HOME:ArsVivendi >


きてるをぶ。

催 2017

(生存学研究センター・催・2017)


Tweet
last update: 随時

 *このページにあるのは本研究センター関連の主催(共催…)の催しに限られます。
  より多くの様々な催しについては「催」をご覧ください。

   ■生存学研究センター・催・2016
   ■生存学研究センター・催・2015
   ■生存学研究センター・催・2014
   ■生存学研究センター・催・2013
   ■gCOE「生存学」創成拠点・催・2012
   ■gCOE「生存学」創成拠点・催・2011
   ■gCOE「生存学」創成拠点・催・2010
   ■gCOE「生存学」創成拠点・催・2009
   ■gCOE「生存学」創成拠点・催・2008
   ■gCOE「生存学」創成拠点・催・2007
   ■2006

グローバルCOE「生存学」創成拠点は2011年度3月をもって終了し、2012年度から研究活動は立命館大学生存学研究センターに引き継がれています

 ■行なわれた催し・2017



◆2017/01/29日 『近代日本の公衆浴場運動』合評会
 於:キャンパスプラザ京都6階 第1講習室
 主催:立命館大学生存学研究センター 共催:立命館大学先端総合学術研究科院生プロジェクト「科学史・医学史研究会」

◆2017/01/31火 現代社会エスノグラフィ研究会 2016年度第4回(公開・通算第12回) 「架橋する「自」と「他」:移動する人々への長期的・複数地調査から」
 於:立命館大学衣笠キャンパス 末川記念会館2階 会議室1室
 主催:立命館大学生存学研究センター 共催:立命館大学生存学研究センター研究プロジェクト・現代社会エスノグラフィ研究会

◆2017/02/04土 朝鮮学校が問うもの――映画『蒼のシンフォニー』上映会
 於:立命館大学衣笠キャンパス 充光館B1階301教室
 主催:立命館大学生存学研究センター 共催:立命館大学コリア研究センター

◆2017/02/04土 第5回「精神分析と倫理」研究会―現代的精神病理の展望:「サントーム」をめぐって―
 於:立命館大学衣笠キャンパス 洋洋館6階 第3研究会室
 主催:科学研究費(若手B)「現代精神医療倫理におけるラカン派精神分析思想の位置づけと意義に関する研究」(代表:上尾真道) 共催:立命館大学生存学研究センター、立命館大学人間科学研究所

◆2017/02/13月 岡村淳監督 ブラジル・ドキュメンタリー映画企画
 於:立命館大学衣笠キャンパス 充光館地下301教室室
 主催:立命館大学生存学研究センター

◆2017/02/25土 生存をめぐる制度・政策 連続セミナー「障害/社会」第10回「中国における障害者の権利:最新動向と将来展望」
 於:立命館大学朱雀キャンパス 3階307教室
 主催:立命館大学生存学研究センター、日本学術振興会学術研究助成基金助成金・基盤研究(C)「障害者の権利条約の実施過程の研究」(25380717) 協力:独立行政法人 国際交流基金

◆2017/02/26日 津久井やまゆり園事件を考える2・26大阪集会
 於:立命館大学大阪茨木キャンパスB棟3階室
 主催:津久井やまゆり園事件を考える大阪集会・有志 共催:立命館大学生存学研究センター




>TOP

■行なわれた催し

◆2017/01/09月 フェミニズム研究会 第8回(2016年度・第3回)公開研究会「性における差別と支配:ヴァルネラビリティをめぐって」
 於:立命館大学衣笠キャンパス 創思館401・402
 主催:立命館大学生存学研究センター研究プロジェクト・フェミニズム研究会




UP: 20170112 REV: 随時 

TOP HOME (http://www.arsvi.com)