HOME > >

「優生手術について今後どうするかを考える集まり」

於:仙台市生涯学習支援センター5階 第一セミナー室C

[facebook]

Tweet
last update: 20180128


■「優生手術について今後どうするかを考える集まり」

日時:1月30日13:30〜15:30
会場:仙台市生涯学習支援センター5階 第一セミナー室C
(仙台市営地下鉄東西線「宮城野通駅」から徒歩3分、地下鉄南北線「仙台駅」から徒歩10分)
http://www.hm-sendai.jp/siminc/sisetu/miyagino01.html
参加費:無料

■趣旨

利光恵子氏のメ―ルより

既に御存知かと思いますが、1月30日に、旧優生保護法下で不妊手術を強制された宮城県の女性が、国に補償を求める全国初の訴訟を行うことになりました。

当日は10時30分に訴状を提出し、10時45分から弁護士会館で記者会見、13時30分から会場を仙台市生涯学習支援センターに移して「優生手術について考える集まり」を開催します。

記者会見も広い会場ですので、メディア関係者の方に限らずどなたでも参加できます。

お近くの方は、平日の日中という忙しい時間ですが、記者会見および「優生手術について考える集まり」にご参集下さいますようお願いします。

案内文

*この裁判をとおして、今後どのように活動を展開していくかを話し合う機会を設けました。また、優生保護法や優生手術についての疑問を受け付けたり、意見交換をしたりすることで、この問題に関心をもっている方とより広くつながりを持ちたいと考えています。優生手術被害者の裁判を応援したい方々、活動に賛同する方々にぜひご参加いただきたいです。

■呼びかけ

優生手術に対する謝罪を求める会
CILたすけっと

■お問い合わせ

CILたすけっと
〒982-0011 宮城県仙台市太白区長町1丁目6−1
〔電話〕022-248-6054 〔FAX〕022-738-9501
〔Mail〕cil-tasuketto@スパム対策k6.dion.ne.jp


*作成:小川 浩史
UP: 20180128 REV:
利光 惠子 優生手術に対する謝罪を求める会  ◇CILたすけっと  ◇優生保護法  ◇優生(学・主義・思想)  ◇障害者運動・政策関連年表  ◇
TOP HOME (http://www.arsvi.com)