HOME > Index >

障害者(の運動)史のための資料・人

障害者(の運動)史のための年表本(発行年順)
Tweet


 病者障害者運動史研究

 *以下は主に『生の技法』(1990初版)のために立岩が収集したデータです。1990年代以降の情報はあまりありません。すみません。誰か補っていただければありがたいです。
 作成:20000103 更新:20000105 … 20020508 … (以降本頁末尾)


文献

■人(50音順・146人→157人(20170611))

あ〜お か〜こ さ〜そ た〜と な〜の は〜ほ ま〜も や〜よ ら〜ろ 

  
  □あ〜お□

◆ホーキング青山(あおやま・ほーきんぐ)
 『七転八転(ななころびやころび)』
 ホーキング青山 幻冬社アウトロー文庫 99年12月25日
 96年6月の「言語道断!――ホーキング青山自伝」(情報センター出版局)
 に加筆訂正
◇ホーキング青山 19991101 『笑え!五体不満足――車椅子の芸人ホーキング青山が生きることを本気で語る毒舌録』, 星雲社,168p. ISBN:4795244421 ISBN-13:9784795244429 1680 [amazon] ※ d/t02

赤堀 政夫

◆秋山 和明(あきやま・かずあき)
 ・東京青い芝の会
◇秋山 和明 1981 『自立への旅――イギリスの脳性マヒ者を訪ねて』
 自費出版,159p.,900
◇秋山 和明・秋山 ます子・一番ケ瀬 康子・高橋 義平・田中 豊・田端 光美・寺田 純一・寺田 嘉子・三沢 了・山田 明 1981
 「障害者の暮しと自立生活」(座談会)
 『ジュリスト増刊総合特集』24:110-131 ◇秋山 和明 19830601 「障害者の自立と住宅」
 『リハビリテーション』254(1983-6):17-20
◇秋山 和明 19851101 「「日・仏障害者シンポジウム」に参加して」
 『リハビリテーション』278(1985-11):36-38(リレー・車いすから眺めれば64)
◇秋山 和明 19860301 「自立と自立生活」
 『リハビリテーション』281(1986-2・3):44-46(リレー・車いすから眺めれば67)
◇秋山 和明 19860601 「ボランティアについて」
 『リハビリテーション』284(1986-6):46-48(リレー・車いすから眺めれば69)
◇秋山 和明 19861101 「私たちにとって今  地域とは……」
 『リハビリテーション』288(1986-11):29-31(リレー・車いすから眺めれば73)
◇秋山 和明 19870301 「日本的自立生活について」
 『リハビリテーション』291(1987-2・3):39-41(リレー・車いすから眺めれば76)
◇秋山 和明 19871001 「介護福祉士」
 『リハビリテーション』197(1987-10):41-43(リレー・車いすから眺めれば81)
◇秋山 和明 19871010 「私の工夫」
 『はげみ』1987-10・11(196):14-18
◇秋山 和明 199109 「ホ−ムヘルプサ−ビスに期待するもの」
 『月刊福祉』74-10:044-047(特集:ホ−ムヘルプサ−ビスを考える)

安積 遊歩(あさか・ゆうほ)/安積 純子
 ・1956〜 福島県→東京都
 ・バタバタの会
 ・CILくにたち援助為センター(東京都国立市)
  http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Suzuran/6780/

旭 洋一郎(あさひ・よういちろう)
 ・長野大学

◆阿部 司(あべ・つかさ)
 ・東京都国分寺市
 ・日本興業銀行に勤務,障害者リーダー米国留学研修派遣事業第3期生 (83.9〜84.3主にバークレー) 妹と同居 国分寺ハンディキャブ運営委員会・副委員長, ヒューマンケア協会 恋ケ窪・国分寺・西国分寺駅の改善をすすめる会・代表
 『CILSニュース』6:4-5, 11:7, 『自立へのはばたき』56-65
ダスキン障害者リーダー育成海外研修派遣事業

◆荒木 義昭(あらき・よしあき)
 ・東京都練馬区 *
 ・練馬区在宅障害者の保障を考える会
 ・光明養護学校 (高等部) 卒業→国立身障センター→自宅でテレビの修理業→青い芝の会都営住宅に 結婚 日野新施設建設に反対する会 (七人の会),東京青い芝 (『とうきょう青い芝』23:15,17(77) ,77.6.19 「東京青い芝総会に向けての統一要求書」, 32:4-5 (78) 練馬区在宅障害者の保障を考える会 全障連(第1・2・4回:副幹事)
『季刊福祉労働』12:58-64, 『創る会ニュース』3:3:4.
◇荒木 義昭 1980   「「障害者」の住宅問題を考える」
 『季刊福祉労働』7:33-42
◇荒木 義昭 19831225 「優生保護法改悪についての諸問題」
 『季刊福祉労働』21:036-044

◆淡路 真弓(あわじ・まゆみ)
 『障害者人生も、また楽し』(明石書店)

◆飯田 力
◇飯田 力 19810301 「自立と住居」
 『リハビリテーション』231(1981-2・3):24-27
◇飯田 力 19911225 「障害者にも健常者にも住みよいまちに――JR熊谷駅昇降機設置運動の歩み」
 『季刊福祉労働』53:081-085

◆井内 ちひろ(いうち・ちひろ)
 19641225〜障害は「骨形成不全」
 1988   障害者の移動交通問題を考えるグループTRY’89事務局長
 1989   メインストリーム協会副代表
 1990〜91 ミスタードーナツ障害者リーダー米国留学派遣第10期生として渡米
ダスキン障害者リーダー育成海外研修派遣事業
 現在   メインストリーム協会のピアカウンセリング部門のリーダー
◇井内 ちひろ 19810320 「自立生活運動発祥の地バークレー」
 『われら人間』056:15-16
◇井内 ちひろ 19900901 「CHIHIRO NOW そのT ピア・カウンセリング集中講座を通して思うこと」
 『めいんすとりいむ通信』005:57-59
◇井内 ちひろ 19900901 「CHIHIRO NOW そのU」
 『めいんすとりいむ通信』005:59-60
◇井内 ちひろ 19901101 「CHIHIRO NOW バークレーだより その1」
 『めいんすとりいむ通信』006
◇井内 ちひろ 19910101 「CHIHIRO NOW バークレーだより その2」
 『めいんすとりいむ通信』007
◇井内 ちひろ 19910401 「CHIHIRO NOW バークレーだより その3」
 『めいんすとりいむ通信』008
◇井内 ちひろ 19910601 「CHIHIRO NOW ただいま 皆さん!」
 『めいんすとりいむ通信』009
◇井内 ちひろ 19910901 「キリン記念財団助成研究開始にあたって」
 『めいんすとりいむ通信』010:02
◇井内 ちひろ 19911030 「自立生活プログラムに参加して――CIL・立川夏期集中講座」
 『CILたちかわ通信』005:04-05

◆伊沢 博(いざわ・ひろし)
 〜19990111
 自立生活センター大田IJK代表をつとめる
 鹿内忠一「弔文」

石川 准(いしかわ・じゅん)
 ・社会学者 静岡県立大学
ダスキン障害者リーダー育成海外研修派遣事業

石坂 直行(いしざか・なおゆき)
 ・進行性筋ジス1.1 ハンディツアーズ代表 一人ぐらし12年 (86) 電動車椅子使用  『われら人間』38:10
◇石坂 直行 1973 『ヨーロッパ車いすひとり旅』
 日本放送出版会,273p.,680
◇石坂 直行 19810930 「病弊し活力を失い不毛で貧困な社会――障害者の交通とまちづくりの問題点」
 『ジュリスト増刊総合特集24 障害者の人権と生活保障』:144-148

◆磯部 真教
 ・東京青い芝の会
◇磯部 真教 19730408 「青い芝の会東京支部結成にあたって」  『とうきょう青い芝復刻版 第1号〜第34号 1973年〜1978年9月』:005-011 ◇磯部 真教 19790328 「復刻にあたって」  『とうきょう青い芝復刻版 第1号〜第34号 1973年〜1978年9月』:003 ◇磯部 真教 19800731 「脳性マヒ者の独立と自由への道――ケア付住宅と自立」  『障害者と生活』02:34-37 ◇磯部 真教 19800731 「脳性マヒ者の独立と自由への道――ケア付き住宅と自立」
 『障害者と生活』02:34-37
◇磯部 真教 19820400 「東京都八王子自立ホーム」
 『はげみ』163→障害者自立生活実行委員会編[1983:64-67]
◇磯部 真教 19841215 「自立生活とは」
 仲村・板山編[1984:29-35]
◇磯部 真教・仲村 優一・三ツ木 任一・太田 修平・白石 清春・久保・斉藤 明子 1983 「自立生活」(座談会)
 『リハビリテーション』255(83-7):10-31
◇磯部 真教・今岡 秀蔵・寺田 純一 1988 「ケア付き住宅七年間の実践――東京都八王子自立ホーム」
 三ツ木編[1988:202-216]

◆糸賀 美賀子(いとが・みかこ)
 ・埼玉県越谷市
 ・埼玉県重度障害者職業自立協会越谷店「吐夢亭(トムテ)」コーディネーター
  ヒューマンケア協会主催の米国旅行に参加・自立生活始める[9105]
 ・「CILわらじ事務局。電動車いすで電車通勤し交通アクセス問題に大いに貢献してたいが、五月に引っ越してグッと事務所に近くなった。毎日電車に乗れず残念だけど、通信時間の短縮はウレシイ。昨年末パソコンを買ったので、メールください。」[19980625・著者(自己)紹介の部分]
 ・2001逝去
◇糸賀 美賀子・二宮 博之・堀 利和・八柳 卓史・石毛 えい子(司会) 19901225 「ADA――かいま見たアメリカ社会,そして日本は」
 『季刊福祉労働』49:048-069
◇糸賀 美賀子 19911225 「この十年、あなたも変わった、私も変わった。変わっていないのは何だろう?」
 『季刊福祉労働』53:014-016
◇糸賀 美賀子 19940320 「覚えておこう七つの心得」
 『われら人間』068:12-14(特集:電動車いすを使いこなそう)
◇糸賀 美賀子 19980625 「「介助者」という仕事と、介助される側と
 ――地域に根ざした日本流「自立生活」」
 『季刊福祉労働』79:038-045(特集「ケアマネジメントって何だ?」)

 『月刊わらじ』7月号「号外」=「7/15(日)虫干しバザー御協力要請
&合宿等お知らせ号」より

「「雨がちょっと止んで,越谷市恩間新田の田圃の向こう
に夕日が見えました。
 二〇数年前、この田圃の周りは、まだ舗装されていない
細い畦道でした。故新坂光子さんと現オエヴィス大家の幸
子さんは、武里団地周辺に住むわらじの仲間に車椅子を押
されながら、うつむいて夕闇迫る恩間新田に戻ってくるの
でした。」と書いたのは、おととしのこの号外でした。そ
の幸子さんが逝ったのは、去年の衣料品バザーのすぐ後の
ことでした。彼女は生活ホームで地域のみんなに看取られ
ながら、生まれ育った恩間新田の土に還りました。
 そして、今年つい先日、ケアシステムわら細工事務局長
の糸賀美賀子さんが、千間台のアパートで倒れ、二週間の
入院の後、逝ったばかりです。かって中途障害でひっそり
リハビリ生活を送っていた彼女は、新坂姉妹らと出会う中
で変身し、赤いおしゃれな電動車椅子で各地の障害者運動
にかかわる多忙な日々を送っていました。
 おととしの号外はこう結んでいました。「福祉という光
よりも、私たちは暮らしの闇の奥に潜む温かさをこれから
も大事にしていきたいと思います。」介護保険よりも何よ
りも、ひっそりと又壮絶に生き、死んでいった人たちの積
み重ねてきた石の山こそ、みんなで共有し、街づくりに生
かすべき財産です。
 そんな思いを込めて、今年も第四公園でリサイクル衣料
市。そして、あなたは?」

猪野 千代子(いの・ちよこ)
 ・19360530〜1999

◆伊吹 重代(いぶき・しげよ)
 ・広島県尾道市 *CP
 ・1939?〜19810317
 ・滋賀生/30歳まで在宅/未就学/堀勝子のことを新聞で知り福井の授産施設光道園に10年堀の影響と親崎が連れて訪れたことのある広島青い芝の会のつて→7911尾道で自立生活始める/生活のほとんどに介助必要/尾道短期大学の女子学生を中心に14-15人/夕方5〜7夜9〜朝8時が基本/生活保護(住宅扶助, 障害者・他人介護加算)/810317尾道で電動車椅子に乗っていて山陽本線の踏切で夜10時近く貨物列車にはねられ死亡。
・『そよ風』6:41-47,7:38-39,『ユニーク自立埼玉』:122-126
◇広島青い芝の会 発行 1981 『伊吹重代さん追悼文集』
 84p. 700

◆今岡 秀蔵(いまおか・しゅうぞう)
 ・東京青い芝の会
◇今岡 秀蔵 1984 「介助・援助――介護からの解放」
 仲村・板山編[1984:86-96]
◇今岡 秀蔵 1985 「生活と活動の拠点に向けて」
 『療育の窓』54:27-31
◇今岡 秀蔵 19851220 「共に学び  生きる」
 『われら人間』035:13-16
◇今岡 秀蔵 1986 「所得保障要求運動がめざしたもの」
 『療育の窓』56:18-22 ◇今岡 秀蔵 1987 「施設改革の道半ば――東京都八王子自立ホーム七年目の呟き」
 『障害者の福祉』7-6(87-7):18-20

◆今西 正義(いまにし・まさよし)
◇今西 正義 19920325 「交通アクセスの自由を求めて――誰もが使える交通機関を求める全国大行動」
 『福祉労働』54:104-106
◇今西 正義 19920920 「特集/「国連・障害者の一○年」を評価する QWLは果たして進んでいるのか」
 『われら人間』062:12-14

◆今福 義明(いまふく・よしあき)
 ・京都市 障害者リーダー米国留学研修派遣事業第4期生
 ・きょうと障害者行動センター 〔聞 87.8.24〕
ダスキン障害者リーダー育成海外研修派遣事業

入部 香代子(いるべ・かよこ)
 ・1950〜20130724
 ・大阪府
 ・大阪府豊中市議員

岩楯 恵美子(いわたて・えみこ)
 ・東京都国分寺市 普通学級への入学運動を行う

◆碓井 英一(うすい・えいいち)
 ・東京都世田谷区 CP1.1 1940 神奈川生
 ・家族と世田谷に住む 『しののめ』同人, 『こころの友』世田谷区ミニキャブ区民の会副運営委員長・『われら人間』38:11住所:『そよ風』40:2
◇碓井 英一 19801210 「よりよき明日の地域社会をめざして――世田谷ボランティア連絡協議会の活動から」
 『われら人間』015:11-15
◇碓井 英一 19871120 「実現にむけての運動から」
 『われら人間』043:16

◆宇都宮 辰範
 ・東京都中野区新井2-3-20おおくら荘 *骨形成不全1.1
 ・19530604 愛媛生 就学免除 1978に四国宇和島から東京に出てきて一人暮らし生活のほとんどに介助を要する 1984.2.20死去
 『そよ風』1:79, 26:49 『福祉労働』20:119-121

梅谷 尚司(うめたに・しょうじ)
◇尚司君の富中入学を実現し,みんなで教育を考える会 1978?
 『富中へいきたいねん!』
 尚司君の富中入学を実現し,みんなで教育を考える会,12p.
◇尚司くんの富中入学を実現し,みんなで教育を考える会 1979
 『尚ちゃんも富中生』 64p. 500
◇梅谷 明子 19790625 「養護学校へはもう絶対にやらない」
 『季刊福祉労働』03:093- 
◇梅谷 明子 19800325 「義務化から一年,尚司の場合」
 『季刊福祉労働』06:091-100
◇尚司くんの富中入学を実現し,みんなで教育を考える会 1981
 『3年T組 梅谷尚司』 17p. 100
◇梅谷 明子 19810325 「義務化から二年,再び尚司の場合」
 『季刊福祉労働』10:048-059,
◇三宅 一志(写真・文) 19810925 「梅谷尚司君の生活」
 『季刊福祉労働』12:001-004
◇三宅 一志(写真・文) 19810925 「尚司君の放った矢」
 『季刊福祉労働』12:024-030
◇梅谷 明子 19840325 「地域の学校を卒業してからの進路」
 『季刊福祉労働』22:052-058
◇斎藤 信子 19860625 「河野秀忠著『匂うがごとく――梅谷明子の場合』」(書評)
 『季刊福祉労働』31:083-084
・尚司君の未来切り拓きみんなで生活を考える会「大柳生牧場」
 奈良県奈良市 『キャラバン報告集』

箙 田鶴子(えびら・たづこ)

◆遠藤 阿沙(えんどう・あさ)
 ・東京都世田谷区 *CP1.2   ・1978滋氏と結婚 79.3信 (しん) 誕生 81.11.3 慧 (けい) 誕生・この時, ヘルパー週4回,緊急介護人が月8回(1回2時間)…

遠藤 滋(えんどう・しげる)
 ・東京都世田谷区 *CP1.1
 ・1947生 光明小・中学部 日本学園高校 立教大文学部日本文学科卒 青い芝の会・『青い芝』79 74.4光明養護学校へ着任 『苦海をいかでかわたるべき』 東京青い芝の会 (78年度年金 (介助料問題) 担当), 『とうきょう青い芝』32:3 東京都障害児学校解放研究会

◆大澤 たみ(おおさわ・たみ)
 東京都日野市南平1-32-2(事務所)
 ピープルファーストはなしあおう会代表

◆大下 京子(おおした・きょうこ)
 ・長野県松本市
 ・自立支援センターちくま
 ・松本市障害者自立支援センター「ぴあねっと21」所長(199910〜)
 ・199811結婚 1999長子誕生

◆大須賀 郁夫(おおすが・いくお)
 ・東京都
 ・頚損 (69?) +内部障害 週3回の人工透析を受ける
 ・第一若駒の家所長 76〜ケア付住宅検討会委員
◇大須賀 郁夫 19940625 「旅行と情報」
 『季刊福祉労働』63:043-049

◆太田 修平(おおた・しゅうへい)
 ・東京都国立市 CP,19570401
 ・障害者の生活保障を要求する連絡会議(障害連)
 ・障害者の生活保障を要求する連絡会,都委員会委員[1998]/76光明高等部卒→東京都清瀬療護園 (東京青い芝の会が入れるように都と交渉) ・『苦海をいかでかわたるべき (下) 』:229 自治会会長 (『Z8R』:75-79 ) 東京青い芝の会 (77年度事務局員, 78年度編集担当) 障害連・代表幹事 (83) 事務局長 (84) 障害者自立生活セミナー実行委員・『自立への胎動』:58-59, 『そよ風』20:58
◇太田 修平 19850925 「書評:近田洋一『駅と車椅子』」
 『季刊福祉労働』28:099
◇太田 修平 19860925 「独立の願いをふみにじる費用徴収」
 『季刊福祉労働』32:121-127
◇太田 修平 19880925 「費用徴収反対と施設改革運動のもつ意味」
 『季刊福祉労働』40:19-033
◇太田 修平 19990625 「書評:『生の技法――家と施設を出て暮らす障害者の社会学』
 『季刊福祉労働』51
◇太田 修平 19930325 「(ブックガイド)自分自身の言葉で語られ、だれにもわかりやすい 『私たちにも言わせて・ぼくたち私たちのしょうらいについて――元気のでる本』『知っていますか?障害者問題一問一答』『知っていますか?精神障害者問題一問一答』」
 『季刊福祉労働』58:133-134
◇太田 修平 19940320 「楽しく安心して街を走れるように」
 『われら人間』068:10-12(特集:電動車いすを使いこなそう)

◆太田 武二(おおた・たけじ)
 ・*CP "27歳から12年間施設 (緑風園), 青い芝神奈川県連合会に75入会 (『あゆみ』26(75):44) 85年かたつむりの家を経て自立。三多摩在障会・会長 24時間介助必要 ヘルパー4/週(もとボランティアをヘルパーとして登録1人→4人?) →47000 /月, ボランティア35・〔聞 86.7.25 86.11.19 87.4.24 〕 [90]国立市矢保→国立市西2-3-7→91山口に→91秋東京に帰る[91]

大野 萌子

奥山 幸博(おくやま・ゆきひろ)

小山内 美智子(おさない・みちこ)
 ・札幌いちご会
  http://www.d1.dion.ne.jp/~ichigo/index.htm

尾上 浩二(おのうえ・こうじ)
 ・大阪府

  
  □か〜こ□

◆掛貝 淳子(かけがい・じゅんこ)
 ・東京都国立市 *CP1.1 1954〜
 ・施設12年, 在宅10年 (田無市, 外出・泊まり・留守番の時の介助者は何人か) ののち, 1983.7.1「かたつむりの家」 (最初の利用者) , 7.30アパートに引っ越す・@。介助は24時間必要。時間 200円を介助者に均等に払う (85.3 85.7 『『CILSニュース』7:3, 8:4) 。1985から特別基準・A。三多摩自立生活センター利用会員 三多摩在障会・CILSニュース』1:4-5 ・@, (1:6・介助者の文章), 4:5, 5:2, 9:2,4,5・A, 10:8〔聞 86.9.30〕
◇掛貝 淳子 19910925 「ほんの一歩から」(インターチェンジ 街に生きて)
 『季刊福祉労働』52:116-117
◇掛貝 淳子 19911225 「重度障害者が街に根づくには」(インターチェンジ 街に生きて)
 『季刊福祉労働』53:104-105,1236

◆柏木 正行(かしわぎ・まさゆき)
 ・京都 *CP1.1 19450415 和歌山市生
 ・61 秋 和歌山県愛徳整肢園 62夏 受礼 64春退園 72春こひつじの苑80.2より自立 (京都市伏見区) 86春 車いす住宅に移る 京都市・ペンギンの会 ・ 詩集『こひつじの詩』 (76冬) 『むくの木の詩』(81.1 批評社) 『そよ風』0:82-87, 1:29-33, 4:34-35, 13:69 『ZR』5:41-46, 7:13-17
◇柏木 正行 1981 『むくの木の詩』
 批評社,166p.,1500

勝矢 光信(かつや・みつのぶ)
 ・東京都 脊髄性進行性筋萎縮症 1947生
 ・普通校卒 74電動車イスを手にいれる 公務員試験, 面接で不合格となるが,働きかけて在宅の一人暮らしの老人に電話をかける仕事・江戸川区役所厚生部孝行係嘱託 78麻美子と結婚2女あり ミスタードーナッツ研修生としてバークレーへ 両親・弟と住む妻が介助(車イスに乗せる,湯船から引き上げる),後は自分で・『そよ風』1:108 『リハビリテーション』86-11(288):25-28 (娘の参観 文庫活動) 『療育の窓』63 (87.12.8):23-26. 『愛は車椅子に乗って』:108-122.
◇勝矢 光信 19821001〜 「バークレー便り」
 『リハビリテーション』247(82-10):32-33,248(82-11):34-35,249(82-12):42-43,250(83-1):40-41,251(83-2・3):42-43
◇勝矢 光信 19900925 「ハンディが大きいほど,スポーツの喜びは大きい」
 『季刊福祉労働』48:087
ダスキン障害者リーダー育成海外研修派遣事業

金井 康治(かない・こうじ)
 〜19990911

◆金沢 英児(かなざわ・えいじ)
 ・19310000 東京生 CP
 ・光明学校中学卒 しののめ会に参加・『しののめ』36 57.11 「青い芝の会」発起人 59.7.3〜会長 65結婚 76.1.26 死去
 『遺書 光を求めて』 (金沢智世編) , 『青い芝2周年記念号』『4』『5』

◆金沢 恂(かなざわ・じゅん)
 ・東京都北区 CP 19270000 鎌倉生
 ・3歳の時CP 不就学 1956 「カトリック身体障害者の会59結婚 クリーンジャパン株式会社 (産業廃棄物処理) 常務取締役
 『しののめ』39,43,48, 49, 51〜86,87 青い芝の会『青い芝3周年記念号』『5』『障害者私論』(82)他

川内 美彦(かわうち・よしひこ)
ダスキン障害者リーダー育成海外研修派遣事業

◆菊池 洋子(きくち・ようこ)
 ・東京都立川市
 ・自立生活センター・立川

◆菊間 八郎(きくま・はちろう)
 ・東京都
 ・清瀬療護園〔88.3.23 聞き取り〕

◆岸田 美智子(きしだ・みちこ)
 ・大阪市住吉区 CP1.1 195307
 ・日常動作のほとんどすべてに介助が必要 1975 大阪府立堺養護学校卒業 在宅 母の介助 外出はボランティア 1981.3〜 おおさか行動する障害者応援センター事務局員, セルフ社 1983 女性障害者問題を考えるグループ「ガヤガヤウーマン」を始める ・『そよ風』0:26, 『私は女』:261-274 『すたこらさん』7

金 満里(きむ・まんり)
 ・劇団態変

木村 浩子(きむら・ひろこ 1937〜)

楠 敏雄(くすのき・としお 1944〜)
 ・全国障害者解放運動連絡会議(全障連)

倉本 智明(くらもと・ともあき)
 ・大阪府

◆黒田 悦子(くろだ・えつこ)
 ・長野→東京都
◇黒田 悦子 19921220 「アメリカで生まれ変わった私」
 『われら人間』063:10-13(特集:障害者と国際交流)
ダスキン障害者リーダー育成海外研修派遣事業

◆小松 忠夫(こまつ・ただお)
◇小松 忠夫 19821025 「自立生活と施設生活」
 芝草の会編[1982:11-23]
◇小松 忠夫 19821025 「私にとっての脳性マヒ者共同作業所」
 芝草の会編[1982:96-98]
◇小松 忠夫 19821025 「幼ない時からの障害者の所得保障を要求する行動に参加して」
 芝草の会編[1982:98-101]

◆小峰 和守
 ・療護施設自治会全国ネットワーク
◇小峰 和守 19940625 「施設居住者の外出の可能性と実践」
 『季刊福祉労働』63:050-058

小山 正義

◆近藤 秀夫(こんどう・ひでお)
 ・東京都町田市
 ・町田市役所職員→
 ・車いす市民全国集会・事務局長(  〜  )
 ・町田ヒューマンネットワーク

  
  □さ〜そ□

◆酒井 仁(さかい・ひとし)
 ・東京都 *
 ・62才・自立して1年4か月(1987.2.16)
 青い芝神奈川県連合会会員『あゆみ』19(73):3-12, 19-20, 23(74):10 →かたつむりの家に2週間居住の後自立三多摩在障会 〔聞 87.2.16 (かたつむりの会) 〕

境屋 純子(さかいや・じゅんこ)

佐々木 千津子(1947/12/28〜2013/08/18)
 障害者生活支援センター てごーす/広島青い芝の会

定藤 丈弘(さだとう・たけひろ)(〜1999)

佐藤 きみよ(さとう・きみよ)
 ・北海道
 ・人口呼吸器使用者ネットワーク
 ・自立生活センターさっぽろ

◆里内 龍司(さとうち・りゅうじ)
 ・茨城青い芝の会
◇里内 龍司 19841215 「CPの使命と現代の労働」(読者の広場)
 『季刊福祉労働』25:160-163
◇里内 龍司  19890401 「障害者だけの大学「筑短」はいらない――筑波技術短期大学着工阻止闘争」
 『季刊福祉労働』42:143-148

◆沢口 京子(さわぐち・きょうこ)
 ・北海道
 ・旧姓:長峯 札幌いちご会 79.7.15沢口動一氏と結婚 『自立生活 ETCETRA』:129-131
◇沢口 京子 19931010 「遅咲き京子のカナダ報告記」
 『いちご通信』102:04-10
◇沢口 京子 19940320 「私は電動車いすの暴走族」
 『われら人間』068:08-10(特集:電動車いすを使いこなそう)

鹿野 靖明(しかの・やすあき)
筋ジストロフィー

◆志野 雅子(しの・まさこ)
 ・CP 在宅・父の死 →68.10.4 府中療育センター→日野療護園→87.4自立都立府中療育センター在所生有志グループ 『府中療育センター移転阻止闘争』:18-19
◇志野 雅子 1976 「施設の中から私は闘う――人間として, 女として」
 『新地平』30(76-11):70-77

◆島崎 由美子(しまざき・ゆみこ)
 ・郡山市出身→長野県上田市→
 ・*CP1
◇島崎 由美子 19871225 「障害者(児)自立の家・わっこ」(地域の芽)
 『季刊福祉労働』37:094
◇島崎 由美子 19930625 「自立生活において生じる事」(インターチェンジ 街に生きて)
 『季刊福祉労働』59:118-119
◇島崎 由美子 19930925 「出産、多くの人の輪の中での育児(インターチェンジ 街に生きて)」
 『季刊福祉労働』60:084-085

◆志村 哲郎(しむら・てつろう)
◇志村 哲郎 19861116 「アメリカ・バークレーにおける障害者自立運動」(哲郎のWORLD事情・1)
 『あくしょん』1:36-39
◇志村 哲郎 19870216 「バークレー訪問記」(哲郎のWORLD事情・2)
 『あくしょん』2:34-37
◇志村 哲郎 19870525 「バークレー訪問記」(哲郎のWORLD事情・3)
 『あくしょん』3:36-40
◇志村 哲郎 19870825 「上海訪問記」(哲郎のWORLD事情・4)
 『あくしょん』04:36-40
◇志村 哲郎 19871126 「上海訪問記」(哲郎のWORLD事情・5)
 『あくしょん』5:56-59
◇志村 哲郎 19880225 「ロンドン訪問記――経済大国・日本VS斜陽の”英国病”」(哲郎のWORLD事情)
 『あくしょん』06:48-51
◇志村 哲郎 19880613 「ロンドン訪問記――これからが気になるグリニッジCIL」(哲郎のWORLD事情)
 『あくしょん』07:56-59
◇志村 哲郎 19891015 「老いを生きる――老人ホーム・福祉施設の老人」
 『あくしょん』12:14-21
◇志村 哲郎 19910610 「障害者の地域自立の可能性――障害者と共に生きる母親の聞き取りを通じて解放運動の展開過程と障害者の地域自立W」
 『解放社会学研究』05:065ー077
◇志村 哲郎 19920625 「書評『ポストモダン・フェミニズム』金井 淑子著」
 『ノーマライゼーション研究』1992年年報:189-192

白石 清春(しらいし・きよはる)
 ・福島県→神奈川県相模原市→福島県
 ・福島県青い芝の会
 ・脳性マヒ者が地域で生きる会(神奈川県相模原市,  〜  )
 ・CP 福島郡山養護学校→在宅72郡山市の福祉サークルに入り活動 (23歳) 73?福島青い芝の会会長 自立連代表
 『道程』:141-181, 『生きる』2:6-17,3:1,8:1-4,10・11:8-11,12:1,19:28-37『はげみ』86-2・3:17-22 聞86.8.29〕

鈴木 絹江(すずき・きぬえ)
 福島県田村郡船引町
 ・福島県青い芝の会

◆鈴木 利子(すずき・としこ)
 ・千葉県千葉市
 ・「障害者」が地域で生きる会
 ・*CP 1948生 8歳の時児童施設に〜18歳 1月ほど在宅 ベテスダホーム (重度授産施設) 1978.4〜自立 24時間介助必要 他人介護料特別基準 「障害者」が地域で生きる会代表  『福祉労働』17:26-33,『私は女』:21-46,『女性「障害者」の差別への怒り』:9-10『生きる会ニュース』各号『障害者の自立生活』 (全障連):33-34
◇鈴木 利子 19821225 「障害者の生きる権利と公的介護保障」
 『季刊福祉労働』17:026-033
◇鈴木 利子 19830325 「ホームヘルパー制度改「正」その後」
 『季刊福祉労働』18:111-112

◆須田 雅之(すだ・まさゆき)
 ・東京都世田谷区
 ・CP1.2 1955生 73光明養護学校高等部卒業 明治大学生活共同組合に勤務身体障害者介護人派遣制度の改善を求める会 事務局長 『季刊福祉労働』9:74-81 『苦海をいかでか渡るべき』:246 「10年」研 (第二期) に参加
◇須田 雅之 1980 「障害者の自立に向けて――「介助」をめぐる問題からの洞察」
 『福祉労働』9:74-81


  
  □た〜と□

高 真司(たか・しんじ)
 ・石川県金沢市
 ・*CP1.1 19501201生 車椅子使用 1978?自立 中尾・山口と合わせて介助者30(83) 石川障解委障害者自立センターをつくろう会 (『全障連12回大会』:245) 87年春の統一地方選に立候補, 次点・『そよ風』10:54, 14:4-9, 31:41 
◇高 信司 19940226 『戯曲 春の雪』
 北国新聞社,102p. 1500

高野 岳志
 ・1957?〜19841227 千葉市宮崎町
 ・宮崎障害者生活センター *筋ジス 1957?生 国立療養所下志津病院に9歳で入院 81.4.4に宮崎障害者生活センター開設 父の反対・9.19病院を出て自立 専従介助者:加藤祐二 (月11万) +高橋恵 (下志津の看護婦) と住む 家族と親戚から15万, 86000 を受け取り, 残りをセンターの資金として貯金 加藤専従をやめる (加藤は新しい自立センターを設立 福嶋〔1987〕) 841227死去・『そよ風』9:38-43, 20:39-40, 22:35

◆高橋 栄一(たかはし・えいいち)
 ・大阪市東住吉区 CP1.2 19360301〜1984.2.28 68結婚 1男1女をもうける 71出産後妻病死 就学闘争:全障県→73リボン (テレビで紹介されているのをみて) 73〜80夜間中学・高校 長男と2人暮らし 両親からの依託によるアパート管理,家賃の集金などにより生計をたてる 73.4大阪青い芝の会の初代会長 74年には役員を辞める
・『そよ風』3:33-53,19:37

高橋 修(たかはし・おさむ)
 ・自立生活センター立川・代表(〜1999)
 ・19480725〜19990227

高嶺 豊(たかみね・ゆたか)
 ・1949.9.2〜

田中 邦夫(たなか・くにお)

◆辰田 安信(たつた・やすのぶ)
◇辰田君遺稿集発行委員会 1974????? 『補囚の呻き――辰田安信遺稿集』
 りぼん社,50p.

◆谷口 明広(たにぐち・あきひろ)
 ・京都 *CP 
 ・障害者リーダー米国留学研修派遣事業第2期生(バークレー)84.3大学院卒業, 京都で自立生活を始める
ダスキン障害者リーダー育成海外研修派遣事業
◇谷口 明広 1983 「脳性マヒ者の自立生活と問題点」
 小島編[1983:61-68]
◇谷口 明広 19840720 「CILの街,バークレー体験記」(世界の障害者 13)
 『われら人間』029:34-37
◇谷口 明広 1986 「「自立生活」における介護問題」
 『障害者の福祉』6-8(86-8):21-27
◇谷口 明広 1988 「当事者組織活動へのソーシャル・サポート・ネットワークの方向――重度身体障害者への自立生活支援活動を中心として」
 『社会福祉研究』42:37-41,50
◇谷口 明広 1988 「重度身体障害者の日本的自立生活を求めて」
 三ツ木編[1988:331-336]
◇谷口 明広 19910925 「「自立」とは,前向きの生き方」
 『季刊福祉労働』52:036-039
◇谷口 明広 1991 「自立生活プログラムの現状と課題」
 第2回自立生活問題研究集会実行委員会編[91:39-46]
◇谷口 明広 1992 「障害者自立生活の思想――障害をもつ人たちの役割観を中心に」,
 『社会福祉研究』54:18-23

田部 正行(たべ・まさゆき)

堤 愛子(つつみ・あいこ)

津野田 真理子(つのだ・まりこ)

◆寺田 嘉子
 ・東京青い芝の会
 ・76〜ケア付住宅検討会委員 (東京青い芝の会) 八王子自立ホーム
◇寺田 嘉子 19841215 「自立への一つの道――東京都八王子自立ホーム」
 仲村・板山編[1984:260-267]

寺田 純一(てらだ・じゅんいち)
 ・19380529〜
 ・東京青い芝の会
 ・CP (アテトーゼ型) 19380529生 青い芝 障害者自立生活問題研究会(所属:自立ホーム)所保連幹事 『青い芝2周年記・念号』『3』,『碍』2:6-7『はげみ』86-2・3:27-30

◆時田 和明(ときた・かずあき)
 ・大阪市 CP 1949.6.9生 日吉小学校→堺養護学校高等部卒 誰でも乗れる地下鉄をつくる会,障害者交通問題連絡協議会 おおさか行動する障害者応援センター, セルフ社 81年国際障害者年実行委員会委員長 在宅
 〔聞 87.8.25) 『そよ風』0:4-9, 『すたこらさん』7
◇時田 和明 19931030 「移動と保障運動」
 定藤・岡本・北野編[1993:150-172]

  
  □な〜の□

中西 正司(なかにし・しょうじ)
 ・東京都
 ・ヒューマンケア協会事務局長→ヒューマンケア協会代表
 ・DPI日本会議前議長・JIL常任委員

◆中西 由紀子(なかにし・ゆきこ)
 ・東京都
◇中西 由紀子 1992 「国際協力を目指した国際交流――アジアの障害者自立を願って」
 『われら人間』63:4-5
◇中西 由紀子 1993 「CBRの実践」(インタビュー)
 『障害者の福祉』13-9(146):39-41
◇中西 由紀子 1994 「アジア障害者問題研究会報告」

長野 英子

◆長橋 栄一(ながはし・えいいち)
 ・京都府
 ・元:車いす市民全国集会・代表   ・日本自立生活センター(JCIL)・代表
 ・元:八王子ヒューマンケア協会 運営委員
 [聞 87.8.24 〕『そよ風』3:4-9
◇長橋 栄一 19800720 「街づくりは人間づくり――長橋栄一さんと京都を歩く」
 『われら人間』013:36-40

中山 善人
 ・福岡県
 ・福岡青い芝 全国青い芝会長

◆名古屋 足窮(なごや・たるみ)
 ・* 1977療育センター (9年間)を退所 国立 (『とうきょう青い芝』23:27) 都立府中療育センター在所生有志グループ・『府中療育センター移転阻止闘争』:16-17 日野新施設建設に反対する会 (七人の会) 77.6.19 「東京青い芝総会に向けての統一要求書」くにたちかたつむりの会(『ZR』4:12-15 )

生瀬 克己(なませ・かつみ)

仁木 悦子(にき・えつこ)
 ・〜1986.11.23
 ・本名:二日市三重 推理小説作家 〜1986.11.23 『そよ風』 29:88

新田 勲(にった・いさお)
 ・19400926〜 東京都北区
 ・* 19400926生 〔聞〕『創る会ニュース』1:10-11,2:2-3,3:3-6,5:2-4,6:14-15,3:3-6,7:8『それでも地域に…』:14-1・ニュース』1:10-11,2:2-3,3:3-6,5:2-4,6:14-15,3:3-6,7:8『それでも地域に…』:14-16『全障連』13:14 (1980東京青い芝の「年金一本化7万円要求」の批判)『福祉労働』17:17-25「重度障害者の自立と介護保障」在宅障害者の保障を考える会85〔聞87.5.26〕
◇新田 勲 19821225 「専従介護者にたくす介護保障」
 『季刊福祉労働』17:017-025
◇新田 勲 198704 「共同専従への移行についての提言(その2)」
 『創る会ニュース』007:06
◇新田 勲 19890625 「介護保障運動の取り組みの歴史とその展望」
 『あくしょん』11:26-31
◇新田 勲 19910725 「アドルフ・ラツカ氏の講演を聞いて――スウェーデンの自立生活協同組合とは?」
 『要求者組合通信』018:02-04

◆野上 温子(のがみ・はるこ)
 ・東京都
 ・全社協→ヒューマンケア協会事務局員→
 ・CILくにたち援助為センター(東京都国立市)
  http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Suzuran/6780/
◇野上 温子 1993 「ピア・カウンセリングは自立生活への鍵」
 『月刊福祉』76-1(1993-1):66-71
◇安積 遊歩・野上 温子・樋口 恵子 編 1992
 『ピア・カウンセリング集中講座テキスト』,
 全国自立生活センター協議会ピア・カウンセリング小委員会,16p.,非売品
◇安積 遊歩・野上 温子 編 19990520
 『ピア・カウンセリングという名の戦略』,青英舎,231+13p. 1524円

野口 俊彦(のぐち・としひこ)
 ・1951〜 筋ジストロフィー
 ・東京都立川市
 ・自立生活センター・立川 事務局長(1991〜)→代表(1999〜)

  
  □は〜ほ□

◆橋本 和子(はしもと・かずこ)
 ・長野県松本市
 ・松本市障害者自立支援センター「ぴあねっと21」所長(199910〜)

橋本 広芳
 ・福島県郡山市
 ・福島県青い芝の会

橋本 みさお(はしもと・みさお)
 ・さくら会/日本ALS協会/日本ALS協会東京都支部

長谷川 良夫(はせがわ・よしお)

花田 春兆(はなだ・しゅんちょう)

花田 実(はなだ・みのる)

東 俊裕(ひがし・としひろ)

樋口 恵子(ひぐち・けいこ)

◆平井 誠一(ひらい・せいいち)
 ・全国障害者解放運動連絡会議(全障連)
◇平井 誠一 19890401 「差別を絶対に許さない闘いへ!――石川重朗君第六中学校転籍十二月連続行動」
 『季刊福祉労働』42:113-115
◇平井 誠一 19900925 「第15回全障連全国交流大会報告――切り開こう,90年代に反差別・共生の社会の展望を!」
 『季刊福祉労働』48:129-134
◇平井 誠一 19910220 「ADA成立のニューヨーク,実感?!――反差別国際運動理事会・国連要請行動/ニューヨーク 1」
 『全障連』104:15-19
◇平井 誠一 19910417 「ADA成立のニューヨーク,実感?!――反差別国際運動理事会・国連要請行動/ニューヨーク 2」
 『全障連』107:14-19
◇平井 誠一 19920605 「障害者への情報と仕事の提供を!――パソコン通信ネット「LIVE」を開局」
 『全障連』113:17-19
◇平井 誠一 19920625 「パソコン通信ネット「Live」の開局」
 『季刊福祉労働』55:041-047 1236
◇平井 誠一 19930415 「反差別国際運動総会報告――フィリピン視察2」
 『全障連』118:03-06
◇平井 誠一 19990325 「教育とは、障害の軽減や教科を教えることだけではない」
 『季刊福祉労働』82

◆平田 浩二(ひらた・こうじ)
 ・19510613〜
 東京都世田谷区  *CP1.3 →1.1 19510613生 62光明養護学校小学部, 梅ケ丘中学, 明正高校夜間部卒業 荒木裁判闘争, 府中療育センター問題に関わる 青い芝の会 職場を9つ?変える 世田谷区「身体障害者介護人派遣事業制度の改善を求める会」事務局員 東京青い芝の会・『とうきょう青い芝』32:4 (78年) 「国連・障害者の10年」研究会に参加・『苦海をいかでかわたるべき(上)』:245-274 〔88.3.21 聞き取り〕

平野 みどり
 ・熊本県議会議員
 ・DPI日本会議副議長
ダスキン障害者リーダー育成海外研修派遣事業(第10期)

福嶋 あき江(ふくしま・あきえ)
 ・1958?〜1987
 ・埼玉県浦和市,*進行性筋ジストロフィー 25歳 (83年) 群馬県前橋市生 8歳の時千葉県の国立療養所下志津病院(73頃からボランティアが施設に 76頃から施設を出ることを考え出す) 81夏-82秋バークレー・ボストン・ハワイのCIL(ICYE=国際キリスト教青年交換連盟の海外研修制度)。帰国後「共同ハウス」(障害者2+2浦和市)専従介助者1人に2人の他人介護料4万ずつ+「虹の会」から2万=10万払い9〜18時ヘルパーは1.5時間ずつ週3回(2人分)ほとんど入浴介助。夜 (夕食の支度, 後片づけ, 寝返り介助) は地元の学生中心に30〜35人ほどのボランティア, 週1日の専従介助者の休日は主婦 87死去・『私は女』:180-193『ありのまま』15(83.3):32-33『二十歳 もっと生きたい』

福島 智(ふくしま・さとし)
 ・金沢大学→東京大学
 ・社会福祉法人全国盲ろう者協会理事

福永 年久(1952〜)

◆伏見 友久(ふしみ・ともひさ)
 東京都立川市 頚損 高校1年の時,鉄棒から落下して頚損 1985から自立
・『CILSニュース』2:3,9:7,11:6『阿苦世苦』3:8-9,4:6-7,7:3〔聞860619〕9309国分寺市より転居

二日市 安(ふつかいち・やすし 〜2008)
 ・東京都世田谷区
 ・障害児を普通学校へ全国連絡会
 ・障害者の生活保障を要求する連絡会議(障害連)

◆堀 勝子(ほり・かつこ)
 東京都板橋区 * 光道園 (福井) →75「土の会」 77岐阜で自立→『心をしばって下さい』, 通院と介助者さがしの手伝いを求めるビラ (堀かつ子)
◇堀 勝子 1978 『心をしばって下さい』
 障害者自立センター,320p.,1200

堀 利和(ほり・としかず)

本間 康二
 ・ポリオ 1951年・新潟県両津市(現在佐渡市)生

本多 節子
 ・長野県青い芝の会


  
  □ま〜も□

牧口 一二(まきぐち・いちじ)
 ・19370829〜 大阪府
 四肢弛緩マヒ, ポリオ 19370829生 グラフイック・デザイナー 1979 おおさか行動する障害者応援センター,『そよ風のように街に出よう』編集部 障害者文化情報研究所 『われら何を掴むか』1976 『そよ風』20:62-64 『地域闘争』189 (86-9):46-51
◇牧口 一二 1988 『雨あがりのギンヤンマたち』
 明石書店,233p.,1600
◇牧口 一二 編著 1976 『われら何を掴むか――障害のプラス面を考える』
 編集工房ノア,1976第2版,1981第3版,401p.,1200
◇牧口 一二・河野 秀忠 編著 1983 『ラブ』
 長征社,252p.,1200
◇牧口 一二 19920325 「魔法の杖でおじさんが小学校へやってきた」
 『季刊福祉労働』54:001-004 1236
◇牧口 一二 198609 「健常者社会の「おかしさ」とは」
 『月刊地域闘争』189 (1986-9):46-51
◇牧口 一二 19861225 「障害者差別の現状と課題」(第17回部落解放夏期講座――課題別講演)
 『部落解放』254:239-248
◇牧口 一二 19900220 「障害者運動初期からの名物人間たち,今も健在!・富山――富山生きる場センター」(マキさんのぶらぶらマップ)
 『そよかぜのように街で出よう』041:40-45
◇牧口 一二 19910820 「アメリカのバークレーじゃなく日本のハーグレーをめざして――自立生活センター立川」(マキさんのぶらぶらマップ)
 『そよかぜのように街で出よう』046:028-033
◇牧口 一二 19920625 「松葉杖がゆく」
 『ノーマライゼーション研究』1992年年報:136-146
◇牧口 一二 19920625 「初心に戻って――あとがき」
 『ノーマライゼーション研究』1992年年報:198-198
◇牧口 一二 1986 「当事者運動とボランティア」
 右田・岡本編[86:292-306]

◆益留 俊樹(ますとめ・としき)
 ・宮崎県生 東京都田無市
 ・三多摩在障会・事務局長→田無市在宅障害者の保障を考える会・自立生活企画
◇益留 俊樹 19930325 「全障連第十七回全国交流会に参加して――今、求められている介護保障制度」
 『季刊福祉労働』58:157-161

松兼 功
 ・東京都
ダスキン障害者リーダー育成海外研修派遣事業
◇松兼 功 1983 『お酒はストローで, ラブレターは鼻で』
 朝日新聞社,214p.,1200
◇松兼 功 1987 『あめりかガラガラ異邦人』
 日本YMCA同盟出版部,253p.,1200
◇松兼 功 1989 『その気になればフリーウェイ』
 ミネルヴァ書房,176p.,1300

http://www.jscf.org/jscf/SYOHYOU/kanmatu2.htm
☆ 松兼功 (脳性マヒ、作家、評論家、一九六○年、東京都練馬区生まれ、筑波大比較文化学類卒、「ミスタードーナツ」米国研修、財団法人「たんぽぽの家」「わたぼうし文化基金」理事、評論「お酒はストローで、ラブレターは鼻で」「障害者に迷惑な社会」)

◇松兼 功 19940730 『障害者に迷惑な社会』,晶文社, 233p.ISBN-10: 4794961782 ISBN-13: 978-4794961785 1937 [amazon] ※ d01 t02
◇松兼 功 20000410 『障害者が社会に出る――その後の五人の人生』,筑摩書房,200p. 1260 ISBN-10: 4480042369 ISBN-13: 978-4480042361 [amazon] ※ d

松本 茂
 ・〜2015
 ・日本ALS協会会長

◆松本 孝信(まつもと・たかのぶ)  ・広島青い芝の会(81.12) 全国青い芝・事務局・『福祉労働』29:129-141
◇松本 孝信 19920210 「「障害者」が抹殺される」(脳死・臓器移植――私はこう思う 九一年七月二十日・「脳死・臓器移植に反対する緊急市民集会」より)
 『技術と人間』21-02(222):026

◆松田 昇・小木曽 洋司・西山 哲郎・成 元哲  20081020 『市民学の挑戦――支えあう市民の公共空間を求めて――』,梓出版社,346p. ISBN-10:4872622249 ISBN-13:9784872622249 \2800 [amazon][kinokuniya] ※ pp s4300000 d00p s03 (新規)

三澤 了(みさわ・りょう)
 ・1942/04/01〜2013/09/30
 ・東京都
 ・頚損連・会長(元) 76〜ケア付住宅検討会委員 (頚損連絡会から) 八王子自立ホーム→戸山ハイツ (都営住宅) 電動車イス使用者連盟・会長・『自立への胎動』:54-55
 ・DPI日本会議議長
◇三沢 了 19880225 「障害者の所得保障」
 『あくしょん』06:26-29
◇三沢 了 19910301 「自立生活と介助」(提言)
 『障害者の福祉』11-03(116):17
◇三澤 了 19920130 「スウェーデン・オランダ研修旅行報告」
 『障害連ニュース』038:04-05
◇三澤 了 19920325 「第三回自立生活問題研究全国集会の報告」
 『季刊福祉労働』54:138-144
◇三澤 了 19921220 「国際交流への在り方への一つの提言」
 『われら人間』063:06-08(特集:障害者と国際交流)
◇三澤 了 19930325 「DPIアジア・太平洋ブロック総会報告」(現場からのレポート)
 『季刊福祉労働』58:162-166
◇三澤 了 19940320 「もっと自由に,もっと華麗に――電動車いすとともに」
 『われら人間』068:04-05

三井 絹子(みつい・きぬこ)
 ・1945〜
 ・(旧姓:新田) 東京都国立市 *CP1.1 1945年生 対する会 (七人の会)・『私のいた施設の実態』, 『それでも地域に生きつづける』:5-8, 44-48 『女性「障害者」の差別への怒り』 (生きる会ニュース特別号) :4-5『CILSニュース』2:6, 4:5者」の差別への怒り』 (生きる会ニュース特別号) :4-5『CILSニュース』2:6, 4:5『生きているって言えますか』:61-72『自立生活 ETCETRA』:39-40〔聞87.2.16(かたつむりの会)]
◇『それでも地域に生きつづける――「障害者」が子どもを産むとき』編集委員会 編 19791111
 『それでも地域に生きつづける――「障害者」が子どもを産むとき』
 くにたち・かたつむりの会,62p. 500
◇三井 絹子 1980 「地域で子どもを産み育てる障害者」
 『季刊福祉労働』7:88-95
◇三井 絹子 19840310 「かたつむりの家」
 『CIL.Sニュース』2:6

宮 昭夫(みや・あきお)
 ・視覚障害者労働問題協議会(視労協)

宮尾 修(みやお・おさむ)
 ・千葉県

村田 実(むらた・みのる)
 ・193904〜199203
 東京都東久留米市 *CP 1939年4月生 6歳の時から3年病院生活,久留米園(救護施設)に20年, 施設での運動 就学運動→1981.2〜自立 日野新施設建設に反対する会 (七人の会) 東京青い芝・77.6.19 「東京青い芝総会に向けての統一要求書」・『たたかい』『創る会ニュース』1:3-4,5:16,6:23-24『福祉労働』12:52-57 (13:65-67に介助者の手記) 『, 『生きる会ニュース』38:8-10ZR』3:183-188, 4(5):9-10
 1992年3月に、草津温泉で事故に遭い一週間後に亡くなる。
◇村田 実 1975 『たたかい――私の手記』
 69p.,700
◇村田 実 1988 「障害者は財産を継げないのか」
 『季刊福祉労働』40号
◇19930325,「一障害者の歩み(2)――故村田 実さんの手記」
 『季刊福祉労働』58:173-177
◇19930625 「一障害者の歩み(3)」――故村田 実さんの手記,『季刊福祉労働』59:112-117
◇19930925 「障害者の歩み(最終回)――故村田 実さんの手記」
 『季刊福祉労働』60:156-160
◇『村田実遺稿集 ある超特Q障害者の記録』
 千書房
 本の形で買って読みたいという人は、斉藤龍一郎さんあてもしくは解放書店あて(kaiho-shoten@jca.apc.org)にメールを下さい。一冊1800円+税金
http://www.asahi-net.or.jp/~LS9R-SITU/murata/
◇山本勝美さんのホームページ
 http://www03.u-page.so-net.ne.jp/xa2/h-kani/

◆森 修(もり・おさむ)
 大阪府四条□市 *CP1.1 1949年・大阪府生まれ リクライニング型車椅子使用 就学免除措置のため,学校歴なし。母と同居。24時間介助者が入っている。大阪青い芝の会会長
 『ラブ』:41-73 『そよ風』0:97, 20:40 『コミニュティーズ』創刊準備号:11-13 『共生の理論』6:1
 著書:『ズバリ、「しょうがい」しゃ わが人生に悔いはなし』,解放出版社,2000

森 泰一郎

  
  □や〜よ□

八木 勝自
 ・1954〜 富山県富山市

八木下 浩一(やぎした・こういち)
 ・19410918〜 埼玉県

八代 英太(やしろ・えいた)
 ・1937〜

◆矢田 龍司
 横浜市 マハラバ村 青い芝神奈川県連合会 73事務局長 78会長 ふれあいの会・代表
 『ふれあい』5:1-2 他各号, 『生きる』10・11:6-8 『在障会ニュース』
◇矢田 龍司 1988 「自分の人生は自分で決める」
 小川剛・大島明守編『まちが変わる わたしが変わる――川崎ボランティア・グループの記録』,新時代社,234p.,1400):110-126
 「ふれあいの家のパンフレットには、次のようなことばが書かれている。私たちも、まちの中で生きたい。たとえどんなに障害が重くても、ひとりの人間としてまちの中で自立して生きる。そのための場がふれあいの家です。自分でできないことがあれば手助けが必要です。しかし自分の人生は自分で決めよう。自分で決め て、その結果の責任をとる。これがふれあいの家が考える自立です。」(120)
 http://tmaruoka.web.fc2.com/IndependentLiving.html

◆八柳 卓史
 ・全国障害者解放運動連絡会議(全障連)
◇八柳 卓史 19850215 「DPIアジア・太平洋会議に参加して」
 『全障連』047:13-14
◇八柳 卓史 1986 「つぎなる一歩」
 『季刊福祉労働』31:59-65
◇八柳 卓史 19911225 「地域社会をつくる――これまでの十年、これからの十年」
 『季刊福祉労働』53:044-052

◆矢野 恵子(やの・けいこ)
 ・優生思想を問うネットワーク
◇矢野 恵子 19990625 「進められる命の質の選別――出生前診断の問題に女性・障害者の立場から取り組んで」
 『季刊福祉労働』83

◆山北 厚(やまきた・あつし)
 ・青い芝の会
 国学院大学卒 1954 〜しののめ会・『しののめ』35,38,39,43,46,49,51, ・86,87青い芝の会発起人・初代会長 57〜59.7.3 『青い芝2周年記念号』『5』青い芝神奈川県連合会 『あゆみ』19(73):19-20, 26(75):28-29『福祉労働』17:60-66 78?から『しののめ』編集 『リハビリテーション』82-2・3:4-6
◇山北 厚 19800925 「抹殺される側からの「早期発見・早期治療」とは」
 『季刊福祉労働』08:021-031
◇山北 厚 19810625 「完全参加と平等を考える」
 『季刊福祉労働』11:95-100
◇山北 厚 19821225 「障害者の自立とは」
 『季刊福祉労働』17:60-66

◆山口 成子(やまぐち・しげこ)
 ・〜20010619逝去
 ・HANDS世田谷
  http://www.kt.rim.or.jp/~hands/sy/
 ×http://www2m.meshnet.or.jp/~shigekoy/

◆山田 圭
 〜20000112
◇20000527 山田圭さんを偲ぶ会

山田 昭義(やまだ・あきよし)
 ・愛知県
 ・DPI日本会議

◆山田 宣正
 徳島県 *CP 車椅子 30数年間在宅生活の後, 自立。山田さんを囲む会がある。徳島・障害者の権利を守る会
 『季刊福祉労働』17:58-59,『全障連』5:20-21

山田 富也(やまだ・とみや)
 ・宮城県 筋ジストロフィー  ・ありのまま舎

山田 秀人
 筋ジストロフィー

山本 深雪

横田 弘(よこた・ひろし)
 ・1933〜
 ・青い芝の会

横須賀 俊司(よこすか・しゅんじ)
 ・関西学院大学大学院→鳥取大学

横塚 晃一(よこづか・こういち)
 ・19351207〜19780720
 ・青い芝の会

◆横塚 りゑ(よこつか・りえ)
 青い芝神奈川県連 ふれあいの会・事務局(79), 事務局長(80)
 『ふれあい』4:6-7(健常者との関係について) 5:6-7
 脳性マヒ者が地域で生きる会『生きる』3:11, 4:2-3

◆横山 晃久(よこやま・てるひさ)
 ・東京都世田谷区
 ・HANDS世田谷事務局長
 ・CP 練馬更生園→自立 父母の会・青年部で活動→

吉田 おさみ(よしだ・おさみ)

◆吉田 敏彦(よしだ・としひこ)
 久留米園 東京青い芝の会(74・75・76年度事務局長)

◆吉本 澄江(よしもと・すみえ)
 茨城県新治郡桜村 CP 電動車イス使用・『そよ風』33:23

米津 知子


  
  □ら〜ろ□

◆季 孝宏
 全障連施設小委員会代表(『全障連』78)

◆季 義明(り・うぃみん)
 CP 19441228・大阪生 在日朝鮮人2世 就学できず 〜60在宅 〜66病院 74青い芝の会を知る〜78.9在宅→自立 85白小夜子と結婚 娘:徳子 生活保護 ゴリラ,大阪教育大「障害者」解放研究会を中心とした学生,労働者による介助 ヘルパー:2時間×2/週・掃除,洗濯,簡単な介助 電動車イスで行商を試みる・『季義明氏紹介パンフ』(勝又氏所有)による

  
  □わ□

◆若林 克彦(わかばやし・かつひこ)
 東京都世田谷区
 19431123・中国天津生 69日本社会事業大学卒業 結婚(若林幸子・『碍』2:16-18) 一男あり他に介助不要 6905青い芝の会・社会活動部長 7211会計兼事務局長補佐 7311青い芝の会全国連合会・事務局員 73青い芝の会東京支部・支部長 東京青い芝の会 (74年度事務局補佐, 76事務局員, 77事務局員, 78副会長, 86副会長) 全国障碍者自立生活確立連絡会幹事・『碍』2:4-6 , 『自立への胎動』:55-56 『脳性マヒ者の生活と労働』1〜3,『軌跡――青い芝の会・ある脳性マヒ者運動のあゆみ』1986
 20001020 肺炎で他界
◇若林 克彦 1980 『脳性マヒ者の生活と労働』
 139p.
◇若林 克彦 1981 『脳性マヒ者の生活と労働・2――まなびとはぐくみの構造』
 124p.,500 ◇若林 克彦 1983 『脳性マヒ者の生活と労働・3――その育ちと出会いの構造』
 164p,500 ◇若林 克彦 1986 『軌跡――青い芝の会・ある脳性マヒ者運動のあゆみ』
 脳性マヒ者の生活と労働・4,191p.,1500
◇20001024 雨宮さんより
東京青い芝で活躍されていた若林克彦氏の訃報を
先ほど受け取りましたので、謹んでご報告いたします。
10月20日(金)、肺炎で他界されたとのことです。
今年5月、土屋さんと東京都多摩療護園に伺い、
インタビューをさせていただきました。そのすぐ後、
容体が悪化して病院に入院され、10月に入って、
別の病院に転院されていました。とても厳しい状況
であることは、この1ヵ月程ご家族の方と手紙や電話
で連絡を取る中で感じておりましたが・・・
本当に残念でなりません。11月に、うちうちでお別れ
の会をするかもしれないとのことです。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。
◇200011 雨宮さんより
「東京青い芝の会」若林克彦氏のお別れ会について
下記の連絡がありましたので、お知らせいたします。

日時:11月23日(木) 午後2時〜3時
場所:東京都多摩療護園 2階会議室
当日は平服でお出かけくださいますよう。
また、お志などご辞退させていただきますので
よろしくお願いいたします。


◆渡辺 啓二(わたなべ・けいじ)
 ・ヒューマンケア協会代表(1986〜  )
◇渡辺 啓二 19870401 「一年を振り返って」(会長あいさつ)
 『ヒューマンケア・ニュース』003:01
◇渡辺 啓二 19911225 「私達の生活環境」
 『季刊福祉労働』53:078-080

渡辺 正直
 ・〜2012/10/29(58歳)
 ・静岡市議会議員
 ・筋ジストロフィー
 ・追悼:http://www.scil.jp/newpage12.html


■組織

障害者団体:国内(全国)組織


 
>TOP


文献

◇全国自立生活センター協議会 編 20010501 『自立生活運動と障害文化――当事者からの福祉論』,全国自立生活センター協議会,発売:現代書館,480p. ISBN:4-7684-3426-6 3675 [amazon][kinokuniya] ※ d d00h

高橋修のファイルを更新(200010)


UP: REV:.......20021231, 20030216, 0604, 0728, 20040527, 1101, 200504, 20060103, 20071125, 20080316, 0717, 0803, 20090703, 0816, 20100803, 0906, 20110108, 20150224, 1227, 20160112, 20170611
病者障害者運動史研究  ◇年表  ◇障害学  ◇Who's Who 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)