HOME > WHO >

Titmuss, Richard

リチャード・ティトマス

Tweet
■Titmuss 1970?

 「社会がその諸機関――とりわけ、保健や福祉システム――を組織し、構築する方法は、人びとの利他主義を促しもするし、逆に妨げもする。そうしたシステムは人びとを統合しもするし、逆に疎外しもする。それは「贈与のテーマ」……見知らぬ者への寛大さからする……を社会集団や世代間に拡大させるであろう。このことは、物質的要求にもとづく消費者の選択を強調することに比較して十分に認識されてはいないが、20世紀における自由の重要な一側面である。」(Titmuss[1970:225],Johnson[1987=1993:170]に引用)

 「ティトマスも論じたことだが、われわれは次のことを痛感する。すなわち、「見しらぬ人びとの必要」をみたすには、ある種の特別な道徳的資質が要求されるため、そうした福祉サービスは、匿名性が確保される国家機構を通じたほうが、もっとも効果的に達成できるように思われる。」(Pearson[1991=1996:403]、言及されているのはTitmuss[1970])

◆Titmuss, Richard 1970 The Gift Relationship : From Human Blood to Social Policy, Allen and Unwin, 1972: Vintage Books


■言及

◆立岩 真也 2013/05/20 『私的所有論 第2版』,生活書院・文庫版,973p. ISBN-10: 4865000062 ISBN-13: 978-4865000061 1800+ [amazon][kinokuniya] ※

◆立岩 真也 1997/09/05 『私的所有論』,勁草書房,445+66p. ISBN-10: 4326601175 ISBN-13: 978-4326601172 6300 [amazon][kinokuniya] ※

 第3章註22
 「これに反論がないわけではない。例えば、Titmuss[1972]で、血液の提供の方法として無償の贈与の方が有効だったことが指摘されており、Rothman[1986:9-10]がこれを紹介して、社会政策が商品化を支持することは利他的な行為を行う権利、贈与する権利を妨げると述べている。たしかに、血液の提供のような比較的に負担の少ない場合には、多分、それを売ろうとするよりもむしろ他者のためにそれを提供しようとする動機の方が大きい、あるいは前者の動機を持つ人より後者の動機を持つ人の方が多い。骨髄までは恐らくこのことは言えるだろう。しかし出産となるとどうか。長期的で大きな負担がかかるものについては有償の方が有効かもしれない。

 This has not been accepted without argument. Titmuss [1972], for example, cites donation without compensation as being a more effective method of gathering blood. This is discussed in Rothman [1986:9-10], where it is asserted that support of commoditization by social policy inhibits the right to behave altruistically and donate without compensation. It may indeed be the case that regarding an action like giving blood where the burden to be born is relatively small doing something for others is a stronger motivation than receiving compensation, or that there are more people motivated to act by the former than by the latter. Perhaps the same can be said when it comes to bone marrow transfusions. But what about giving birth? In cases in which the burden involved is large and must be born over a long period of time compensation may indeed be a more effective means of motivation.
REV:20160522
WHO 

TOP HOME (http://www.arsvi.com)