>HOME >WHO
Kuhse, Helga
ヘルガ・クーゼ


☆ Monash University Centre for Human Bioethics での紹介を見てみる
http://www.arts.monash.edu.au/bioethics/staff/index.html

◆堀田義太郎翻訳・紹介・コメント 「Assisted Dying for the Terminally Ill Bill - Written Evidence, 3 March 2005 “Memorandum by Helga Kuhse”」

■単著

◆1987a Is Infant Euthanasia Ever Justified (P206). Greenhaven Press.

◆1987b The Sanctity-of-Life Doctorine in Medicine : A Critique, Oxford Univ. Press. 230p.=20060610 飯田 亘之・石川 悦久・小野谷 加奈恵・片桐 茂博・水野俊誠 訳,『生命の神聖性説批判』,東信堂,346p. ISBN-10: 4887136811 ISBN-13: 978-4887136816 4830 [amazon][kinokuniya] ※ be. d01

◆1997 Caring: Nurses, Women and Ethics, Blackwell
 [amazon]
=2000 竹内 徹・村上 弥生 監訳,『ケアリング――看護婦・女性・倫理』,メディカ出版,319p. ISBN: 4-89573-999-6 3400+ [amazon][kinokuniya] ※ be. c04

■共著

◆1985 (with Peter Singer) Should the Baby Live? : The Problem of Handicapped Infants (Studies in Bioethics) Oxford Univ. Press. 228p.

◆1994 (with Peter Singer) Individuals, Humans, Persons: Questions of Life and Death. Academia Verlag.

◆1998 (with John McKie and Peter Singer) The Allocation of Health Care Resources: An Ethical Evaluation of the 'Qaly' Approach. (Medico-Legal Series) Dartmouth.
・目次を見てみる→amazon

■編著

◆1990 (with Peter Singer, Stephen Buckle, Karen Dawson, Pascal Kasimba) Embryo Experimentation. Cambridge University Press. xvi+263p. ISBN:0521383595
・内容を見てみる→amazon
 [Ch.7: "Individuals, Human, and Persons : The Issue of Moral Status." by Helga Kuhse and Peter Singer の紹介が下記文献にあり
 林真理「個人、人間、人格――道徳的な地位をめぐる問題」「科学技術の発達と現代社会II」運営委員会編[1995:223-225])

◆1994 Willing to Listen, Wanting to Die. Penguin Books.
=1996 吉田 純子 訳,『尊厳死を選んだ人びと』,講談社,279p. ISBN: 4-06-207515-6 1800(200102:品切) [amazon][kinokuniya] ※/松本490 be.

◆1998 (with Peter Singer) Companion to Bioethics. (Blackwell Companions to Philosophy) Blackwell.
・内容を見てみる→amazon

◆1999 (with Peter Singer) Bioethics: An Anthology (Blackwell Philosophy Anthologies) Blackwell.
・内容を見てみる→amazon

◆Kuhse, Helga & Singer, Peter eds. 2002 Unsanctifying Human Life: Essays on Ethics, Blackwell=20070710 浅井 篤・村上 弥生・山内 友三郎 監訳,『人命の脱神聖化』,晃洋書房,227p. ISBN-10: 477101860X ISBN-13: 978-4771018600(原著:論文24 訳書:論文12 訳書の表記では著者:シンガー) [amazon] ※

■論文など

◆Singer, Peter ; Kuhse, Helga 1984 The Future of Baby Doe New York Review of Books 1 March 1984


■言及

◆立岩 真也・有馬 斉 2012/10/** 『生死の語り行い・1――尊厳死法案・抵抗・生命倫理学』,生活書院
◆立岩 真也 2010/12/01 「人間の特別?・1――唯の生の辺りに・8」,『月刊福祉』2010-12
◆立岩 真也 2009/03/25 『唯の生』,筑摩書房,424p. ISBN-10: 4480867201 ISBN-13: 978-4480867209 [amazon][kinokuniya] ※ et. [English]
◆立岩 真也 20070725 「死の決定について・7:シンガー(続)」(医療と社会ブックガイド・73),『看護教育』48-07(2007-07):-(医学書院)[了:20070604]
◆立岩 真也 20070525 「死の決定について・5:クーゼ」(医療と社会ブックガイド・71),『看護教育』48-05(2007-05):-(医学書院)[了:20070402]
◆立岩 真也 20061222 「この後に書こうと思うことについて――よい死・17」
  『Webちくま』[了:20061221]
  「[…]というか、議論と言えるものがあるだろうかということだ。
  すると、議論ができないのではないが、その力はあるのだが、そんな場面での議論は終わっているからしないのだと言われるかもしれない。ただそれは間違っていると私は思うし、そう言い張る人は間違っていないと言えていないと思うし、言えないと思う。そのことをこれまで言ってきたつもりだ。ただこの辺りをもう少し補強しておいた方がよいように思う。たしかに、すくなくとも翻訳されている欧米の議論においては、死を巡る多くのことがしてよいことになっている。ピーター・シンガー、ヘルガ・クーゼ★、ジェイムズ・レイチェルズ、そしてロナルド・ドゥオーキンといった人たちの論については訳書が出ていて日本語で読むこともできる。いちおう取り上げるのがよいかもしれない。」
◆岡田 篤志(関西大学非常勤講師) 20020701 「「ケア」が安楽死を肯定する?――ヘルガ・クーゼ『ケアリング−看護婦・女性・倫理』の衝撃」,『Emergency Nursing』15-7:40-43(メディカ出版)
 From 大学キャンパス to ナース・ステーション ケアとケアの倫理について考える 第8回
 http://www2.ipcku.kansai-u.ac.jp/~tsina/kubes/EN08.htm


REV:.. 200304,0604 20070330,0427 0604 20071103, 20100704, 20120921
生命倫理(学) (bioethics)  ◇Bioethics (English)  ◇WHO 

TOP HOME(http://www.arsvi.com)