HOME > WHO >

山田憲吾

やまだ・けんご

Tweet


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E7%94%B0%E6%86%B2%E5%90%BE

山田 憲吾(やまだ けんご、1911年(明治44年)9月1日 - 1990年(平成2年)1月19日)は、日本の医学者、整形外科医。新潟県北蒲原郡中条町(現胎内市)出身。京都帝国大学医学部医学科卒業。徳島大学名誉教授。勲二等瑞宝章受章。
経歴[編集]
1932年 第三高等学校卒業。
1937年 京都帝国大学医学部医学科卒業。同年4月に同大学医学部副手に就任。
1938年 日本赤十字社島根県支部病院(現松江赤十字病院)医員に就任。
1940年 京都帝国大学病院(現京都大学医学部附属病院)助手に就任。
1946年 日本医療団新発田病院整形外科医長に就任。
1948年 京都大学医学部講師に就任。
1953年 京都大学医学部助教授に就任。
1954年 徳島大学医学部教授に就任。
1962年 徳島大学医学部付属病院院長に併任。
1963年 徳島大学医学部付属衛生検査技師学校長に併任。
1964年 徳島大学評議員に併任。
1972年 徳島市民病院長に併任。
1975年 徳島大学保健管理センター所長に就任。
1976年 徳島大学学長に就任。[1]
1978年 鳴門教育大学創設準備室長に併任。
1979年 徳島大学名誉教授に就任。
1981年 玉造厚生年金病院長に就任。
1983年 愛媛十全医療学院長兼付属病院長に就任。また勲二等瑞宝章受章。
1988年 老人保健施設喜久寿苑延長就任。[2]

◆野島元雄 1990 「山田憲吾先生を偲ぶ」,『リハビリテーション医学』27-2:74-75
 http://ci.nii.ac.jp/naid/110001859358

◆医学研究振興財団 197704 『筋ジストロフィー症を攻める』,医学研究振興財団

◆厚生省心身障害研究(山田憲吾班長) 198310 「進行性筋ジストロフィー症の成因と治療に関する臨床的研究――昭和47年〜昭和53年研究業績」

◆山田憲吾 1983 「いとぐち――歴史と動向」,厚生省心身障害研究[1983]

◆山田憲吾 1993 「厚生省心身障害研究「進行性筋ジストロフィー症の成因と治療に関する臨床的研究」の歴史と動向の概要」,あゆみ編集委員会編[1983:48-65]


http://ci.nii.ac.jp/els/110001859358.pdf?id=ART0002025719&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1486778610&cp=


UP:20160814 REV:20161228
病者障害者運動史研究  ◇WHO 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)