HOME > WHO >

八代 英太

やしろ・えいた



・八代 英太
・やしろ・えいた
・本名:前島 英三郎
・1937年生 77.7国会議員に当選
 『愛は車椅子に乗って』60-76
 国会議員(自由民主党)

◆19770930 『負けてたまるか車椅子』
 毎日新聞社,222p. 850 横浜369.27
◆19790430 『車椅子からみた日本――わが福祉社会論序説』
 三一書房,236p. 980
◆19821225 『汗と涙の奮戦記』
 技術と人間,350p. 1100 勝又
◆19870216 「障害者の10年と障害者インターナショナル」
 『あくしょん』2:16-19
◆19911215 「まえがき」
 八代・冨安編[1991:001-004] ※
◆19911215 「日米関係,国際社会,そして日本」
 八代・冨安編[1991:369-416] ※
◆八代 英太・冨安 芳和 編 19911215
 『ADA(障害をもつアメリカ人法)の衝撃』
 学宛社,430p. 2800 ※

◆19781225 「マインド+マンパワー+ソフトウェア
 ――人間中心の福祉を凝縮した一語を!!」(連載1)
 『季刊福祉労働』01:143-145  東社
◆19790325 「ノーマライゼーション――福祉社会への合言葉?」(連載2)
 『季刊福祉労働』02:075-077 ※
◆19790625 「障害者福祉にとっての「革新」とは――主体性としての個の確立を」
 『季刊福祉労働』03:135-137 連載3 ※COPY
◆19791225 「歴史的転換期を前に
 ――いま障害者運動は厚生省に遅れを取っているのではないだろうか」(連載4)
 『季刊福祉労働』05:158-160 ※COPY
◆19800325 「障害者運動の孤立化をねらう?――五十五年度予算編成の過程から」
 (連載5) 『季刊福祉労働』06:160-162 ※
◆19800925 「算数の時間ではありませんが「最小公倍数の原理」をモットーにし
 よう!!――障害者問題の論議に欠かせぬ原理・原則」(連載8)
 『季刊福祉労働』08:079-081 ※
◆19801225 「提訴・教育・啓蒙――米・車いす弁護士の社会改革の方法」
 (連載9)
 『季刊福祉労働』09:104-106 ※
◆19810910 「訪韓の記(二)障害者施設の先駆者たち
 ――車椅子から見た世界と日本・2」
 『技術と人間』10-09(098):116-123 ※COPY
◆19811010 「訪韓の記(三)――車椅子から見た世界と日本・3」
 『技術と人間』10-10(099):148-155 ※COPY
◆19811110 「使っていない日本の技術(1)――車椅子から見た世界と日本・4」
 『技術と人間』10-11(100):182-189 ※COPY
◆19811210 「さらばミスター・アベレージ――車椅子から見た世界と日本・5」
 『技術と人間』10-12(101):132-139 ※COPY
◆19910201 「ADA成立を振り返る」
 『リハビリテーション』331(1991-02):12-16 ※COPY
◆19920301 「日米障害者協議会 第4回」
 『障害者の福祉』12-03(128):38-40 ※

 ※は生存学資料室にあり



障害者(の運動/史)のための資料・人  ◇WHO

TOP HOME (http://www.arsvi.com)