HOME > WHO >

高嶺 豊

たかみね・ゆたか


 脊損, 1949.9.2沖縄生, 高校2年の時に体操の練習中脊髄損傷 ハワイ自立生活センターカウンセラー→横浜市総合リハビリテーションセンター職能開発部門 ケースワーカー障害者自立生活問題研究会 ヒューマンケア協会運営委員
 『日米障害者自立生活セミナー・報告書』:29-34『自立への胎動』:9-11, 『自立生活への道』:297-304 〔聞 87.3.18〕

 *以下は立岩のデータベースに入っていたものだけ。

◆19830920 「障害者による障害者のための生活設計
 ――ハワイ自立生活センターの報告」
 『われら人間』026:38-41 世界の障害者10 ※COPY
◆19841215 「ハワイCIL」  仲村・板山編[1984:297-304] ※ ◆19871201 「日米間の障害者の連帯を――第二回日米障害者協議会』
 『障害者の福祉』07-12(077):6-7 ※COPY
◆19881101 「スウェーデンの画期的プロジェクト――アドルフ・D・ラツカ氏」
 『障害者の福祉』08-11(088):28-29 ※COPY
◆19911001 「国連エスキャッププロジェクトに挑んで」
 『月刊福祉』74-11(1991-10):042-047 ※COPY
◆19911215 「日本はお祭さわぎをしている場合ではない」
 八代・冨安編[1991:054-068] ※
◆19930301 「(ESCAPサワディーコラムA)北京の二週間」
 『障害者の福祉』13-03(140):30-31 ※
◆19930601 「家計2か月分相当の車イス」
 『障害者の福祉』13-06(143):20-20 ※
◆19930925 「アジア太平洋の障害者の十年
  ――開発途上国に住む障害をもつ人々の問題解決に向けて」
 『季刊福祉労働』60:014-022 ※
◆19931030 「自立生活運動とアドボカシー」
 定藤・岡本・北野編[1993:022-041] ※/千葉社4850共通
 定藤 丈弘・北野 誠一・中西 正司 編 1993 『障害者の自立生活センター』
 朝日新聞厚生文化事業団,朝日福祉ガイドブック,78p.,500円
◆19960625 「成年後見制度と自己決定」
 『福祉労働』71: ※

◆仲村 優一・板山 賢治 編 19841215 『自立生活への道――全身性障害者の挑戦』,,全国社会福祉協議会,334p. 1500

 ※は生存学資料室にあり



CIL(米国)  ◇WHO
TOP HOME (http://www.arsvi.com)