HOME > WHO >

境屋 純子

さかいや・じゅんこ


 製作:吉田知恵子(立命館大学大学院先端総合学術研究科*)
 *http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce

 ・東京都国立市
 ・*脳性まひ, 群馬県生 群馬県二葉養護学校中等部卒 1年間在宅→進学のため東京へ 1970.4桐ケ丘養護学校高等部 卒業後一時群馬の実家に戻る 1973.5.1新井栄治の共同生活に加わる 75明治学院大学の受験を拒否される 76.4和光大学人文学部人間関係学科入学・ 77.3.8康 (こう) 生まれる 子供3人〔聞 86.5.26〕〜…

◆新井英治・新井純子 1979 「エイタとジュンペイ・男と女の会話」
 『人間雑誌』8:87-100

◆境屋 純子 19920525 『空飛ぶトラブルメーカー――「障害」者で私生子の私がいて』,教育史料出版会,235p. ISBN:4-87652-229-4 1500 [amazon][kinokuniya] ※
cf.立岩 真也 2003/04/25 「人生半ばの女性の本――「障害関係」・3」(医療と社会ブックガイド・26),『看護教育』44-04(2003-04):(医学書院)

・内容説明[bk1]
生まれ落ちた瞬間から、「私生子」と「障害者」のふたつの運命を背負った著者。しかし、学ぶことも恋することも、そして母となる喜びもあきらめずに自分の手でつかんできた。ひとりの女性が「より自分になっていく」道のりを描いた自伝。

◆境屋 純子 19940401 「障害者としての「自己」とは何か――ピアカウンセラー境屋純子さんが語る」
 『障害者の福祉』14-04(153):06-09(特集:障害者福祉入門)


※おことわり
・このページは、公開されている情報に基づいて作成された、人・組織「について」のページです。その人や組織「が」作成しているページではありません。
・このページは、文部科学省科学研究費補助金を受けている研究(基盤(C)・課題番号12610172)のための資料の一部でもあります。
REV:… 20050724
障害者(の運動)史のための資料・人  ◇WHO  ◇生存学創成拠点

TOP HOME (http://www.arsvi.com)