HOME > WHO >

高杉 晋吾

たかすぎ・しんご


■プロフィール

 高杉晋吾(本名 石川晋吾)
 1933年 秋田市に生まれる
 1957年 早稲田大学第一文学部卒業
 現在 フリーのルポライター
 著書 『頭脳支配』(三一新書)
 現住所 埼玉県川越市[略] (高杉[1972]奥付)

早稲田大学第一文学部卒業。 団体紙記者を経て、1970年、「朝日ジャーナル」誌上、障害者問題のルポ「福祉幻想解体への序章」にてフリーデビュー。以後、フリーランス・ジャーナリスト、社会評論家として、教育、医療、環境分野を中心に活動。自著・共著を含め、約六十数冊の著書を執筆。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%9D%89%E6%99%8B%E5%90%BE

■著書

◆19710615  『頭脳支配――おそるべき精神医療の実態』 ,三一書房,241p. ISBN-10: 4380710076 ISBN-13: 978-4380710070  \350 [amazon] m
◆19720229 『差別構造の解体へ――保安処分とファシズム「医」思想』,三一書房,284p. ASIN: B000J9OVWA [amazon] ※ m.
◆19730730  『日本医療の原罪――人体実験と戦争責任』 ,亜紀書房,273p. ASIN: B000J9NFDG [amazon] ※
◆高杉 晋吾 19730331 『現代日本の差別構造――「健全者」幻想の破産』,三一書房,312p. ASIN: B000J9NFAY 1500 [amazon] ※/立川32
◇19730920 『日本の人体実験――その思想と構造』,三笠書房,311p. ASIN: B000J9OWG0 980 [amazon] ※
◆19740710 『日本の人体実験――その思想と構造』,三笠書房,311 p. ASIN: B000J9OWG0  980 [amazon] m.
◆19741220 『国家と殺意――保安処分=管理と虐殺の時代』,田畑書店,296p. ASIN: B000J9OV2U [amazon]※ m h07
◆19771001 『障害者解放と労働運動』,社会評論社,282p. 1300 東社369.27 WP・
◆19840605 『にっぽんのアウシュウィッツを追って』,教育史料出版会,225p. ASIN: B000J70A8Q [amazon][kinokuniya] ※
◆19880730 『主婦が変われば社会が変わる――ルポ・生活クラブ生協』,海鳴社,258p. 1442 千葉社5013共通
◆19910821 『産業廃棄物』,岩波新書,205p. 580 千葉社4797共通
◆他・編:同志社大学同和教育委員会 198404 『日本のなかの差別』,同志社大学宗教部,チャペル・アワー講演集2,202p. 0

■論稿

◆19710205 「安楽死と強制収容所」,『朝日ジャーナル』1972-2-5→高杉[19720229:112-125]
◆1972/★/★ 「赤レンガ内で何が起こったか――東大病院の患者めぐる争い」,『朝日ジャーナル』14-8:★
 「東大闘争以来、東大病院精神神経科病棟(通称赤レンガ)は全共闘系の東大精神神経科医師連合(石川清委員長)が自主管理する東大内全共闘系唯一の拠点として知られている。もっとも民青系等、反全共闘派は、これを不当占拠とよび、台東大精神神経科主任教授らとともに「不当占拠解体」を目指してきた。この東大闘争以来の矛盾が昨今、東大構内に活火山的様相を呈し始めている。」(高杉[1972:★])
 →東大病院精神神経科病棟(通称赤レンガ)占拠・自主管理 
◆19720519 「町をゆるがした”ひとり歩き”」,『朝日ジャーナル』72.5.19→高杉[1973:251-265](「身障者を排除する「街」構造」)
◆1979   「府中療育センター闘争の切り拓いたもの」,『季刊福祉労働』3:44-55
◆19820601 「障害者の労働権――大久保製瓶工場での闘いを通して」,全国障害者解放運動連絡会議編[1982:119-139](『障害者解放運動の現在』)
◆(発行年不明) 「自立をかけて生きる人びと」,『リボン社・通信』第2号(特集 映画 何色の世界? 自由へ)障害者問題資料センター・リボン社 58p. ※

■言及

◆立岩 真也 2013/11/ 『造反有理――精神医療の現代史 へ』,青土社 ※

 ※は生存学資料室にあり


REV:20090819, 20110405, 0501
精神医学医療批判  ◇障害者の権利  ◇精神障害者の権利  ◇精神障害/精神医療  ◇WHO 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)