HOME > WHO >

殿村 久子

とのむら・ひさこ

last update: 20190619

`m1956 生

◆殿村 久子 2011 「殿村久子 自立生活30周年を語るシリーズ」,『CILくにたち援助為センター 機関紙』

◆殿村 久子 i2019 インタビュー 2019/01/14 聞き手:瀬山紀子・田中恵美子 於:町田


◆青木 千帆子・瀬山 紀子・立岩 真也・田中 恵美子・土屋 葉 2019/09/10 『往き還り繋ぐ――障害者運動於&発福島の50年』,生活書院

青木千帆子・瀬山紀子・立岩真也・田中恵美子・土屋葉『往き還り繋ぐ――障害者運動於&発福島の50年』表紙

[表紙写真クリックで紹介頁へ]

 「D殿村久子  一九五六年三月二十四日生まれ。小学校一年生(一九六二年)から施設で生活し、養護学校卒業(一九七四年)後は大人の入所施設(けやきの村)で生活した。その後一九八一年(二五歳)に自立生活を相模原で開始した。以後結婚、出産を経て自立生活運動、ピア・カウンセリングの普及に尽力する。離婚とともに町田で生活をはじめ、自立生活センターの設立や運営に携わる。現在は国立の自立生活センター(CILくにたち援助為センター)の代表を務める。」(田中[2019])


UP: 20190619 REV:20190926
福島本頁  ◇WHO  ◇病者障害者運動史研究  ◇生を辿り道を探る――身体×社会アーカイブの構築 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)