■事項ファイルサンプル 【HTML編集に関するルール】 ・()で括った説明文は、作るときに削除 ・タグは、基本的に変更しない ・必ず、メモ帳やエディタで作成する(ワードやホームページビルダーは不可) ・「見出し」は■を用い、h2タグ (

■紹介

のように用いる) を使用 ・Facebook、Twitterへのリンクは選択可(削除可) ・Twitterへのリンクタグ内の **** 部分にファイル名を記入してください(例:/w/nt05.htm) ・メールアドレスの「@」は「@スパム対策」に置き換え(当ファイルのソースで表記方法を確認) ・100キロバイトを超えない大きさでファイルを作る ・100キロバイトを超えた場合は分割するなどして工夫する 【文章記載に関するルール】 ・姓と名の間に半角スペース入れる ・REVの数字を連ねるときは、半角カンマ+半角スペースで区切る(例 20081104, 1105, 1106, 20090101) 以上宜しくお願い致します。 不明な点があれば櫻井・小川まで。 <更新履歴> 20100502 h1タグの使用、tableレイアウトの廃止、cssによる設定。 各項目にh2タグの使用を追加 20101104 タイトルタグを上に再配置 20150203 フォント、h1タグの設定変更、<center>タグの廃止、カウンター、FacebookおよびTwitterへのリンクの設置 20150714 外部CSS化 20150801 Facebook、Twitterの外部jsファイル化および配置の変更。metaタグにjavascriptの読み込みを明記。 20160714 カウンターの削除。 20190702 ページ最下部
タグの削除 20180804 h2タグの前の
タグを削除。 >>点線より下を切り取って使用してください。<< ↓−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−↓ 事項タイトル
HOME > 事項 > (リンク、あれば) >

事項タイトル


Tweet
last update:(最後に更新した日付 ex.20160714)


■目次

(項目が多くある場合は目次およびページ内リンクを入れる。項目の内容は例ですが、文献はいれること。)
紹介
文献
引用
ニュース


>TOP

■紹介 (←注1)

(何についてのページか説明文を入れる。)
(あれな、生存学関係者の人物紹介へのリンクや、関係者の業績を掲載すること)

>TOP

■文献

(事項に関係する文献を入れる。書誌情報の記入法は次のリンクを参照 文献紹介ファイル・文献リスト作成・資料室配架)

>TOP

■引用


>TOP

■ニュース

(項目は自由に追加。しかし、わかりやすく分けること)


*作成:作成者氏名(苗字 名前)
UP:(最初にアップした日付 例:20160714) REV:(更新した日付全て)
(関連する人・事項などリンク先あれば) 事項
TOP HOME (http://www.arsvi.com)