまんまで使えばよいのでは。

この号(11月号、特集:生存の争い)は、
大谷いづみさんの原稿も載るし、
小泉さんと私の対談も載るし、私の(できのよくない)原稿も
載るし、参加者には配布できるよう手配しましょう。

あと助成等いろいろおめでとうございます。
ますます仕事が増えますね。

どなたか川口さんとこがやっていることねたで
「研究」しませんか。論文の2つや3つ
すぐに書けますよ。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/10/26 20:34
  [ml-prosemip 429] 院生宛:研究ノート

松原編集委員長から関係者には
連絡がいくと思いますが、

昨日の期限までに提出された研究ノート
は受理され、基本的に掲載されることに
なりました。
ただ、公刊されるものでもありますから、
修正すべきところは修正した方がよいわけで
最終的な原稿(校正が済んだ段階のものに相当)
は11月末までということに。

編集委員会に送ったものと
私が受け取った最終のものが
相違する場合は、送ったものを
お送りください。

すこし時間をかけてみます。
また必要なら個別に相談する時間をもうけたいと
思います。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/10/27 08:58
  [ml-prosemip 431] 院生宛:11月8日

後藤さんと昨日教授会のおり話をし
そしていま連絡があり

11月8日(月)、後藤さんと私が
院生の報告を聞いて議論する機会をもちます。
午前はたぶん、岡さんに後藤さん個別指導
ということで、
午後、齊藤拓さんがOKということでこれで1人
もう1人ぐらい可能です。
希望者はこのMLに名乗り出てください。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/10/28 10:14
  [ml-prosemip 433] RE:現代思想

立岩です。大谷さんどうも。

>「現代思想」
http://www.arsvi.com/0m/gs200414.htm

くわしくはまた、ですが、
私の研究室入って右の床の上のダンボール箱
にたくさん入ってます。

ほしい人は
1)1000円払う
2)1時間働く
いずれかとひきかえにもっていってください。
名前を書いた紙を箱の中にでも入れといて
ください。

(教員で創思館3階にメイル・ボックスをおもちの方には
配達させていただきました。)

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/10/28 22:51
  [ml-prosemip 436] 院生宛:本移動

仲野さんなんかに手伝ってもらって
本の整理を続けていますが

まず一昨日、ALS関係の本、ファイル
『難病と在宅ケア』というマニアックな雑誌のバックナンバー等
を「公共」の部屋に移しました。

http://www.arsvi.com/0y/als-b2.htmが文献表。



その他、整理中。いまのところ、私の研究室
入って一番手前の左側の書架の4段分くらいが
翻訳もの(思想、社会科学系)。
著者名アルファベット順に、ある程度
並んでいます。

「公共」部屋にあるものもあり、どっちに統合しようか
思案中。また貸し出し(むろん現在も可)の方法も思案中。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/10/31 09:48
  [ml-prosemip 440] 主に院生宛:本購入

本をまとめて買ってます。
ここ1週間で160冊ほど。今回は和書だけ。
http://www.arsvi.com/0b/r.htm

なにか他に注文したらよい本を思いついたら、
やや外在的な理由もあり
(今月=今日まではbk1で注文、来月から三浦さんのHP経由でアマゾン
ということで→三浦さん)
今日、17時頃までに立岩まで教えてください。
(むろん、その後も本は買っていきますので、随時リクエストOK。)

科研費等で購入するものは基本的に本研究科の院生が
読むことを想定しており
(今回の注文分には来年入院予定者関連のものが含まれています)
ある程度、知識なりが院生に共有されることが望ましい
との考えもあります。

昨年度は西川科研でさまざま購入させていただきました。
今回購入したものものに西川科研に関わるものがいくらかあります。

急ぎで読みたい本がリストにあったら、連絡ください。
ものによりますがわりと早めに届けられるものもあります。


他方、図書館で購入してもらうもの
http://www.arsvi.com/0b/2004l.htm
は、むしろ、かえって個々の院生の研究主題に特化したものを注文
という使い分けもあるかと。
(分ける必要もあまりないのですが、予算配分的には。)
本研究科の図書を置くスペースの問題もありますし
また、マニアックな本は、図書館のデータベースによって
全学、全国のそれを必要とする(少数、かもしれない)人が
情報を得られ、利用できるという利点があると思います。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/11/04 13:56
  [ml-prosemip 443] 12/4について

立岩です。

12/04土 
http://www.arsvi.com/0u/0-2004p.htm
に教員同士で議論、という件で。

後藤→立岩
後藤→西川
立岩→後藤
立岩→西川
西川→後藤
西川→立岩

の6通りが考えられますが、西川先生は目の手術の後で
読むのがしんどいとのことなので、今回は
西川→後藤
西川→立岩
は、なしとすると、

後藤→立岩
後藤→西川
立岩→後藤
立岩→西川
が残ります。

★A 一つは、
後藤→西川
立岩→西川
というので、西川先生がやってこられた仕事について
2人がなにやら言って、議論するという企画。

こっちがよいかなと思い
http://www.arsvi.com/0e/m01.htm
といったファイルを作りかけたりしてます。
(ファイル増強のためのバイト募集)

西川科研の1回を兼ねるという位置づけも可能です。

★B 一つは
後藤→立岩
立岩→後藤
というものです。先日の
[ml-cefs 536]の後藤さんの文章を拝読して
なにか言えるかも、と思ったり。

広告もせねばならんので、早めに決めたいと思います。
(できれば、来週火曜の教授会に教員が集まるときまで。)
御意見がありましたらどうぞ。
参考にさせていただきます。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/11/04 23:02
  [ml-prosemip 446] 祈御健闘

>11月30日に生活保護専門委員会

一人の委員が委員会においてどれほどのものであるかは
知っていますが、御健闘祈ります。

私が最も尊敬する人の一人に高橋修さんという人がいるのですが(故人)
(彼も長く生活保護で暮らしていました)
http://www.arsvi.com/0w/tkhsosm.htm
その高橋さんたちが作った組織の会議がこないだあって
一橋出てそこ(立川市にある)の職員になった
(いまは別のところで働いてますが)蔵本さんという人が、
その委員会続けて傍聴してて、後藤さんのこと知ってました。
みな注視しています。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/11/05 00:22
  [ml-prosemip 447] 10年前の報告書

用がないかぎり自分のHPなんか見ないんですが
(だからリンク切れが多いのでもあろう)
前便で示したファイルからリンクされているのを
いくつか読んでしまい、10年前、千葉大学の3年生
と作った報告書の巻末座談会というのに
行き当たりました。私がしゃべっているのは
終わりの方です。
「俺は、要求水準高いですから、基本的に。…」以下、等。

http://www.arsvi.com/0b/94051723.htm

ずっとおんなじこと言ってるんだなと思いました。
しかし改める気はないです。
御参考まで。

この時の学生の4人(いつもは1人とか)が
大学院に行くことになりました。今ODなどしてます。
それがよかったのかどうか、そんなことは私はしらない。

ちなみに次の年(この2年間私は千葉大の助手をしていた)
の報告書は以下。
http://www.arsvi.com/0b/960229.htm

立岩


 
 
>TOP

◆◆2004/11/08 08:26
  [ml-prosemip 455] RE:【ご案内】イタリア社会

山本さん情報提供どうも。

>大阪市立大学創造都市研究科・連続シンポジウム2004・都市経済政策研究分野
>国際創造都市シンポジウム
>「創造都市ボローニャと社会的協同組合」
>パネリスト
>ロレンツォ・サンドリ・協同組合コーパップス理事長
>田中夏子・都留文科大学教授
>佐々木雅幸・大阪市立大学教授

その翌々日、以下のような企画が東京で。

http://www.arsvi.com/0d/kdr.htm

「障害者就労の未来を切り拓く全国会議学習会
11月15日(月)18:00〜20:30
BIZ新宿 新宿区立産業会館
東京都新宿区西新宿6−8−2 03−3344−3011
 この日は都留文科大の田中夏子さんをお招き、イタリア社会的協同組合が何た
るかを学ぶ学習会を開きます。わたしたちの共働事業所運動を日本に位置づかせ
るための……」

御参考まで。



本日、まとめて4人の報告を後藤、立岩が聞きます。
http://www.arsvi.com/0u/0-2004p.htm#1108

一部(斉藤報告と小林報告)順序が入れ替わっています。
とびいり参加歓迎。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/11/11 11:13
  [ml-prosemip 457] 院生宛:アドレス伺い

立岩です。現在
2005年入院予定者のMLへの登録作業中。

15名のうち、把握できているのは12名。
公共では11名中、10名。

公共でまだわからないのはこないだの予備演習にも来てくださっていた
*****さん(すいません漢字がでません)
です。大村さん、とか、どなたかおわかりでしたら
すみませんが、このML宛てでなく、立岩宛て
お願いいたします。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/11/15 08:36
  [ml-prosemip 459] 院生宛:

山本さん

『国家・コーポラティズム・社会運動―制度と集合行動の比較政治学』
入荷。研究室のテーブルの上に置いたのでもっていってください。



樋澤さん

法哲学会大会で瀬戸山晃一さんに会いました。
(対面したのははじめて。)
http://www.arsvi.com/0w/stymkuic.htm
パターナリズムの研究している院生がいて
瀬戸山さんの論文読んでて、そのうち質問させていただく
というようなことがあるかも、と申し上げました。
歓迎、とのことです。



斉藤さん。OKです。

同じ会場で出版社の人と会いました。行き違いがあったようで
(というよりたぶん私の情報の誤伝達)
(もう訳がほぼ終わった)別の本だと思ってたのでした。
最初聞いたとき、顔面蒼白、奈落の底に..的でしたが、
(その場=懇親会会場で)コンピュータ開いて確認してみたら
斉藤さんが訳した本の方はだいじょうぶ、ということで
結局はめでたし、めでたしでした。



みなさん

バイトして稼いでください。
前払いOKです。



小川(浩)さん

いつにしましょうか。

私は火曜から水曜、東京の予定で、この2日は無理かな。
今日は午後学校に行きますが。



田島さん

その火曜、18時から21時に立川の組織の理事会があります。
就労の部門の責任者の報告、議論があります。
またその人は以前から私と話をしたいとも言ってて、
会議のあと、話をするかもしれません。
傍聴は可能と思いますが、どうします。



拙著、アマゾンで3日以内で届くようになりました。
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2004b2.htm



仲野さん

登録作業終えたら連絡ください。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/11/15 10:03
  [ml-prosemip 460] 院生宛:追加

立岩です。



大谷(い)さん

連絡はしてあります。返信はいまのところなし。



小川(浩)さん

金曜13時から14時30分、斉藤さんの原稿をみますが
その前後、とかはいかが?



みなさん

というわけで、斉藤さんの訳稿の検討会第2回
今週金曜13時から14時30分、

場所は、たぶん、後藤さんの科目・予備演習の場所と同じ教室



みなさん

院生室か研究室に入る本
http://www.arsvi.com/0b/r.htm
図書館に入った本
http://www.arsvi.com/0b/2004l.htm

図書館にリクエストした本で、既にどこかにあるために
購入しないことになった本もあります。知らせは受けていますが
紙媒体であることもあり、いちいち報告しません。



みなさん

予備論文作成の最終段階に入ってきました。
もうそろそろ大きななおしは不可能になります。

一人一人の院生に近況伺い、はしません。
各自が教員に連絡をとり、論文提出に向けて
もっともよい力の使い方をしてください。



みなさん

研究ノート提出予定者についても同様。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/11/15 11:33
  [ml-prosemip 461] 新規加入(者のみなさんへ)

教員の立岩です。

秋の入試で合格され、一次手続きをすまされた
(15名のうち「公共」領域を(とりあえず)選択された)
11名の方(全員)にこのMLに入っていただきました。

このML(メイリング・リスト)は
もともと?はプロジェクト予備演習1・2(1年次後期と2年次前期、
ちなみに3は2年次後期で専任教員担当)
のためのMLで、「公共」領域の院生、専任教員、予備演習を
担当していただいている先生、+諸般の事情で(いままでは?)
入学はしなかった若干名の方、がメンバーになっています。
それから「公共」領域以外の院生も、けっこう何人も入っています。

とくに自己紹介などを求めることはしませんし、
また、4月の入学までは、こちらの方から、積極的に、
新規参加者の名前・アドレスの一覧など
知らせることもしません。

ただ、よろしければ、関心ある領域などを知らせていただけると
関連する情報などこのMLで得られるということもありますので
そのようにお使いください。

あと既にいる院生については
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/g/index.htm
に若干の情報がありまので、ご覧ください
(在院生のみなさん、HPまだの人よろしく。ワード等のファイルさえあれば
作るのは別の人にやってもらえるので、よろしく。)



立岩発のメイルのパックナンバーは
http://www.arsvi.com/ml/0.htm
からご覧になれます。
トップ
http://www.arsvi.com
からですと、「立岩発eMAILs」からです。

過去ログがぜんぶどこかで見られるとよいのかもしれませんが
今のところ、私が出したものが、私のHPにあるだけです。
ただ、みなさんの中で、そこに載せてもよいというメイルがあれば
喜んで載せさせていただきます。

ではこれから、よろしくお願いいたします。



(来年度入学予定の)大谷(通)さん*

関連する本を何冊か買って、私の研究室におきました。
まだすこし増えます。なにかついでがありましたら
よろしかったら、借りていってください。

*これでこのML加入の大谷さんは3人になります。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/11/15 20:31
  [ml-prosemip 464] RE:田島さん宛のメールが届

教員の立岩です。

宛名が
[略]
になっていて、件名の最初が
[ml-prosemip 463]
といったぐあいになっているメイルは
メイリング・リストに送信されたメイルで
メンバー全員に配信されています。

メイリングリストに送信したい場合は
宛名を確認するとよいです。
メイリングリストに配信されたメイルに
普通に返信しても、メイリングリスト宛に
なるはずですが。

それより個人宛に出したくて間違えて
メイリングリストに配信されてしまうことの方が
困ったことになりうるので
ご注意。

さて後藤さん(教員)の「田島さま」というメイルは、
主には田島さんへの返信ではありますが
まず、共有されてよい内容であるということで
次に、田島さんの質問メイル自体が
後藤さん宛ての質問ではありましたが
メイリングリストに発信された「公開質問」?
でもあったために、
後藤さんもメイリングリストで答えたということです。

以上、解説でした。

伊藤さん、御配慮ありがとうごさいました。
今後ともどうかよろしく。
関心ある領域、テーマなど知らせていただければ
ありがたいです。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/11/18 21:12
  [ml-prosemip 470] 12/17についてお伺い

立岩です。

全体のMLにも告知しますが、以下のような企画があります。
急な変更があったのか、たんに私が確認を怠ったのか、
12月17日(金)がP予備演習に重なります。

私が把握している限りでは、

大谷雅人/大谷いづみ 両氏がこの日、予備演習で報告なのですが

1月7日(金)に代わっていただければ、その日も下記の催しのある日ですが
時間的には重ならず、また、この日はまだ報告者が決まっておらず、
かつ、予備演習を行なうべき日なので、問題はないのですが、
いかがでしょう?
とくにお勤めのある大谷さん、なんとかなりますでしょうか?
(12月3日の報告予定者と代わるという方法もあります。)

だいじょうぶであれば、この日の予備演習は以下の催しへの参加とし、
予備演習担当の教員の方は、もし御関心があったら、
御自由においでください、
ということにいたしたく思います。

──以下──

先端総合学術研究科
知の潮流を創る パート4「新たな研究者のあり方を求めて」

特別公開講義:「アメリカは世界に何をもたらすのか」

第一回:過去から
日時:2004年12月8日(水)16 :30〜18 :00
場所:清心館527
「アメリカ合衆国と世界―歴史的考察」西崎文子(成蹊大学教授)
司会:渡辺公三(立命館大学先端総合学術研究科教授)

第二回:現在
日時:2004年12月17日(金)16 :30〜18 :00
場所:末川記念会館ホール
「帝国的ナショナリズム」大澤真幸(京都大学助教授)  
司会:立岩真也(立命館大学先端総合学術研究科教授)
                       
第三回:未来へ
日時:2005年1月7日(金)10 :40〜12 :10
場所:創思館カンファレンスルーム
「アジアダイナミズムと21世紀の日米関係」
寺島実郎(三井物産戦略研究所長、日本総合研究所理事長)
司会:後藤玲子(立命館大学先端総合学術研究科教授)

──以上──

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/11/18 23:15
  [ml-prosemip 473] 12/4予告1

12/4(土)午後(場所、時間詳細未定)のP演習(その他)は
後藤さんと立岩の対論、に西川先生に加わっていただくという
かたちでやろという方向で、3人で話しています。

大学院が始まる前年度に、後藤・西川という組み合わせのイベントがあり、
私は両氏の間でへらへらしていたのですが、
こんどは上記のようなかたちで。

私は、後藤さんに聞きたいことを聞くという感じで行こうと。
拙著『自由の平等』
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2004b1.htm
は、院生に買って、あるいは労働と引き換えに
引き取ってもらっているので、使っていただいても。

こまかなことが決まったら、全体のMLにも流します。



小泉・立岩対談等が載った『現代思想』
http://www.arsvi.com/0m/gs200414.htm
まだあります。よろしかったらどうぞ。



坂下さん、報告予告ありがとうございました。



大谷(雅)さん、予定について、ありがとうございました。



田島さん、立川でのこと(11時まで会議してました)
はまた、いずれ(というほど、知らせるべきことがあるわけでも
ないのですが)。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/11/19 00:47
  [ml-prosemip 474] 本

買った本
http://www.arsvi.com/0b/r.htm

今日(金曜)またいくらか運んで
▼▲の印のあるもの研究室に置きます。
使ってください。

なお上記ファイルは
http://www.arsvi.com
から「本」→「新刊・紹介された本」→
【研究室・院生室】
と辿ると行けます。



図書館に入った本
http://www.arsvi.com/0b/2004l.htm

まだ予算かなり残ってるようです。
はやめのリクエストお願いします。



別件。小林さん、この研究科から
全学の会議に出てる教員は、助手の件
私がこないだ言った線で考えてるみたいで
楽観的です。情勢分析に間違いあったら
会ったときに教えてください。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/11/19 08:07
  [ml-prosemip 478] RE:12/17につて

大谷(い)さんどうも。

12/3が樋口、吉村さんです。
吉村さんは今年度予備論文を出す予定ってことで
この日にやった方がよいと思いますが、

樋口さんは、12/17でもよいかもしれない。

とすると、
1)樋口さん、いかが?
2)大谷(い)さん、1/7でもいいですか?



助手の件は不透明な展開ですが、
予算実質削減が事実であれば
私は反対します。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2004/11/19 08:22
  [ml-prosemip 479] 本・続

『精神医療論争史──わが国における「社会復帰」論争批判』
http://www.arsvi.com/b2000/0010ah.htm

これに精神障害の人の作業療法についての記述あり
あっさりしていてものたりなくはありますが
田島さん、とか使えるかも。樋澤さんもいちおうそのうち
目を通しておいてよいかも。



大谷(い)さんが取り組んでいる太田典礼については
http://www.arsvi.com/0w/oottnri.htm

今度の『ALS』にも出てくるので、上掲ファイル
そのうち増やしておきます。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/11/19 09:52
  [ml-prosemip 483] RE:先生方へ切羽詰った

助手の件、私は

1)総額は基本的に変えない
2)1人あたりの額は減らし人数を多くする
3)配分は定員でなく実人数を基準にする

という方向であるとして、それを受け入れてよい
と考えてきました。が、そうでないとすると
受け入れられないので、まず、教員のMLにその旨
言います。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2004/11/19 10:16
  [ml-prosemip 484] いくつか

助手の件、いま教員のMLにさきほどの内容で
メイルしました。(小林さんから話うかがった後の
教授会で質問し、私の了解と違わないという回答
だったので、そのときはそれ以上議論はしませんでした。)

12/17の件、現在大谷(い)さんに
打診、調整中。御迷惑かけすみません。

現在研究室にいます。
本1箱、運びいれました。
犯罪(被害者)・逸脱論・修復的司法関連、
アフリカ関係すこし増えました。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2004/11/19 12:19
  [ml-prosemip 485] RE:いくつか

大谷(い)さんの報告

> 原稿のなかみを詰めるのは12月中旬にやる
> MLで情報流して来たい人がなるたけ来れるように
> する、
>
> 1月7日はできたものの「おひろめ」みたいな感じで

(以上わたし発のメイルの一部)
という線でとりあえず行こうということになりました。

上記の12月中旬の集まりについては、調整のうえ
またMLにお知らせいたします。

大谷さんはじめみなさまに御迷惑かけ
もうしわけありませんでした。



関連して山本さんの松田道雄論
HPアップ、いかがでしょう。御検討ください。
松田については、cf.
http://www.arsvi.com/0w/mtdmco.htm

立岩


 
 
>TOP

◆◆2004/11/22 10:19
  [ml-prosemip 489] 主に院生宛:

立岩です。

北本、小林、高田、竹中、仲野、橋口の諸氏
および来年入学(入院)予定のお2人方に
(いずれもごく短い、返信の)メイル出したところ。
他にメイル出したけど、という方いたら
どうぞ。

ただ、私、これから出て、東京行って、
明日の夜戻ってきます。
その間音信不通です。

水曜には学校に行く予定です。

予備論文の人、よろしく。

研究ノートの人、仕上げ、よろしく。
(水曜ころまでには送ってください。)

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/11/27 12:51
  [ml-prosemip 492] 院生宛:

現在『コア・エシックス』に投稿された研究ノートの訂正版、
4つ送られたきたうちの3本目を添削、発送中。
(締切りは来週月曜。)

(大谷(雅)さん、原稿は読んでますが、コメントは
これから。いましばらく。)

公刊されるものでもあり、ある程度の質のものである
必要のあるものについてはある程度の
なおしを求めざるをえません。大きななおしは
締切直前には事実上不可能になります。

したがって、構成、主張したい命題などについては
まだ余裕のあるうちに報告、相談などし、
さらに、表現の訂正、改善などはその後に
再度、という手順が、多くの場合に必要です。
表記の誤りなどについては同輩の院生に見てもらい
助言してもらうことも有効でしょう。

博士予備論文は予備論文として
かつての修士論文のように重視することはしない
それなりの水準のものを要求することはしない
つもりですが、それでも、
ということはあります。

よろしく。

なお、これから大学院の説明会のために
大阪に行って、戻ってきて、
各自にメイル出すのはそれからになります。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/11/30 21:19
  [ml-prosemip 496] うけてます

立岩です。酒井さん

>ニューヨーク報告2

ありがとうございます。私、および周辺では
たいへん評判いいです。またよろしくお願い
します。きっと誰かが、感想とか、これから
ここに書くと思います。..

(→酒井様:**の***絡みでそのうち
依頼があるかもしれません。暴力のなんとか
いうテーマで、来年度連続講座みたいなのを
企画しているとかで、依頼電話があって、
聞くと『暴力の哲学』読んでないので困った
もんでした。)



関係ないことで、院生のどなたか。

[ml-cefs 623]
私のところに着いてません。(原因不明。
消してしまった記憶もないのだが。)
私あて送っていただければありがたいです。
(多分私が出したメイルのはずですが。)

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/11/30 21:58
  [ml-prosemip 497] 村上さんによる文献紹介・他

立岩です。

> [ml-cefs 623]

送っていただきました。どうも。



村上さん作成、北村さん加工のファイル掲載。

「恐怖のリベラリズム」
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/db1980/8900sj.htm
『歴史とトラウマ――記憶と忘却のメカニズム』
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/db2000/0003sm.htm
村上 潔
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/g/mk01.htm

他のファイルといっしょに近々
[ml-cefs]でも紹介します。

村上さん、北村さん、どうも。

文献紹介(等)バイト常時募集。



図書館から本をはやく注文するようにという再々
の連絡です。よろしく。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/12/01 21:29
  [ml-prosemip 500] >橋口さん・他

ここしばらくの間に、予備論文・研究ノート(等)で私が話をした・
聞いた人、予備演習の発表者を除けば、短時間の人もふくめ、
大谷(雅)、小川、川口、北村、小林、斉藤、高田、仲野、橋口、
樋澤、三浦、といったところ。
今週土曜(未確定)は竹中、来週月曜は山本。

一人一人に御用聞きしてまわる余裕はないので、各人において
よろしく。



幾度か言いましたが、私は、とくにさしさわりのある場合を除き
ML上で、個々の草稿や構想について何か言うことがあります。

さて

>橋口さん

予備論文構想どうも。
おもしろいテーマで
けっこういける話になるかも、と思います。

ただ、例えば、「国家による動員」「国民を動員」
というものの言い方がどういうふうに言えるか、ですね。

言葉通りの意味に使っているとすると、証拠がいる、
すくなくとも傍証があった方がよい。

あるいは、存在するのは、
AがBを〇〇にする「意図」があったとまでは言えず
Bが〇〇になったことによって、Aが結果的に得した、という
ような事態なのか。

さらに意図してのことであるにせよ、結果としてであるのにせよ
「得した」といったことがどのように言えるのか。

そのあたりをすこし考えておく必要があります。

>もうひとつ橋口さん

4日ですが、**氏の一件で午後いっぱい忙しくなりそうですか。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/12/03 12:16
  [ml-prosemip 503] 13時より

本日13時、斉藤さんの訳稿の検討会
第3回。cf.
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/d/b03.htm
創始館・後藤さんの科目&P予備演習の部屋

私メイルボックスが
(前に整理してたら5日くらいしかたってなかったのに)
いっぱいになっていてたらしく、昨日夜9時すぎら
今朝朝9時まで、メイル受け取れませんでした。
必要でしたら、すみませんが、
再送お願いします。

>石原さん 追いこみがんぱってください。
あと次々週は大澤真幸氏の講演なので
(強く)彼の話を聞きたかったら、どうぞ
ということで。(これは重森さんも同様。)

これから学校に行きます。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/11/03 20:53
  [ml-prosemip 505] 予備演習続き

立岩です。終わって樋口さんとすこし
話しました。

一般論として今日述べたことに補足すると
多くの人は、2つぐらい
できることがあるとよいです。

今どき、この道一筋で雇ってくれるところが
あればめでたしですが、なかなか
そうもいかないことが多い。
これもできるし、あれもできるということが
あるとよいです。そしてそのうちの一つは
必ずしも乗り気になれないものでもかまわない。
ずっとそれでもかまわないし、しかし
それなりにおもしくなることもある。
私の主題は何か?、と思うと
深刻な話になるのですが、必然性なんて
どうでもいいわけで、やって結果として
おもしろければそれでいいのです。
そんなふうに、(私が助手で勤めていた大学で)
学部生で、偶然ある主題に入ってしまい
はまって、それからいい仕事をしている人を
知っています。
かるい気持ちで(むろんある程度興味をもてそうなもので
あればそれはよい)何か調べてみること。
そして、結果としてやはりつまらなければ、捨てればよい。
そして、もう一つ、その調べる相手を好きになる必要もない
ということ。

で、終わった後の立ち話で、精神障害者のことに
興味がある(なくはない)とのこと。

今日の吉村さんの報告でも言及されていましたが
吉田おさみ
http://www.arsvi.com/0w/ysdosm.htm
について
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2002011.htm
にすこし紹介。
(ここに橋口さんの論文にも登場する小沢牧子も出てきます。)
この続きは
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2003001.htm

http://www.arsvi.com/0d/zss.htm
という「札付き」「鼻つまみ」の(極小の)組織があり
上記の吉田はそこに関わっていたのですが、
そういう部分はさしあたり迂回するとしても
書かれていないのです。このあたり。
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2002077.htm

樋口さん、また話します。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/11/03 22:37
  [ml-prosemip 507] コーネル

樋口さんの報告で言及された
Cornell, Drucillaについては
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/dw/cornell.htm

私が書いたメモにもリンクされています。

また、きっと誰にも読まれてないところだと思いますが、
拙著『自由の平等』
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2004b1.htm
第6章、267頁以降でもコーネルに言及しています。

また、その後出た本として
山根 純佳 200408
『産む産まないは女の権利か──フェミニズムとリベラリズム』
勁草書房,208+11p. ISBN:4-326-65297-7 2520
http://www.arsvi.com/0w/ymnsmk.htm
の第3章でもコーネルは言及されています。
(ちなみにこの本では、R.ドゥオーキン
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/dw/dworkinr.htm
等もついても(批判的に)論じられています。)

コーネルは、やはり
フェミニズムそして/あるいはリベラリズム
に関心のある人が読むといいんだと思う。
自己・自我論として、それほど素晴らしいことが
言えていると私には思えません。

ちなみに上記の山根さんは
日本社会学会の大会での
報告原稿を送っていただき
それをHPに掲載しました。
(こうして人は、人や人が書いたものを知るわけで
みなさん、HPよろしく。)
以前も書いたような気がしますが
その本は修士論文がベースになっています。
興味のある方がいれば貸します。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/12/03 23:18
  [ml-prosemip 508] 院生宛:追加

>竹中様

後藤さんからのメイル行ってますよね。
明日午前11時ということで。

1昨日だか私から出したメイルが戻ってきたので
いちおう確認。

もし連絡通ってなくて、キャンセルなら
今日帰りに突然止まってしまったバイク
を修理に出して、午後学校に行きます。

立岩宛メイルください。

>大谷(い)様

その(レアな)資料が入っている
(1987年ぐらいにコピーした)
A4のファイル、私の研究室のテーブルの上に置きました。
もっていってください。

>大谷(い)+みなさま

院生全体のMLにも流しますが
死ぬ関係の本、
http://www.arsvi.com/0p/d01.htm
D院生室に運んでもらいました。
仲野さんどうも。



図書館にはいる本、急いで注文よろしく。
2005年入院予定者の方もOKです。
いまから買っといてもらって
入ってすぐ(入る前からでも)勉強しましょう。

なお最近入ったものは
http://www.arsvi.com/0b/2004l.htm

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/12/04 00:12
  [ml-prosemip 509] 4日

立岩です。今日はこれで終わりです。

明日(今日)話すことを少し考えていて、昨年の
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2003073.htm
をすこし読み返してみたりしました。



次に『自由の平等』からの引用

「自分がその身体に何を有しているかにかかわらず選んだものを得られるなら、資源・
能力の問題がなくなるとまでは──決定できることもまた能力の一部ではあるから──
言えないとしても、小さくはなる。多く考えられてきたのは生産、生産に至る場面であ
るのに対して、例えばセンがケイパビリティと言うときには、何が得られるか、何を要
するかという取得の場面に焦点が当てられている。決めるだけでよいということになる
のは解放的である★02。センのしごく当然の提案が支持されるのも、彼がそのことを
言っているからである。一人一人の状態は異なるのだから、端的に人の状態に応じて異
なった手段が与えられるべきだとなる。それは私たちの立場により近い。」(p.251)

「★02このことについては[1998b→2000g:108-109]に記した。できないこと(障
害・disability)がある人たちの主張とセンの主張はうまく接合する。というより、
その人たちはかねてからその主張をしてきていた、センの理論はそのお墨付きとして価
値があったということだ。とするとその理論は、既に言われているもっともなことを言
う以上のものであるのか、ありうるかが問われることになる。私たちは、その「理論」
が現在の状況で(状況にもかかわらず)なぜ一定の支持を受けるのかを(「知識社会
学」的に)考えた方がよいのかもしれない。二〇〇三年の講演(Sen[2003])につい
て[2003g]。」(p.339)

「しごく当然の」、「お墨付き」、「既に言われているもっともなこと」
というように前からずっと思っていて、なのに不思議、
という感覚がずっとあって、なくなりません。
明日(今日)このことも聞いてみようと思います。

4日・土曜・午後2時から
創思館401・402です。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/12/07 09:21
  [ml-prosemip 530] 院生宛:12/9東京

立岩です。12/9(木)東京に行きます。
12/10(金)午前が収録の仕事でそのあと
編集者に会って帰ります。
12/9(木)は夜着くつもりで仕事は
入っていません。東京方面の人で、研究について
相談のある人、時間とることできます。
また受験を考えている人にも会うことができます。
場所は青山(銀座線・青山1丁目)。
希望される方は立岩までメイルください。

樋澤さんのメイルには別便にて。では。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/12/05 11:12
  [ml-prosemip 516] 昨日は

後藤さん、西川先生、参加者のみなさん、
ごくろうさんでした。
2時から「とさや」11時解散まで、かれこれ
9時間しゃべっていたわけでした。
ただこういうものは聞いている方が疲れる
かもしれません。とくに初めての方は
ちんぷんかんぷんだったかもしれませんが、
これは初めだったからのことで、実際には
そう難しいことを話していたわけではなく
そのうち、わかると思います。

昨夜読み返してみたのですが、私が昨日述べたことは
その述べたことの位置づけ、意味合いも含め
『自由の平等』
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2004b1.htm
第4章・第5章にほぼすべて書かれていて
その記述と立場とは基本的に維持されるべきだろうと
考えます。たぶん、来年の私の担当科目でも
使うと思いますので、今のうちに入手したい
という方にはお送りします。2割引2600円か
(未来の)労働約3時間とひきかえです。

あとMDに録音したので、聞くことはできます。
(聞きとおすのにはかなりの忍耐力がいると思いますが。)

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/12/06 07:53
  [ml-prosemip 519] 山本譲司・本日

以下、いま着いたメイルの転載。
研究主題に関係する人がいるので。

立岩

−−以下−−

「障害のある受刑者の処遇の現実及び社会復帰後の施策のあるべき姿」
〜山本譲司氏(元衆議院議員・『獄窓記』著者)講演会のご案内〜

 山本譲司氏は元衆議院議員で、2002年9月、刑事事件により実刑判決を
受け、その後、現在は東京都内の障害者福祉施設にて、有償ボランティアとし
て活動に従事する傍ら、講演活動で全国を駆け回っておられます。
山本氏は服役中、障害のある受刑者の介助を行う「指導補助」を担当し、刑
務所における障害のある人の処遇の現実を身をもって体験し、障害のある人に
対する社会復帰後のあるべき施策についても鋭い問題意識を有しているとこ
ろ、山本氏の講演を実現することが有意義と考え、本講演会を企画しました
(なお山本氏は本年、著作『獄窓記』において、新潮ドキュメント賞を受賞さ
れております。)。
 刑務所内での処遇の現実、さらには障害のある人に対する施策のあるべき姿
について、山本氏の鋭い問題意識を知ることのできる大変貴重な機会ですの
で、奮ってご参加下さるようお願い致します。

日時:12月6日(月)午後6時20分から午後8時20分まで

場所:大阪市中央公会堂(中之島公会堂)3階「小集会室」
地下鉄・京阪「淀屋橋駅」下車

参加費:無料(※事前申込不要)

お問い合わせ:大阪弁護士会 委員会担当室(西田)TEL 06-6364-1227
主催者ホームページ
http://www.osakaben.or.jp/main/info/2004/2004_1118.html


 
 
>TOP

◆◆2004/12/06 23:24
  [ml-prosemip 525] 労働のこと・メモ

立岩です。

★ 後藤さん。提案、教示、感謝。提案について、おおいに賛成。
教えてほしいところとか、気になっているところとか、このML
にまたメイルします。


★ 幾人か、返信出してない院生います。これから書きます。
すみません。

★ 本日(月曜)は、13時から18時半まで、山本さん、橋口さんと
予備論文の話しました。

 山本さんの論についてはまた、書けたら書きます。話したことを
繰り返すと「革新自治体」が実際、何をどこまでできたのか、また
できなかったのか、それにはどんな要因があると考えられるのか、
そこのところを調べてみるとおもしろいだろうということです。

 帰り、大学からバイク置き場(バイクなおりました)に行く間に、
橋口さんの話はけっこうおもしろい話になるかもしれない、と
思いました。
 以前「労働本」をみんなで書こうと提案しましたが、ひとまず、
これ1つでも(わりと)小さい本なら行けるかもしれない。
 橋口さん、共著かなんかで1冊書きますか?
 以下、メモ。

◇「したいこと」の機能について

 1)したいことをしている(とその人が言うなら)、ならけっこう
 →おわり
 2)したいことがない(から仕事をしていない)、なら仕方ない
 →おわり
 これは、<放置>にとって都合がよい。好きでやってるならその仕事
を(そのままの条件)でしてればよい。好きで(好きなことがなくて)
仕事していないから、失業してればよい。

 しかし、それも、(ある人たちは)困る場合がある。
 (以上が、つまりは市場そのままでOK、そこに生ずることに文句を
言うなという古典的自由主義ののり(に適合的な話)だとすれば、以下は、
より積極的に、労働の(ある部分の)方に導こうとする流れ。
 (そして間違えてならないのは、私たちの社会には、双方が同時に
存在するのだということ。)
 たんに放置しているというのでは都合がよくない場合
 また、とうの若者たちが、上記のような線で行ってくれずに、都合の
わるい方に、「したいこと」を使ってしまう場合。
 どんな場合か&そうした場合にどうするか。

 3)したいことがないと言って、いつまでもしない人がいる→
 「仕事ってものは、やりたいことをやるというようなもんじゃないのだ」
 →なんでもいいから仕事をしろ
 (もう一つには「したいこと」を「私的なこと」とし、「公(益)」
 をもってくるという線があるか。)

 4)したいことをやっていると言って、自足している人がいる→
 &上と同じに、したいことがないと言って、いつまでもしない人がいる→
 「お前のやりたいことはこんなことなのか、もっと本当に
 やりたいことがあるはずだ」
 →もっと難しい仕事をしろ、「チャレンジ」しろ

 ここでは3):(人がしたがらない、条件のよくない)仕事をさせておく
 4):より高度なところに向けて人を仕向ける
 両方が ある部分の人は3)、ある部分の人は4)というように
 分けながら、人を一定のところに仕向ける、方向に働く

 +実際の就職面接等では
 「したいこと」は、こうしたあたりの「バランス感覚」を測定する
 手段としても使われる。
 「あなたが(この会社で)したいことは何か?」という問いに
 対する答は、その人がこの会社について何を知っているか(知っている
 ほどまじめにこの会社への就職を考えているか)を測るのに
 有用であり、また
 一方であまり夢みたいことを言うような人は、除外される
 他方で、まったく夢も希望もないような人は、除外される

 しかも、3)4)を言う場合でも
 1)2)の<放置>の機能は依然として失われていない
 1)2)3)4)が組み合わされ、同時に作用する。
 これは(ある人たちにとって)都合がよい。

 そしてここでの「みそ」は、それを本人が引き受けてしまうこと。
 例えば
 その人自身が自発的に、「国家のお世話」になることをよしとせず
 また、そういう「お世話」になっている他人を否定的に捉える

 さて、枠組みとして、こんなことが言えるとして。
 まず、こうした言葉、主張がどこにどのように現われているかを拾い
 集める。
 そうすると、実際に、実際の社会にこうした言説が、今、より多く現われる
 ようになっている、と言えるか。どう使い分けられているかを言えるか。

(そして、むろん、現在の就労支援は、たんに「やりたいこと」を
 巡って行なわれているわけではない。実際に「技能」の習得なんかを
 目指す(ことを支援する)。
 このルートに乗る人について。(ここではしたいことは具体的でない
 にせよ「やる気」があることは前提になっている)
 もちろん乗ったからといって
 どうかなるわけではない。依然として仕事がない人は当然いる。
 この時、「したいこと」言説はどう作用するか?)

 さて、この「したいこと」(をめぐる複数の)言説はかなり
 打たれ強い。このことはわかっておく必要がある。

 A)したいことと(できること)しなけりゃいけないこととは
  常に一致するとは限らない。したくなくてもしなくてはならない
  仕事はある。これはもっとも 〜3)
 そして
 B)どうせ仕事するならしたいことをしたい
 というそもそもの「したいこと」の思いもまた否定できない
 (否定すべきでない)と思われる。

 なら仕方がないではないか、よいではないか
 というものいいに窮することなく、きちんと答えられる必要がある。

 私ならどう答えるか?
 A)もB)もそのとおり、ごもっとも。と言った上で
 問題は、このこと自体にはない、問題は「使い分け」にある
 とする。
 仕方なく仕事する人/そうでない仕事をする人/仕事のない人
 という仕分をし、それを当然のこととすることにあるとする

 3)a食うためには食うものを作らねばならない
 仕方がない仕事もある、というそれ自体は否定できない言い方で
 bある部分の人たちが辛い仕事に就き、文句を言わないことを
 仕方ないこととする。
 しかし前段aと後段bは異なる。
 仕方のない仕事にどう対するかについては
 以前にもMLで知らせたことがあるが、ウォルツァーの議論が
 参考になる。
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/db1980/8300wm.htm
 →辛い仕事だから対価をきちんと払うというやり方もあるし
 そういう仕事をみなが担うようにするというやり方もある。

 4)したいこと(だけできるわけではないが、それでもしたいこと)
 をしたい。これももっとも。
 問題は(とくにこうした言説が流布し、さらにどういう仕事がしたい
 (と思うにふさわしい)仕事であるかが限定されることによって)
 過当競争が生ずる、特定の方向にドライブがかかる
 →したいことをある人たちがしたいだけするとなると、常にしたい
 ことをできない人が残る
 とすれば、辛い仕事と同じく、したい仕事についても分割を
 考えればよい。

 このような立ち位置から見た場合、どうなるか。

 A)B)というもっともな部分を用いながら、
 人を振り分けている。そしてその振り分けを
 人の「心理」の方にもっていくことによって、その人に
 発することであるかのようにさせている。

(基本的には、「心理主義化」という文脈の話ではあるが、「社会的な
要因で生じている問題が、個人の心理に発するとされている、それが
よくない」という図式で言われることより、ここで起こっていることは
もう少し複雑。)

 すべきことは、そんなことではなく、したい仕事/したくない仕事
 双方の仕事の分割、分配のされ方(等)である。

 というような筋を考えてみた。
 さらに以上の「希望・意志」と「能力」の問題とを組み合わせて
 考えてみるとどうなるか。等。

 「アウトノミア」とか「ダメ連」とかいいこと言ったよな、と
思いつつ、もうすこし話を前に進めてみよう、という感じで何を
言えるか。

 そして(私はほとんどまったく読んでないですが)「近頃の若者」
の労働について(例えば私と同世代くらいの人たちによって)
語られていることが、事実の指摘としてはおおむね当たっているんだろう
と思いつつ、なんか違うのではないか、という感じ(が、もし
当たっているのだとすればそれ)を言うこと。
 その人たちは今、多くの人に仕事がなかったり、「正規雇用」でなかったり
ということが、社会的要因によるものだとまずは正当に指摘するのだが、しかし
結局、「若者」に仕事に対する心がまえだとかそんなものを知らせて
まわるという位置に立ってしまっているのではないか。それより、ここは
もっと冷たく、そんなことしても無駄だ、と言い切った方がよいように
私には思われる。

 「若者」をもちあげる気もなく、しかし、けなそうとも思わない
という地点から考えること。

 希望(したいこと)と能力(できること)との関係はどうなっているのか?
 したいことはできること、なんていうふうに単純に思っているはずはない。
 ならば、いまこの社会で起こっていることは
 (したくても)できない→雇われないということであって、
 したいとかしたくないとかあまり関係ないじゃないかと思う
 はずであるように思われるのだが…。
 ここらあたりがどういう仕掛けになっているのか。
 明々白々に頭が動かないとかだとある意味単純だが、
 そうでなければその差はそうはっきりはしていない。
 学力→学歴→… といったお話がどの程度信じられているのか。
 少なくとも、ものがたりとしては、そういうルートでない
 「成功の仕方」のようなものがあるとは思われていて、
 (思われるようになっていて)そのことがどう関係しているか。
 そうした仕事の多くは、希少であるから成立している(=多くの人が
 就けるような仕事では本来ない)ということを(どっかでわかっていつつ)
 無視している(しようとしている)のではないか。
 するとある種、やる気次第でなんとか、みたいな(多く実際には
 挫折する)願望が、願望のまま存続する。(そして願望が願望のまま
 存続する=なんとか暮らしてはいける(例えば親がとりあえず金
 もっているといった)物質的諸条件がとりあえずこの
 社会にはある)ということ…。

 「ベーシックインカム」
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/d/b03.htm
 なんかを、「それっていいんじゃない」と言える人たちが
 (例えば若い世代に)どのぐらいいるのかということ。

 ちなみに私が書いてきた労働に関連する文章は
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/d/w001.htm
の下の方。今日か明日、ファイル名を
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/d/w01.htm
に変更します。
 この主題については、現状分析にそう関心があるわけではないので
その部分はよく知らない。以上、ほとんど思いつき。

ではまた。
              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/12/07 09:43
  [ml-prosemip 531] RE:「新潟日報」における

また立岩です。

樋澤さん、お仕事ごくろうさんです。
私が前いた学校でもそうだったので
すこしわかりますが、医療・看護・福祉系の実習の手配は
大変ですよね。(私は一般教育の教員だったので
そういう仕事はしなかった、しようったってできなかった、
ですが。)

さてその記事ですが、
共同通信の配信記事です。
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2004084.htm

私はまだ見てません(そのうち送られてくる、のだろうか?)
のでよくわかりませんが
「緩和ケア」とは(狭義には)しばしば「セデーション」のことをさし
それは(狭義には)意識レベルを下げることによって
苦痛を除くことを意味します。
しかし脳死状態において意識レベルを下げるという
ことは本来は意味をなしません。むろん
「緩和ケア」はそんな狭い意味のものでないといういい方は
可能ですが、そうであっても、脳死状態の子について
「緩和」とはなんでしょうか?
そういうわけのわからなさがこの領域には(に限りませんが)
よくあります。
(ここでは脳死状態そのものの規定、測定の問題には
立ち入りません。もちろん、とくに新生児について、その測定が
困難であるというのはまた別の重要な論点です。)

私が言ったのは
もし本人がほんとに脳死状態なら苦しくもないのだから
少なくとも本人(の苦痛)を理由に
治療・生命維持のための措置を停止することは
できないということです。

今度入院(大学院に、です)される的場さんが
こういうあたりに詳しいと思います。

ちなみに新聞の取材というのは1時間とか2時間とか
されるのですが、結果として使われるのは100字分とか
そんなです。むかし、私らは新聞に出てくる「識者のコメント」
とかいうものを、なんてばかな人間の間抜けなコメントだろうと
ばかにしていたのですが、いまは自分がばかにされる立場って
わけです。なら出なければよいということになって、
それはもっともで、断わるときには断わりますが、
しかし、いちおう(他の人が言うことに比べて)言うことある
というときもあってまあ受けようかと。
しかし結果として出るものは..というやっかいさがあります。
あと、この種の取材に労賃が出ることは普通ないです。
(だからHPでの新聞記事の「引用」なんてどってこと、というのは
多少の飛躍がある、か。)
発言の「真意」を伝えるために、自分のHPを使うという
やり方はあると思っていて上記のファイルも、時間があったら
情報を付加したいと思うのですが、なかなか。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/12/09 11:20
  [ml-prosemip 539] RE:534

立岩です。

>12日のQOL班では私は清水班名で発表するのにご本人は東大のCOEで
>立岩さんに反論するそうで張り切っておられます。

川口さんのメイルにはふつう人は知らない人とか
いっぱい出てくるのでちょっと補足

12月12日 公開シンポジウム 「生死をめぐる同意と決定 第2部」
http://www.l.u-tokyo.ac.jp/shiseigaku/ja/yotei/yo_041212.htm
これが東大COEの企画です。
私と大谷(い)さんは各1回、話したことあります。
私のは生殖関係の主題のときで、
ほんとは今度のテーマで私は話したかった。
機会あればそのうち

清水哲郎さんは東北大学の教員で哲学専攻。
もともとは西洋中世哲学の専門。
http://www.arsvi.com/0w/smzttru.htm
昨夜、私の本のDMを大量に送ったのですが、その返信メイルに
清水さんから12日の予告、ありました。

私の清水さんの論についての言及は『ALS』
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2004b2.htm
ではpp.139-140,366-367
そして『現代思想』11月号
http://www.arsvi.com/0m/gs200414.htm
掲載の「より苦痛な生/苦痛な生/安楽な死」
中身は略。

私の本の編集者
http://www.arsvi.com/0w/srismsak.htm
は12日、午前は
>12日のQOL班
の会議(厚生労働省からお金が出ている、何年もやっている研究の
年に1度だったかの集まりで、清水さんが正式のメンバーで
私も清水さんのグループに一時期名を連ねていたことがあり、
そんなこともあって川口さん今度報告)
午後は、
>東大のCOE
に行くとのことです。

では。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/12/08 23:12
  [ml-prosemip 538] 院生宛:図書館に入った本

立岩です。仲野さん本のことどうも。
図書館に新たに入った本
アメリカの社会保障関連とか
ベーシックインカム関連とか
http://www.arsvi.com/0b/2004l.htm
利用してください。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/12/09 11:57
  [ml-prosemip 540] 院生宛:諸々

立岩です。
今日午後から約1日メイル送受信できないので。



定藤さん。草稿(第2章)受け取りました。あきらかに
よくなってきています。とにかく第2章を
書き込めるだけ書き込む、書き足せるだけ書き足す
ことをしてください。
以上とりあえず。また。(年内に一度、直接
会った方がよいでしょうね。)



大村さん。草稿(の一部)どうも。すいません
読めてませんが、基本的にはこのラインで
まずはこうしてどんどん書いていって
最後まで行ってみるということでしょうか。



小林さん。本の紹介どうも。会うとすれば14日火曜の
教授会の前後とか、17日金曜とか、でしょうか。



磯辺さんと今週火曜18時から話ししました。久野研ニさん
http://www.arsvi.com/0w/knknj.htm
の書いたもの(新刊の本、もらったのと買ったのと2冊あります
今度研究室にもっていきます)
が開発とか、国際協力とか、センとか、
関係ありそうで、じつはそれほど接点はないかのかな、と。
ともかく、火曜の話のすえ行きついた筋の話、よろしく。



小川さんごくろうさんでした。
そして、お願いしてある、
このMLに流れているメイルを西川先生に届けるという
仕事、面倒だと思いますが、どうかよろしく。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/12/09 14:48
  [ml-prosemip 542] 来年度

もうすぐ出るつもりの立岩です。

来年度ですが、
今年度と実際のところはほぼ同じ
そしてそれを時間表にもより反映させる
という方針で基本的にいきます。

つまり、予備演習は金曜、5・6隔週
(時間表的には金曜5となると思います)

西川先生は前期・金曜3・4隔週
立岩は前期・金曜3・4隔週
(この辺も時間表的には立岩3とか西川4とか)
後藤さんは後期・金曜 午後
(隔週か否かは希望による)

といったところ。P演習も時間表上は
金曜にいれます。こうして金曜を「公共の日」?とします。
ただし実際には演習は、多様な時に、多様な形式で
行ないます。

今年度、時間がきまるにあたり右往左往し
御迷惑をかけましたが、来年度は
基本的には上述のとおりとし、
細部もできるだけ早く確定させます。



でP予備演習ですが、ひじょうに忙しい立命館の教員にお願い
というのはできるだけ避けるべき、と思いつつ、
結局、

来年度後期(単位取得の上では来年度入学の1回生の科目、予備演習1)
については、重森先生に留任していただき

来年度前期(2回生の科目、予備演習2)については法学部の
岡野八代先生にお願いすることになりました。
http://www.arsvi.com/0w/oknyy.htm

このMLに入っていただけるよう現在打診中。
許可が出れば入ってもらう手続きをしてもらいます。

また重森先生も、直接には担当なさらない前期の間も
MLには引き続き入っていただくということで
よろしくお願いいたまします。(事務手続きなど
どうしても読んでいただきたい場合は、
直接重森先生宛てメイルしますので、MLの
メイル(の中身)はてきとうに処理してくださって
かまいません。)

では。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/12/09 15:06
  [ml-prosemip 543] 来年度・補足

いまいる人には誤解はないと思いますが
P(プロジェクト)予備演習は3人の先生に
担当していただいています。
(専任教員もでられる限り出るように
しています。)

前便はそのうちの1名についての記述です。

あと2人は石原俊さん
http://www.arsvi.com/0w/ishrsn.htm
酒井隆史さんです。
http://www.arsvi.com/0w/skitks.htm
(『自由論』のレジュメを小林さんが作ったので
近々掲載、リンク予定。)

お2人に来年度もお願いしています。



そして「P予備演習」(1年次後期から2年次)
の時間は固定です。

いろいろなパターンでやりますというのは
「P演習」(3年次以降)です。

むろん以上は規定上の区分であって、どこに
誰が出てもかまいません。

              立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/12/14 23:05
  [ml-prosemip 551] 感情労働

立岩です。
本日、教授会をはさんで、小林、仲野と話。

仲野さんとの(超)長時間の話のすえに
ひねり出した物語は以下。
忘れないうちに書いておきます。
(この話、うまくやれば「労働本」の1章にできると思います。)
みなさんのお知恵、思いつきもいただければ感謝。

ホックシールド とくに客室乗務員の研究より
http://www.arsvi.com/b1900/8300ha.htm
1)表層演技:ほんとの自分の感情と別の感情を有しているかの
  ごとく演ずる
2)深層演技:(最初・ほんとはそういう感情の状態にはいないのだが)
  自分がそう感じているかのような方向に自分を持っていく
*適切な定義的な箇所が本にあるはずなので、それをもってくる
  引用は「」で閉じる。引用箇所を明記する。

なかなかもっとな分析。そんなことはたしかに(よく)あるだろう。
しかし、感情が関わるような仕事・商売の場で起こっていることは
そんなことばかりなのだろうか? そうではないように思う。
そのことを以下で述べる。その前に、

まず上記の1)2)は、そうよいやり方ではない
ことを確認しておく。

1)にしても2)にしても、演じている本人がけっこう疲れる。
エネルギーを使う。
ストレスになる。
そして、自分を偽るのであるから、なにか疚しい感じもする。

そして、1)については偽っている=嘘をついていることによって
「嘘をついてならない」という社会規範からは逸脱している。
2)については、「感情は自然に生起する」ものという了解からは
逸脱しており、やはり無理をしている。
こうして、、両者とも(まさに演じること自体が目的であるような演劇の場
などは例外とされるとしても)社会的にも褒められたことではない。

  *この辺りの例(感情労働者の自己認識とか、疲労感の表出とか)
   がホックシールドの本等にあったら引いておく。

自らがこれを主体的に行なっているなら偽っている、「嘘つき」
ということになり、例えば経営者に強いられているなら
「かわいそう」、ということになる。
この枠組みの中では、そういう役を演ずる人は劣位に置かれる。
そしてそのことを演ずる本人もわかっている。→鬱屈・自己卑下

その通りのことが起こっていることがあることを否定しない。
しかし、対人的な仕事で、かつ、感情が関わるような場で
行なわれているのは、そんなことばかりなのだろうか。
どうもそうではないように(経験からして)思う。*
  *自分のことを書く必要は必ずしもない。しかし
   書きたければ書くことは妨げない。



ホックシールドが分析したような、客室乗務員といった仕事
の場合、たしかに感情の表出が求められるが、それでも、ある程度の
客との距離がとれているわけで、たいてい1)ぐらいの演技で
なんとかはなっている。
しかし もっと「深い」客商売というものもある。
そういう場合に1)2)でやっていって身がもつかということがある。
またそれでは、商売する側も楽しめない。

実際には、例えば、
ほんとの自分(の気持ち)とそうでない自分(の気持ち)
を未定にしておく、という対応がある。
(そもそもそうはっきりも区別できないものを、わざわざどちらなのかと
問う方が不健康?なのかもしれず、そういうわざわざの作業をしない
ことにしておくということ)
傍証?:・・・・(本とか、そういうものから拾えるのでは。
  客のあしらい方、……)

(この対応の仕方以外にもまだ他にもやり方があるかもしれない。)

このように、感情労働はホックシールドの示す二類型に限られる
わけではない。
そしてこの対応の仕方は、たしかに、基本的には、雇われている、
金を稼がねばならないという条件に規定されてはおり、その限り
において、自ら望んだものとは言えないのではある*が、しかし、
そこには一定の能動性が存在するし、また、これは
自分をきつくしない処方、処世術だとも言える**。
  *「虚実、被膜の間」とか言って、遊廓のなんとかがどうとか
   みたいな話にそのまま乗ることはない。
**こうした処世術ですべて行けるかというとそうでもないはずで、
   その辺りのことは、「何が性の商品化に抵抗するのか」という
   あまり後味のよくない文章で、すこし書いてみたことがある。

(そしてこれを客の側から見ることもできるだろう。コンビニの店員や
航空機の乗務員の愛想笑いぐらいだったら、それはそれとして受け取る
ぐらいのことだが、
客商売のところで、たんなる愛想笑い(だとわかるような愛想笑い)
されたら、それはやはりうれしくはない。しかし、かといって
「本気」を求めているかと言えば、そんなことまで求めては
いない。…)



ここからはえらい強引で、そして同時に通俗的でもあるが

以上の考察??は、どうしてアルコリックが、酒を飲み、
飲み屋に通うのかについて、
そして、その人たちがそれでもあまり飲み過ぎない方がよいとすれば
どうしたらよいかについても示唆を与えてくれるように思う。

つまり、こういう、ゆるい感じを、
アルコリック*(だけでなく多くの人)は求めている。
酒を飲めば(飲んでいる間は)なんだか自分もようわからないよう
になるし、
飲ませる相手もまあそんな感じであって、まあそんな感じがよい
ということがあるのかもしれない。……
  *やはり「アルコリズム」を人についての名詞として使うのには
  無理がある。「アルコリック」でよいのでは。

しかし、アルコリックの自己意識 あるいは
アルコリックに対する治療的な対し方は、
ほんとにだめな自分 をまず認める、そこから発する
(その対称としての本来の=素面な=……自分を想定する)
とか、そういうものである。
つまり、感情労働をする人、表層・深層演技をする人の辛さ、
鬱屈と同じことがそこに起こる。

実証:… アルコリズム、アルコリックを巡る病理学的、社会病理学的、
治療的…言説をチェック。

すると、かえって、少なくともある部分は
なかなか到達できないほんとの自分、に到達できない
ことやらなにやらで、かえって破滅的になってしまう。
(このあたりはベイトソン→野口祐二さん
http://www.arsvi.com/0w/ngcyuj.htm
っぽい話。→文献からもってくる。)

とすれば、社会全体?がもっと飲み屋っぽく?なれば
(ほんとの飲み屋になると、それはそれでアルコリックが
さらに蔓延するかもしれぬが)
よいということである。

         おしまい

              立岩 真也


 
 

>TOP

◆◆2004/12/15 00:47
  [ml-prosemip 554] 院生宛:

立岩@自分の仕事は今日はあきらめました
&とくに個別指導はしんどい&自分で書く方がずっと楽
です

◆1

1)
データベース用(等)ファイルを集めて
また、院生の学会報告や論文発表情報等を集めて
大学院のHPに掲載、関連ファイルを更新

2)
そうした仕事(等)に対する謝金支払い
に関係する仕事も院生にやってもらう、

この体制を作っていただきたいというお願いです。
1)2)の仕事についても有償とする。

2(〜3)人でやっていけると思います。
1)についてはこれまでは北村さんがかなり
やってくれてきています。

1)についてファイルを作った人は担当の院生に送る
2)についても担当の院生に時間数を申告する。
といった機構。

私の方が手一杯で、
1)については掲載が遅くなったり、また
私はすごく手早く処理してしまう、しまわざるをえない
(1ファイル数分とか)ので、
質的にもあまりよいものができないという
ことがありました。
2)については、そのうち、私の方がなんだか
わからなくなってしまうということも
ありました。

この仕事は「公共」の院生に限る必要はないと
思いますが、今のところ、公共の教員の
(昨年度は西川科研からだいぶ出してもらったので
今年度は西川科研以外の)科研費から
まかなわれ、本来、研究代表者による裁量で
使用されるこの研究費について、
その使途を教授会などで決めるということにも
なかなかならないため、まずは
「公共」でやっていって、うまくまわるようであれば
ゆくゆくは全体でという段取でいこうと思っています。

ただ科研費はいまはたまたま公共の教員3人とも
とれていますが、ずっととれるというものでもないですから
財源のことはこれからも考えます。

◆2

次に、仕事→お金の配分ですが、基本的には
仕事をしたい人にやってもらいますが
それ以外に、学内外の奨学金等にはずれるなど
金がない人、を優先します。
いまは2学年分しか人がいないわけですが、もっと
増えますし、当面、そのなかでも「公共」は
人数の多い領域となるでしょう。
となると、分配の優先を考えた方がよい場面が
出てくるでしょうということです。

そして、そこそこの決まった(自分1人を養うに足る)
収入のある人については、すみませんが、仕事は
基本的には無償ということで了解していただければ
ありがたく思います。

さらに「助手」の仕事をどう考えるかは検討の余地がありますが
私としては、大学院の研究活動に資する活動の対価は
助手をつとめている年度−−1人1年間と、基本的に
考えてよいと私は思います−−については、
助手に対して払われるお金に含まれると考えてよいのではないか、
というか、限りのある−−私はそういう話は、世界全体については
眉唾だと思っていますが、局所的には妥当することは
認めざるをえない−−予算の分配の仕方としては、
助手をつとめるその年度は、助手に対して払われるだけの額でよいかな、
と思っています。


◆2の方針が立たないとほんとは時間あたりの単価(これについても
1バイトいくらとかの方がよいといった考え方もありうる)
も決めがたく、現在はけっこうてきとうにやっているのですが、
それはそれとして、◆1の体制作りを呼びかけます=お願いしたいと
思います。

              立岩 真也


 
 

>TOP

◆◆2004/12/17 08:43
  [ml-prosemip 563] 本日

本日のP予備演習は以前よりお知らせしているとおり
またいま院生全体のMLに再度流しましたが
大澤真幸氏の特別講義となります。

http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/2004/1208.htm
(渡辺研究科長がここのところ米国に関心を寄せているのです。)

で、通常のかたちでの予備演習はなしです。
間違いのないよう。

大谷いづみさんの報告については
これもやはり案内がまわっているように12月25日。



私は、本日、13時より斉藤さんの訳稿検討第4?回
創思館K304。みなさんもどうぞ。

そのあと、14時半より論文指導
16時より、上記の特別講義関係、といった次第。
明日、明後日は仕事で東京です。



酒井さん、メイルありがとうございました。



「松」情報、高田さん、樋澤さんどうも。
このMLのメンバーでないです萱間さんにも感謝
(と伝えてください。)
どうも、今のところ、だめということのようです。
「松竹」というソフトは私ももっていますが
実際には「松」の後継としての内容を備えていないのです。
「QX editor」 というのにのりかえようかと思っています。

              立岩 真也


 
 

◆◆2004/12/20 18:42
  [ml-prosemip 566] 院生宛

立岩です。

定藤さん、明日(21・火)14時頃ということで。

(前後にずらせすことできます。)

論文の内容に関しては別にメイルします。



北村さん、25日(こないだまちがえてすみません
まちがって覚えていました)BASの案内、jsds、med-socioあたり
に流すとよいと思います。



私、明日(火曜)の夜から東京で、帰ってくるのは木曜の夜です。
今度の出先ではメイルの送受信しません(できません)。

時間とれるのは、まず上記25日(土)午後の研究会の前の時間、
あとは明日21日、定藤さんとの話の前後、できるだけ午後。

27日(月)、28日(火)は(いまのところ、私の自宅の近くで)
人に会う用があります。



大村さん、高田さん、論文草稿どうも。
読むようにします。



斉藤さん、添付ファイル届いてます。どうも。

              立岩 真也

 
 

>TOP

◆◆2004/12/21 18:38
  [ml-prosemip 572] 主に定藤さん宛

立岩です。これから東京ですが、
定藤さん今日はどうも。
とてもいい論文ができるはずです。

さっき、尾上浩二さん(現在DPI日本会議事務局長)から
いただいた資料をようやく本棚に並べました。
その中から

野々村隆弘氏追悼集会実行委員会 編 19930515 『野々村さんを偲んで』
野々村隆弘氏追悼集会実行委員会,90p.

道野さんを偲ぶ会実行委員会 編 19970126 『道野さんを偲んで』
道野さんを偲ぶ会実行委員会,79p.

井上憲一さんを偲ぶ会実行委員会 編 200312
『透明な時間(とき)の中に──井上憲一さん追悼文集』
井上憲一さんを偲ぶ会実行委員会,136p.

日本脳性マヒ者協会大阪青い芝の会 19880801
『大阪青い芝の会結成15周年記念第14回大会報告集』
日本脳性マヒ者協会大阪青い芝の会,107p.

杉本 章 199404 『私家版・杉本章くんの2/3人生 抄』
54p.

生活要求一斉調査実行委員会生活小委員会 編 19810801
『生活ハンドブックNo.1──障害者の地域生活Q&A』
日本脳性マヒ者協会大阪青い芝の会,62p.

こんどのにはいらないのも、おもちのもありますが、
いちおう、ご参考まで。私の研究室のテーブルの上に
置いといたので、もっていってください。



これから木曜まで私不在です。土曜の研究会に行きます。
http://www.ritsumei.ac.jp/kic/~gr018035/e/bas.htm
北村さん、med-socioに情報流しておきました。



岡野さんようこそ。いま時間がないので
とりあえずそれだけ。

では。

                 立岩 真也


 
 

>TOP

◆◆2004/12/25 12:25
  [ml-prosemip 580] 院生宛:本到着

立岩です。図書館へ注文だと論文にまにあわないから
私の研究費で買うようリクエストのあった本

日本労働研究機構研究所 編
20000717
『フリーターの意識と実態──97人へのヒアリング結果より』
日本労働研究機構,672p. ISBN:4-538-89136-3
3150

森 真一 20000210
『自己コントロールの檻──感情マネジメント社会の現実』
講談社,講談社選書メチエ177,252p. ISBN:4-06-258177-9
1680

届きました。これから
http://www.ritsumei.ac.jp/kic/~gr018035/e/bas.htm
に行きますので、ついでに(冬休みは建物の出入りが難しくなるの
ではと思いますので)「公共」院生部屋に置いときます。
橋口さん(だったか?)、もっていってください。



樋澤さん、論文改訂版届いてます。どうも。
定藤さん、テープ起こしファイル届いてます。どうも。

              立岩 真也


 
 

>TOP

◆◆2004/12/27 18:46
  [ml-prosemip 584] 院生宛:本到着・明日・他

立岩です。図書館へ注文だと論文にまにあわないから
私の研究費で買うようリクエストのあった本

Evers, Charles ; Szanton, Andrew
19980501
Have No Fear: The Charles Evers Story
John Wiley & Sons Inc, 333p., ISBN: 0471296945 $12.95

Wormser, Richard
20040101
The Rise and Fall of Jim Crow
Griffin, 224p. ISBN: 0312313268 $17.95

入荷。明日学校にもっていって、「公共」院生室に
運んでおいてもらいますので、小林さん
(だと思いますが)受け取ってください。



明日、13時より吉村さん。
15時(頃)より仲野さんということで。



村上さん、津村氏の本はたまたま1つ
あっただけで、他はないと思います。



大村さん、いちおう読了。コメント書きます。

              立岩 真也


 
 

>TOP

◆◆2004/12/31 21:16
  [ml-prosemip 586] 政策メッセ

立岩です。
来年度入学予定の方で郵政民営化について
研究しようという方がいたように記憶していますので
http://www.arsvi.com/0a/s04.htm
ただ情報をいただいただけで、中身はわかりませんが
いちおう。



酒井さん、メイルありがとうございました。
こっちはあと3時間弱で2004年が終わります。



しばらく掲載の作業が滞っていましたが、
MLへのメイルのバックナンバー
http://www.arsvi.com/ml/0.htm
まだいくつかもれているので、そのうち追加します。

立岩 真也


UP:20040705 REV:随時
立命館大学大学院先端総合学術研究科  ◇立岩発eMAIL 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)