>HOME >WHO

田中 慶子

たなか・けいこ

Tanaka, Keiko:English Page

last update: 20131020

立命館大学大学院先端総合学術研究科・公共領域

■研究テーマ

・社会の心理主義化・心理学化
・医療化・医療化論
・自殺(とくに過労自殺/過労自死)
・労働社会学(不安定就労、労働市場の流動化、日雇い労働者、派遣労働、対人サービス労働、女性労働者差別、学生アルバイト、感情労働、メンタルヘルス化する労災問題、労働法改正をめぐる問題など)

■業績

□論文
◆田中 慶子 2012/03/31 「社会問題の医療化―過労自殺に対する行政施策を事例として―」『Core Ethics』8, p.257 PDF
◆田中 慶子 2013/03/31 「搾取される笑顔――日雇い制派遣イベントコンパニオンのジェンダー化された感情労働を事例として――」 『Core Ethics』9 p.117 PDF
◆田中 慶子  2013/07/20 「アジェンダの源泉としての電通過労自殺裁判──日本の自殺対策をめぐる社会問題の構成──」『立命館人間科学研究』第27号(通巻43号), p.47
◆田中 慶子 2013/11月刊行予定「労働のフレキシブル化に関する一考察──日雇い派遣イベントコンパニオンの労働現場を事例として──」『日本労働社会学年報』第24号

□学会・シンポジウム報告等
◆20110528 「電通過労自殺事件をめぐる社会問題の構成」第62回関西社会学会大会自由報告 於:甲南女子大学
◆20121117 「労働のフレキシブル化とジェンダー化に関する一考察──派遣イベントコンパニオンの労働現場を事例として」第24回日本労働社会学会大会 於:聖心女子大学
◆20130518 「日雇い派遣労働現場が抱える問題性──学生アルバイトのイベントコンパニオンを事例として」第64回関西社会学会大会 於:大谷大学
◆20131012 「男性労働者の問題性に関する一考察──日雇い派遣イベントコンパニオンの労働現場を事例として」第86回日本社会学会大会 於:慶応大学

■arsvi.comで作成/関連しているファイル

構築/構築主義
自殺


UP: 20071122 REV: 20110607 0719 20131020
WHO 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)