>HOME >WHO
蓼沼 宏一
たでぬま・こういち
http://www.econ.hit-u.ac.jp/~tadenuma/index.html


このHP経由で購入すると寄付されます

一橋大学大学院経済学研究科教授。専門は社会的選択理論、ゲーム理論。無羨望としての衡平性に関する研究、 経済環境における情報上の効率性とArrowの不可能性定理に関する研究、辞書式組合わせアプローチに基づく 衡平配分の理論とArrow流の社会的選択の枠組みの融合、協力ゲームにおける解の公理的研究などで重要な貢献を為してきた。 近年は、鈴村興太郎教授とともに世代間衡平性に関する経済分析で先駆的研究を行なっている。

◆学歴
1982年 3月 一橋大学経済学部卒業
1984年 3月 一橋大学大学院経済学研究科修士課程修了 経済学修士号取得
1989年 10月 ロチェスター大学大学院経済学博士課程修了 Ph. D. (in Economics)取得

◆職歴
1990年 4月 〜 1992年 3月 一橋大学経済学部専任講師
1992年 4月 〜 1998年 3月 一橋大学経済学部助教授
1993年 4月 〜 1995年 3月 ロチェスター大学経済学部客員研究員
1998年 4月 〜 2000年 3月 一橋大学大学院経済学研究科助教授
2000年 4月 〜 現在 一橋大学大学院経済学研究科教授
2005年 4月 〜 2005年 5月 ポー大学経済学部客員教授


■主要論文
◆Tadenuma, K.; Thomson, W. (1991), “No-Envy and Consistency in Economies with Indivisible Goods,” Econometrica, 59: 1755-1767.
◆Tadenuma, K. (1992), “Reduced Games, Consistency and the Core,” International Journal of Game Theory, 20: 325-334.
◆Tadenuma, K.; Thomson, W. (1993), “The Fair Allocation of an Indivisible Good when Monetary Compensations are Possible,” Mathematical Social Sciences, 25: 117-132.
◆Tadenuma, K.; Thomson, W. (1995), “Refinements of the No-Envy Solution in Economies with Indivisible Goods,” Theory and Decision, 39: 189-206.
◆Tadenuma, K.; Thomson, W. (1995), “Games of Fair Division,” Games and Economic Behavior, 9: 191-204.
◆Tadenuma, K. (1996), “Trade-off between Equity and Efficiency in a General Economy with Indivisible Goods,” Social Choice and Welfare, 13: 445-450.
◆Tadenuma, K.; Toda, M. (1998), “Implementable Stable Solutions to Pure Matching Problems,” Mathematical Social Sciences, 35: 121-132.
◆Tadenuma, K. (2002), “Efficiency First or Equity First?: Two Principles and Rationality of Social Choice,” Journal of Economic Theory, 104: 462-472.
◆Fleurbaey, M.; Suzumura, K.; Tadenuma, K. (2005), “The Informational Basis of the Theory of Fair Allocation,” Social Choice and Welfare, 24: 311-341.
◆Fleurbaey, M.; Suzumura, K.; Tadenuma, K. (2005), “Arrovian Aggregation in Economic Environments: How Much Should We Know About Indifference Surfaces?,” Journal of Economic Theory, 124: 22-44.
◆Tadenuma, K. (2005), “Egalitarian-Equivalence and the Pareto Principle for Social Preferences,” Social Choice and Welfare, 24: 455-473.
◆Suzumura, K.; Tadenuma, K. (2007), “Normative Approaches to the Issues of Global Warming: Responsibility and Compensation,” in J.E. Roemer and K. Suzumura, [eds.], Intergenerational Equity and Sustainability, Palgrave.
◆Shinotsuka, T.; Suga, K.; Suzumura, K.; Tadenuma, K. (2007), “Equity and Efficiency in Overlapping Generations Economies,” in J.E. Roemer and K. Suzumura, [eds.], Intergenerational Equity and Sustainability, Palgrave.


UP:20080608
WHO 

TOP HOME(http://www.arsvi.com)