HOME > 組織 >

日本病院・地域精神医学会

http://www.byochi.org/index.html


◆元吉功 198010 「外部からみた松沢病院――病院精神医学懇話会〜病院精神医学会発足当時を中心に」,『精神医学』22-10(262)(1980-10):1069-1076

「U.病院精神医学懇器会の発足

この会の発足は,昭和32年秋であり,第1回は講演会の形式をとり,同年11月9日国立武蔵療養所で開かれたが,予期以上の盛会で出席者127名,施設数49と記録されている。この成果は翌年の昭和33年夏「病院精神医学第一集」として出版された。その序文に関根真一氏は”現代の精神病院は,患者の治療の場であるとともに,極めて有意義な治療の器具として,その機能を発揮せねぱならぬことが強く要求されるにいたった。その観点から精神病院に勤務する者は,常に患者を対象として,建物並びにそこに従事する人的構成に対し,精神医学を基底とした研究を推し進めて行かなければならない。従来これらの研究については関心はもたれていたが,最近その発展の必要性が叫ぱれるにいたったので,同志の者が相計り病院精神医学懇話会なるものを誕生せしめた。(後略)”と記している。また小林八郎氏は編集後記に”……問題の所在,解決の態度が病院精神医学には大学精神医学と違う特別のものがあるから,これを学間的基礎の上に打ちたてたい,というのがその主張だが,さらに最近では,精神医学の傾域が広大なものになるとともに,かんじんの臨床精神医学の影が薄くなってしまった。こういう事態の洞察も前述のような機運を促したに違いない。(後略)”と述べている。「病院精神医学」の存在理由については,大学における精神医学に対するアンチテーゼといった堅苦しいものではないが,底流としてアカデミズムに対するあきたらなさと言った空気のあったことは事実である。ちなみに発足当時の運営委員は11名(関根真ー,前田忠重,菅修,上田守長,江副勉,野口晋二,青木義治,岡田敬蔵,松本伴,小林八郎,元吉功)であるが,関根委員長をはじめ約半数は松沢病院出身者で,その後の会の運営発展の上に大きなカとなったことは多くの人の認めるところであろう。」(元吉[1980:1069])

◆広田 伊蘇夫・小林 二郎 198210 「病院精神医学会/日本精神科看護技術協会」,『理学療法と作業療法』16-10:718-719

 「病院精神医学会の前身は昭和32年11月にさかのぼる.当時,昭和29年から精神病院における作業療法の協同研究が,東京近郊の精神病院関係者を中心にして行われていた.やがてこの研究班のメンバーが中心となり,精神病院での治療構造を学問的に基礎づける目的をもって,病院精神医学懇話会が昭和32年11月に発足した.
 第1回の病院精神医学懇話会は,国立武蔵療養所で開催されたが,故関根眞一委員長「現代の精神病院は患者の治療の場であるとともに,極めて有意義な治療の器具として,その機能を発揮しなければならないことが強く要求されるにいたった.その観点から精神病院に勤務するものは,常に患者を対象とし,建物並びにそこに従事する人的構成に対し精神医学を基底とした研究を推し進めて行かねばならない…….なおいささかなりとも精神病患者の福祉のため貢献に資することが出来れば幸いである」と,その機関誌病院精神医学に記している.ここには,大学における精神医学的諸研究にあきたらず,精神病院という現実の治療場面に,臨床精神医学を確立しようとする意気込みをみることができる.」(広田・小林[1982])

http://www.byochi.org/contents/01_gakkai/kaisaichi.html

第 1 回  
病院精神医学懇話会
1957年 東京都・国立武蔵療養所
第 2 回
病院精神医学懇話会
1958年 東京都・国立武蔵療養所
第 3 回
病院精神医学懇話会
1959年 千葉県・国立精神衛生研究所
第 4 回
病院精神医学懇話会
1960年 東京都・松沢病院
第 5 回
病院精神医学懇話会
1961年 大阪府・浅香山病院
第 6 回
病院精神医学懇話会
1962年 東京都・烏山病院
第 7 回
病院精神医学懇話会
1963年 福岡県・九州大学
第 8 回
病院精神医学懇話会
1964年 宮城県・東北大学
第 9 回
病院精神医学懇話会総会 
1965年 愛知県・名古屋市
第10回
病院精神医学懇話会総会
1966年 北海道・札幌市
第11回
病院精神医学懇話会総会
1967年 群馬県・前橋市
第12回
病院精神医学会総会 
1968年 徳島県・徳島市
第13回
病院精神医学会総会
1969年 石川県・金沢市
臨時総会
1970年 神奈川県・横浜市
第14回
病院精神医学会総会
1971年 愛知県・名古屋市
第15回
病院精神医学会総会
1972年 京都府・京都市
第16回
病院精神医学会総会
1973年 東京都・千代田区
第17回
病院精神医学会総会
1974年 大阪府・大阪市
第18回
病院精神医学会総会
1975年 愛知県・名古屋市
第19回
病院精神医学会総会(中止) 
1976年 千葉県・千葉市
第20回
病院精神医学会総会
1978年 愛知県・名古屋市
第21回
病院精神医学会総会
1978年 宮城県・仙台市
第22回
病院精神医学会総会
1979年 広島県・広島市
第23回
病院精神医学会総会
1980年 兵庫県・神戸市
第24回
病院精神医学会総会
1981年 山梨県・山梨市
第25回
病院精神医学会総会
1982年 福岡県・久留米市
第26回
病院精神医学会総会
1983年 京都府・京都市
第27回
病院・地域精神医学会総会 
1984年 福島県・郡山市
第28回
病院・地域精神医学会総会 
1985年 東京都・小平市
第29回
病院・地域精神医学会総会 
1986年 石川県・金沢市
第30回
病院・地域精神医学会総会 
1987年 大阪府・大阪市
第31回
病院・地域精神医学会総会 
1988年 長野県・駒ヶ根市
第32回
病院・地域精神医学会総会 
1989年 岡山県・岡山市
第33回
病院・地域精神医学会総会 
1990年 東京都・千代田区
第34回
病院・地域精神医学会総会 
1991年 山形県・山形市
第35回
病院・地域精神医学会総会 
1992年 福岡県・北九州市
第36回
病院・地域精神医学会総会 
1993年 京都府・京都市
第37回
日本病院・地域精神医学会総会
1994年 愛知県・名古屋市
第38回
日本病院・地域精神医学会総会
1995年 秋田県・秋田市
第39回
日本病院・地域精神医学会総会
1996年 大阪府・大阪市
第40回
日本病院・地域精神医学会総会
1997年 北海道・帯広市
第41回
日本病院・地域精神医学会総会
1998年 新潟県・長岡市
第42回
日本病院・地域精神医学会総会
1999年 沖縄県・宜野湾市
第43回
日本病院・地域精神医学会総会
2000年 山梨県・甲府市
第44回
日本病院・地域精神医学会総会
2001年 茨城県・水戸市
第45回
日本病院・地域精神医学会総会
2002年 宮城県・仙台市
第46回
日本病院・地域精神医学会総会
2003年 島根県・松江市
第47回
日本病院・地域精神医学会総会
2004年 兵庫県・神戸市
第48回
日本病院・地域精神医学会総会
2005年 福岡県・福岡市
第49回
日本病院・地域精神医学会総会
2006年 東京都・北区
第50回
日本病院・地域精神医学会総会
2007年 京都府・京都市
第51回
日本病院・地域精神医学会総会
2008年 岡山県・岡山市
第52回
日本病院・地域精神医学会総会
2009年 和歌山県・和歌山

■言及

◆立岩 真也 2013/12/10 『造反有理――精神医療現代史へ』,青土社,433p. ISBN-10: 4791767446 ISBN-13: 978-4791767441 2800+ [amazon][kinokuniya] ※ m.


UP: 20130402 REV: 20130402
精神障害/精神医療  ◇「組織」 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)