HOME > WHO >

千葉雅也

ちば・まさや
[Korean][English]

last update:20140729

・20-21世紀フランス哲学

■研究主題 (Resaerchmap HPより)
専門は、(1)20-21世紀フランス哲学(ジル・ドゥルーズ、ジャック・デリダ、カトリーヌ・マラブー、クァンタン・メイヤスーなど)と精神分析学から発しての、「変化」「出来事」「物」「関係」といったテーマの考察、(2)芸術とポピュラー文化の横断的研究(美術、文学、音楽、服飾)、(3)セクシュアリティの哲学、クィア理論。

■学位論文

◇ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学 2012年1月


■著書
◇千葉 雅也 2014/07/19 『別のしかたで:ツイッター哲学』,河出書房新社,p.207. ISBN-10:4309246648 ISBN-13:978-4309246642 \1500 [amazon][kinokuniya]
千葉 雅也 2013/10/22 『動きすぎてはいけない:ジル・ドゥールーズと生成変化の哲学』, 河出書房新社,369p. ISBN-10:4309246354 ISBN-13:978-4309246352 \2625 [amazon][kinokuniya]

『動きすぎてはいけない:ジル・ドゥールーズと生成変化の哲学』


■編著・共著
◇201108 千葉 雅也, 蘆田 裕史「ファッション批評の可能性と条件をめぐって――コード×言葉×身体[対談])」西谷 真理子編,『ファッションは語りはじめた――現代日本のファッション批評』フィルムアート社
◇201001 「マラブーによるヘーゲルの整形手術??デリダ以後の問題圏へ」『ヘーゲル入門(KAWADE 道の手帖)』、河出書房新社

『ファッションは語りはじめた――現代日本のファッション批評』 『ヘーゲル入門(KAWADE 道の手帖)』


>TOP

■翻訳
◇20100126Felix Guattari, 『アンチ・オイディプス草稿』、國分 功一郎, 千葉 雅也 訳 みすず書房、2010年
『アンチ・オイディプス草稿』


>TOP

■論文
◇千葉 雅也 2013/03 「かっこいいとはどういくことか?」『Future Curation』 pp136-141, 美術出版社.
◇千葉 雅也 2013/02 「アウト・イン・ザ・ワイルズ 第8回 アイソレーション(下)」 『現代思想』第41巻2号 pp34-38.
◇千葉 雅也 2012/12 (インタビュー) 「コムでギャルソンのモダニズム、アヴァンギャルディズム、少年性の批判的検証」, 194-219, フィルムアート社。
◇千葉 雅也 2012/12 「アウト・イン・ザ・ワイルズ 第7回 アイソレーション(上)」 『現代思想』第40巻17号 pp34-38.
◇千葉 雅也 2012/11 「アウト・イン・ザ・ワイルズ 第6回 親なしへの生成変化」 『現代思想』第40巻15号 pp32-37.
◇千葉 雅也 2012/10 「アウト・イン・ザ・ワイルズ 第5回 とても強い送還主義と「否定神学」批判」 『現代思想』第40巻13号 pp8-15.
◇千葉 雅也 2012/08 (インタビュー)「「享楽」を守るために、法のクリエイティブな誤読を」 磯辺 涼編 『踊ってはいけない国、日本――風営法問題と過剰規制される社会』pp204-215, 河出書房新社.
◇千葉 雅也 2012/08 「アウト・イン・ザ・ワイルズ 第4回 間奏、反面」 『現代思想』第40巻10号 pp14-17.
◇千葉 雅也 2012/07 「アウト・イン・ザ・ワイルズ 第3回 無人島と祖先性」 『現代思想』第40巻9号 pp14-20.
◇千葉 雅也 2012/06 「アウト・イン・ザ・ワイルズ 第2回 「エロスの現象学」と半開きの箱」 『現代思想』第40巻7号 pp46-52.
◇千葉 雅也 2012/05 「アウト・イン・ザ・ワイルズ 第1回 無関心、自我、エレメント――レヴィナス論(1)」 『現代思想』第40巻6号 pp8-21.
◇千葉 雅也 2012/04 「不気味でないもの――ラカン、ドゥルーズ、メイヤスーを介した自然哲学のスケッチ」『表象』(表象文化論学会)第6号, pp50-58.
◇千葉 雅也 2012 「ガタリとドルゥ―ズ「分裂分析」における「機械」と「切断」の概念」 『フランス哲学・思想研究』第40巻13号、pp8-15.
◇201101「インフラクリティーク序説――ドゥルーズ『意味の論理学』からポスト人文学へ」『思想地図β』 1:273-294
◇201003「パラマウンド――森村泰昌の鼻」『ユリイカ』 42(4):182-196、 2010年3月
◇200907「トランスアディクション――動物-性の生成変化」『現代思想』 37(8) 202-215
◇200812「待ち伏せる存在――ジル・ドゥルーズのスピノザ/ライプニッツ解釈における動物の問題」『フランス哲学・思想研究』 13 128-136
◇200812「彼岸のエコノミー――ドゥルーズ『マゾッホ紹介』再読:デリダ、マラブーのフロイト解釈と比較しつつ」『現代思想』 36(15) 150-162
◇200803 「輪郭を救うこと、文字通りになること――ジル・ドゥルーズの美学と哲学における超越論的変形をめぐって」 『表象』 2 264-280
◇200608「喪のリトルネロ――ジル・ドゥルーズにおいて、出来事の手前に」SITE ZERO/ZERO SITE 0 96-124
◇2005 「死を知る動物――ジル・ドゥルーズの生成変化論における全体性の問題」『UTCP研究論集 』2 71-86

■その他出版物
◇千葉 雅也 2012/10 (批評)CASHI『ラッセン展』:「美術史にブラックライトをあてること」 『美術手帖』第974号.
◇蘆田 裕史・門脇 耕三・千葉 雅也 2012/12 (討議)「「装い」の環境分析――身体の虚構化と僕らの資本主義」 『PLANETS』第8号, 第二次惑星開発委員会 pp130-139.
◇千葉 雅也 2012/12 (書評)「ジャン=リュック・ナンシー『フクシマの後で』」 共同通信.
◇千葉 雅也 2012/12 (批評)「かっこいいとはどういうことか? 第1回 二種の着くずし」 『INTO THE FUTURE』第1回 伊勢丹.
◇千葉 雅也・小泉 義之 2013/01 「思弁的転回とポスト思考の哲学」『現代思想』第41巻1号, 127-143.
◇千葉 雅也 2013/01 (批評)「かっこいいとはどういうことか? 第2回 存在のコーディネイト」 『INTO THE FUTURE』第1回 伊勢丹.
◇千葉 雅也 2013/02 (批評)「かっこいいとはどういうことか? 第3回 政治性を着こなす」 『INTO THE FUTURE』第1回 伊勢丹.
◇千葉 雅也 2013/03 (批評)「渋谷 慶一郎・岡田 利規≪THE END≫(初音ミクによるオペラ):「不安、中断の他者性、複数の別の死」」 『美術手帖』第980号, 112-115.
◇千葉 雅也  2013/03 (批評)「かっこいいとはどういうことか? 第4回 分身性と特異性のあいだで」 『INTO THE FUTURE』第4回 伊勢丹.


■学会報告など
◇千葉 雅也 2012/11/03 「ネコ、タチ、子について――レヴィナスによる「エロスの現象学」から」 哲学会 第51回研究発表会, ワークショップ「性と生殖」, 東京大学・本郷キャンパス.

◇千葉 雅也・大澤 信亮・速水 健朗 2012/06/31 (討議)「「以後」の批評について」 映画美学校.
◇千葉 雅也・財津 理 2012/07/24 (対談)「無礼講哲学カフェ:性の主体化――サディズム、マゾヒズム、そしてドルゥーズ」 Naked Loft.
◇千葉 雅也 2012/07/17 (講演) 「部分的な無関心について:(有限)責任の哲学と分身の問題」 東京大学が抱くイン教育学研究科・小玉重夫ゼミ主宰、東京大学本郷.
◇千葉 雅也・笹原 美智子・ミヤギ フトシ 2012/08/04 (討議)「エイズ危機時代のアメリカにおけるクィアの表現とその可能性」 VACANT(東京).
◇千葉 雅也 2012/11/28 (講演)「「人間」以後の批評」 映画美学校.
◇千葉 雅也 2013/01/08 (コメント)「樫村晴香の講演「ラオスに手――この20年の思想を思想家する」に対して」立命館大学・生存学研究センター主催.
◇千葉 雅也 2013/01/21 「ラカンの「性別化の式」をめぐる存在論的解釈の検討」 大阪大学・最先端ときめき研究推進事業「バイオサイエンスの時代における人間の未来」主宰, 第33回ときめき☆センター 大阪大学.
◇千葉 雅也・蘆田 裕史・井上 雅人 2013/02/06 「ファッションの外野が自由に語るコムでギャルソン論――研究者編」 心斎橋スタンダードブックストア.
◇千葉 雅也 2013/02/22 「ギャル男から存在論へ――分離について 第1回」 ゲンロンカフェ.
◇千葉 雅也・宇野 常寛・大野 光明・西田 亮介 2013/02/24 「アカデミズムの使い方――越境する知と多様化するキャリアパス」 立命館大学先端総合学術研究科主宰, 立命館大学.
◇千葉 雅也 2013/03/22 「ギャル男から存在論へ――分離について 第2回」 ゲンロンカフェ.
◇大谷 能生・千葉 雅也・速水 健朗・矢野 利裕 2013/03/23 「ジャニーズ文化論――ジャニーズ顔の哲学」 朝日カルチャーセンター新宿



□URL
 http://researchmap.jp/masayachiba/ [最新の業績・経歴はこちら]


UP:20130404 REV:20130406, 20130917, 1114, 20140217,0729
WHO 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)