>HOME >事項 >医療史

ハンセン病 leprosy

1999  2000  2001(国家賠償訴訟勝訴・確定,他)
2002  2003  2004  2005  2006  2015
English Page

last update: 20121206

■目次

  □ハンセン病関連HPリンク集
  □
  □論文/その他書かれたもの
  □歴史
  □論説・言及
  □新聞記事


>TOP

■ハンセン病関連HPリンク集(20110403:リンク切れ修正&リンク先追加しました)

◆長島愛生園歴史館図書室 ハンセン病資料データベース(約700点の資料をネット公開)
 [外部リンク]http://www.hansen-dis.jp/bunken/

ハンセン病市民学会
 [外部リンク]http://shimingakkai.com

◆ハンセン病のリンク集(各種年表を含む膨大な情報,更新もこまめに行われています)
 [外部リンク]http://www.eonet.ne.jp/~libell/3-3kokubai-nenpyou.htm
 以下はそのごく一部
 →「宿泊拒否事件関連年表」
 [外部リンク]http://www.geocities.jp/libell8/94syukuhakukyohi-nenpyou.htm
 →「ハンセン病の早わかりコーナー」
 [外部リンク]http://www.geocities.jp/libell8/16-1hayawakari.htm
 →「用語の解説」
 [外部リンク]http://www.geocities.jp/libell8/16-2yougo.htm
 →「主な法律の変遷」
 [外部リンク]http://www.geocities.jp/libell8/18hourituhensen.htm
 →「文献」(「ハンセン病の文献検索など」.各療養所の機関誌名一覧もあります)
 [外部リンク]http://www.geocities.jp/libell8/5syoseki.html

◆ハンセン病・全国自治体ホームページウォッチング+α
 [外部リンク]http://hansen.main.jp/→リンク切れ?
 →ブログ
 [外部リンク]http://blog.goo.ne.jp/hansen_yajikita

◆皓星社ハンセン病文学全集編集室
 [外部リンク]http://www.libro-koseisha.co.jp/top17/main17.html

◆「らい文献目録」(皓星社)
 [外部リンク]http://www.libro-koseisha.co.jp/cgi-bin/libro/raisch/raisch.cgi
 (長島愛生園編の目録から「社会科学編」をデータベース化)

◆2001 転載:〈緊急のお願い〉
 ハンセン病問題の全面解決に向けて
 不誠実な厚生労働省をインターネットで取り囲もう!

◆ハンセン病図書館友の会
 [外部リンク]http://www.tenro.net/lib_hansen/

◆モグネット
 [外部リンク]http://www.mognet.org/

◆古賀克重弁護士のHP
 [外部リンク]http://www.lawyer-koga.jp/
 →ブログ
 [外部リンク]http://lawyer-koga.cocolog-nifty.com/fukuoka/cat938872/index.html

◆知って!ハンセン病国賠訴訟――ハンセン病(らい病)をご存じですか?
 [外部リンク]http://www.hansenkokubai.gr.jp/index.html
 (国賠訴訟弁護団のHP)

ハンセン病国賠訴訟を支援する会
 [外部リンク:リンク切れ]http://www03.u-page.so-net.ne.jp/ca2/nanya50/
 (東京を中心にした市民団体.ハンセン病国賠・東日本訴訟を支援)

◆ハンセン病回復者とともに歩む関西連絡会(旧:ハンセン病国賠訴訟を支援する関西連絡会)
 [外部リンク]http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/9874/

◆「ハンセン病回復者とふるさとをむすぶ」HP作成委員会
 [外部リンク]http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Himawari/8952/
 (大分県の市民団体)

◆らい予防法違憲国家賠償請求を支援する市民の会
 [外部リンク]http://www.geocities.jp/simin_no_kai/
 (関西を中心にした市民団体)

◆IDEA(International Association for Integration and Economic Advancement)
 [外部リンク:リンク切れ]http://www02.so-net.ne.jp/~yae
 (世界のハンセン病患者・回復者を支援するNGO)

◆ペシャワール会
 [外部リンク]http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/

◆国立療養所松丘保養園
 [外部リンク]http://www.hosp.go.jp/~matuoka/

◆国立療養所東北新生園
 [外部リンク]http://www.hosp.go.jp/~sinseien/

◆国立療養所栗生楽泉園
 [外部リンク]http://www.hosp.go.jp/~kuryu/

◆国立療養所多磨全生園
 [外部リンク]http://www.hosp.go.jp/~zenshoen/

◆国立駿河療養所
 [外部リンク]http://www.hosp.go.jp/~suruga2/
 →国立駿河療養所入所者自治会HP
 [外部リンク]http://jitikai.web.fc2.com/

◆国立療養所長島愛生園
 [外部リンク]http://www.hosp.go.jp/~aiseien/
 →長島愛生園自治会HP
 [外部リンク]http://ww32.tiki.ne.jp/~jitikai/
 →長島愛生園歴史館図書室 ハンセン病資料データベース(約700点の資料をネット公開)
 [外部リンク]http://www.hansen-dis.jp/bunken/

◆国立療養所邑久光明園
 [外部リンク]http://www.komyoen.go.jp/

◆国立療養所大島青松園
 [外部リンク]http://www.hosp.go.jp/~osima/

◆国立療養所菊地恵楓園
 [外部リンク]http://www.hosp.go.jp/~keifuen/
 →菊地恵楓園入所者自治会HP
 [外部リンク]http://www17.ocn.ne.jp/~kusunomo/

◆国立療養所星塚敬愛園
 [外部リンク]http://www.hosp.go.jp/~keiaien/

◆国立療養所奄美和光園
 [外部リンク]http://www.hosp.go.jp/~amami/

◆国立療養所沖縄愛楽園
 [外部リンク]http://www.hosp.go.jp/~airakuen/site/top.html

◆国立療養所宮古南静園
 [外部リンク]http://www.nanseien.com/

◆神山復生病院
 [外部リンク]http://www.fukusei.jp/index.htm
 (「復生記念館」〔ハンセン病資料館〕あり)

◆国立ハンセン病資料館
 [外部リンク]http://www.hansen-dis.jp/

◆国際ハンセン病学会(International Leprosy Association)
 [外部リンク]http://www.leprosy-ila.org/do.php/HOME  (*学会誌 The International Journal of Leprosy & Other Mycobacterial Diseases, ISSN: 0148916X)

◆日本ハンセン病学会
 [外部リンク]http://www.hansen-gakkai.jp/
 (*学会誌については本ページの「論文/その他書かれたもの」の冒頭の外部リンクを参照)

◆厚生労働省
 [外部リンク]http://www.mhlw.go.jp/
 →ハンセン病に関する情報ページ
 [外部リンク]http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/hansen/index.html

◆世界保健機関(World Health Organization: WHO)HP(アラビア語・中国語・英語・フランス語・ロシア語・スペイン語)
 [外部リンク]http://www.who.int/en/
 →ハンセン病にかんするページ
 [外部リンク]http://www.who.int/topics/leprosy/en/
 →Leprosy elimination にかんするページ
 [外部リンク]http://www.who.int/lep/en/

◆国立感染症研究所 感染症情報センター
 [外部リンク]http://idsc.nih.go.jp/index-j.html
 →ハンセン病情報
 [外部リンク]http://idsc.nih.go.jp/disease/leprosy/index.html

◆(財)日本国際交流センター Japan Center for International Exchange (JCIE)
 [外部リンク]http://www.jcie.or.jp/japan/
 →特別基金助成プロジェクトの「梅本記念救ライ基金」によるタイ国でのハンセン病患者の歯科治療(10年次)
 [外部リンク:リンク切れ]http://www.jcie.or.jp/japan/p08c.htm

◆日本財団
 [外部リンク]http://www.nippon-foundation.or.jp/index.html
 →ハンセン病に関する取組み
 [外部リンク]http://www.nippon-foundation.or.jp/inter/leprosy/index.html


>TOP

■本

このHP経由で購入していただけたら感謝

*神谷美恵子の著作については,人紹介ファイル「神谷 美恵子」をご覧ください

-1989
◆小川 正子 [1938****]20090530 『小島の春――ハンセン病治療に,生涯を捧げたある女医の手記〔復刻版〕』,長崎出版,290p. ISBN-10: 4860953312 ISBN-13: 978-4860953317 \2100 [amazon][kinokuniya] lep
森 幹郎 [196311**]19961216 『足跡は消えても――ハンセン病史上のキリスト者たち』,ヨルダン社,357p. ISBN-10: 4842802146 ISBN-13: 978-4842802145 \3150 [amazon][kinokuniya] lep
◆全国ハンセン氏病患者協議会 編 [19770610]200211** 『全患協運動史――ハンセン氏病患者の闘いの記録〔復刻版〕』,一光社,252p. ISBN-10: 4752895315 ISBN-13: 978-4752895312 \2625 [amazon][kinokuniya] lep
◆神谷 美恵子 19780920 『精神医学と人間――精神医学論文集』,ルガール社,338p. ASIN: B000J8JB9Y [amazon] ※:[広田氏蔵書] m. lep.
◆長島愛生園入園者自治会編 [198203**]198809** 『隔絶の里程』,日本文教出版,16+3p. ASIN: B000J7NC6S \2625 [amazon] lep
◆古清 一江 1983 「癩の条項はみえなかった――差別偏見の構造」,社会評論社編集部編[1983]*
 *社会評論社編集部 編 1983 『女の性と中絶――優生保護法の背景』,社会評論社,285p. ASIN: B000J7EGLI [amazon]
◆島 比呂志 [19850930]19960330 『片居(かたい)からの解放――ハンセン病療養所からのメッセージ〔増補版〕』,社会評論社,262p. ISBN-10: 4784501444 ISBN-13: 978-4784501441 \2625 [amazon][kinokuniya] lep
◆島田 等 19851220 『病棄て――思想としての隔離』,ゆみる出版, 230p. 1400 ※/三鷹490
◆「らい」園の医療と人権を考える 編  『「らい予防法」を問う』,明石書店 1500
◆杉村 春三 [1986****]200708** 『癩と社会福祉――復刻版〔新版〕』,私家版,588p.
◆森田竹次遺稿集刊行委員会編 198709** 『全患協斗争史』,私家版. 319p.

1990-1999
◆島 比呂志 19910613 『らい予防法の改正を』,岩波書店(岩波ブックレット),57p. ISBN-10: 4000031392 ISBN-13: 978-4000031394 \407 [amazon][kinokuniya] lep
◆島 比呂志 19930830 『「らい予防法」と患者の人権』,社会評論社,257p. ISBN-10: 4784501320 ISBN-13: 978-4784501328 \2625 [amazon][kinokuniya] ※ lep
藤野 豊 19930127 『日本ファシズムと医療』,岩波書店,300p. ISBN-10: 4000016946 ISBN-13: 978-4000016940 \7350 [amazon][kinokuniya] lep
◆大谷 藤郎 19930410 『現代のスティグマ――ハンセン病・精神病・エイズ・難病の艱難』,勁草書房,346p. ISBN-10: 432679884X ISBN-13: 978-43267988413200 \3360 [amazon][kinokuniya] ※ hiv lep m
◆大谷 藤郎 1993**** 『ハンセン病/資料館/小笠原登』,藤楓協会(ハンセン病問題の啓発活動をしている団体.現在は大谷藤郎氏が理事長),**p.
森 幹郎 199312 『差別としてのライ』,法政出版,303p. ISBN-10: 4938554674 ISBN-13: 978-4938554675 \1835 [amazon][kinokuniya] lep
◆澤野 雅樹 19940115 『癩者の生――文明開化の条件としての』,青弓社,209p. ISBN-10: 478723076X ISBN-13: 978-4787230768 \2730 [amazon][kinokuniya] ※ lep
◆藤楓協会編 1995**** 『藤楓だより平成七年度――特集「らい予防法」改正問題』藤楓協会,**p.
◆高松宮記念ハンセン病資料館運営委員会編 1995**** 『ハンセン病資料館』
◆リデル・ライト両女子顕彰会 編 199501** 『愛と奉仕の日々――リデル・ライトの足跡』,リデル・ライト両女子顕彰会,69p
◆199512** 『シンポジウム「らい予防法」をめぐって――1994年6月25日全記録』,晧星社(晧星社ブックレット1),88p. ISBN-10: 4905980267 ISBN-13: 978-4905980261 \840 [amazon][kinokuniya] lep
◆清瀬・教育ってなんだろう会編 19951224 『はじめに差別があった――「らい予防法」と在日コリアン』,現代企画室,p. ISBN-10: 4773895187 ISBN-13: 978-4773895186 \1575 [amazon][kinokuniya] lep
藤野 豊編 19960405 『歴史のなかの「癩者」』,ゆみる出版,270p. ISBN-10: 494650902X ISBN-13: 978-4946509025 \2835 [amazon][kinokuniya] lep
◆成田 稔 199605** 『「らい予防法」四十四年の道のり――廃止にいたる動き.どうしていままで…』,皓星社(皓星社ブックレット3),88p. ISBN-10: 4905980747 ISBN-13: 978-4905980742 \840 [amazon][kinokuniya] lep
◆大谷 藤郎 19960625 『らい予防法廃止の歴史――愛は打ち克ち、城壁崩れ落ちぬ』,勁草書房,504p. ISBN-10: 4326798998 ISBN-13: 978-43267989954200 \4410 [amazon][kinokuniya] ※ lep
◆藤田 真一 編 19960815 『証言・日本人の過ち――ハンセン病を生きて 森元美代治・美恵子は語る』,人間と歴史社,416p. ISBN-10: 4890070958 ISBN-13: 978-4890070954 \2241 [amazon][kinokuniya] lep
◆大竹 章 19961021 『無菌地帯――らい予防法の真実とは』,草土文化,650p. ISBN-10: 479450702X ISBN-13: 978-4794507020 \2548 [amazon][kinokuniya] ※ lep
◆荒井 英子 19961216 『ハンセン病とキリスト教』,岩波書店,217p. ISBN-10: 400002969X ISBN-13: 978-4000029698 \2310 [amazon][kinokuniya] lep
◆藤本 フサコ 19970920 『忘れえぬ子どもたち――ハンセン病療養所のかたすみで』,不知火書房,300p. ISBN-10: 4883450937 ISBN-13: 978-4883450930 \2625 [amazon][kinokuniya] ※ lep
◆武田 徹 19970710 『「隔離」という病――近代日本の医療空間』,講談社,254p. ISBN-10: 4122044928 ISBN-13: 978-4062581097 \1528 [amazon][kinokuniya] ※ lep sm
藤野 豊 19980415 『日本ファシズムと優生思想』,かもがわ出版,527p. ISBN-10: 4876993777 ISBN-13: 978-4876993772 \7140 [amazon][kinokuniya] lep
◆「らい予防法」違憲国家賠償請求訴訟西日本弁護団 編 19991015 『九〇年目の真実――ハンセン病患者隔離政策の責任』,かもがわ出版,153p. ISBN-10: 4876994854 ISBN-13: 978-4876994854 \1680 [amazon][kinokuniya] ※ lep
◆藤田 真一 編 19991215 『証言・自分が変わる社会を変える――ハンセン病克服の記録 第二集』,人間と歴史社,483p. ISBN-10: 4890071156 ISBN-13: 978-4890071159 \2625 [amazon][kinokuniya] lep

2000-2009
◆ハンセン病国家賠償訴訟弁護団 編 20000410 『証人調書1――「らい予防法国家賠償訴訟」大谷藤郎証言』,皓星社(皓星社ブックレット9),225p. ISBN-10: 4774402877 ISBN-13: 978-4774402871 \840 [amazon][kinokuniya] ※ b lep
藤野 豊 20000801 『強制された健康――日本ファシズム下の生命と身体』,吉川弘文館,219p. ISBN-10: 4642055002 ISBN-13: 978-4642055000 \1785 [amazon][kinokuniya] lep
◆川口 与志子 20000901 『ドキュメント・ノベル 沖縄ハンセン病70年の痛み』,文芸社,143p. ISBN-10: 4835503694 ISBN-13: 978-4835503691 \1260 [amazon][kinokuniya] ※ lep
◆加賀田 一 20001001 『島が動いた――隔絶六十年の体験から「小島の春」は今!』,文芸社,357p. ISBN-10: 4835509137 ISBN-13: 978-4835509136 \1575 [amazon][kinokuniya] lep
森 幹郎 20010125 『証言・ハンセン病――療養所元職員が見た民族浄化』,現代書館,274p. ISBN-10: 4768467911 ISBN-13: 978-4768467916 \2520 [amazon][kinokuniya] ※ b lep
◆ハンセン病国家賠償訴訟弁護団 編 20010427 『証人調書2――「らい予防法国家賠償訴訟」和泉眞藏証言』,皓星社(皓星社ブックレット10),201p. ISBN-10: 4774402931 ISBN-13: 978-4774402932 \840 [amazon][kinokuniya] ※ b lep
藤野 豊 20010501 『「いのち」の近代史――「民族浄化」の名のもとに迫害されたハンセン病患者』,かもがわ出版,685p. ISBN-10: 4876995877 ISBN-13: 978-4876995875 \7875 [amazon][kinokuniya] ※ lep
◆滝尾 英二 200109 『朝鮮ハンセン病史――日本植民地下の小鹿島』,未来社,328p. ISBN-10: 4624111842 ISBN-13: 978-4624111847 \3675 [amazon][kinokuniya] lep
◆沢田 五郎 20020430 『とがなくてしす――草津重監房の記録』(ハンセン病叢書),皓星社,219p. ISBN-10: 4774402907 ISBN-13: 978-4774402901 \1890 [amazon][kinokuniya] ※ lep
◆ハンセン病国家賠償訴訟弁護団 編 20020620 『証人調書4――「らい予防法国賠訴訟」成田稔証言』,皓星社(皓星社ブックレット14),197p. ISBN-10: 4774403172 ISBN-13: 978-4774403175 \840 [amazon][kinokuniya] lep
蘭 由岐子 20040409 『「病いの経験」を聞き取る――ハンセン病者のライフヒストリー 』,皓星社,392p. ISBN:4774403660 3990 [amazon][kinokuniya] ※ b l02 lep
◆Gould, Tony, 2005, A Disease Apart: Leprosy in the Modern World, New York: St. Martin's Press, 420+xiip. ISBN-10: 0312305028 ISBN-13: 978-0312305024 [amazon][kinokuniya] lep
=20090110 菅田 絢子 監訳 『世界のハンセン病現代史――私を閉じ込めないで』,明石書店,632p. ISBN-10: 4750329088 ISBN-13: 978-4750329086 \7140 [amazon][kinokuniya] lep
◆藤田 三四カ 20050315 『白樺の木立を越えて――ハンセン病と共に生きる』,文芸社,219p. ISBN-10: 4835586999 ISBN-13: 978-4835586991 \1575 [amazon][kinokuniya] lep
◆和泉 眞蔵 20051125 『医者の僕にハンセン病が教えてくれたこと』,CBR,250p. ISBN-10: 490247025X ISBN-13: 978-4902470253 \1500 [amazon][kinokuniya] lep
◆神美 知宏・藤野 豊・牧野 正直 20051230 『知っていますか? ハンセン病と人権一問一答〔第三版〕』,解放出版社,127p. ISBN-10: 4759282645 ISBN-13: 978-4759282641 \1260 [amazon][kinokuniya] lep
◆畑谷 史代 20060111 『差別とハンセン病――「柊の垣根」は今も』,平凡社(平凡社新書307),221p. ISBN-10: 4582853072 \760 [amazon][kinokuniya] ※ lep
◆岡部 伊都子 200602** 『ハンセン病とともに』,藤原書店,240p. ISBN-10: 4894345013 ISBN-13: 978-4894345010 \2310 [amazon][kinokuniya] lep
宮坂 道夫 20060419 『ハンセン病重監房の記録』,集英社(集英社新書339),192p. ISBN-10: 4087203395 ISBN-13: 978-4087203394 \693 [amazon][kinokuniya] lep
藤野 豊 20061017 『ハンセン病と戦後民主主義――なぜ隔離は強化されたのか』,岩波書店,217p. ISBN-10: 4000244353 ISBN-13: 978-4000244350 \2940 [amazon][kinokuniya] lep
◆ハンセン病違憲国賠裁判全史編集委員会 20061205 『ハンセン病違憲国賠裁判全史 第1巻 裁判編 西日本訴訟(1)』,皓星社,825p. ISBN-10: 4774403725 ISBN-13: 978-4774403724 \108000+税(全9巻) [amazon][kinokuniya]
◆ハンセン病違憲国賠裁判全史編集委員会 20061205 『ハンセン病違憲国賠裁判全史 第2巻 裁判編 西日本訴訟(2)』,皓星社,876p. ISBN-10: 4774403725 ISBN-13: 978-4774403724 \108000+税(全9巻) [amazon][kinokuniya]
◆ハンセン病違憲国賠裁判全史編集委員会 20061205 『ハンセン病違憲国賠裁判全史 第3巻 裁判編 西日本訴訟(3)』,皓星社,540p ISBN-10: 4774403725 ISBN-13: 978-4774403724 \108000+税(全9巻) [amazon][kinokuniya]
◆ハンセン病違憲国賠裁判全史編集委員会 20061205 『ハンセン病違憲国賠裁判全史 第4巻 裁判編 東日本訴訟』,皓星社,475p. ISBN-10: 4774403725 ISBN-13: 978-4774403724 \108000+税(全9巻) [amazon][kinokuniya]
◆ハンセン病違憲国賠裁判全史編集委員会 20061205 『ハンセン病違憲国賠裁判全史 第5巻 裁判編 瀬戸内訴訟』,皓星社,329p. ISBN-10: 4774403725 ISBN-13: 978-4774403724 \108000+税(全9巻) [amazon][kinokuniya]
◆ハンセン病違憲国賠裁判全史編集委員会 20061205 『ハンセン病違憲国賠裁判全史 第6巻 被害実態編 西日本訴訟(1)』,皓星社,919p. ISBN-10: 4774403725 ISBN-13: 978-4774403724 \108000+税(全9巻) [amazon][kinokuniya]
◆ハンセン病違憲国賠裁判全史編集委員会 20061205 『ハンセン病違憲国賠裁判全史 第7巻 被害実態編 西日本訴訟(2)』,皓星社,553p. ISBN-10: 4774403725 ISBN-13: 978-4774403724 \108000+税(全9巻) [amazon][kinokuniya]
◆ハンセン病違憲国賠裁判全史編集委員会 20061205 『ハンセン病違憲国賠裁判全史 第8巻 被害実態編 東日本訴訟』,皓星社,502p. ISBN-10: 4774403725 ISBN-13: 978-4774403724 \108000+税(全9巻) [amazon][kinokuniya]
◆ハンセン病違憲国賠裁判全史編集委員会 20061205 『ハンセン病違憲国賠裁判全史 第9巻 被害実態編 瀬戸内訴訟他』,皓星社,740p. ISBN-10: 4774403725 ISBN-13: 978-4774403724 \108000+税(全9巻) [amazon][kinokuniya]
◆山本 務・熱田 一信 20070522 『ハンセン病・薬害問題プロジェクト――作為・不作為へ』,本の泉社,439p. ISBN-10:4780703220 ISBN-13:978-4780703221 \2800 [amazon][kinokuniya] ※ lep
◆伊波 敏男 20070821 『ハンセン病を生きて――きみたちに伝えたいこと』,岩波書店(岩波ジュニア新書),207+iiip. ISBN-10: 4005005748 ISBN-13: 978-4005005741 \819 [amazon][kinokuniya] lep
◆熊本日日新聞社 編 20070830 『ハンセン病とともに――心の壁を超える』,岩波書店,181+viip. ISBN-10: 400024440X ISBN-13: 978-4000244404 \1890 [amazon][kinokuniya] lep
◆金タイ九 20071020 『在日朝鮮人ハンセン病回復者として生きたわが八十歳に乾杯』,牧歌社,334p. ISBN-10: 4434111264 ISBN-13: 978-4434111266 \1680 [amazon][kinokuniya] lep
藤野 豊 20080510 『ハンセン病 反省なき国家――『「いのち」の近代史』以後』,かもがわ出版,206p. ISBN-10: 4780301742 ISBN-13: 978-4780301748 \2415 [amazon][kinokuniya]
◆柴田 隆行 20080520 『多磨全生園・〈ふるさと〉の森――ハンセン病療養所に生きる』,社会評論社,223p. ISBN-10: 4784501878 ISBN-13: 978-4784501878 \1890 [amazon][kinokuniya] lep
◆成田 稔 20090505 『日本の癩(らい)対策から何を学ぶか――新たなハンセン病対策に向けて』,明石書店,550p. ISBN-10: 4750330000 ISBN-13: 978-4750330006 \5985 [amazon][kinokuniya] lep
杉山 博昭 20090810 『キリスト教ハンセン病救済運動の軌跡』,大学教育出版,242+14p. ISBN-10: 4887309279 ISBN-13: 978-4887309272 \2730 [amazon][kinokuniya] lep
◆荒井 裕樹 20111130 『隔離の文学――ハンセン病療養所の自己表現史』,書肆アルス,341p. ISBN-10: 4990559541 ISBN-13: 978-4990559540 2200+ [amazon][kinokuniya] ※ lep.

2010-
藤野 豊 20100101 『戦争とハンセン病』,吉川弘文館,197p. ISBN-10: 4642056874 ISBN-13: 978-4642056878 \1785 [amazon][kinokuniya] lep sm
◆加賀田 一 20100101 『いつの日にか帰らん――ハンセン病から日本を見る』,文芸社,229p. ISBN-10: 4286074250 ISBN-13: 978-4286074252 \1470 [amazon][kinokuniya] lep
◆近藤 宏一 20101005 『闇を光に――ハンセン病を生きて』,みすず書房,228p. ISBN-10: 4622075547 ISBN-13: 978-4622075547 \2520 [amazon][kinokuniya] lep
◆廣川 和花 20110228 『近代日本のハンセン病問題と地域社会』,大阪大学出版会,332p. ISBN-10: 4872593782 ISBN-13: 978-4872593785 3800+ [amazon][kinokuniya] ※ lep.

◆『炎路 全患協ニュース縮刷版(第1号〜300号)』 5000円 ※
◆『全患協ニュース縮刷版第2集(第301号〜500号)』 4000円 ※
◆『全患協ニュース縮刷版第3集(第501号〜700号)』 4000円 ※



>TOP

■論文/その他書かれたもの(年代順・編著本収録論文含/現在は社会学関係が主です)

*日本ハンセン病学会の学会誌は[外部リンク]J-Stageないし[外部リンク]Journal@rchiveで閲覧できます.
 →[外部リンク]『日本ハンセン病学会誌』(2009年-)
 →[外部リンク]『日本ハンセン病学会雑誌』(1996-2008年)
 →[外部リンク]『日本らい学会誌』(1977-95年)
 →[外部リンク]『レプラ』(1930-76年)

-1999
◆古清 一江 1983**** 「癩の条項はみえなかった――差別偏見の構造」,社会評論社編集部編『女の性と中絶――優生保護法の背景』社会評論社,**-**. ASIN: B000J7EGLI [amazon]
杉山 博昭 1991**** 「山口県とハンセン病」,『草の根福祉』19: 39-53.
杉山 博昭 199507** 「ハンナ・リデルと救癩政策」,『宇部短期大学学術報告』32: 27-36. ISSN: 03898741
蘭 由岐子 199603** 「ハンセン病療養所に関する予備的考察――その制度的側面を中心として」,『九州女子大学紀要――人文・社会科学編』32(3): 1-19. ISSN: 09162151 ([外部リンク]CiNiiで全文閲覧可.PDFファイル)
杉山 博昭 19961120 「山室軍平と救癩」,『社会福祉学』37(2): 50-65.
蘭 由岐子 199612** 「元ハンセン病患者の『生きられた世界』」,『九州女子大学紀要――人文・社会科学編』33(1): 1-29. ISSN: 09162151 ([外部リンク]CiNiiで全文閲覧可.PDFファイル)
蘭 由岐子 199703** 「ハンセン病療養所入所者にとっての『家族』」,『九州女子大学紀要――人文・社会科学編』33(3): 1-21. ISSN: 09162151 ([外部リンク]CiNiiで全文閲覧可.PDFファイル)
蘭 由岐子 199803** 「アサイラムにおける『結婚』と『家族的世帯』の形成――ハンセン病療養所を事例として」,『家族研究論叢(奈良女子大学)』4: 21-42. ISSN: 13446142
蘭 由岐子 199809** 「ハンセン病療養所入所者と『家族』」,『家庭科教育』72(9): 73-7.
杉山 博昭 1999**** 「ハンセン病患者隔離への先駆的批判者森幹郎に関する考察」,『宇部短期大学学術報告』36: 61-5. ISSN: 03898741

2000-2009
蘭 由岐子 200003** 「ハンセン病政策史と病者の経験」,『家族研究論叢(奈良女子大学)』6: 137-49. ISSN: 13446142
◆細川 涼一 20000510 「探偵小説とハンセン病――国枝史郎・小栗虫太郎・橘外男」,『仏教』50: 122-129.
蘭 由岐子 20000530 「ハンセン病療養所入所者のライフヒストリー実践」,好井 裕明・桜井 厚 編『フィールドワークの経験』せりか書房,82-100. ISBN-10: 4796702253 ISBN-13: 978-4796702256 \2520 [amazon][kinokuniya] ※ s
蘭 由岐子 20010320 「6つの名前を生きるということ――あるハンセン病者の『病いの経験』」,『研究紀要(賢明女子学院短期大学)』36: 67-75. ISSN: 02881187 ([外部リンク]CiNiiで全文閲覧可.PDFファイル)
清水 昭美 20010825 「ハンセン病熊本判決に学ぶ」,『看護教育』42(8): 618-21. ※
清水 昭美 200111** 「ハンセン病患者と絶対強制隔離――熊本地裁判決が示すもの」,『Nursing Today』16(13): 67-71. ※
蘭 由岐子 200111** 「ハンセン病社会復帰社の「病いの経験」」,第74回日本社会学会報告 ※
蘭 由岐子 20020320 「ハンセン病社会復帰者の『病いの経験』――ライフヒストリー・インタビューから」,『研究紀要(賢明女子学院短期大学)』37: 33-60. ISSN: 02881187 ([外部リンク]CiNiiで全文閲覧可.PDFファイル)
蘭 由岐子 20020515 「差別をめぐる語りと『わたし』の位置取り――訴訟期ハンセン病療養所でのフィールドワークから」,好井 裕明山田 富秋『実践のフィールドワーク』せりか書房,19-46. ISBN-10:4796702393 ISBN-13: 978-4796702393  \2520 [amazon][kinokuniya] ※ 
天田 城介 200303** 「沖縄におけるハンセン病恢復者の〈老い〉と〈記憶〉(1)――辺境におけるアイデンティティの政治学」,『社会福祉研究所報(熊本学園大学)』31: 163-94. ISSN: 02879166
蘭 由岐子 20030320 「ハンセン病者にとっての結婚と家族――ある病者の語りから」,『研究紀要(賢明女子学院短期大学)』38: 23-32. ISSN: 02881187 ([外部リンク]CiNiiで全文閲覧可.PDFファイル)
蘭 由岐子 200311** 「ハンセン病療養所と死者祭祀」,『家庭科教育』77(11): 70-4.
◆本多 康生 20040810 「ハンセン病問題のアクチュアリティ――ハンセン病国家賠償訴訟後の療養所入所者の行動規範と内的世界」,『年報社会学論集』17: 84-95. ISSN: 09194363
蘭 由岐子 200412** 「生活史を語ることの困難――あるハンセン病者の語りから (特集/ハンセン病と隔離の歴史を問う)」,『歴史評論』656: 33-43. ISSN: 03868907
有薗 真代 20041225 「『社会に出ることの意味――国立ハンセン氏病療養所・退所者の生活史から」,『京都社会学年報』12: 109-27. ([外部リンク]CiNiiで全文閲覧可.PDFファイル)
◆本多 康生 2005**** 「支援ボランティアの生活世界――ハンセン病問題の支援をめぐって」,『ソシオロゴス』29: 72-89. ISSN: 02853531
杉山 博昭 2005**** 「ハンセン病をめぐる近年の動向について」,『福祉研究』93: 1-11. ISSN: 09117318
杉山 博昭 20050325 「九州におけるカトリックによるハンセン病救済活動」,『東北社会福祉史研究』23: 68-76. ISSN: 02896451
天田 城介 20050331 「ハンセン病当事者の声とその根本問題――沖縄におけるハンセン病当事者の記憶から/へ」,『佐賀部落解放研究所紀要』22: 2-33. ISSN: 13428365
天田 城介 200510** 「『在日を生きる』と『ハンセン病を生きる』のあいだで――在日コリアンのハンセン病当事者として生きるということ」,『部落解放研究くまもと』50: 18-60.
蘭 由岐子 20051012 「『満州』・シベリア経験を持つハンセン病者の語り」,山田 富秋『ライフストーリーの社会学』北樹出版,56-72. ISBN-10: 4779300169 ISBN-13: 978-4779300165 \1890 [amazon][kinokuniya] ※ s
蘭 由岐子 20051205 「これはもはや社会調査ではないのか?――ハンセン病者研究とその展開」,『社会情報(札幌学院大学)』19(1): 61-75. ISSN: 0917673X ([外部リンク]CiNiiで全文閲覧可.PDFファイル)
蘭 由岐子 20051225 「宿泊拒否事件にみるハンセン病者排除の論理――『差別文書綴り』の内容分析から」,好井 裕明『繋がりと排除の社会学』明石書店,175-214. ISBN-10: 4750322547 ISBN-13: 978-4750322544 \2940 [amazon][kinokuniya] ※ d04 s
蘭 由岐子 20060120 「ハンセン病問題へのアプローチ――これまでとこれから」,『保健医療社会学論集』16(2): 39-51.ISSN: 13430203
◆中村 文哉 20060120 「ハンセン病問題と意味の問題系」,『保健医療社会学論集』16(2): 52-65.ISSN: 13430203
◆桑畑 洋一郎 20060120 「ハンセン病者の〈生活をつくる実践〉――戦後復興期の沖縄愛楽園を事例として」,『保健医療社会学論集』16(2): 66-78. ISSN: 13430203
◆桑畑 洋一郎 2006**** 「ハンセン病者の文学に関する一考察――〈生活をつくる実践〉としての沖縄愛楽園のハンセン病者文学」,『比較社会文化研究(九州大学)』19: 75-88.
◆三浦 耕吉郎 20060228 「書評 蘭由岐子著『「病いの経験」を聞き取る――ハンセン病者のライフヒストリー』〔含 書評に応えて〕」,『ソシオロジ』50(3): 171-8. ISSN: 05841380
蘭 由岐子 200603** 「社会学的生活史研究の現在――『ライフヒストリー』から『ライフストーリーの社会学』へ (特集 ハンセン病研究の現状と展望を探る――『歴史評論』2004年12月特集号に寄せて)」,『歴史科学』183: 1-10. ISSN: 09105662
◆羽江 忠彦・天田 城介・桑畑 洋一郎 200603** 「ハンセン病者のたたかい・年表稿」,『社会福祉研究所報(熊本学園大学)』34: 45-257. ISSN: 02879166
◆本多 康生 20060731,「ハンセン病療養所における看護ケア――生活者のまなざしを巡って」,『年報社会学論集』19: 153-64. ISSN: 09194363
◆桑畑 洋一郎 2007**** 「ハンセン病療養所の機関誌はいかなる性質を持つのか――非定型データ分析支援システムKT2を用いたハンセン病療養所機関誌目次の分析より」,『社会分析』34: 151-68. ISSN: 09116001
◆本多 康生 2007**** 「ハンセン病療養所における生活ケア――『センター』における〈生活領域の自律化〉をめぐって」,『相関社会科学』17: 35-55. ISSN: 09159312
杉山 博昭 200702** 「書評 太田國男著『自分の十字架を背負って――信仰者の立場で差別を問う」,『ハンセン病市民学会年報』2006: 204-10.
◆坂田 勝彦 20070331 「〈隔離〉を構成する装置とまなざし――戦前期ハンセン病療養所における『作業』制度・『相愛互助』理念・機関誌の位置」,『社会学ジャーナル(筑波大学)』32: 111-30. ISSN: 03865983
有薗 真代 200712** 「国立ハンセン病療養所における文化的実践の諸相――長島愛生園・楽団『あおいとり』を事例として」『京都社会学年報』15: 43-63.
有薗 真代 200712** 「『語ること』が切り拓く地平――ハンセン病問題における生活史的アクチュアリティ」『人間共生論叢(九州大学)』1: 39-47.
杉山 博昭 2008**** 「奄美大島におけるハンセン病問題とカトリック――松原若安を中心に」,『純心現代福祉研究』17-31. ISSN: 13421506 ([外部リンク]CiNiiで全文閲覧可.PDFファイル)
◆坂田 勝彦 20080720 「〈隔離〉 に抗う実践としての〈社会復帰〉――ハンセン病療養所退所者の生活世界」,『年報社会学論集』21: 49-59. ISSN: 09194363 ([外部リンク]Journal@rchiveで発行日から一定期間経過後全文閲覧可.PDFファイル)
◆本多 康生 20080901 「センターにおける介護ケアのレリヴァンス――入所者の〈生活領域の自律化〉をめぐって」,『日本ハンセン病学会雑誌』77(3): 205-10. ISSN: 13423681 ([外部リンク]Journal@rchiveで全文閲覧可.PDFファイル)
有薗 真代 20080930 「国立ハンセン病療養所における仲間集団の諸実践」,『社会学評論』59(2): 331-48. ISSN: 00215414; 18842755[online] ([外部リンク]J-Stageで全文閲覧可.PDFファイル)
蘭 由岐子 20081031 「パラダイム・シフトへ――第一七回国際ハンセン病学会参加報告」,『ソシオロジ』,53(2): 142-7. ISSN: 05841380
有薗 真代 20081210 「『生活者』としての経験の力――国立ハンセン病療養所における日常的実践とその記憶」,桜井厚・山田富秋・藤井泰編『過去を忘れない――語り継ぐ経験の社会学』せりか書房,104-20. ISBN-10: 4796702865 ISBN-13: 978-4796702867 \2310 [amazon][kinokuniya] ※ 
◆桑畑 洋一郎 2009**** 「ハンセン病者にとっての『社会復帰』とは何か――沖縄のハンセン病者を事例として」,『社会分析』36: 139-57. ISSN: 09116001
◆坂田 勝彦 20090331 「戦後日本の社会変動とハンセン病者による現実の意味構成――ある都市部療養所における『ふるさとの森』作りの取り組みから」,『社会学評論』59(4): 769-86. ISSN: 00215414; 18842755[online] ([外部リンク]J-Stageで全文閲覧可.PDFファイル)
◆坂田 勝彦 20090331 「ハンセン病療養所の施設整備に関する社会学的考察」『社会学ジャーナル(筑波大学)』,34: 71-82. ISSN: 03865983 (機関リポジトリで全文閲覧可.PDFファイル)
◆本多 康生 20090720 「ハンセン病療養所退所者の現在の生――家族・地域へのインクルージョンの視点から」,『年報社会学論集』22: 234-45. ISSN: 09194363 ([外部リンク]Journal@rchiveで発行日から一定期間経過後全文閲覧可.PDFファイル)
山田 富秋 20090801 「ハンセン病療養所における機関誌の役割と意味」,『松山大学論集』21(2): 137-57. ISSN: 09163298 ([外部リンク]CiNiiで全文閲覧可.PDFファイル)
◆坂田 勝彦 20090930 「『終わり』と向き合うハンセン病者――過去の想起と共同性」,『ソシオロゴス』33: 30-45. ISSN: 02853531

2010-
◆坂田 勝彦 201006** 「書評 成田稔著『日本の癩〈らい〉対策から何を学ぶか――新たなハンセン病対策に向けて』」,『歴史評論』722: 97-101. ISSN: 03868907
◆桑畑 洋一郎 201009** 「ハンセン病者の〈セルフ・スティグマ〉に関する一考察――沖縄のハンセン病療養所退所者を事例として」,『現代の社会病理』25: 117-32. ISSN: 1342470X
◆桑畑 洋一郎 20110131 「ハンセン病療養所退所者の医療利用実践――沖縄の療養所退所者を事例として」,『保健医療社会学論集』21(2): 91-103. ISSN: 13430203

◆Kipp, R S, 1994, "The Evangelical Use of Leprosy," Social Science & Medicine, 39: **-**.
◆Liora, N, 1998, "Beggars, Metaphors, & Stigma: A Missing Link in the Social History of Leprosy," Social History of Medicine, 11: 89-105.


>TOP

■歴史

1907   「癩予防ニ関スル件」〈法律第一一号〉の成立
1909   公立療養所の設立
1931   「癩予防法」に改名
     財団法人癩予防協会設立
1936   三井報恩会
1938   国民健康保険法制定
19460101 ハンセン病(藾)療養所患者自治会発足(鹿児島・星塚敬愛園/岡山・邑久光明園)*
19460501 ハンセン病療養所患者自治会(東北)発足*
1946   療養所で初の投票
1947   新薬プロミン臨床実験開始
  作業賞与金の予算化
19470503 ハンセン病療養所多磨全生園有志「生活擁護同盟」結成*
1948   ハンセン病療養所患者のプロミン(治療薬)獲得闘争起こる*
1948   慰安金支給開始
19510111 全患協(全国国立らい療養所患者協議会結成)*
19511108 参院厚生委員会で光田健輔長島愛生園長「強制隔離」を主張*
19521010 全患協 らい予防法改正促進委員会設置*
19530300 らい予防法に反対し、患者国会・厚生省前で座り込み、ハンスト決行*
19530815 らい予防法公布*
1954   らい予防法第一次改正
     不自由者慰安金
1957   退所決定暫定準則
19661017 全国ハンセン病患者協議会 生活処遇改善要求で厚生省前に座り込み*
1970   給与金制度成立
1971   自用費方式(基本処遇の確立)

……

◆1980/10/21 第093回国会 参議院社会労働委員会・第1号
 http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/093/1200/main.html

○高杉廸忠君 時間の関係で、次にハンセン氏病患者さんたちの問題について特に大臣に伺いたいと思いますけれども、大臣は新聞、雑誌などを拝見いたしますと、ハンセン氏病患者さん方の長年にわたって望んでおられた長島と本土の間に橋をかけられることを約束された、こうあります。人間復活の橋をかける――園田厚生大臣の私は快挙ではないだろうかと、こういうふうに敬意を表するところであります。橋をかけることを決断された大臣の御心境なりその経緯についてお聞かせをまずいただきたいと思います。
○国務大臣(園田直君) この問題は、公共事業でありまして建設省の所管ではありますけれども、十何年間言い続けられてきたことであります。そこで、私が地元の負担それから国の負担、国の負担の方は私が責任を持って建設省に御相談をするから、地元の方は求めてもらいたいと、こう言っておりますが、地元の方にも厚生省から私の使いとして近く派遣をして話を求めたいと考えております。
 その理由は、この島における患者、職員が非常災害の場合の生命を守るための橋は必要でありますが、もっと私が大きく考えることは、明治以来、この患者はどこかへ隔離をして世間と立ち切ってやるべきもう別個の人間であるという、こういう間違った考え方でまいりましたが、その後治療も進みまするし、ある程度治った人は伝染性もないわけで、自由に社会に出入りをすると、こういうことを世間一般の人に理解してもらうための私は一番大きな問題であると、こう考えたから積極的にこの話に乗ったわけでございます。
○高杉廸忠君 大臣からお話を聞きましたように、まさに人間復活の橋であると、こういうふうに思います。私どももささやかでありますが、その架橋については推進の一助を担いたいと、こういうふうに思います。
 そこで、具体的に関連をして、これから時間のある限りお聞きをしたいと思っておりますけれども、御承知のとおりに来年は国連の国際障害者年でもあります。私は、この中で国連がその背景として世界のハンセン氏病患者さんのことを考慮に入れていること、また行動計画中に障害者が十分に社会に参加をする自由というものを制限する差別的な行動及び制限、そのものに関する調査を開始をいたしまして、かつ、その状況に対する所要のあらゆる措置をとること、これはまあ教育であるとか雇用であるとか、そういう差別解消のための法律の見直しと、こういうふうになるんだろうと思っておりますし、いま大臣からのお答えにもありましたように、隔離的居住施設、こういうものの廃止の推進、そういうものも含めているというふうに思います。先ほどお答えいただきましたように、大臣は長島架橋に決断をされたことについては、やはり差別を解消する橋であると、こういうふうに思う、私はそういうふうに受けとめているわけであります。
 具体的には、いま申し上げました国際障害者年に向けての法律の見直し、同時に具体的に提起をいたしますと、いまらいの患者さんたちにはらいの医療刑務所というのがあるわけでありますね。医療刑務所については、私は先ほど大臣が、人間復活であり差別のない、あるいはまた隔離、そういうものをしない、こういう姿勢を述べられましたから、当然これは廃止をされるべきではないだろうかと、こういうふうに思いますけれども、この医療刑務所についてはいかがでございましょう。
○政府委員(大谷藤郎君) ハンセン氏病につきましては医療が進歩いたしまして、感染性の弱い疾病ということでございますけれども、しかし、それにいたしましてもハンセン氏病に関する専門の医療を勉強された医師がおられる近くがよいのではないかということで、医療刑務所というものがらい療養所に近接いたしまして設立されていると聞いておりますけれども、この問題につきましては、法務省が医療刑務所として所管しているものでございまして、私どもとしてはこれについて特に、そのものについて申し上げるべき意見は持っておりません。
○高杉廸忠君 局長ね、局長はもうあらゆる機会にハンセン氏病を正しく理解しましょうということでPRしていますね、もう心配ないんですと、そういうことをやっておられるわけですね。ですから、そういうことになれば、何もらいの患者さんだからといって特別扱いすることはどうなんでしょう、私は必要ないんじゃないだろうかというような点が一つ。それから大臣が、差別のない隔離のない人間復活だと、こういうふうに姿勢を述べられて、私は力強く感じているわけでありますし、局長の方ももう少し前向きでひとつ検討いただきたいと、こういうふうに思っているんです。その点どうでしょう。私は管轄が法務省であることは承知しております。それで、現に菊池恵楓園にあることも知っておりますし、その管轄が小倉の医療刑務所の支所としてあることも知っております。しかし、現実は受刑の方が二人、それでしかも職員が十人、こういうような現実なわけですね。ですから、そういうことも、私はせっかく大臣が前向きに取り組んでおられるなら、やはり鈴木内閣の閣僚ではあるし、法務大臣ともそういう点は十分御相談できるはずだと、こういうふうに思っているわけです。大臣どうでしょう。
○国務大臣(園田直君) 療養所に隣接した特別の刑務所で服役をする人もさることながら、これを目で見ておる療養所の人々の心情を考えますと、このようなものは決して適切なものではないと考えます。法務大臣ともよく相談をして、逐次一般の刑務所の中で治療をやるものがあればやるというようにしていただければありがたいと存じ、法務大臣とも相談をいたします。
○高杉廸忠君 ぜひ来年は障害者年でもありますから、これへ向けてのひとつ実現をお願いをするところであります。
 それから、具体的に大臣にこれやっぱり知っていただく意味で私は念を押す、そういう意味からも御質問するんですけれども、らい予防法の十五条、これは「外出の制限」、こういう条項があります。それから十六条には「秩序の維持」と、こういうふうなところでかなり細かい――たとえば「秩序の維持」の十六条の二項第二号には「謹慎させる」、そしてしかも三項では所長の指示によって「所長が指定した室で静居しなければならない。」、全くこれ、先ほど大臣から前向きの御答弁をお聞きしますと、現実は全く隔離であるとか差別であるとか、そういうことが法律上もまだ現存をしているわけでありますが、この十五条、十六条について私は削除あるいは撤廃すべきものではないだろうかと、こういうふうに思いますが、どうでしょう。
○政府委員(大谷藤郎君) らい療養所におきましては、長期にわたりまして入所をされております患者さんが共同生活を営んでおられる、また伝染性でもあるというふうなことでございまして、規律に違反した者を療養所から退所させる措置をとるということができませんものでございますから、秩序維持のために規定されているという点がございますが、しかしこの運用につきましては、現在の医学の進歩、社会的な問題等も勘案いたしまして十分な配慮を行って運用をされているというふうに考えているわけでございます。
 また、外出禁止の条項につきましても同じような考えでございまして、現在人権尊重のたてまえからその運用につきましては、十分慎重にやられているというふうに理解しているわけでございます。
○高杉廸忠君 運用の面でそうやられているというのが実態であれば、やはり差別なりあるいは隔離なり、そういう法文として残しておくこと、これは最初申し上げましたとおりに、国際障害者年に向けて国内法を見直そう、こういう時期でもありますから、再検討いただいて整備をしていただく必要がある、こういうふうに私は要望しておきます。
 それから六条、十一条について、これまた国民の最も基本的な権利であるお医者さん、医療機関、これを選択する自由というのがあるわけですけれども、これまた現実にはハンセン氏の患者さん方にはそういう選択の自由、これが現実にはないわけですね。
 で、私はたとえば東京の全生園の患者さんたちが、あるいは退所をされた患者さんたちが医療センターであるとかがんセンター、そういう公共病院などを私は利用できるようにしたら、先ほど大臣が言われるように、本当の人間復活になるんではないだろうかと、こういうふうに思うんですが、そういうやはり六条、十一条、国民の基本的な権利、こういうことについてはどうでしょう。
○政府委員(大谷藤郎君) 先生御指摘のような点、私どもも考えているところでございますが、現実の問題として一般の医療機関を利用するという問題につきましては、これは時間をかけて逐次実施していきたいという考え方でやっております。現に一部の医療機関においては、そういったことをやっていただいているわけでございますが、この問題についても、今後ともその方向で進めてまいらなければならないものと考えております。
 ただ問題は、医療費の問題でございますとか、若干むずかしい点もございますけれども、それにつきましては、できる限り対応してまいりたいというふうに考えているわけでございます。
○高杉廸忠君 いま幾つかの提言もいたしました、大臣。ぜひひとつ障害者年も迎えることでありますから、その実現に向けて一層の御助力をいただきたいと、こうお願いをしておきます。
 で、きょうは時間の関係で十分な意を尽くしての質疑もできませんでしたけれども、私はこの際、特に委員長、本委員会にもお願いをいたしたいと思いますが、長島との架橋については、できれば本委員会で促進の決議ができるような意思表示もしていただければ幸いである、こういうふうに思いますので、委員長ひとつよろしくお取り計らいいただければありがたいと、このように思っております。
 同時にまた、いままで私は大臣を初め、医療荒廃から国民の信頼をかち取るために、何としても行政における期待がされている今日であり、倫理の確立についても、そうした意味においても、また障害者年を迎えるこういう点についても、まさしく国民の大きな期待がかけられていると思います。
 そこで、先ほど安恒委員からも指摘されましたように、富士見病院についてはできるだけ委員会でも調査をするなり、参考人を呼んでいただくような委員会をぜひ開催をしていただきたい、これまたお願いであります。
 それからさらにつけ加えまして、国際障害者年に向けて障害者の方々の差別をするようなあらゆる国内法というものを、もう一度ひとつ見直していただいて、まさしく人間復活、これが発揮できるように厚生大臣の一層の御尽力を賜りたい、御要望申し上げまして、大臣がこれから衆議院に行かれるようでありますから、御協力する意味でお願いを申し上げて、質問を終わりたいと思います。
 最後に大臣から、さらに一層の力強い御所見をひとつ承りたい、このように思います。
○国務大臣(園田直君) 数々の御提言ありがとうございました。これは十分、聞き流しにしないで深く受けとめましてその方向に向かって努力をいたします。
 ありがとうございました。
○委員長(片山甚市君) 委員長から一言申し上げます。
 ただいま高杉君からの提案につきましては、理事会で十分に意を尽くしまして皆さんにお諮りをしたいと思いますので、御了解を賜りたいと思います。
○高杉廸忠君 終わります。
○委員長(片山甚市君) 本調査に対する午前の質疑はこの程度にとどめ、午後一時三十分まで休憩いたします。」

◆1994
 「13章の「らい予防法廃止への道程」は、本書の中でやや異色の感があろう。癩予防法の廃止から社会復帰の支援の法整備への道程は、本書に収録されたとおりである。筆者は元厚生省医務局長大谷藤郎氏(藤楓協会)より、<0325<1994馬V月‖東京都東村山市にある国立癩診療所全生園(ぜんしょうえん)で開催された「癩予防法廃止へ向けて」と題するシンポジウムで「人権保護に向けて」のテーマで講演をするよう依頼を受けた。当時、全日本精神病院協会の顧問として、精神科指定医講習会で「人権保護について」と題して年2回講演をしていたので、旧知の大谷氏のご依頼でもあり、あまり考えることもなくお引き受けしたのである。しかし、筆者はその時まで「癩予防法」なるものを一度も見たことがなかった。そこで、癩予防法が収録されていると思われる六法全書を調べたが見当たらない。大六法全書にも、医療関係のやや特殊な医療六法にも収録されていない。いささか慌てて藤楓協会に依頼して、明治43年の「癩ニ関スル件」と昭和28年の「癩予防法」を入手して読んで、実態に即さない、憲法違反でさえある規定内容に驚いた。前記のシンポジウムでは、法規定そのものはひどいが、運用上改善されているのであり、法の廃止はとても困難なことを考えると「『名』を捨てて『実』を取る」の精神で臨んだらどうかとする意見が多かった。だが、私は、「『名』も『実』も取りましょう」と、全生園の収容者を励まし、この憲法違反の法律は何としても廃止しなければならないと必死に努力を重ねた。その後、努力の甲斐あって、第13章に記載されている通りの道程で「癩予防法」は廃止に至ったのである。廃止された後も、著名な法曹ですらこの「癩予防法」など見たことがない、とされる方々がほとんどであった。筆者は、大谷先生やその他国立療養所所長と共に、この法律の廃止に力を尽くすことができた唯一の法曹であることを誇りに思う。筆者は、近年、筆者の法曹人生50余年の経験の中で、唯一、社会に貢献できたと自負できることと考えているので、敢えて本書に収録することにした。」(中谷[2001:325-326])*
*中谷 瑾子 20010630 『続 21世紀につなぐ生命と法と倫理――生命の終期に至る諸問題』,有斐閣,327p. ISBN-10: 4641027528 ISBN-13: 978-4641027527 6510 [amazon] ※ b be ml
19960401 らい予防法の廃止に関する法律
19980731 熊本地裁 元ハンセン病患者13人の国に対する損害賠償(総額14億9500万円)請求の訴訟を受理*
……
◆1961  沖縄「ハンセン氏病予防法」
 「(社会復帰の環境づくりが不十分であること、患者への懲戒規定があることなど)たしかに問題は多いが、『らい予防法』よりはまだましなのである」(藤野豊[])

◆1995/12/08
 らい予防法見直し検討会報告書
◆1996/01/22
 公衆衛生審議会「らい予防法の廃止等について(答申)」
◆1996/03/25
 ハンセン病患者国際協会の第1回国際会議
◆1996/04/01
 らい予防法廃止
◆1996/05/04
 『朝日新聞』19960504「ひと」欄
 神 美知宏(こう みちひろ)さん(全国ハンセン病患者協議会事務局長)
◆1996/06/08
 「HIVとハンセン病」講演会
 (北野隆一さんの講演レジュメが採録されています)
◆1996/10/28 講演「ハンセン病とらい予防法について」
 http://www.try-net.or.jp/~k-ohta/mol/yuhu-1.html
 「【まえがき】
 昨年(1996年)四月「らい予防法」が廃止されました。その喜こびをこめて
日本MOLは、「呪縛からの解放」その喜びを告げる−らい予防法廃止をめぐ
って−というテーマで、一○月二八日(月)熊本市内の鶴屋ホールにて、講演
とコンサートの集いが開かれました。講演は三人の方によって行なわれ、容易
に治るハンセン病にかかっただけで、いわれのない差別を受け、その生涯を療
養所にとじ込められて来たハンセン病にかかわる話、その中で生き抜いてきた
よりどころなどを説ぎあかされました。いずれも珠玉の講演でありますので、
日本MOLのご好意により逐次紹介させていただきます。ーJLM誌編集者ー」
◆1998
 岡本千草「生命倫理研究フォーラム第八回研究会「ハンセン病を考える」」(仮題)
 『青松』掲載原稿
1999   →ハンセン病・1999
2000   →ハンセン病・2000
2001   →ハンセン病・2001(国家賠償訴訟勝訴・確定,他)
200105  熊本地裁国家賠償訴訟判決
     「ハンセン病療養所入所者等に対する補償金の支給等に関する法律」公布・施行
2002   →ハンセン病・2002
200204  「国立ハンセン病療養所等退所者給与金」支給制度開始
2003   →ハンセン病・2003
2004   →ハンセン病・2004
2005   →ハンセン病・2005
2006   →ハンセン病・2006


>TOP

■論説・言及

市野川 容孝立岩 真也 19980201 「障害者運動から見えてくるもの」(対談),『現代思想』26(2): 258-285.
 →立岩 真也 20001023 『弱くある自由へ――自己決定・介護・生死の技術』,青土社,119-174に再録. ISBN-10: 4791758528 ISBN-13: 978-4791758524 \2940 [amazon][kinokuniya] ※ be s

「立岩 いろんなかたちでためらわれるものがあった。この間ハンセン病のもと患者さんの話を聞いたんだけど。僕は七〇年代以降のことを言い過ぎたかもしれないけど、結核療養の患者さんとかハンセン病の患者さんの団体っていうのは、非常に劣悪な状況の中で果敢な闘争を展開されてきた団体であるんですよ★10。そこの中で何はともあれ多くのものを勝ち取ってきたっていう意味では、決して五〇年代、六〇年代に何もなかったということじゃないのね。ただ、そうやっていろんな闘争を展開してきたんだけれども、でも施設の中で結婚をする時には、もうほとんど自己決定とか何とかって以前――それも言われ方としては、自己決定っていうことになるかもしれないけど、――とにかく不妊手術をするっていうのが大前提で、それは受け入れざるをえなかったっていうか受け入れてたっておっしゃってましたね。実際には感染力弱いから、ハンセン病の患者同士が結婚して子供産んでも感染するっていうことにならないし、かりに感染しても直るわけだから、そういう意味で実害がないっていうことは分かってきてたし、実際にそういう施設も少数ながらあった。沖縄とかね。
市野川 私も、らいの患者さんで不妊手術を受けた人から、沖縄では子どもが産めたのに、なぜ私たちは……という声を聞きました。
立岩 だから、やっぱり当事者の中にもその頃にはためらわせるものがあったんだと思うんだよね。果敢な闘争を展開した人の中でも、にもかかわらず、ためらいというかがあったっていうことは事実としてあるんだと。
市野川 なるほど。
立岩 ようやく「らい予防法」はなくなったんだけど、少なくともある時期、予防法撤廃っていうふうにストレートにはいけなかった部分っていうのはやっぱりあって。基本的に差別法だけど、その中で自分たちがともあれ生きていける保障をしてる法律でもあるっていう認識が患者さん自身にもあったから、ある意味でしょうがなかったし、僕らがとやかく言うようなことでもないと思うんです。ただやっぱりある種の、たとえばその不妊手術のことについては言い澱んでしまうっていう部分があった。
 そのあったこと、あったときの空気みたいなものも含めて、やっぱりはっきりさせられるところはさせなきゃいけないし、はっきりさせた上でじゃあどうするんだってことを、非常に何というか、場合によっては疲れることだけれども、考えるしかないんじゃないか。そういうことを始めさせたのが七〇年代の運動だったのかな。」(市野川・立岩[1998]→立岩[2000])
「★10 全国ハンセン病患者協議会[1988-]。他の文献、またハンセン病国賠訴訟関連ホームページについてはホームページの「ハンセン病」。」(市野川・立岩[1998]→立岩[2000])

◆中谷 瑾子 20010630 『続 21世紀につなぐ生命と法と倫理――生命の終期に至る諸問題』,有斐閣,327p. ISBN-10: 4641027528 ISBN-13: 978-4641027527 \6510 [amazon][kinokuniya] ※ be ml
(上掲年表でも引用)
 「13章の「らい予防法廃止への道程」は、本書の中でやや異色の感があろう。癩予防法の廃止から社会復帰の支援の法整備への道程は、本書に収録されたとおりである。筆者は元厚生省医務局長大谷藤郎氏(藤楓協会)より、<0325<1994馬V月‖東京都東村山市にある国立癩診療所全生園(ぜんしょうえん)で開催された「癩予防法廃止へ向けて」と題するシンポジウムで「人権保護に向けて」のテーマで講演をするよう依頼を受けた。当時、全日本精神病院協会の顧問として、精神科指定医講習会で「人権保護について」と題して年2回講演をしていたので、旧知の大谷氏のご依頼でもあり、あまり考えることもなくお引き受けしたのである。しかし、筆者はその時まで「癩予防法」なるものを一度も見たことがなかった。そこで、癩予防法が収録されていると思われる六法全書を調べたが見当たらない。大六法全書にも、医療関係のやや特殊な医療六法にも収録されていない。いささか慌てて藤楓協会に依頼して、明治43年の「癩ニ関スル件」と昭和28年の「癩予防法」を入手して読んで、実態に即さない、憲法違反でさえある規定内容に驚いた。前記のシンポジウムでは、法規定そのものはひどいが、運用上改善されているのであり、法の廃止はとても困難なことを考えると「『名』を捨てて『実』を取る」の精神で臨んだらどうかとする意見が多かった。だが、私は、「『名』も『実』も取りましょう」と、全生園の収容者を励まし、この憲法違反の法律は何としても廃止しなければならないと必死に努力を重ねた。その後、努力の甲斐あって、第13章に記載されている通りの道程で「癩予防法」は廃止に至ったのである。廃止された後も、著名な法曹ですらこの「癩予防法」など見たことがない、とされる方々がほとんどであった。筆者は、大谷先生やその他国立療養所所長と共に、この法律の廃止に力を尽くすことができた唯一の法曹であることを誇りに思う。筆者は、近年、筆者の法曹人生50余年の経験の中で、唯一、社会に貢献できたと自負できることと考えているので、敢えて本書に収録することにした。」(中谷[2001:325-326])*

立岩 真也 2003/11/01 「現代史へ――勧誘のための試論」,『現代思想』31-13(2003-11):44-75(特集:争点としての生命)  資料

 「さまざまなことが起こりそしてまだそう時間の経っていない部分について記述がない。例えば精神障害と犯罪についてどんな議論があったか。いつハンセン病者に対する差別が差別だということになったのか。[…]」

 「結核療養所などでの待遇改善を求める運動やハンセン病療養所での自治会の活動等があった。それは、その人たちのそこでの生活が困難だったからだが、それとともに、長期にわたってその場で暮らす人たち、利害を同じくする人たちが集まっていたという事情がある。これは障害者たちの運動と共通するところがある。回復するにしても発病前の状態に戻るのではなく、またそれと別の理由から、その場に留められ、暮らし、共通する問題、利害を有する。こうした人たちと比べれば、一般的な医療の利用者からの動きは難しい。障害者はずっとその状態にいるのに対して、病者は短い時間の間病者であるか、状態が悪化して亡くなってしまうかである。それでもいくつかの病気について患者団体が作られ、自助・親睦の活動とともに政治、社会に対して働きかけが行われる☆06。」
 「☆06 ハンセン病者の動きについてはかなりの点数の書籍が出て知られておりここで紹介するまでもないが、比較的古いものに全国ハンセン病患者協議会編[1977]、また機関誌の縮刷版として三分冊で発行された同協議会編[1988-]が重要な記録としてある。その組織は強い闘争を組織し継続させる。ただそこで、例えばらい予防法について、優生手術について、積極的には言えなかったことがある。市野川との対談(市野川・立岩[1998])でもふれたことだが、それがどういうことだったのかを考えるという課題がある。」

全国ハンセン病患者協議会 1988- 『炎路 全患協ニュース縮刷版(第1号〜300号)』『全患協ニュース縮刷版第2集(第301号〜500号)』『全患協ニュース縮刷版第3集(第501号〜700号)』、全国ハンセン氏病患者協議会
全国ハンセン氏病患者協議会 編 1977 『全患協運動史――ハンセン氏病患者の闘いの記録』、一光社

立岩 真也 2007/09/01 「書評:小畑清剛『近代日本とマイノリティの<生−政治学>――シュミット・フーコー・アガンベンを中心に読む』」
 『論座』2007-9: 310-311.

 「著者は本書の「一応の研究成果」は以下だと言う。「不利な立場の少数者は、「友敵結束」「「教義=ドグマ」」「結合」「内閉」「切断」という歪んだ「精神の構え」ないし「生の形式」に陥っていたため、らい予防法・優生保護法・北海道旧土人保護法等の「法という名に値しない法」=「管理的指令」を廃止することができなかった」。「そして、そのような歪んだコミュニケーションへと不利な立場の少数者を追い込んだのは、有利な立場の多数者が行使した「牧人=司祭型権力」などによる作為である」。以上も「おわりに」からだが、本文にも類似の文章は多くある。例えば、「らい予防法がごく最近まで廃止されなかった原因」は「善意の医師たちが意識的ないし無意識的に行使した「牧人=司祭型権力」[…]によって、ハンセン病患者の多くが内閉という歪んだコミュニケーションに陥ったことに求め」られる(二〇九頁)。
 「冗談ではない」、と、激しく糾することもできよう。
 支配者にうまくあしらわれ、被差別者同士が「(連帯すべき)人と人との”つながり”を切断してしまう」(二七六頁)ために、悪法が存続したという。代わりに、「差別や抑圧からの解放」のためには、「まず内閉している不利な立場の少数者に対して外部の他者との社会的回路を開くことを促し、同時に彼(女)らに切断が連帯・共闘すべき他者との”つながり”を不可能とすることを明確に示」すことだという(二七〇頁)
 まず、作為的な分断があり、それが被抑圧者の力を弱めてきたこと、それは事実だろう。しかしそれは皆が知っていることだ。「つながり」をもち、力を合わせるなら力が強くなるだろうこともまた自明なことだ。誰に教わるまでもない。
 次に、そうした「分裂」があった「から」、廃止されるべき法が廃止されなかったなどというのは、間違いである。これは「仲間割れ」したから敵に負けたのだという話である。むろん、その仲間割れは敵が仕掛けたものだと(もともとは敵が悪いのだと)はされる。しかしそれを敵に騙されるほど愚かだったとも言える。それは乱暴だ。著者はどう考えても乱暴な性格の人ではない。しかし、実際に、そのように乱暴にまとめられてしまっている。らい予防法がなぜかくも長く続いてしまったのか。これは問うてよい問いであるだろう。しかし著者の答えは、その問いへの答えとしては到底納得できるものではない。
 この問いに私は答がない。ただ第一章でとりあげられる「優生思想」については、少し勉強し考えたことがあり、とりあげられる人や本になじみがあるから、著者が何かを加えてくれるかくれないか、より見えやすい。
 一つ、「国家権力」がそれを指示し発動するという図式が基本的に維持される。しかしそう簡単なものではないだろうという認識から、偉い学者でない人によって、この主題について様々が考えられてきたのだ。それを継いで考えた上であらためて国家を名指し、そして糾弾するのはよい。しかしそんな構えの議論にはなっていない。
 一つ、その国家権力が仕掛ける「低価値者」との戦争に抗するために、「われわれ=健常者=友」対「かれら=障害者=敵」という図式を壊すために、この二者が「つながる」ことが大切だと言う。金子郁容のボランティアの本、北島行徳の障害者プロレスの本、渡辺一史の『こんな夜更けにバナナかよ』があげられる。みなよい本だ。しかし本書の構図の中にこれらが置かれてよいことがあったと思えない。こうして私は、足されたものを見いだせず、現場に存在してきた思想から差し引かれたものしか見ることができなかった。」


>TOP

■新聞記事

◆毎日新聞 連載「生きる:ハンセン病回復者・志村康の記憶」 (地方版:熊本)


*このファイルは文部省科学研究費補助金を受けてなされている研究(基盤(C)・課題番号12610172)のための資料の一部でもあります(〜2004.3)./このファイルは文部科学省科学研究費補助金を受けてなされている研究(基盤(B)・課題番号16330111 2004.4〜2008.3)の成果/のための資料の一部でもあります.
REV: .....20030222, 20040117, 1116, 20050620, 0806, 20070510, 24, 20090612, 1225, 20100122, 0418, 20110403(藤原信行), 10, 0512, 0708, 20120210, 0817,0829, 0918, 0927, 1011, 1106, 1206,20130721, 20150125
患者の権利  ◇医療史  ◇医療社会学 

TOP HOME (http://www.arsvi.com)