HOME > BOOK >

洋書名(アルファベット表記)

著者名 (姓, 名 [例: Derrida, Jacques]) 発行年月日(例:1982〔海外文献は月日までわからない場合がある。その場合は表記なしで可〕) 出版社,ページ数.

Tweet
last update:(最後に更新した日付 ex.20160714)

このHP経由で購入すると寄付されます


著者(姓, 名 [例: Derrida, Jacques])(←リンクがある時は横にあるようなWのリンクをはる 注1) 発行年月日 著名,出版元,ページ数. ISBN-10: ISBN-13:(ISBNなければASINを書く) 価格(ドルは$、ユーロはユーロと記してください。その他、環境依存文字の記号は、全てカタカナ表記でお願いします。書籍が販売されていない場合は欠品とします) (*にISBN10ケタを挿入)[amazon][kinokuniya](*にISBN10ケタを挿入) ※(←生存学書庫にある場合はつける)  **(←注2)

■内容 (←注3)

****** (←注4)


■目次


■引用


■書評・紹介


■言及



*作成:作成者氏名(苗字 名前)
UP:(最初にアップした日付 例:20160714) REV:(更新した日付全て)
(関連する人物や事項などあればリンクする 身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)
↑−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−↑
>>点線より上をコピーして使用してください。<<
サンプルを利用してページ作成する際は、右クリックしてソースを表示し、そのソースをメモ帳などのテキストエディタにコピー&ペーストして、そちらを編集してください。

■洋書文献サンプル

ファイル中の注記事項

HTML編集に関するルール

書誌情報に関するルール

 *「日」=和書/訳書、「欧」=洋書/訳書、「訳」=訳書、「共」=共通

以上宜しくお願い致します。
不明な点があれば竹中・櫻井・小川まで

・更新履歴
20100502 h1タグの使用、tableレイアウトの廃止、cssによる設定。 各項目にh2タグの使用を追加
20101104 タイトルタグを上に再配置
20150203 フォント、h1タグの設定変更、<center>タグの廃止、カウンター、FacebookおよびTwitterへのリンクの設置、欧文タイトルのイタリックへの変更、価格表記の変更
20150330 Twitterのタグ位置の変更
20150714 外部CSS化
20150801 Facebook、Twitterの外部jsファイル化および配置の変更。metaタグにjavascriptの読み込みを明記。
20160714 カウンターの削除。
20180724 h3タグの追加、HTMLと書誌情報に関するルールの追加修正。
20180804 書誌情報の※印とリンク先ファイル名との間に全角スペースを一つ分設置。