HOME > WHO >

舘澤 謙蔵

たてさわ けんぞう

Tweet
last update:20240415

■名前(漢字)

舘澤 謙蔵

■名前(ひらがな)

たてさわ けんぞう

■メールアドレス

Kenzo.tatesawa[あっと]gmail.com
※[あっと]は@に置換してください。

■専門分野

精神保健福祉ソーシャルワーク

■研究テーマ

・精神保健福祉ソーシャルワークと病院・地域対話実践
・精神保健福祉制度と生活支援概念の変遷史

■学歴

2004年3月 立命館大学文学部哲学科卒業(学士)
2018年4月 立命館大学大学院先端総合学術研究科一貫制博士課程入学
2024年4月 博士後期課程在学中

■職歴

2004年10月〜2009年12月 特別養護老人ホーム介護員・相談員(常勤)
2010年1月〜2024年3月 単科精神科病院ソーシャルワーカー(常勤)
2024年4月〜 往診専門メンタルクリニックソーシャルワーカー(常勤)

■教歴

2022年4月〜現在 同志社大学社会学部嘱託講師(非常勤)
2023年4月〜現在 大阪人間科学大学人間科学部講師(非常勤)

■学位論文

舘澤 謙蔵,2020,「差異ある他者との協働の対話 ―精神科病院でのAnticipation Dialogue の可能性―」. 立命館大学大学院先端総合学術研究科博士予備論文.

■最近の業績

(印刷されたもの)

◇ 舘澤 謙蔵,2020,「対話はいつも道半ば ―誌上『未来語りのダイアローグ』を通して」 『統合失調症のひろば』,15: 67-81.
◇ 高木 俊介・竹端 寛・舘澤 謙蔵,2022,「座談会 対人支援のダイアローグ――ダイアローグの実践と精神医療改革、そして真の民主主義へ」. 『対人支援のダイアローグ』,金剛出版,pp177-245.
◇ 舘澤 謙蔵, 2023,「組織内での〈やっかいな問題〉に向き合うための対話―精神科病院での『未来語りのダイアローグ』の実践を通して?」.『病院・地域精神医学』, 66(1): 76-83.

(発表等)

◇「組織内での〈やっかいな問題〉に向き合うための対話実践―精神科病院での『未来語りのダイアローグ』の実践を通して」,第64回日本病院・地域精神医学会総会岡山大会 若手実践研究発表(オンライン開催). 2022/02/19.
◇「精神科医療における看護の役割―PSWの視点から」,第65回日本病院・地域精神医学会総会京都大会 シンポジウム3(オンライン開催). 2022/12/11.
◇「地域を開く―地域実践からの問い―」, 第66回日本病院・地域精神医学会総会神奈川大会 交流企画3. 2023/12/16.
◇「誰もが安心して利用できる精神科医療をめざして『精神科病院ってどんなところ?』」, 2024年度日本精神保健福祉士協会京都府支部・京都精神保健福祉士協会 協力研修. 2024/1/14.
◇「地域生活・地域移行 〜壁をどう乗り越えるか〜」, 第37回国際障害者年連続シンポジウム 京都市居宅介護事業所等連絡協議会合同企画 シンポジウム, 2024/2/28.
◇「精神医療現場における対話文化の可能性 ーイタリアと日本の現状からー」, 科研費「イタリアの取り組みから読み解く精神保健福祉領域における『哲学対話実践』の可能性」シンポジウム, 2024/3/2.

■インタビュー

◇末安 民生・吉浜 文洋 i2021a インタビュー・1 2021/08/04 聞き手:阿部あかね・桐原尚之・篠原史生・舘澤謙蔵・長谷川唯・三宅美智 於:キャンパスプラザ京都 6階演習室
◇末安 民生・吉浜 文洋 i2021a インタビュー・2 2021/08/04 聞き手:阿部あかね・桐原尚之・篠原史生・舘澤謙蔵・長谷川唯・三宅美智 於:キャンパスプラザ京都 6階演習室
◇高木 俊介 i2022 インタビュー 2022/12/19 聞き手: 篠原史生・舘澤謙蔵・立岩真也 於: 高木クリニック

■資格等

社会福祉士、精神保健福祉士、公認心理師

■所属学会等

・日本病院・地域精神医学会
・日本ソーシャルワーク学会
・日本社会福祉学会
・関西哲学会


UP:20230116, 17 REV:20240415(中井 良平
WHO
TOP HOME (http://www.arsvi.com)