HOME > WHO >

Peter Singer

ピーター・シンガー


the Singer-Affair



◆2009/07/15 "Why We Must Ration Health Care", New York Times Magazine, July 15, 2009
◆1998/03/05 講演会「自発的安楽死合法化の弁護」
◆MacFarquhar, Neil 1999 Protest Over Princeton's New Ethics Professor. New York Times, 09/22/99, Vol. 149 Issue 51653, pB7, 0p, 1bw

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%BC

■著作

◆Singer, Peter 1973 Democracy and disobedience Oxford : Clarendon Press, viii+150p ISBN:0198245041 ; 0198750277
◆Singer, Peter 1975 Animal Liberation: A New Ethics for Our Treatment of Animals New York : New York review : distributed by Random House PTBL:A New York review book , xvii+301p.+[4] leaves ofplates ISBN:0394400968 $10.00 [amazon]=1988 戸田清訳,『動物の解放』,技術と人間,=200206 技術と人間,ISBN-10: 4764501333 ISBN-13: 978-4764501331 [amazon][kinokuniya] 
◆Singer, Peter ; Regan, Tom eds. 1976 Animal Rights and Human Obligations, Prentice-Hall, 250p. ISBN-10:0130375314 [amazon]
 =戸田清訳 198609『動物の権利』技術と人間, 374p. ISBN-10: 4764500531 ISBN-13: 978-4764500532 [amazon] ee
◆Singer, Peter 1979 Practical Ethics, Cambridge University Press, viii+237p. ISBN:0521229200 ; 0521297206 pbk. =19910930 山内友三郎・塚崎智監訳, 『実践の倫理』 ,昭和堂,344p. 2900  be
 =1979 Praktische Ethik 1984 bersetzt von Jean-Claude Wolf, Reclam
◆Singer, Peter 1980 Marx, New York : Oxford University Press PTBL:Past masters , x+82p. ISBN:0192875116 ; 0192875108 £3.25 ; pbk£0.95, New York : Hill and Wang PTBL:Past masters series , x+82p. ISBN:0809067900 ; 0809014114 $7.95 ; $2.95=1989 重田晃一訳,『マルクス』,雄松堂出版
◆Singer, Peter ; Mason, Jim 1980 Animal Factories, Harmony Books, 1980.=1982 高松修訳,『アニマル・ファクトリー――飼育工場の動物たちの今』,現代書館
◆Singer, Peter 1981 The expanding circle : ethics and sociobiology New York : Farrar, Straus & Giroux, xii+190p. ISBN:0374234965
1981 The expanding circle : ethics and sociobiology Oxford [Oxfordshire] : Oxford University Press PTBL:Oxford paperbacks , ISBN:0192830384 $8.95 (U.S.)
1981 The Expanding Circle : Ethics and Sociobiology, Farrar, Straus & Giroux, 190p.,Oxford Univ. Press, Oxford paperbacks <310>
◆William A. ; Singer, Peter eds. 1982 Test-Tube Babies: A Guide to Moral Questions, Present Techniques, and Future Possibilities, Oxford University Press=1983 坂元正一・多賀理吉訳,『試験管ベビー』,岩波書店
◆Singer, Peter 1983 Hegel Oxford ; New York : Oxford University Press PTBL:Past masters, ix+97p. ISBN:0192875655 ; 0192875647 $14.50 ; pbk$4.95=1995 島崎隆訳,『ヘーゲル入門――精神の冒険』,青木書店,237p. ISBN-10: 425095045X ISBN-13: 978-4250950452 2625 [amazon][kinokuniya] ※ b
◆Singer, Peter ; Wells, Deane 1984 The Reproduction Revolution : New Ways of Making Babies, Oxford Univ. Press / Oxford [Oxfordshire] ; New York : Oxford University Press PTBL:Studies in bioethics, ISBN:0192177362 ; 0192860445 $25.90 (U.S.) ; $6.95 (U.S.) =19881120 加茂直樹訳,『生殖革命――子供の新しい作り方』,晃洋書房,324+7p. 2400 <91> ※
◆Singer, Peter ; Kuhse, Helga 1985 Should the Baby Live ? The Problem of Handicapped Infants, Oxford University Press
◆Singer, Peter ; Wells, Deane 1985 Making babies : The New Science and Ethics of Conception, C.Scribner's Sons, ix+245p. (revised edition of Singer ; Wells[1984]) ISBN:0684183714 $14.95 [amazon]
◆Singer, Peter ed. 1985 In Defence of Animals, Blackwell, 224p., Perennial Library, xi+224p. / New York, NY, USA : Blackwell, xi+224p. ISBN:0631138978 $24.95 [amazon] ; 063113896X ; pbk$8.95 [amazon] / New York : Perennial Library, xi+224p. ISBN:0060970448 $6.95 [amazon]=1986 戸田 清 訳,『動物の権利』,技術と人間 ts1997:208
◆Singer, Peter ed. 1986 Applied Ethics, Oxford Univ. Press, Oxford readings in philosophy / Oxford [Oxfordshire] ; New York : Oxford University Press PTBL:Oxford readings in philosophy, ISBN:0198750676 $8.95 (U.S.) [amazon] ※
◆Singer, Peter ; Carney, Terry 1986 Ethical and Legal Issues in Guardianship Options for Intellectually Disadvantaged People, Australian Government Publishing Service
◆Singer, Peter ; Kuhse, Helga eds. 1990 Embryo Experimentation: Ethical, Legal and Social Issues, Cambridge Univ. Press, xvi+263p. / Cambridge ; New York : Cambridge University Press, xvi+263p. ISBN:0521383595 [amazon]
◆Singer, Peter ed. 1991 A Companion to Ethics, Oxford, UK ; Cambridge, Mass., USA : Blackwell Reference PTBL:Blackwell companions to philosophy , xxii+565p. ISBN:0631162119 $74.95 [amazon]
◆Singer, Peter 1993 Practical Ethics, 2nd Edition, Cambridge Univ. Press=19991025 山内友三郎・塚崎智監訳,『実践の倫理 新版』,昭和堂,456p. ISBN-10: 4812299292 ISBN-13: 978-4812299296 2993 [amazon][kinokuniya] ※ d01. be.
◆Singer, Peter 1994 Rethinking Life & Death, The Text Publishing Company, Melbourne=19980225 樫 則章 訳,『生と死の倫理――伝統的倫理の崩壊』,昭和堂,330p. ISBN-10: 481229715X ISBN-13: 978-4812297155 2415 [amazon][kinokuniya] ※ d01 be
◆Singer, Peter ; Kuhse, Helga 1994 Individuals, Humans, Persons: Questions of Life and Death, Academia Verlag, 1994
◆Singer, Peter ed. 1994 Ethics, Oxford University Press
◆Cavalieri, Paola ; Singer, Peter eds.(パオラ・カヴァリエリ,ピーター・シンガー) 1993 The Great Ape Project: Equality beyond Humanity, St. Martin's Press=20010420 山内 友三郎・西田 利貞 監訳,『大型類人猿の権利宣言』,昭和堂,308p. ISBN-10: 4812201098 ISBN-13: 978-4812201091 2520 [amazon][kinokuniya] ※ b ts/2008b
◆Singer, Peter 1995 How Are We to Live?: Ethics in an Age of Self-Interest, Prometheus Books=19950920 山内友三郎監訳,『私たちはどう生きるべきか――私益の時代の倫理』,法律文化社 ※,=199905020 山内友三郎監訳,『私たちはどう生きるべきか――私益の時代の倫理[改訳版]』,法律文化社,392p. ※
◆Singer, Peter 1998 Ethics into Action: Henry Spira and the Animal Rights Movement, Rowman & Littlefield
◆Singer, Peter ; Kuhse, Helga eds. 1998 A Companion to Bioethics, Blackwell
◆Singer, Peter ; Kuhse, Helga eds. 1999Bioethics: An Anthology, Blackwell
◆Singer, Peter 2000 Darwinian Left: Politics, Evolution, and Cooperation, Yale University Press=2003 竹内久美子訳,『現実的な左翼に進化する』,新潮社
◆Singer, Peter 2000 Writings on an Ethical Life, Ecco Press
◆Singer, Peter 2002 One World: the Ethics of Globalization, Yale University Press=2005 山内 友三郎・樫 則章 訳,『グローバリゼーションの倫理学』,昭和堂
◆Singer, Peter 2002 One World: the Ethics of Globalization, Yale University Press=20050725 山内 友三郎・樫 則章 訳,『グローバリゼーションの倫理学』,昭和堂,301p. ISBN-10: 4812205212 ISBN-13: 978-4812205211 [amazon][kinokuniya] ※
◆Singer, Peter 2004 The President of Good and Evil: the Ethics of George W. Bush, E. P. Dutton=20040720 中野勝郎訳,『「正義」の倫理――ジョージ・W・ブッシュの善と悪』,昭和堂,349p. ISBN-10: 4812204119 ISBN-13: 978-4812204115 2520 [amazon][kinokuniya] ※
◆Singer, Peter ; Singer, Renata 2005 The Moral of the Story: An Anthology of Ethics through Literature, Blackwell
◆Singer, Peter ed. 2006 In Defense of Animals: the Second Wave, Blackwell

■論文

◆1973 "Animal Liberation", The New York Review of Books April 5th 1973=1988 大島保彦・佐藤和夫訳,「動物の生存権」,加藤・飯田編[1988:205-220],=1993 「動物の解放」,Schrader-Frechette ed.[1991=1993:187-207] <208>
◆1976 "Freedom and Utilities in the Distribution of Medical Care",Veatch ; Branson eds.[1976:175-193](飯田編[1987:143-145]に今井知正の紹介「医療の配分における自由と効用」) <169>
◆Singer, Peter ; Kuhse, Helga 1984 "The Future of Baby Doe", New York Review of Books 1 March 1984 <207,209>
◆1988 AUSTRALIAN DEVELOPMENTS IN REPRODUCTIVE TECHNOLOGY HAST CENT R, V18, N2, P4-4.
◆Singer, Peter ; Dawson, Karen 1988 "IVF Technology and the Argument from Potential", Philosophy & Public Affairs 17-2:87-104→1990 Singer et al. eds.[1990:chap.8](「科学技術の発達と現代社会II」運営委員会編[1995:226-228]に林真理の紹介「IVF技術と潜在性による議論」) <212>
◆1989 TO DO OR NOT TO DO HAST CENT R, V19, N6, P42-44.
◆1990 THE SIGNIFICANCE OF ANIMAL SUFFERING BEHAV BRAIN, V13, N1, P9-&.
◆1990 Animal Liberation 2nd ed New York, N.Y. : New York Review of Books : Distributed by Random House, xviii+320p. ISBN:0940322005 $19.95 ($27.50 Can.)
◆1990 ETHICS AND ANIMALS BEHAV BRAIN, V13, N1, P45-&.
◆1990 PSYCHIC SURGERY - CLOSE OBSERVATION OF A POPULAR HEALING PRACTICE MED ANTHR Q, V4, N4, P443-451.
◆199001 Bioethics and Academic Freedom Bioethics 4(1)[January 1990], :33-44
 1990a "Bioethics and Academic Freedom", Bioethics 4-1:33-44 <209>
◆1990b Animal Liberation, 2nd ed., New York Review of Books, Distributed by Random House, xviii+320p. <208>
◆1991a "On Being Silenced in Germany", The New York Review of Books, August 15, 1991:36-42=1992 市野川容孝・加藤秀一訳,「ドイツで沈黙させられたことについて」,『みすず』374(1992-5),375(1992-6) <209>
◆1991b "When does a Human Life Begin and Why does it Matter ?",星野・斎藤編[1991]=1991 「ヒトの生涯はいつ始まるか」,星野・斎藤編[1991:1-13] <209>
◆1991 A REFUTATION OF ORDINARY MORALITY ETHICS, V101, N3, P625-633.
◆1992 A German Attack on Applied Ethics Journal of Applied Philosophy9(1)[1992], :85-92
 1992 "A German Attack on Applied Ethics", Journal of Applied Philosophy 9-1:85-92 <209>
Peter Singer ◆1990 "The 'Singer-Affair' and Practical Ethics: A Response", Analyse & Kritik 12-2:245-264  http://www.analyse-und-kritik.net/1990-2/AK_Singer_1990.pdf
◆1993 Practical Ethics, 2nd Edition, Cambridge Univ. Press(飯田編[1994:69-75],飯田編[1994:127-134]に伊勢田哲治・江口聡の第1章・2章の紹介) <437>


 

■文献

市野川 容孝 1992 「訳者解説・ドイツがシンガーを沈黙させたことについて」,『みすず』375:49-58 
土屋 貴志 1992 「種差別か,しからずんば能力差別か?――ピーター・シンガーはいかにして障害新生児の安楽死を擁護するか」,『哲学の探求』20:35-50(第20回全国若手哲学研究者ゼミナール報告論文集) 
◆土屋 貴志 1993 「「シンガー事件」の問いかけるもの」,加藤・飯田編[1993:324-348] 
◆山内 友三郎 1994 「シンガーの動物解放主義――『実践の倫理』第3章を中心に」,飯田編[1994:147-159] 
◆江口 聡 1994 「P.シンガー『実践の倫理』第7章の安楽死論」,飯田編[1994:127-134] 
◆土屋 貴志 1994 「「シンガー事件」と反生命倫理学運動」,『生命倫理』4-2(5):45-49(125-129)
◆土屋 貴志 1995 「生命の「置き換え可能性」について――P.シンガーの所論を中心に」,『人文研究 大阪市立大学文学部紀要』47-1:63-84 
◆河村 克俊 1996 「生命倫理をめぐるドイツの現状――シンガー事件とドイツの哲学界」,土山他編[1996:197-228] 
川本 隆史 19960920 「《生殖革命》という言説――ピーター・シンガー批判のために」,江原編[1996:285-306]
◆立岩 真也 1997 『私的所有論』,勁草書房
◆立岩 真也 1998/03/ 「書評:P.シンガー『生と死の倫理』(昭和堂)」,『週刊読書人』
清水 哲郎 2000 『医療現場に臨む哲学II――ことばに与る私たち』,勁草書房(4・2・2 シンガーに抗して)
◆Slater, Catherine 2000/07 "A letter to Peter Singer"
http://caslater.freeservers.com/singer.htm
◆立岩 真也 2002/10/31 「ないにこしたことはない、か・1」,石川准・倉本智明編『障害学の主張』,明石書店,294p. 2730 ISBN:4-7503-1635-0 [kinokuniya][bk1] pp.47-87
◆立岩 真也 2007/06/25 「死の決定について・6:シンガー」(医療と社会ブックガイド・72),『看護教育』48-06(2007-06):-(医学書院)
◆山内 友三郎・浅井 篤 編 20080229 『シンガーの実践倫理を読み解く――地球時代の生き方』,昭和堂,246p. ISBN: 4812207738 ISBN-13: 978-4812207734 2415 [amazon] ※ p ee et g03
◆立岩 真也 2009/03/25 『唯の生』,筑摩書房,424p. ISBN-10: 4480867201 ISBN-13: 978-4480867209 [amazon][kinokuniya] ※ et. [English]
◆立岩 真也 2010/12/01 「人間の特別?・1――唯の生の辺りに・8」,『月刊福祉』2010-12

 
 

the Singer-Affair|シンガー事件

Shinya Tateiwa September 1997 On Private Property『私的所有論』), Tokyo, Keiso-Shobo 445+66p ISBN-10: 4326601175 ISBN-13: 978-4326601172 6300yen [amazon]/[kinokuniya]
Shinya Tateiwa 2016 On Private Property, English Version, Kyoto Books Translation by Robert Chapeskie

 第5章註8
 「◇08 シンガーは、第一に無感覚の存在、第二に快苦の感覚だけをもつ存在、第三に快苦の感覚に加えて理性と自己意識をもつ「人格」の三つを分ける。そして、選好功利主義の立場から、一番目は配慮すべきそれ自体の利害をまったくもたない、二番目は苦痛を与えないように配慮すべき、三番目は快苦に関する利害と自分の将来に関する利害の両方に配慮すべきとする(Singer[1979=1991])。ここから快苦の感覚をもつ動物の生存権を認める主張をする(Singer[1973=1988][1975=1988][1990b]、Mason ; Singer[1980=1982]、Singer ed.[1985])一方、障害をもつ新生児については安楽死を認めるべきだとする(Singer[1991b]、Singer ; Kuhse[1984]、Kuhse ; Singer[1985]、他に「生命の尊厳」説(→第4節4)を批判するKuhse[1987]、「潜在性」に依拠する議論(→注16)等を否定しつつヒトの胚を用いた実験を支持するKuhse ; Singer[1990]、Singer ; Dawson[1990]等)。
 こうした主張がドイツで障害者の組織に批判され、彼は壇上で抗議を受け、講演はとりやめになった。もちろん彼はそれに不満だ(Singer[1990a][1991a=1992][1992]。この「シンガー事件」及びシンガーの主張を検討したものに市野川容孝[1992a]、土屋貴志[1992][1993][1994a][1994c][1995a]、川本隆史[1996]、ドイツ哲学界の状況の報告を含む河村克俊[1996]。以上にシンガー批判の側の論点も紹介されている。)「表現の自由」を何より特権的に保護すべきだとは考えないが、この場合には表現自体の禁圧という方法を選ぶべきでないと思う。彼の主張は、どれほど露骨にはっきり言うかという程度の差はあるせよ、私達の生の一部なのではあり、発言を禁止したところでなくなるものではなく、できるのは、そうした主張がどれほどのものかを検討し、それをその主張に対置することだと考えるからである。土屋[1993:338-339]でほぼ同趣旨の主張がなされている。」


◇17 “If disabled people who must use wheelchairs to get around were suddenly offered a miracle drug that would, with no side effects, give them full use of their legs, how many of them would refuse to take it on the grounds that life with a disability is in no way inferior to life without a disability? In seeking medical assistance to overcome and eliminate disability, when it is available, disabled people themselves show that the preference for a life without disability is no mere prejudice.”(Singer[1993:54])
“To be able to walk, to see, to hear, to be relatively free from pain and discomfort, communicate effectively--all these are, under virtually any social condition, genuine benefits. To say this is not to deny that people lacking these abilities may triumph over their disabilities and have lives of astonishing richness and diversity. Nevertheless, we show no prejudice against disabled people if we prefer, whether for ourselves or for our children, not to be faced with hurdles so great that to surmount them is in itself a triumph.”(Singer[1993:54])
(立岩『私的所有論』
 以下はその訳文

 「仮に車椅子の障害者たちが,副作用なしに両足が完全になおる奇跡の薬をいきなり与えられたとするならば,障害を背負った生活が障害のない生活よりも結局のところ劣っているということをあえて認めない人は,彼らのうちにどのくらいいるだろうか。障害者たち自身が,障害を克服し除去するために手に入る医学的援助を求めることは,障害のない生活を望むことは単なる偏見ではないということを示している。」(Singer[1993:139],訳は土屋貴志[1994a:139])
 「歩けること,見えること,聞こえること,痛みや不快感が比較的少ないこと,効率的にコミュニケーションできること――こうしたことはみな,事実上どんな社会状況においても,純粋に良いことgenuine benefitsである。こう言ったとしても,これらの能力を欠く人々がその障害を克服したり,驚くほど豊かで多彩な生活を送ることもあるということを否定することにはならない。いずれにせよ,克服すること自体が勝利といえるほど深刻な障害に,私たち自身や私たちの子供が直面しないように望んだとしても,障害者に対する偏見を示していることには全然ならない。」(Singer[1993:54],土屋[1994a:139])
 「動き回るためには車椅子に頼らざるをえない障害者に、奇跡の薬が突然提供されるとする。その薬は、副作用を持たず、また自分の脚を全く自由に使えるようにしてくれるものである。このような場合、障害者の内のいったい何人が、障害のある人生に比べて何ら遜色のないものであるとの理由をあげて、その薬の服用を拒否するであろうか。障害のある人たちは、可能な場合には、障害を克服し治療するための医療を受けようとしているのが、その際に障害者自身が、障害のない人生を望むことは単なる偏見ではないのだということを示しているのである。……
 歩いたり、見たり聞いたりできること、苦痛や不快をある程度感じないでいられること、効果的な形で意志疎通できること、これらはすべて、ほとんどどのような社会状況でも、真の利益である。これを認めるからといって、これらの能力をすべて欠いている人々がその障害を克服し驚くべき豊かさと多様さを持った生活を送ることがありうるということを否定することにはならない。」(Singer[1993:54=1999:65])

◆2002/10/31「ないにこしたことはない、か・1」,石川准・倉本智明編『障害学の主張』,明石書店,294p. 2730 ISBN:4-7503-1635-0 [kinokuniya][bk1] pp.47-87

 「例えば「生命倫理学」の論者の一人にシンガーという人がいるのだが、その人が言う。
 「動き回るためには車椅子に頼らざるをえない障害者に、奇跡の薬が突然提供されるとする。その薬は、副作用を持たず、また自分の脚を全く自由に使えるようにしてくれるものである。このような場合、障害者の内のいったい何人が、障害のある人生に比べて何ら遜色のないものであるとの理由をあげて、その薬の服用を拒否するであろうか。障害のある人たちは、可能な場合には、障害を克服し治療するための医療を受けようとしているのだが、その際に障害者自身が、障害のない人生を望むことは単なる偏見ではないのだということを示しているのである。……
 歩いたり、見たり聞いたりできること、苦痛や不快をある程度感じないでいられること、効果的な形で意志疎通できること、これらはすべて、ほとんどどのような社会状況でも、真の利益である。これを認めるからといって、これらの能力をすべて欠いている人々がその障害を克服し驚くべき豊かさと多様さを持った生活を送ることがありうるということを否定することにはならない。」(Singer[1993:54=1999:65])★06
 もし障害がなおるならなおすはずだ、だから障害がないことはよいことだという。そしてここにはもう一つの要素があり、二つが組み合わさっているとみることができる。一つは、A:障害それ自体はマイナスであること――障害がないこと、なくなることは「真の利益 genuine benefits」、つるたまさひでの訳では「まぎれもなく得なこと」。もう一つは、B:そのことは障害者を否定することにならないこと。つまり障害と障害者であることとを切り離せばよいということ。Bについては上の言明の中に直接の言明はないが、しかし、他でそういうことは言われる。また二つが組になっていないと、まったく普通の意味での障害者差別・障害者排除の言説でしかなくなってしまう。もしなおらなければそれはそれとして丁重に?遇するべきだが、なおるものならなおせばよいし、予防できるものなら予防すればよいという。これがたいがい最初に考えつくことだし、それでよい気もする。障害と障害者を生み出す公害企業を免罪するのかという問題もある。ここでは障害をなくすこと・発生させないために公害に反対するのは障害者差別だという批判は成立しないことになる。  べつにシンガーなどに言われなくてもよい。誰だって考えつくようなことだ。こういう啖呵の切り方に対して何が言えるだろうか。」

◆小原 信 19990420 『ホスピス――いのちと癒しの倫理学』,筑摩書房,ちくま新書195,222p. ISBN-10: 4480057951 ISBN-13: 978-4480057952 693 [amazon] ※ d01.t02.

 「今後、末期医療の継続を資源の無駄づかいとみるなら、高額の移植医療にかかる莫大な費用の是非についてもじっくり検討すべきであろう。尊厳死や安楽死の論客には、ひとの<0117<いのちを安易にあつかう人がいる。例えばP・シンガーは、意識のある間だけ生命の価値を認め、意識のない生命には価値がないとして、中絶も障害新生児の殺戮も認めている。
 ハイテク医療になれ平和ぼけした人間は、死の問題に「歴史」や「永遠」を結びつけない。皮肉なことに、医療が発達しても患者の数は減らない。むしろ人間の数が患者の数になる。その限りでは「医療は患者を製造する」(I・イリッチ)のだ。」(小原[1999:118]□)
 *言っていることがよくわからなない。

◆浅井 篤 20080229 「シンガーの自発的安楽死擁護論」,山内友三郎・浅井篤編『シンガーの実践倫理を読み解く――地球時代の歩き方』,昭和堂,23-48.

 ダイアン・プリティ(Diane Pretty)事件
 「彼女〔プリティ(Diane Pretty)英国43歳〕は病状が悪化するにしたがって前進の筋肉が萎縮し筋力が低下するという運動ニューロン病に罹患しており、最後には呼吸筋が侵され死に至るという運命にあった。首から下が完全に麻痺しており、発語はできず経管栄養で水分と栄養を得ていた。彼女は疾患それ自体による悲惨な死や経管栄養中断による緩徐な餓死ではなく人間的で尊厳ある<0029<死を願っていた。しかし彼女は意思決定能力はあるが文字どおりいっさいなにも自力ではできないので、その思いを実現するため夫に死なせて貰う必要があった。最初このカップルは夫が自分を死なせる行為をおこなっても違法にならないように英国裁判所に訴えていた。[…]
 シンガーは2002年のJournal of Medical Ethics の論考でダイアン・プリティーとBの事例を比較し、われわれにはそうすることで死ぬとしても医療行為を拒否する権利は持っているが、単なる治療中止が患者に死をもたらさない場合には誰かに死ぬのを助けてもらう権利はないというのが現状だと分析する。そして四肢麻痺状態患者が生命維持のための治療(Bの場合は人工呼吸)を受けている状況では望めばそれをやめて死ぬことができるのに、他方中止することで人間的に尊厳を持って死ぬことができるような医療行為を受けていない患者は、前者と同様の状態にあっても、望んでも死を選ぶことができない。これは不条理な状況ではないかと主張する。彼は問う。

 (他者を死なせるために:浅井追加)あるケースでは医師が人工呼吸器をオフにする必要があるという事実と、<0030<他のケースではプリティー氏が妻を死なせるために薬を与える必要があるという事実の間に道徳的に重要な差異はあるのだろうか。

 彼には自分にはその差異が何なのかわからないと述べる。倫理的にいえばBのケースとダイアン・プリティーのケースでは倫理的な差異よりも類似性の方が大きい。国家には四肢麻痺状態にある女性を彼女たちの意に反して生かし続けるどのような利益(利害関心)もない。そしてどちらのケースでも、彼女たちはいつ死にたいか、そしていつそうしてほしいかを自分で決定できるべきなのである(3)と主張する。」(浅井[2008:29-31])
 「参考文献
 (3) Singer, Peter 20020229 "Ms B and Diane Pretty: a commentary," Journal of Medical Ethics 28: 234-235.」(浅井[2008:47])

 Terri Schiavo(テリ・シャイボ)事件
 「彼女は摂食障害から昏睡状態に陥り10年以上植物状態にあり経管栄養チューブで生命維持されていた。夫は「妻は延命を望んでいない」として延命中止を望んだが、患者の両親は存命を求めた。彼女は明確な事前の希望を表明していなかった。つまり彼女の延命に関する自発的な希望は不明のままである。フロリダ州裁判所は夫を法的な後見人と認め治療中止を認めたが、両親の懇願に動かされた行政が介入し更なる裁判が続いた。「生きる権利」擁護者やカソリックの人びとが延命中止反対を繰り返し主張した。最終的には夫の主張が認められ、経管栄養チューブ撤去後2週間で患者は死亡した。
 アンソニー・ブランドに関する論考でも明らかなように、シンガーは大脳機能を永久的に失った存在は<0031<自己意識や他者との意思疎通能力を完全に欠きいわゆる「人格(personhood)」を完全に失っている。彼らは自分の生を生きることからどのような利益を得ることもない。彼らに対する延命行為も彼らにいかなる利益も与えない。患者にまったく利益を与えない延命をする必要はないと考えている(4)。したがってシャイボ・ケースにおける「生きる権利」擁護者たちの活動が、彼らの意図とは正反対に、多くの米国国民にテリー・シャイボと同じ状況になったら生き続けることを希望しないという意思を明示した事前指示書を書かせたのは大いなる皮肉であり、今後今まで以上に遷延性植物状態患者からの経管栄養チューブ撤去が増えるであろうと述べている(1)。彼は明らかにその現象を歓迎している。
 シャイボの「尊厳死」ケースが社会問題になっていた2003〜2005年の間には宗教関係者の発言も目立った。たとえば2004年ローマで開催された国際会議における「延命治療と植物状態」というカンファレンスでは、法王ジョン・ポール二世は「私は、たとえ人工的な手段で与えられていたとしても、水分と食物の投与は常に生命維持のための自然な方法を象徴するものであり、医療行為などではないことをとりわけ強調したい」と発言している。「また患者が死ぬことを承知で水分・栄養補給チューブを撤去することは「不作為による安楽死(enthanasis by omission)だ」とも述べている(5)。
 シンガーは2004年のFree Inquiryに"The Pope Moves Backward on Terminal Care"(「法王は末期ケアに逆行する」)という論文を発表し法王の発言を批判している。法王は遷延性植物状態患者の中には部分的に回復する者もいることと、現代医学では誰が回復するか特定することは不可能であることの<0032<二点を自らの延命支持論の根拠にしている。一方シンガーは患者の中には完全に大脳皮質が破壊され決して回復しない事例があり、それは画像診断で判定可能であるとする。またキリスト教関連の病院の現場では、チューブによる人工的水分・栄養補給は延命のための尋常ではない(通常ではない)手段である、患者とその家族に対する利益と負担のバランスを考えてその施行の適切さを判断する、チューブによる人工的水分・栄養補給が善よりも害をもたらすかどうかは実践的な判断だ、などのさまざまな立場があり、法王の見解は「現場」の考えと一致せず医療現場に混乱をもたらすと指摘する。しかし彼はここで次のように付け加えることを忘れない。

 (上記の意見を述べた論者は:浅井追加)経管チューブが自分に起きるどんなこともまったくわからない(意識しない)患者を、どのように害することができるのかを説明していない。(5)

 さらにもし法王の考えを文字どおり実践するならば、医療の倫理の中核として長く受け入れられてきた患者の自律の原則に抵触するであろうと主張する。遷延性植物状態で生き続けたくないと文書で宣言する人びとがおり、これは連邦最高裁判所でも認められている。法王の考えはこれに逆行し、個人が望むと望まないとに関わらず強制的に水分・栄養補給されなくてはならないという選択の余地のない「生きる権利」しか与えない。それゆえに法王の見解は倫理的に間違っていると判断するのである。そして豪州のカソリック系生命倫理学者ノーマン・フォードの「遷延性植物状態患者は飲んだり食べたりする本能を失いまった<0033<く食欲がないので、彼らに水分と栄養を与えることは、人間としての彼らの尊厳によって要求されることではなく逆に、彼らに対する尊敬の念の欠如を示すものだ」という見解をより人間的だと述べる。」(浅井[2008:31-34])

 「参考文献
 (1)Peter Singer: Making Our Own Decision about Death: Competency Should Be Paramount. Free Inquiry 2005; 25:36-8
 […]
 (4)Peter Singer: Is the Sanctity of Life Ethic terminally Ill? Bioethics 1995; 9:327-343.
 (5)Peter Singer: The Pope Moves Backward on Terminal Care. Free Inquiry 2004; 24:19-20.」(浅井[2008:47])

◆立岩 真也 2009/03/25 『唯の生』,筑摩書房,424p. ISBN-10: 4480867201 ISBN-13: 978-4480867209 [amazon][kinokuniya] ※ et.
 第1章 人命の特別を言わず/言う


REV:...20070425..20080404 0802 0925, 20090703, 20100104, 1004, 20110521
生命倫理(学) (bioethics)  ◇Bioethics  ◇環境/環境倫理/環境思想  ◇Kuhse, Helga  ◇WHO