HOME > BOOK

『思想としての医学――ライフサイエンスの光と影』

川上 武・増子 忠道 編 19790615 青木書店,225p.


このHP経由で購入すると寄付されます

川上 武増子 忠道 編 19790615 『思想としての医学――ライフサイエンスの光と影』,青木書店,225p. ASIN: B000J8GU70 \1100 [amazon][kinokuniya] ※ d01

■目次
 T 生と死――川上 武
  1、生と死への挑戦――聖域に踏みこんだ現代医学 / 2、生を侮辱し、死を敬う――封建時代の生と死
  3、生と死の証明のはじまり――近代化のなかの生と死 / 4、死のための生――戦争中の生と死
  5、人権意識と医療技術の革新――戦後社会の変貌のなかで
  6、出生コントロールの時代――医学と社会のあいだ / 7、死をめぐる危険な論理――心死か脳死か
  8、生涯管理の二面性――出生証明書から死亡診断書まで
  9、問われる医師の人権意識――管理化社会のなかの医師の責任
 U 正常と異常――増子 忠道
  1、正常・異常観の混迷 / 2、異常=死からの脱出
  3、異常の原因を求めて――近代思想と近代医学の進歩
  4、異常の社会化と日常化の進行――現代医学の新しい壁
  5、診断・治療基準のあり方 / 6、異常はどこまで測定できるか
  7、異常をめぐる社会的判断と医学的判断の矛盾 / 8、障害者の現実が意味するもの
  9、異常と差別――求められる人権の立場
 V 性――増子 忠道
  1、性科学のあゆみとゆくえ――性のタブーから試験管ベビーまで
  2、社会のなかの性――もうひとつの人間の歴史 / 3、文化としての性――性をめぐる意識と思想
  4、性の解放とはなにか
 W 医学的真実と法律的真実――誤診と誤判決―― 川上 武
  1、医師と法律家のコミュニケーション / 2、医療訴訟の増加と二つの型
  3、医弊と医療訴訟 / 4、医療と裁判の実際――医師の裁量権と裁判官の心証
  5、医療と裁判の論理 / 6、誤診と誤判決 / 7、誤診と誤判決の修正
  8、医療事故の補償
 X 人間機械論の現在――上林 茂暢
  1、ラ・メトリの「人間機械論」――近代医学の出発 / 2、人工臓器と臓器移植の光と影
  3、病院自動化の動向 / 4、現代医療技術の特質 / 5、機械論の克服と人権
 Y 医療水準とはなにか――医療資源の有効配分のために―― 二木 立
  1、医療水準・医療効果の指標 / 2、医療の構成要素――西欧諸国と日本との比較
  3、医療技術の進歩の特徴 / 4、医療の地域性 / 5、福祉の貧困がもたらす医療の歪み
 Z 薬のあり方――小坂 冨美子
  1、薬洪水がはらむもの / 2、くらしのなかの薬――その技術的・社会的機能
  3、問われる薬の医療性 / 4、薬の開発 / 5、薬の濫用 / 6、医薬品産業盛衰の意味するもの


UP:20071117 REV:2007, 20090212,20100102
川上 武  ◇増子 忠道  ◇  ◇医療/病・障害と社会  ◇身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)