HOME >

企画展
長島愛生園の人びと〜ハンセン病、隔離と希望〜

2021年3月1日(月)〜3月27日(土) 入場無料
立命館大学国際平和ミュージアム1階中野記念ホール 及び 立命館大学

緊急事態宣言が解除後の開催となります。
立命館大学国際平和ミュージアムのホームページにて開館をご確認ください。

[PDF:チラシ]

Tweet
last update: 20211017


チラシ


■開催情報

会期

2021年3月1日(月)〜3月27日(土) 入場無料
開館時間 10:00-15:00 [日曜休館]
(入館可能時間 10:00-11:30 13:00-14:30)

場所

立命館大学国際平和ミュージアム1階中野記念ホール 及び 立命館大学
https://www.ritsumeikan-wp-museum.jp/

主催

長島愛生園歴史館

共催

立命館大学生存学研究所 「長島愛生園の人びと」現地実行委員会

後援

国立療養所長島愛生園 長島愛生園入所者自治会 立命館大学国際平和ミュージアム (公財)長濤会 京都府 京都市 京都府教育委員会 京都市教育委員会 特定非営利活動法人ハンセン病療養所世界遺産登録推進協議会 国立ハンセン病資料館 日本ハンセン病学会(公財)日本財団 (福)ふれあい福祉協会 NHK京都放送局 朝日新聞社、京都新聞 読売新聞京都総局 産経新聞社京都総局 KBS京都 日本経済新聞社大阪本社 毎日新聞社

■趣旨

国の隔離政策、人権侵害、 いわれなき差別と偏見。
過酷な現状を乗り越えるため、療養所の人びとは立ち上がった。
本企画展では、 かつてハンセン病患者を隔離収容した今だからこそ彼らの足跡から学ぶ意味は大きい。
国立療養所長島愛生園に残されている資料から、彼らの生活の一端を抜粋し実像を描き出すことを試みている。
人権が尊重される社会。 それは療養所の人びとが望んでやまなかった社会。
新たな感染症をめぐる差別が見受けられる今。
今だからこそ彼らの足跡から学ぶ意味は大きい。

■講演会開催


■写真集

「長島愛生園展示1」
「長島愛生園展示2」
「長島愛生園展示3」
「長島愛生園展示4」
「長島愛生園展示5」
「長島愛生園展示6」
「長島愛生園展示7」
「長島愛生園展示8」
「長島愛生園展示9」
「長島愛生園展示10」
「長島愛生園展示11」
「長島愛生園展示12」
「長島愛生園展示13」
「長島愛生園展示14」
「長島愛生園展示15」
「長島愛生園展示16」


■メディア情報



■展覧会 長島愛生園の人びと〜ハンセン病 隔離と希望〜実施報告書


お問い合わせ先 長島愛生園歴史館

Tel. 0869-25-0321 Fax. 0869-35-1762
HP: http://aisei-rekishikan.jp
mail: aiseirekishikan2u@arsvivendi.comgmail.com



*作成:安田 智博 *更新:
UP: 20210227 REV: 0228, 0313, 0315, 0316, 0319, 1017
ハンセン病 | leprosy  ◇医学史・医療史  ◇患者の権利  ◇
TOP HOME (http://www.arsvi.com)