>HOME >WHO
高石 伸人
たかいし・のぶと


http://www2s.biglobe.ne.jp/~sinjouji/youkou/youkou-right.htmより

 高石 伸人(たかいし のぶと)師
 九州龍谷短期大学教授。 1949年、福岡県筑穂町のお寺の三男に生まれる。龍谷大学文学部哲学科卒業後、同和保育所児童指導員、飯塚こども劇場専従職員を経て(社福)直方市社会福祉協議会にソーシャルワーカーとして勤務。そこで、“いのち・人権・平和”をキーワードにした「市民塾」や「車イスで街を歩く会」「福祉活動体験学校」「よこいと運動会」などの企画をはじめ、障害当事者や支援ボランティアの組織化、さらに全盲児T君の「普通」校就学、専従手話通訳者の市役所配置などの運動にも取り組む。
 かたわら1986年から、自宅敷地内に「障害者」と呼ばれる隣人たちと共に、「障害者地域活動センター・虫の家」を設立。チャランポランな日々の中で、「障害者」の生活支援を中心に「少数者」の日々にこだわりながら、時には人間を含むすべての“いのち”の平等な尊厳を実現する夢にうなされている。
 1997年10月から九州龍谷短期大学教員に転職して、「障害者福祉論」「地域福祉論」などの授業を担当。
○共著に『仏教における共生の思想』(平楽寺書店)、主な論文に「証言:『ライ予防法』を生きて」「閉塞する死〜『商品化社会』の精神に関する一考察」「『住民主体』原則のアポリア」などがある。福岡県鞍手郡小竹町在住。

◆20080330 「老いと介護、そして尊厳死」,日本社会臨床学会編[2008:63-97]*
*日本社会臨床学会 編 20080330 『「新優生学」時代の生老病死』,現代書館,324p. ISBN-10: 4768434770 ISBN-13: 978-4768434772 3150 [amazon][kinokuniya] ※ eg


UP:20080817
WHO 

TOP HOME(http://www.arsvi.com)