HOME > WHO >

Walzer, Michael

[マイケル・ウォルツァー]


last update:20100731

このHP経由で購入すると寄付されます

○ 本務校 School of Social Science, the Institute for Advanced Study, Princeton University. での紹介
http://www.sss.ias.edu/home/walzer.html
[著作目録のついた履歴書が読めます]

○ 動画を見てみる
http://ethics.sandiego.edu/video/walzer/lecture/
http://ethics.sandiego.edu/video/Walzer/Workshop/index.html

○ Walzer が編集者をやっている雑誌Dissent のpage
http://www.dissentmagazine.org/
[左派の伝統ある言論誌、と言ってよいでしょう]

○ Walzer も署名した、例の "What we're fighting for."
http://www.americanvalues.org/html/what_we_re_fighting_for.html

☆ 主著
1965 The Revolution of the Saints. Harvard University Press.

1970 Obligations: Essays on Disobedience, War, and Citizenship. Harvard University Press.
・内容を見てみる→amazon
=19931125 山口晃訳,『義務に関する十一の試論──不服従、戦争、市民性』,而立書房,386+4p. 3000 ※ *

1971 Political Action. Quadrangle Books.

1977 Just and Unjust Wars: A Moral Argument With Historical Illustrations. Basic Books.
[1992 に2nd ed., 2000に3rd ed. それぞれに新しい序文が付されている]
・3版の内容を見てみる→amazon

1977 Radical Principles. Basic Books.

1983 Spheres of Justices: A Defense of Pluralism and Equality,Basic Books.
・内容を見てみる→amazon
=199909 山口晃訳,『正義の領分』,而立書房,552+3p. ISBN:4-88059-255-2 3150 [amazon][bk1] ※ *

1985 Exodus & Revolution. Basic Books.
・内容を見てみる→amazon
=1987 (M. ウォーザー 著・荒井 章三 訳)『出エジプトと解放の政治学』 新教出版社

1987 Interpretation and Social Criticism, Harvard University Press.
=19960515 大川正彦・川本隆史訳,『解釈としての社会批判──暮らしに根ざした批判の流儀』,風行社,発売:開文社出版,168+8p. 2200 ※ *

1988 The Company of Critics: Social Criticism and Political Commitment in the Twentieth Century. 2nd ed. Basic Books.
[2002 に2nd ed.]
・2版の紹介を見てみる→amazon

1992 What It Means to Be an American. Marsilio.
・内容を見てみる→amazon

1994 Thick and Thin: Moral Argument at Home and Abroad, University of Notre Dame Press=20040917 芦川 晋・大川 正彦訳,『道徳の厚みと広がり──われわれはどこまで他者の声を聴き取ることができるか』,風行社,221+12p. ISBN:4-938662-33-7 2835 [amazon][bk1] ※

1997 On Toleration. (Castle Lectures in Ethics, Politics and Economics) Yale University Press.
 =20031219 大川 正彦 訳,『寛容について』,みすず書房,205+9p. ISBN:4-622-07075-8 2800 ※
・内容を見てみる→amazon

☆ 編著

Walzer, Michael ed. 1995 Towards a Global Civil Society, Berghahn Books=20011020 石田 淳・越智 敏夫・向山 恭一・佐々木 寛・高橋 康治 訳,『グローバルな市民社会に向かって』,日本経済評論社,397p. ISBN:4-8188-1372-9 2900 [amazon] ※ *

☆ 共編著
2000 (with Menachem Lorberbaum, Noam Zohar, Yair Lorberbaum) Jewish Political Tradition. vol 1: Authority. Yale University Press.
・内容を見てみる→amazon

2003 (with Menachem Lorberbaum, Noam J. Zohar, Ari Ackerman) Jewish Political Tradition. vol 2: Membership. Yale University Press.


☆ 日本語訳のある論文
1992 "The Civil Society Argument." In Chantal Mouffe, ed. Dimensions of Radical Democracy: Pluralism, Citizenship, Community. Verso. pp. 89-107.
=1996 (高橋 康浩 訳)「市民社会論」"思想" 867 (1996年9月号, 特集: ラディカル・デモクラシー) pp. 164-183.

1994 「二つの自由主義」,Gutmann ed.[1994=1996:145-152]
 Gutmann, Amy. ed. 1994 Multiculturalism: Examining the Politics of Recognition, Princeton University Press.
=19961018 佐々木毅・辻康夫・向山恭一訳,『マルチカルチュラリズム』,岩波書店,240+3p. 2600

1996 「愛情の圏域」,Nussbaum ed. [1996=2000:208-210]*
*Nussbaum, Martha C. with Respondents; edited by Cohen, Joshua 1996
 For Love of Country: Debating the Limits of Patritism,Beacon Press
 =20010530 辰巳 伸知・能川 元一 訳
『国を愛するということ──愛国主義(パトリオティズムをめぐる論争)』,人文書院,269p. 2200 ※

[原論文調査中]
=1999 (藤田 潤一郎・大川 正彦 訳)「政治の場での哲学の居座りを望まない」(上) "みすず" 41:9 (1999年9月) pp. 2-18. (下) "みすず" 41:10 (1999年10月) pp. 16-33.

☆ Walzer に言及した日本語文献
大川 正彦 19951231 「ウォルツァー──複合的平等と批判的多元論」
 藤原・飯島編[1995:446-462] ※
 藤原 保信・飯島 昇藏 編 19951231 『西洋政治思想史II』
 新評論,488p. 4300 ※
大川 正彦 1996 「『解釈としての社会批判』をめぐって──オンリー・コネクト……」
 マイケル・ウォルツァー『解釈としての社会批判──暮らしに根ざした批判の流儀』
 大川正彦・川本隆史共訳,風行社:131-157 ※
大川 正彦 19970420 「共同体主義による所有個人主義批判──マクファーソン,テイラー,ウォルツァー」
 『早稲田政治公法研究』54:185-214
 cf.Taylor, Charles

◆立岩 真也 2000/01/15「一九九九年読書アンケート」
 『みすず』42-1(2000-1)
◆立岩 真也 1999/12/17「一九九九年の収穫」
 『週刊読書人』2315:3



UP:? REV:20030618, 0722,0806 20040217,0316,1022,1203, 20100704
WHO  ◇哲学・政治哲学  ◇共同体主義 communitarianism   ◇Core Ethics? /Core Sociology?

TOP HOME (http://www.arsvi.com)