HOME > BOOK >

『平成期の子ども家庭福祉――政策立案の内側からの証言』

柏女 霊峰 20190925 生活書院,213p.

Tweet
last update: 20190926


『平成期の子ども家庭福祉――政策立案の内側からの証言』

このHP経由で購入すると寄付されます


■柏女 霊峰 20190925 『平成期の子ども家庭福祉――政策立案の内側からの証言』,生活書院,213p. ISBN-10: 4865001034 ISBN-13: 978-4865001037 2000+ [amazon][kinokuniya] ※ f04

■内容

内容紹介:amazonより

新しい時代の子ども家庭福祉のために!!

平成期の政策立案実践の中心を担った立場から、自身の子ども家庭福祉供給体制研究の根幹部分を開示。
平成期子ども家庭福祉の到達点と今後の課題を示し、次の世代にバトンタッチする、必読の書。

著者紹介:amazonより

柏女霊峰(かしわめ・れいほう)

1952年、福岡県生まれ。
東京大学教育学部教育心理学科卒業。千葉県児童相談所心理判定員、厚生省児童家庭局企画課を経て、現在、淑徳大学総合福祉学部教授・同大学院教授。臨床心理士。
主著に、『現代児童福祉論』誠信書房 1995,『児童福祉の近未来』ミネルヴァ書房 1999,『子ども家庭福祉のゆくえ』中央法規出版 2001,『子育て支援と保育者の役割』フレーベル館 2003,『子ども家庭福祉・保育のあたらしい世界』生活書院 2006,『混迷する保育政策を解きほぐす』明石書店2019,『子ども家庭福祉学序説』誠信書房2019など。

■目次

まえがき

 序章 平成期の子ども家庭福祉を語る基本的視点

第1部 平成期の子ども家庭福祉(1)――厚生省時代(昭和61年〜平成6年)

 第1章 厚生省勤務に至るまで

 第2章 厚生省時代の政策立案――昭和期から平成期の子ども家庭福祉

  コラム1 専門官十訓
  コラム2 厚生省時代に力を入れた論文
  コラム3 厚生省を辞してすぐに執筆した原稿1
  コラム4 厚生省を辞してすぐに執筆した原稿2

第2部 平成期の子ども家庭福祉(2)――淑徳大学時代(平成6年〜平成31年)

 第1章 主な審議会・検討会への参画

 第2章 厚生行政の審議会等の振り返り――平成期の子ども家庭福祉(審議会等報告)

  T 保育関係
  U 児童虐待防止関係
  V 社会的養護関係
  W 障害児支援
  X 放課後児童クラブ、児童館関係
  Y 少子化対策・計画行政・子ども・子育て支援制度
  Z 地域子育て支援
  [ 統計行政
  \ 指針の作成

第3部 平成期子ども家庭福祉の到達点とこれから

 第1章 平成期子ども家庭福祉の新しい理念――子ども・子育て支援制度の創設と2016(平成28)年改正児童福祉法

 第2章 子ども家庭福祉の現在の課題と視野に入れるべき動向

 第3章 子ども家庭福祉における包括的・継続的支援の可能性――共生社会の創出をめざして

 あとがき

■引用


■書評・紹介


■言及



*作成:岩ア 弘泰
UP: 20190926 REV:
家族 身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)