HOME > WHO

利光 惠子

としみつ・けいこ
[English] / [Korean]

http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/g/tk05.htm

Tweet
last update:20160723

立命館大学大学院先端総合学術研究科

■著書

◇利光 惠子 著・松原 洋子 監修 20160331  『戦後日本における女性障害者への強制的な不妊手術』,立命館大学生存学研究センター,130p. ※
◇利光 惠子 20121130 『受精卵診断と出生前診断――その導入をめぐる争いの現代史』,生活書院,339p.  ISBN-10:4865000038 ISBN-13:978-4865000030 2800+ [amazon][kinokuniya] ※

■論文

◇「1990年代以降の日本における着床前診断をめぐる論争の推移――着床前スクリーニング(PGS)を中心に」 吉田 一史美由井 秀樹『生殖と医療をめぐる現代史研究と生命倫理』:31-60. (生存学研究センター報告25),立命館大学生存学研究センター,2016年03月30日 ※
◇「日本における受精卵診断の認可枠組み転換の背景」『Core Ethics』vol.5:229-240 2009年03月31日  [PDF]
◇「日本における受精卵診断をめぐる論争(1990年代)――何が争われたのか」『Core Ethics』Vol.4:193-211. 立命館大学大学院先端総合学術研究科、2008年3月31日  [PDF]
◇「日本における受精卵診断をめぐる論争(1990年代)――争いの経過」『医療・生命と倫理・社会』Vol.7:67-85、大阪大学大学院医学系研究科・医の倫理学教室、2008年3月31日

■学会報告など

◇「日本における受精卵診断導入をめぐるパワーポリティクス」第20回日本生命倫理学会年次大会 於:九州大学、2008年11月30日
◇「1990年代の日本における受精卵の着床前遺伝子診断をめぐる論争」日本生命倫理学会第19回大会、於:大正大学(巣鴨キャンパス)、2007年11月11日

■書評等・その他

◇「出生前診断について考える」(http://synodos.jp/science/4156) 『SYNODOS-シノドス-』(http://synodos.jp/)、2013年05月28日
◇「受精卵診断から考える」特集・生殖×医療の迷宮から『インパクション』169、インパクト出版会、2009年6月、pp. 68-75
◇「忘れてほしゅうない――隠されてきた強制不妊手術」『DPIわれら自身の声』24(2)、DPI日本会議事務局、2008年9月、pp. 229-239

■プロジェクト

グローバルCOEプログラム「生存学」創成拠点院生プロジェクト
「出生をめぐる倫理研究会」 研究メンバー 2008年度

■作成ファイル

「国内での受精卵の着床前遺伝子診断(受精卵診断)をめぐる動き(1992-)」
「1995」/◆「1996」/◆「1997」 /◆「1995」/◇生殖技術


*増補:北村 健太郎
UP:20071122 REV:20080627,1105, 20090524,20100416, 0908, 20121208, 20160329, 0714 0723
Toshimitsu, Keiko (English)  ◇WHO

TOP HOME (http://www.arsvi.com)